バチェラー 最低。 バチェラーシーズン3ラストまで見た方どう思いましたか?バチェ...

【バチェラー4】男性出演者が塚原健司はデマ?ホント?応募方法や応募条件を調査!

バチェラー 最低

まぁ言うても 容姿・金・家柄、全てを兼ね揃えた独身男性a. バチェラー様ですから、老若男女が素敵だな~と感じる男性で当然なんですけど、そんな厳選されたperfect humanでも付け入る隙を見せたが最後、 視聴者a. ピラニアにボロクソ食い荒らされるのがこの『バチェラージャパン』という番組なので……。 (見るのを止めた方がいいのでは?) しかしそんなピラニアの私も概ねの世論同様 「スィンヤ……いいですね!」の気持ちで見ております。 だって友永さんってマジで奥さんを探しに来ている感を常時ビンビンに発散してるから、(この人結婚したら非常に洗練された当人でさえもそうとはわからない何重にもオブラートに包まれた形で女性を支配するタイプのヤベェ男かもしれねぇな……)と畏怖しつつも、ソレはソレとして 応援せざるを得ないんだよ! むしろ友永さんのバチェ姿を見た後だと、初代・二代目バチェラーの久保さん小柳津さんは 「この番組、俺が面白くしないと!」みたいな意識をふんわり持って挑んでくれていたんじゃ? とさえ思えてくる。 そのお陰(?)でシーズン1も2も激烈オモロだったんだけど、友永さんの 良い意味で番組を私物化していると評したくなるようなガチ感も観る側としては 「ッハ~~~!!!! おっもしれぇ~~~~!!!!」なんですよね。 歴代バチェと語り合う動画で言っていた「最初から最後まで本音で挑んだ」という言葉は本当に本当に偽りじゃないんだな、と。 で麻莉亜ちゃんがツーショットデートに選ばれたってことは城田ちゃんVS麻莉亜ちゃんの2on1デートの線はなくなったから中川さんVS金子さんの過去の因縁対決で中川さん勝利のフィニッシュね? はい解散解散!!!」みたいな、非常に舐めくさった態度で終始視聴しておりました。 (再び膝から崩れ落ちるブス) 私サッチモはこのバチェラージャパンという番組を見ながら、己がバチェラーになりきり最高の独身男性である我が伴侶に相応しい最高の女性を見極めたいと思っております。 (キモい楽しみ方なのは分かっているのでどうかご容赦ください)で、まだEP4だけど、 総合得点的に最高の女なのは完全に野原さんなんだよな。 美貌、強さ、優しさ、愛嬌、生きる姿勢、たぶんバチェ3の参加メンバーの中で1番だと思う。 ってなると友永さんも言っていたようにいろいろ得点の状況が変わってきますし、水田さんすっげ~な~って岩間さん自身も感じただろうから、 我、圧倒的優位也な態度で安穏とはしていられないよね。 他の女性と友永さんの距離が近づくことでハラハラドキドキもするよね。 わ、私はそれを…… 自分がNO1だと思っているくせに周囲へのポーズとして不安がって見せているみたいな最低の解釈をして……糾弾を…… ハァ~~~!!!!! ほんっと人を見る目がないんだ~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!(ないんだ~~~ないんだ~~~ないんだ~~~~~……) この印象メモを読んでくださっている奇特な読者様におかれましては、 ふ~んこれを書いている人間は人を見る目がなく容易く過ちを犯すんだ~ということを御理解いただき、今後も 「ア~~~ッ!! 誤解してましたごめんなさい!!!」と 「信用してたのに!!!! 裏切られたふじこふじこ(古のインターネットスラング)」を繰り返していくんだろうなと予想しつつ、人間という複雑な多面体的存在を迂闊にジャッジしていくとこんな恥をかくことになるんだなァと反面教師にしていただければ幸いです。 ハァ~~バチェラーを見ると自分の性格の悪さを痛感させられてばかり!(a. すごいなぁ、EP1の主人公感バリバリの演出見て 「可愛らしいですねぇ……しかし、バチェラージャパンは少女漫画でも朝ドラでもないんですよ(メガネクイッ)」とかやってたのが 完全に恥さらしの過去となってしまいましたが麻莉亜ちゃんの躍進は見ごたえがあって素直に嬉しいし今後が楽しみです! しかし、スィンヤが婚約指輪を作ってきているという文脈を踏まえての贈りものとして指輪は完璧にキマってたな。 キマりすぎて、 「感謝」「願いが叶う」って一体何だったんだ……!? とさえ思ってしまいました。 城田ちゃん、 年が近いからって真っ先に比べられる相手がクソ強の麻莉亜ちゃんってすっげー可哀想だよ!!!