横須賀 うみ かぜ 公園。 うみかぜ公園

海辺つり公園

横須賀 うみ かぜ 公園

横須賀市にある「うみかぜ公園」は、東京湾に面した入場無料の釣り場です。 うみかぜ公園は、とても綺麗に整備された公園で、大型の駐車場やトイレ、近隣に釣具店も近くにある事から、三浦半島の中でも特に人気の釣り場となっています。 うみかぜ公園は釣り場全体にフェンスもあり、子供連れでのファミリーフィッシングでも安心の釣り場です。 潮通りの良い横須賀にあることから、うみかぜ公園は青物の回遊が多く、5〜10月にかけて回遊してくる、サバやイナダ、タチウオが人気のターゲットです。 うみかぜ公園ではサバやイナダの回遊が始まると、土日祝日は朝の4時に釣り場が埋まってしまう事もあるため、青物狙いなら出来るだけ早起きして向かいたいですね。 うみかぜ公園 所在地 神奈川県横須賀市平成町3丁目3-23 うみかぜ公園 【周辺施設】 大型駐車場 トイレ 自販機 上州屋横須賀中央店 コンビニ マクドナルド 【アクセス】 JR県立大学駅より徒歩10分 釣れる魚 クロダイ、メジナ イワシ、アジ、サバ、ワカシ、イナダ、カマス、ヒラメ、タチウオ ヒラメ、マゴチ、シロギス、カレイ、メゴチ、アナゴ カサゴ、ハゼ、ベラ、ヒイラギ、フグ ハオコゼ ゴンズイ イカ シリヤケ 駐車場 うみかぜ公園には2つの広い駐車場があります。 うみかぜ公園の釣り場 うみかぜ公園の釣り場は足場の良い岸壁が続いており、右側の途中から岸壁が終わり、水浴びな投げ釣りが楽しめる階段状のエリアに変わります。 1番左の奥はフェンスにより行き止まりになっています。 主な釣り場となる岸壁の足元には、全体的に敷石が入っており、足元から10m以内はやや根掛かりしやすいため注意が必要です。 足元付近は根掛かりしやすい反面、魚の住処になっており、イソメを餌にした胴付き仕掛けの探り釣りで、カサゴやベラ、ハゼなどの小物釣りが楽しめます。 メバルの数も多く、春から初夏にかけてメバリングやサビキ釣りで小型のメバルがよく釣れます。 海底はポイントによって少し違いがあり、海を正面に右側の方が根が少なく投げ釣りに向いています。 右側には投げ釣りに丁度良い階段状のエリアがあり、この場所はサビキやカゴ釣り師は入り難いポイントなので、投げ釣りなら余裕を持って利用できるでしょう。 うみかぜ公園では、4色ほど投げればカレイやシロギスが釣れるそうです。 ちょい投げでもイシモチやハゼ、ベラなどが手軽に狙えますよ。 中央から右側のポイントは、青物が釣れ始めたとの情報が出回ると、朝の4時には埋まってしまう激戦区です。 岸壁の足下から海面までの高さは4mほどあるため、イナダやクロダイのような大物を狙うなら5. 5m〜6mのタモを用意しましょう。 スケボーの練習台が設置されている中央付近の海底は、沖の根が荒いようで、根掛かりが多く投げ釣りには向かないそうです。 特にジグが根掛かりする事はありませんでしたが、着底時間を短くする様に注意しておいた方が良いですね。 うみかぜ公園は左に進むほど、青物やタチウオのような回遊魚の回遊数が少なくなります。 左奥は沖へと伸びる堤防により、海の手前付近が行き止まりになっているため、途中から回遊魚が沖へと出て行ってしまうようです。 左から回遊魚が入って来ることも少ないと言えるでしょう。 それでも夏場の休日は、中央付近の釣り場に入れない人が仕方なく来るため、この場所でもかなり混雑します。 サビキ釣りにで小サバやイワシ、アジ、カマスなどを釣ることが出来るポイントです。 ウキ釣り・カゴ釣りではクロダイの釣果が結構上がっています。 左奥にある護岸は隙間が多く、護岸の際まで仕掛け投げれば、タコや根魚が狙えそうなポイント。 流れが穏やかでクロダイやメジナ狙いのウキ釣りに向いています。 投げ釣り以外に用途は限られて居る反面、根掛かりし難く投げ釣りには向いてるポイントです。 階段に腰掛けてのんびりアタリを待てますね。 さらに先に進むとテトラ帯があり、探り釣りでカサゴが釣れたりします。 浅いので水遊びを楽しむ子供もいますね。 不意の大物に備えて5mのタモ網を用意しておくと安心です。 1つ持っておくと、うみかぜ公園以外の釣り場や、本牧海づり施設でも役に立ちますよ。 しっかり準備して、うみかぜ公園での釣りを楽しもう! こちらの記事もおすすめ 釣り方 カゴ釣り カゴ釣りは、うみかぜ公園で定番の人気の釣り方です。 ウキサビキ釣りは、通常のサビキ釣りよりも仕掛けを構成するパーツが増えるので、最初は難しいかもしれないですが、慣れてしまえば釣り方も簡単ですよ。 沖を回遊する30〜40cmクラスのサバやイナダといった、大物が狙えるのも浮サビキ釣りの魅力です。

