アイ カツ スターズ s4。 2年後の悲劇のために

【アイ!】アイカツスターズ!46話『炎のS4決定戦!』【カツ!】

アイ カツ スターズ s4

投票する CV:日笠陽子 豪華客船型アイドル学園・ヴィーナスアークのオーナー兼アイドルで、遠い国の王位継承権を持つ本物のプリンセス。 幼少時より完璧さを追求。 ドレスやブランドに対する知識も豊富で、現在は最先端の技術を取り入れたアイカツで、世界中で活躍する。 世界中の有望なアイドルをスカウトするため、ヴィーナスアークでジャパンにやって来る。 ジャパンにやってきた狙いは、現時点でジャパンの最強なアイドルと謳われる白鳥ひめをスカウトすることだが、ひめに丁重に断られる。 だが、エルザは諦める素振りを全く見せない。 『将(ひめ)を射んと欲すればまず馬(ゆめ)を射よ』ということわざ通りに、ひめを攻略するために、今度は虹野ゆめを手中に収めようと画策する。 でも最後まで見た ストーリはちょっともやもやしてたけど内容はあったからね でも最初と比べてやっぱりつまらなくなったなって感じてた フレンズは内容薄いし、ゾーンも普通のステージのときとかわりないし何これ状態、そして百合媚(なんかレズっぽい描写ばかり) なんかう~んって感じ、そろそろおもしろく感じなくなってしまった歳になってしまったのかなぁ• コメントは新しい順に1000件まで表示されます。 ユニテンのランキングは最新のアルゴリズムにより不正投票・多重投票を自動で除外し、より適切な順位を算出できるようにアップデートを繰り返しています。 なお別の投票項目へ最初に投票した場合は、問題なくカウントされます。 1000票以前の投票は自動的に削除されます。