(麻莉亜ちゃんの項目なのに思わず城田ちゃんの話をしてしまった) また、誤認でヒデェ言い草をしてしまった罪を償っていくと誓ったばかりでこんなことを言うのは大変恐縮なのですがその~~、個人的に麻莉亜ちゃんは岩間さん以上に、 男性引いてはスィンヤが理想としているのではと小生が愚考する、 所謂お嫁さん向きな存在なのではないかと考えておりまして……(大変性差別的な表現をしてしまっている自覚があるので奥歯に物の詰まったような言い方) 岩間さんはしっとり感があって色っぽいんだけどやや陰があるというか闇を感じるけど、麻莉亜ちゃんは藤森さん&友永さん男性陣が声を揃えて言っているようにとにかく朗らかでキラキラで……まぁ私は自分が暗い女なもんで、もしこの世に根っから明るく天真爛漫な女が実在するとしたら、 是非男に生まれ変わって結婚してみてぇモンだなぁ!!! と常々夢想しているんですよ。 いやスィンヤの中では崖ジャンプNGが減点だったのかな? でもあそこでジャンプしたとしても 中川さんには勝てなかった気がしないでもない!!! でも中川さんが飛んだ崖に比べると相当低い位置からなのに、めちゃくちゃ不安げなお顔でそぉっと水に飛び込んだとこ(友永さん曰く「お風呂に入るみたいな感じ」) 今までで1番可愛らしかったな! お弁当も美味しそうだったし、中川さん論破事件の時、瞬間湯沸かし器対応だったのは繊細で臆病な性格の裏返しだったのかな。 っていうか今までのぶっ飛びっぽい行動はお嬢様が故にいろいろ不慣れだったせいなのか? と今更思いを馳せたり……けど、 「30歳までに結婚したいから」ってバチェに伝えたのは明らかな失言だった気がしてならねぇ!! 普通のお見合いならともかくスィンヤは大勢の者たちが追い求める大秘宝だから、 「ハイ? あなたが結婚したいから言い寄って来ているだけで、別に僕を愛していないということですか?」ってなっちゃって減点よ、そりゃ!(真也はそんなに性格ねじ曲がってないか?) まぁそういうウッカリムーブも含めてな~んか憎めない、可愛らしい女性でした金子さん……たぶん、野原さんからも慕われてるし、画面に映ってない素敵なところが沢山あったんだろうね。 あれ!? 意外と上位組!? しかし今回、岩間さんはパーティー中にキスを強請って不発という初めてミスらしいミスをやらかしているので、 真也から岩間さんへ対する制裁・揺さぶりという可能性もあり(性根が腐っている為、うがった見方が止まらない悲しき獣)髙田さんはそれで繰り上げられただけ? でもそれにしても全然上位グループなんだよな。 何だか今回はうやむやになってしまいましたが、次のチャンスではしっかり評価されて欲しいですね。 とはいえ友永さんの方に 水田さんは多少後回しにしてもコッチの考えを理解して耐えてくれるだろう的な甘え(言い方悪ッ)がうす~くあるような気がしないでもないので、今回も名前を呼ばれたのは後半でしたが実際はもっと上位グループなんじゃないかなぁ? あと、私がEP1から執念深く追い続けている「国分さんに無理やり飲み物渡しに行かせ事件」の容疑者は、このEP4で水田さん以外全員脱落してしまいました。 私も己が岩田さん免罪事件の加害者だということを忘れず粛々と視聴を続けたいと思います。 というかブチキレて刑事になってるの私だけかと思ったら結構いろんな人が例の事件に怒ってたんでオーバーキルだったかもしれねえ。 よって今は逆にゴメンな気持ちです。 ゴメン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(クソデカ大声) しかし、 去り際にスィンヤをぶん殴って更に余罪を重ねるなど、天然のヒールとしてはかなりの活躍ぶりだったので結果的には参加してくれて&生き残ってくれて良かったかな! 彼女みたいな人がいるから、髙田さんや金子さんがまともなお嬢様に見えるんだよな~。 悔しいな~~。 麻莉亜ちゃんと一緒にいる時はエヘラエヘラエッチお兄さんなのにな~~~~~。 だが、もう……全然……アレ……だったな。 ダメ押しのアピール「1番好き」も 下町のエッチエッチ姉ちゃんこと加賀美さんの二番煎じだったし、な…… ナッ……!!!!(泣きながらそっと布を被せる) しかし良くも悪くもフツーな城田ちゃんがいることで、同年代の麻莉亜ちゃんの『強さ』が際立ち彼女の株が爆速で上がっていくという、 もう何だ? やっぱりシーズン3のヒロインは麻莉亜ちゃんでこの世は麻莉亜ちゃんのための物語なのか? と疑いたくなるような筋書きでしたね。 エモくてGOODです!! 不思議なもので、このバチェラージャパンって番組は集まった人がそうさせるのか状況がそうさせるか分かりませんがドラマじゃなくても展開がドラマじみてくるんだよな。 台本! ヤラセ! みたいな単純な話じゃない、 物語は人生の模倣でしかない……的な真理がここにはある!!(リアリティー番組の痛いファン) でも事前のイメージでは純朴そうに見えて実は強かタイプかな~と思っていたので最後まで 純! に終わっていったのは大変意外でした。 何ならエッチエッチアピール勢に加わると思っていたので……ただの願望だったか……。 以上 人数減って精鋭ばかりになってきたな!!! EP5早く!!!!.