次の

うみかぜ公園と猿島・のんびり海を見に行こう横須賀おすすめデート

横須賀 うみ かぜ 公園

この日は大潮前日の中潮で、潮回りはかなり良い。 午後は雨が降りそうな予報。 これは釣り人が少なくて釣りやすいというサインでしかない。 気付くと横須賀行きの高速に乗っていた。 10時半ごろにうみかぜ公園に到着。 仕掛けは遠投カゴ10号に金ムツ10号を選択。 30mほどの地点にポイントを定め、その辺りの水深を測定。 13mほどあるようだ。 9:30が満潮で、まだ潮が効いていない。 カゴまでを11. 5mほど取り、オキアミの山を海底に作るつもりで投げ始める。 仕掛けに比して、ウキは浮力が勝ったものしか無かったので、すぐ倒れそうになり紛らわしい。 タナも深いので、手返しを良くするためにカゴを15に換装。 ウキはワダツミの12号表記のものを使っていたが、丁度良いバランスになった。 潮はどちらかと言えば澄み色で、青物釣るには申し分無い。 べったり凪の海に無心でカゴを投げていると、2投に1投は1年生の20cm前後の鯖がかかってくる。 これは大サバが釣れるのも時間の問題かなと思っていたら、隣のオヤジさんが大サバを1匹釣った。 見ていると私が投げている距離よりも10mばかり向こうで、タナは6~7mのようだ。 ポイントを作るという目的はあっても、群れが来たら郷に従うのが青物釣りの鉄則。 タナと距離を合わせると、私にもほどなく大サバが来た。 しかし近くまで寄せたらバレてしまった。 ふむ?その次のアタリはモノにしたのだが、その後さらに2回バラした。 これは針への糸の結び方か、大サバと針の相性か、どちらかが悪いに違いないと推測。 ムツ針の独特の角ばった形状は、一旦飲み込んだ針が、また口から出る際に針がかりするように出来ている。 その理屈が上手くいかない何かがあるんだろう。 チヌ針に換装してみると全然バレない。 満潮から4時間後の1330ごろから大きな時合に突入し、入れ食い状態に。 周りで次々に40cm前後の大サバが揚がる。 私も3本目を揚げホクホクしていたが、4本目を抜き上げる時に手すりに仕掛けを絡ませて高切れを起こす大チョンボ。 調子の良い針は無くなってしまったし、ひとつしか持ってきていない重めのカゴも失った。 ウキだけは回収したものの、カゴが軽いものしか無くなったのでまた手返しが悪くなる。 もう1本作っておいたムツ針を付けてみたら、これは大サバがかかった途端にすっぽ抜け。 ひとつくらいはこうなるんじゃないかと思っていたけれど、やはりなりましたか。 時合は15時前まで続き、そばで釣っていたW名人は15本揚げていた。 私はトラブルを起こしまくっていたために結局その時点で4本。 18時過ぎまでやって、1本追加の5本に留まった。 この日のような大きな時合は珍しく、年にそう何度も無いとの事。 確かに昨年も秋に1度みたきりだ。

次の

うみかぜの路をあるく。JR横須賀駅から観音崎公園まで

横須賀 うみ かぜ 公園

のんびりと海を見るデートもいいですよね。 都内からそれほど時間もかからずに行ける横須賀にあるうみかぜ公園と猿島を紹介してみようと思います。 横須賀・うみかぜ公園 海の目の前に広がる公園で、のんびり海をながめて過ごすのもいいし、スケボーを楽しめたり、壁打ちテニスを楽しめたり、釣りのホットスポットとしても知られている、かなり人気の公園です。 バーベキューは予約をすれば手ぶらでも楽しめます。 海に面したベンチに座れば目の前は海だけなので二人の世界に浸れます。 目の前には猿島が見えます。 公園の前にはマクドナルド、公園のお隣にはスーパーもあるのでテイクアウトして海を見ながらのランチがおすすめです。 スーパーの駐車場には展望室があって室内からも海を眺めることができます。 所在地 横須賀市平成町3-23 アクセス 【車】 国道16号線「安浦2丁目」交差点から約700M 【徒歩】京浜急行線・堀ノ内駅から徒歩約8分 駐車場 1時間310円 マウンテンバイクコース・壁打ちテニスコート。 スケートボートエリア・3on3バスケットコート・バーベキュー・ 猿島で出会えるラピュタの世界 横須賀からフェリーで片道10分で無人島・猿島へ行ってみませんか? 過去は悪寒として使用されていた無人島でその景色は、あのラピュタに出てくる廃墟の景色にそっくりと言われた歴史遺産も必見です。 予約すると個人でも申し込める有料のガイドツアーもあります。 ツアーでは通常入れない所へも案内してもらえるので、おすすめです。 海水浴もシャワー施設もあるので安心して楽しめます。 ゴールデンウィークや海水浴シーズンには、あの有名な海軍カレーも食べることができるお店もあります。 こちらは時期によっては営業していないのでHPで確認して下さいね。 ( 詳しいことはHPで。。。 ) バーベキューや釣りも手ぶらで楽しめます。 楽しみ方がいろいろ選べるのもいいですよね。 猿島フェリー乗り場所在地 横須賀市小川町27 猿島フェリー乗り場アクセス 【車】横浜横須賀道路・横須賀ICから本町山中有料道路経由で約10分 【電車】京急線・横須賀中央駅から徒歩15分 うみかぜ公園と猿島デートまとめ 猿島は、よゐこの浜口さんの「無人島生活」の撮影地にも使われたようです。 横須賀というとやはり軍港都市としての歴史があります。 今でもアメリカ海軍基地や日本の自衛隊施設などがあることがよく知られています。 横須賀ならではの海を感じられる場所だと思います。 それから、うみかぜ公園は、日本ではめずらしいスケートボードやバスケ、壁打ちテニスまで楽しめる貴重な公園とも言えますよね。 お天気のいい日は、リフレッシュに最適なデートスポットになると思いますよ。 よかったら行ってみて下さいね。 wakaba.

次の