次の

【アイ!】アイカツスターズ!36話『虹の向こうへ』【カツ!】

アイ カツ スターズ s4

桜庭ローラがイギリスに行ってから一ヶ月ほどたち、季節は春。 他のアイドルも気持ちを切り替えてアイカツに向かおうとするなかで、S4である虹野ゆめには、ずっと頭の中に引っ掛かっていることがあった。 それは、M4の結城すばるが一ヶ月前に言ったある言葉。 いや 別に会えなくなるわけじゃないんだけど、俺の気持ちの問題。 お前のステージを見て、俺ももっともっと世界で勝負しなきゃって思った。 だから… ちゃんと肩を並べられるアイドルでいたいから、それまではアイカツに集中する。 あの時、「ライバルだもんね!」と納得したら、すばるはがっかりしたような驚いたような、変な顔をしていた。 あれがライバルだからという意味合いでなければ、彼はどういう意味でいったのだろう。 「じゃあな、虹野ゆめ。 」 そう言って去った時の、すばるの寂しそうな顔が頭から離れない。 「意味分かんない…」 ベンチに座り夜空を見上げたゆめは、泣きそうな声で呟いた。 「何が意味分かんないの?」 唐突に上から振った声にゆめははっと我に返った。 見上げると、そこにはゆめを優しい笑顔で見下ろす望がいた。 「望くん!」 ゆめが驚いて立ち上がると、望は可笑しそうに笑ってベンチに腰をおろした。 ゆめちゃんもどうぞ、と隣を開ける。 「何か悩み事?」 おずおずと隣に座るゆめに、望が聞いた。 望はいつも何かを見透かしているような笑顔だ。 ゆめがすばるのことで悩んでいるとき、たいてい現れるのは望だ。 「実はね…」 ゆめはすばるとの出来事について望に事細かに話した。 望のことだからきっと、なにか知っているのだろう。 案の定望は納得したような表情で頷いた。 何か知ってるのか、と問いただしたいが、なんとなく今の望からはこれ以上聞くなというオーラが表れているような気がしてゆめは渋々口をつぐむ。 「望くんはどういう意味だと思いますか?」 代わりに間接的にゆめが聞くと、望はうーーん、と困ったような顔で唸って、口を開く。 「僕からはあんまり込み入ったことは言えないんだけどな…あっ、そうだ!」 閃いた顔になった望は、肩に掛けていたバッグから何やらごそごそと取り出してゆめに渡した。 「これって……M4のライブチケット、ですか?」 意味が分からない、という顔でゆめが聞くと、望はそうそう、と軽く頷く。 「アジア進出の前に、M4でライブをやるん だ。 ゆめちゃんもよかったら観においで。 何か答えが見つかるかもしれないよ。 」 望はそう言っていたずらっぽく微笑むと、じゃあね、と去っていった。 結局、望に言われるままにライブに来てしまったが、正直なところこれが何のためになるのか分からない。 せめてもう少しヒントを貰おうと楽屋を尋ねる。 「わぁっ!ゆめちゃんだー!!」 「騒ぐな朝陽。 虹野、よく来たな」 「やあ、ゆめちゃん。 来たんだね」 朝陽、かなた、望はそれぞれにゆめに声をかけると、示し合わせたように楽屋の外に出て行ってしまった。 何この展開!?驚いて固まっていると、ソファーに腰をかけて不思議そうにこちらを見つめているすばると目があった。 「虹野、なんでここに?」 お前M4とか興味あったっけ、と首を捻るすばるに、ゆめは意を決して経緯を話す。 すばるは顔を赤らめて、あの野郎…と呟く。 望のことだろうか、何て考えていると、すばるが立ち上がった。 そのままゆめの方に向かうと、人差し指を立てて言う。 「じゃあ、頑張ってる虹野にヒント」 そのままいたずらっぽく笑うと、ゆめの耳元に顔を寄せてささやいた。 言い終わると、ゆめの頭をぽんぽんと叩いて部屋を出ていった。 一人残されたゆめは、部屋に立ち尽くして先程のすばるの発言を思い返した。 望もすばるも、こういうわけの分からない発言でゆめをからかっているのか。 とにかく何か掴んで帰らなきゃ、とゆめも客席へ向かった。 「俺たちの歌、ちゃんと聞いてろよ。 」 熱い歓声に包まれてM4のメンバーが登場し、ステージが始まる。 一曲目はゆめもよく知る曲だった。 『僕らの奇跡』、ゆめがM4のステージを初めて見たときに聴いた思い出深い曲だ。 パフォーマンスの出来に感動しながら歌詞に重点的に耳を傾ける。 サビに入ったところで、歌詞が頭の中に流れ込んできた。 僕らの望む未来は、二人でアイドルの一番星になること。 アイドルの一番星になってまた会えるように、その日まで 恋する気持ち? 今乗り越えて? 今はアイカツに集中する。 すばるの言った言葉が脳裏によみがえる。 それって、つまり、 その後はもうステージどころではなかった。 ただただ顔を赤らめて、呆然と立ち尽くしていた。 ステージで、笑顔で手を振るすばるをじっと見つめて、ゆめは幸せそうに笑った。 「続き…早く聴かせてね、すばるくん。 」 会場は歓声に包まれて幕をおろした。

次の

【アイカツスターズ!】第85話感想 ゆめちゃん作詞の『MUSIC of DREAM!!!』

アイ カツ スターズ s4

投票する CV:日笠陽子 豪華客船型アイドル学園・ヴィーナスアークのオーナー兼アイドルで、遠い国の王位継承権を持つ本物のプリンセス。 幼少時より完璧さを追求。 ドレスやブランドに対する知識も豊富で、現在は最先端の技術を取り入れたアイカツで、世界中で活躍する。 世界中の有望なアイドルをスカウトするため、ヴィーナスアークでジャパンにやって来る。 ジャパンにやってきた狙いは、現時点でジャパンの最強なアイドルと謳われる白鳥ひめをスカウトすることだが、ひめに丁重に断られる。 だが、エルザは諦める素振りを全く見せない。 『将(ひめ)を射んと欲すればまず馬(ゆめ)を射よ』ということわざ通りに、ひめを攻略するために、今度は虹野ゆめを手中に収めようと画策する。 でも最後まで見た ストーリはちょっともやもやしてたけど内容はあったからね でも最初と比べてやっぱりつまらなくなったなって感じてた フレンズは内容薄いし、ゾーンも普通のステージのときとかわりないし何これ状態、そして百合媚(なんかレズっぽい描写ばかり) なんかう~んって感じ、そろそろおもしろく感じなくなってしまった歳になってしまったのかなぁ• コメントは新しい順に1000件まで表示されます。 ユニテンのランキングは最新のアルゴリズムにより不正投票・多重投票を自動で除外し、より適切な順位を算出できるようにアップデートを繰り返しています。 なお別の投票項目へ最初に投票した場合は、問題なくカウントされます。 1000票以前の投票は自動的に削除されます。

次の