次の

【バチェラー3】ラスト(最終回)が最低で引いてる人多数!ルール違反?ネタバレあり

バチェラー 最低

女子に大人気のアマゾンプライムビデオ限定番組バチェラー(BACHELOR)。 そのシーズン3のラストが物議を醸しまくっています。 史上最低のバチェラー、巷では最低最悪の最終回だったという意見もある中、個人的な感想・意見を述べたくて筆をとりました。 まとめると 【最終ローズを水田さんに渡し結婚前提の交際をスタートさせたのにも関わらず交際中に岩間さんに連絡を取り、水田さんを1ヶ月で振りすぐさま岩間さんに乗り換えた事件】。 スピーディー過ぎてあっぱれでしたね。 さすがバチェラー、仕事が早い。 まぁ全国に流れてしまうメディアでこういった展開になったのは失態以外の何物でもないですが、まぁ私たちが生活する日常では特に変わったことでもなく、よくあることです。 視聴者の立場としてはこの事例を恋愛スキルアップのため非常に役に立つ資料として扱い、考察したいと思います。 笑 バチェラー3最終話 裏切られた水田あゆみさんがかわいそうだけど神対応 もちろん筆者も、水田さんの気持ちを思うと胸が張り裂けそうになるのは大多数の視聴者と同じ感想です。 御愁傷様でしたとしか言えない。 30歳の女性に、結婚をあそこまでチラつかせ「終点への切符」だの言い指輪を渡しときながら、奈落の底に突き落とした罪はすごくすごく深い。 指原さんも言っていたけど訴えてもいいレベルです。 結婚詐欺って言ってもおかしくない。 (お金は取られてないけどね) なのに!なのに!水田さんのトークスペシャルでの対応は神だった。 いや、神すぎてちょっと不自然なぐらい。 いくら2ヶ月経ったからといえ、ほぼ浮気されて乗り換えられた男と、その対象の女が目の前にいるのに、あんなに落ち着けるわけない。 お姉さんぶらなくていいから、もっと素直に感情を出したらいいのに。 (そんなんだから岩間恵さんみたいなワガママニャンコタイプの女にあっさり持っていかれちゃう)水田さんからしたら最終回トークスペシャルだって屈辱だし友永さんの顔も岩間さんの顔も見たくないはずなのに、笑顔で大人な対応して・・・。 ましてや2度目の婚約破棄。 水田さんが大切にしている家族もきっと深く悲しんだでしょう。 もっと泣いてもいいし怒ってもいいのに、 無駄に強すぎる。 水田さんは自身がちょっと背伸びして無理しすぎるから、大人な対応しなくてもいいさらに大人な男性と幸せになってもらいたいものです。 最終話にゲスト出演したナイナイの矢部ですが、さすが既婚者ならではの鋭い意見を言っていました。 水田さんのことを 「こういういい子は2番手になる」と。 それが的中しましたね。 女からしたらこんなこと言う男は最低だと思うのは分かるけど、 やっぱり感情をグラグラ揺り動かされないと男からしたら物足りないんですよ。 相手が自分のことを好きかどうかわからない、ほっておいたら逃げられちゃう。 そんな風に相手を一種の不安感情を抱きながら想っていることが恋愛感情なんです。 自分で頑張って落として手に入れたっていう実感がない女性は、どうも大切にされにくい。 男は狩りをしたい生き物なのに、獲物が向こうから近づいて来たら何も面白くないじゃないですか。 水田さんはまさにそれになっちゃった。 それに、あれだけのハイスペックのバチェラーだったら今まで周りに水田さんみたいな女はゴマンといたでしょう。 わざわざこの番組で選ぶ必要はないとも言えます。 ただ、水田さんさすが元ホステスだけあって男を喜ばせる言葉のチョイスは逸品で学ぶべきことがたくさんあったのも事実です。 「フランスもパリも初めてでドキドキ」「初めてのことは真也と一緒にしたい」 「居心地いいわぁ~」 「一回しか言わないからよく聞いてや。 ・・・・好きっ」 普通の男だったらこれらを連発してれば軽く落ちるでしょう。 まぁ最後のローズセレモニーで一度は水田さんを選んだのもこのコンボが多少ならずとも効いていたからとも言えます。 しかし相手はバチェラー。 ハイスペの最高峰です。 「自分を好きにならない女が世の中にいるのか」レベルでモテてきた男。 岩間さんに惹かれ落としたくて色々しているのになかなか岩間さんの気持ちが読めない…。 そりゃあ 狩猟本能刺激されまくりだったでしょう。 カメラのレンズ越しでも、岩間恵さんを見る時の目の違いで分かりました。 好きな女を見る視線のそれでした。 バチェラー友永に追いかけさせる女岩間恵。 駆け引き上手に学ぶ恋愛学 視聴者の反応として、岩間恵さんすらも最低 最悪 悪女とか言われまくってますけど。 ちょっと待って。 彼女はある意味被害者ですからね?悪口言いまくっていい相手じゃないですよ・筆者は岩間恵さんの優柔不断かつワガママ(と言われる)な心境がすごくよく分かります。 (何を隠そう、筆者もその昔、岩間恵さんと全く同じ恋愛パターンを経験したのだ!!) 岩間さん、最初はとりあえず他の女に負けたくない、レースから落ちたくないという思い。 モデルのような活動もしているので売名目的も少なからずあったはず。 だから最大限に可愛い自分を出してバチェラーを惚れさせるように仕向けた。 だが、一人、また一人と減っていく度に頭にチラつくのは 「最後の一人に選ばれてしまったらどうしよう」。 25歳とまだ比較的若い、遠い神戸までいきなり嫁ぎに行く自信もない。 そもそもそんなに友永さんのこと知らないしまず好きじゃない。 それなのに友永さんが自分を好いてることバシバシ伝わってくる。 このままだとやばい。 だんだんローズセレモニーで、名前を呼ばれても岩間さんは嬉しそうじゃなくなっていった。 その度にモヤモヤしながらも燃え上がる友永真也。 急に男が近付いて来られると身構えて逃げたくなりますよ。 このまま自分の意思もなく流されるように進んでしまった時の将来が不安で怖くて。 本当に後悔しないだろうか?とずいぶん悩んだんだと思う。 それが分かるのはパリでの食事デート。 あの時はちょっとヤケになってた。 わざと喧嘩したがっているような、嫌な女、合わない女に思われるような発言・行動をした。 視聴者からしたら、友永さんに好かれてるのに「気持ちが分からない」だの「恋愛感情と違う」だの、何しにバチェラー参加しに来てるんだ!と怒りたくなりますよね。 けど、ちょっと考えてみてください。 この番組がヤラセじゃない限り、一生に関わる結婚を数えるほどしか会ってない男と考えられますか?普通に考えてその方が無理あります。 (バチェラーの番組コンセプト自体を否定するような意見ですが)私は彼女が結婚に対して真面目だからこそここまで悩んだんじゃないかとも思うのですよ。 それにしても。。。 稀に見るハイスペ男にここまで追われた岩間恵。 女冥利に尽きるというものですよ。 余談ですが、岩間さんは決める時のおいての服装のセンスがすごく良い。 (逆に言うとカジュアルな服はオバサンっぽくなってあんまり似合ってなかったです…ごめんなさい。 若い女の子はやっぱりボーダーのカットソーを着ない方がいいと思う笑) 特に、ご両親に会いに行く時の服装のセンスが抜群でした。 強い個性を出さず、若々しさと可愛らしさの出る淡いピンクのワンピースと肌見せを抑えるための上品なカーディガン。 お人形さんみたいに可愛かったです。 ある時は淡いラベンダー色のニットワンピでセクシーなボディラインを強調したり。 そうそう、最初のカクテルパーティーのドレスだって、自分をぶどう農家の娘と相手に印象付けるためにぶどうを連想させる濃い紫色のドレスにしたり。 