イザナギ 神社。 美馬市 観光情報|伊射奈美神社

イザナギとイザナミの最初の子供「ヒルコ」にまつわる怖い神話を解説!

イザナギ 神社

多賀神社 (1) 福岡県直方市 イザナギとイザナミの夫婦神を祀る宮 シンボルはセキレイと桃の子だよ 多賀神社は小高い丘の上にありました。 長い石段が堂々と高く高く伸びています。 駐車場へは、丘を迂回して、裏側から上ります。 境内がとても広い上に、直方の町がぐるりと見渡せる、神が鎮座するにふさわしい一等地でした。 山門がかなり大きいです。 これをくぐって行くと、本殿。 おお、これもまた大きい。 創建は不明ですが、江戸時代や炭鉱時代に、大変あつく信仰された所のようです。 お祭りも、大名行列があって、平安時代から江戸時代までの衣装の人々が練り歩くのが見られるそうです。 御神幸は御輿(みこし)でなく、神馬に載せられてのお渡りとか。 御輿でないのは全国でも珍しいそうです。 そうそう、馬を見に来たのでした。 等身大の立派な像です。 さあ、御祭神はどなたでしょうか。 由緒書きがありました。 (口語訳) 御祭神 イザナギの大神とイザナミの大神。 寿命の神である多賀大神は天照大神のご両親で、この宮は古く 日の若宮と言いました。 奈良朝の養老三年に再建し、天平八年に 妙見(みょうけん)大明神と称えました。 ここにはイザナギとイザナミの夫婦神が祀られていました。 この二人の神が生んだ子供の数は大変な数です。 日本の島々を生み、海や山や自然の神々を生み、最後の最後にアマテラスを含む三貴神を生みました。 ちょうど、この二柱の神を現代語訳した所ですが、この二柱が日本神話の中枢にある、 大事な神々だというのがよく分かりました。 夫婦の始まりであり、出産、死去、子殺し、死後の世界、禊、国生み、神生みと、 あるいは人口の増加の謂われ、などなど人間の普遍的な営みをシンボル化した夫婦の神なのです。 この神社のシンボルは鶺鴒(せきれい)と桃の実だって! なるほどですねえ。 セキレイとは、雀の大きさの可愛らしい小鳥です。 白と黒色で、尻尾がシュッと長く伸びています。 (よく、自動車のサイドミラーに映った自分を見てる変わった鳥です。 ) この鳥は尻尾を上下に振り振りして歩きます。 これを見て、イザナギとイザナミの神は夫婦の交わりの方法を学んだといういわれがあります。 だから、セキレイと言えば、夫婦の円満を象徴する鳥なのです。 桃の子は、この夫婦が死に別れした後のエピソードから来ています。 黄泉の国に妻を探しに行ったイザナギですが、約束を破って妻の亡骸を見てしまい、 恐れおののいて逃げ出してしまいます。 イザナミはそれを恥じ、追っ手を差し向けます。 次は古事記の該当の部分です。 (イザナミの命が差し向けた)軍勢はさらに追いかけて来て、黄泉比良坂(よもつひらさか)のふもとに着きました。 その時、イザナギの命が、そこに、なっていた桃の子を三つ取って、待ち構えて投げつけると、みんな逃げて帰りました。 そこで、イザナギの命はその桃の子に言いました。 」 と言って、オオカムヅミの命と名を授けました。 こうして、助けてくれた桃の子に大神の実という名前を授けました。 桃って可愛らしい姿をしながら、災いを払ってくれるすごいパワーの持ち主でした。 この桃の子が神社のシンボルです。 お祭りには桃のお菓子が与えられるそうですよ。 魔を払い、人々を幸せにしてくれる。 神話の世界が今でも生きていました。 セキレイや桃と言えば、イザナギとイザナミの事だって、昔の人はよく知ってたんですね。 092-781-6962 近くの書店も通常価格です。

次の

【兵庫県淡路島|イザナギ神社】どんな神宮?ご利益、歴史、見どころ・・・

イザナギ 神社

吹田市にはイザナギ神社と名の付く神社が二つあります。 山田東の伊射奈岐 イザナギ 神社:五社宮と、佐井寺の伊射奈岐 イザナギ 神社です。 同名の神社ですが、山田の方はイザナミ 女性神 、佐井寺の方はイザナギ 男性神 をたてまつっています。 前者は姫宮、後者は奥宮。 本日は吹田市山田東にあるイザナギ神社 伊射奈岐神社・五社宮 を取り上げます。 伊射奈岐神社・五社宮:吹田市山田 千里丘陵の中ほど、万博記念公園に隣接する地域にあります。 千里は万博以降に開発されたイメージがありますが、実は山田周囲の歴史は古いです。 イザナギ神社は現在、千里ニュータウンを含む千里地域の産土神となっています。 によると、地名に関する興味深い説明があります。 三重県伊勢市に「山田」という地名がありますが、そこから五柱の神を奉る霊地を捜し求め、この地にたどり着いたため、「山田」という名がこの地にも引き継がれたそうです。 時は雄略天皇の時代 西暦400年代?。 すごいですね、知らなかった。 そんな太古の昔から、「千里」が「伊勢」と関係あったとは! イザナギ神社の名を持つ神社が実は近隣 佐井寺 にもう一つあります。 山田にはイザナミ、佐井寺にはイザナギが奉られていて、対をなしているようです。 なので山田の方の別名は「姫宮」。 何とも眼を引く狛犬です。 シーサーっぽくて興味深い。 アクセス 大きな神社で、専用の駐車場もあります。 電車でのアクセスはちょっと難しそうです。 パワースポット感も強いです。 太古の時代の千里に思いを馳せながら、ご参拝は如何でしょうか?.

次の

【イザナギ・イザナミ 日本神話の神々】天照大神を産んだ日本の神の夫婦神

イザナギ 神社

イザナギとイザナミによる国生み 別天神と神世七代 大地は水に浮く脂のように、クラゲのように漂っていた時、神代の男神でもなく女神でもない五柱の神(独神)が現れましたが、すぐにお隠れになりました。 この五柱の神々を 別天神(ことあまつかみ)といいます。 その後に二柱の独神が、さらに男神と女神の対で5組が出現しました。 対の神は二柱で「一代」と数えます。 その最後の一代が、イザナギとイザナミです。 これらの神々は 神世七代(かみよのななお)と呼ばれます。 また、別天神と神世七代の神々を 天つ神と言い、住んでいる天上界は 高天原(たかまのはら)と呼ばれます。 イザナギとイザナミの国生み 「この漂っているような海を固め、治めよ」 高天原の天つ神はイザナギとイザナミに美しい玉で飾られた 天の沼矛(あめのぬほこ)を与え、国生みの委任をしました。 二人の神は、 天の浮橋に立つと天の沼矛を海に入れると、 「こおろ、こおろ」 とかき混ぜ、矛を引き上げました。 すると、矛の先から海水が滴り、塩が固まって島になりました。 これが、 淤能碁呂島(おのごろしま:淡路島か近くの島)です。 このように最初の島を作ると、この島にイザナギとイザナミは天つ神と心を通わせるために、 天之御柱(あめのみはしら)を立て、 八尋殿(やひろどの)という神殿を建てました。 一息ついたところで、イザナギは自分の下半身に不可解な物がぶら下がっているのに気づき、イザナミに尋ねました。 「あなたの体はどうなっているか?」 「私の体はすでに完成していると思いますが、何か足りず一箇所だけくぼんだ裂け目に穴があります」 「私の体もすでに完成しているのだが、何かが余って一箇所だけ出っ張っている物がある。 そこでだが、私の出っ張っている物をあなたのくぼんだ裂け目の穴に挿し入れて、国を生むのはどうだろうか」 イザナギの提案に、イザナミはうなずきました。 天之御柱の周りをイザナギは左回りに、イザナミは右回りに周り、出会うとイザナミが言いました。 「まあ、あなたは、なんていい男なのでしょう」 「おお、あなたも、なんていい女だろう」 言魂の力 良い言葉を話すと幸せになり、悪い言葉を話すと不幸になると言われます。 「先ほど、女のあなたが先に言ったのは良くなかった」 とイザナギは言いましが、イザナミと一緒に床に入りました。 すると、生まれたのが、手も足もない 水蛭子(ひるこ)でした。 二柱の神は悲しんで、その子を葦の船で流してしまいました。 次に生まれたのも、泡のような不完全な 淡島でした。 そこで、イザナギとイザナミは高天原に帰り、天つ神の支持を受けることにしました。 鹿の肩の骨を焼いて占うと( 太占 「 ふとまに」といいます)、やはり女神が先に声をかけたのが原因とわかりました。 二柱の神は「淤能碁呂島(おのごろしま)」に帰り、再び天之御柱の周りを回り、 今度はイザナギが先に声をかけます。 「あなたは、なんていい女だろう」 「まあ、あなたも、なんていい男なのでしょう」 大八島国をはじめとする日本の誕生 こうして、淡路島、四国、島根県の隠岐諸島、九州、長崎県の壱岐島、長崎県の対馬、佐渡島、畿内地方が次々に生まれます。 この八つの島を「 大八島国(おおやしまのくに)」といいます。 さらに、吉備児島、小豆島、大島、女島、知訶島(五島列島)、両児島が生まれます。 こうして、 イザナギとイザナミの「国生み」は終わったのです。 この後、二柱の神は「神生み」にかかります。 三峯神社のご祭神イザナギとイザナミとご利益 このイザナギとイザナミを祀っている神社が秩父にある三峯神社です。 【ご祭神】イザナギノミコト、イザナミノミコト 【ご利益】開運成就、夫婦円満、厄除け一般 三峯神社で、最強のパワースポットが遠宮・お仮屋神社 お犬様は、オオカミです。 ここが、三峯神社では一番強いパワースポットと言われています。 参拝後、建物の周りを一回りします。 由緒では、ヤマトタケルが東征の帰り道に初めて三峯神社を祀られた時、道案内を務めたのがこのお犬様です。 その忠実さと勇猛さによって、三峯神社の 御眷属に定められたと伝えられています。 写真に撮ってスマホの待ち受け画面にすると良いことが起こるそうです。 三峯神社のご神木・重忠杉 三峯神社・拝殿の両脇に樹齢800年の(畠山)重忠杉が気を放っています。 ヤマトタケルの像 随身門の近くには、ヤマトタケルの像もあります。 ヤマトタケルは武神ですから、国土平穏、商売繁昌、出世、開運招福、除災の御神徳があります。 三峯神社の御朱印 三峯神社のお守り 毎月の朔日(ついたち)の「 白い氣守(2,000円)」ではありませんが、ピンク・赤・青・緑の氣守(各1,000円)は、いつでもいただけます。 氣守は、三峯神社では一年後お返しする習わしですから、お借りするといったほうが適切ですね。 (左上:私がお借りしている緑の氣守).

次の