とにかく服装からの自己プロデュースがお上手でした。 自分を客観視できるバランス能力が備わっていないとできない技なので、頭もいいのかと。 婚活女子には見習いたいスキルでした。 バチェラー3考察と感想まとめ ヤラセではない!結婚以前に大事なのは恋愛感情 バチェラーが 「水田さんには正直最初恋愛感情がなかった」と個人インタビューで話した時、これは正直難しいかな、と思いました。 それだけに最終話の際に水田さんを選んだ時は驚きました。 個人論でもあるんですが、結婚を見据えた恋愛でも、居心地のよさ以前に最初はグッと相手を引き寄せるドキドキした恋愛感情は必須だと思うから。 居心地はその後。 じゃないと、「なんで好きでもないのにこの女と結婚したんだろう?」になっちゃう。 いわゆる 【オカン】に抱く感情と一緒になったら夫婦間でも終わりなんですよ。 しかしながら… バチェラー シーズン1は恋愛感情先行で選ばれた蒼川愛。 バチェラー シーズン2では大きな愛情をくれるからという理性で選ばれた倉田茉美。 どちらも短期間で破局してます。。 初対面でそんなに話していない男女がいきなり惹かれ合って付き合い、結婚まで見据えた長期的な恋愛をするなんて、出会いに溢れかえる現代の日本じゃ難しいんですかね。 そんなこと言ったらバチェラーの番組の存在意義まで問われてしまいますね笑。 バチェラー全話を通して、コメンテーターである今田耕司さん、毎度本当にうまいフォローをされていて感心でした。 誰も悪者にせず笑いを挟みながらうまくまとめる力はこの人ならではだと思う。 またオリエンタルラジオ藤森さんはあくまで「チャラ芸人」としてのキャラを守り、男性視点での嘘のないコメントができる(この人多分本当はそんなにチャラくなくて優しいんだろうなと思う)。 そして指原さんもAKBグループにいたのが勿体無いほどの芸人と張り合えるトークスキル。 砕けたツッコミ表現をしながらも選ぶ言葉遣い、姿勢、仕草は上品さを忘れておらず感心しっぱなしでした。 しかし、バチェラー シーズン3の結末は、流石に3人の芸能人もコメントに困る展開でしたね。 友永真也さんですが…。 「ラストローズを撤回してまで選んだ女性が岩間恵!これこそが真実の愛!世間の目は冷たいが、俺が守る!」的な感じで余計盛り上がっちゃってる感がないか心配。 たった一人の女性を守るためにこの場所でいろんな避難にさらされている俺カッコいい的な自分に酔ってる感が漂ってました。 人間、悪いことや周りの反対があると余計当人は盛り上がっちゃうものです。 いや、浮気だからね?っていうか指輪まで渡したんだし不倫に近いか? まぁ1年もしないうちに「やっぱり結婚は無理」とか言って岩間さんが振るんでしょうけどね。 いや、1年持つかな? 厳しいことを書いてしまいましたが、このリアルな恋愛サバイバル番組が私は大好きです。 これほどまでに最終結果が視聴者感情に及ぼす影響が大きい番組を私は未だかつて見たことがありません。 「友永真也 最低最悪」「胸糞悪い」「真剣に見た10時間返せ」「水田さんがかわいそうすぎる」「岩間恵悪女」など、SNS(主にツイッター)が熱い感情で沸いている状況を見てもそれは明確でしょう。 これは、ヤラセではないことを世間が認めている証拠でもあります。 話題性という意味ではバチェラー シーズン3は一番だったのではないでしょうか。 次回、バチェラー シーズン4も期待しています!次は一体誰がバチェラーに選ばれるのでしょうね?ハードルどんどん高くなってるぞ。

次の

【バチェラーシーズン3】最終結末の考察と感想。ヤラセ・最低ではなく最高の勉強に!岩間恵・水田あゆみに学ぶ恋愛学

バチェラー 最低

水田あゆみと岩間恵の2人が残り、バチェラー第2の故郷であるフランスへ• バチェラーは最後のローズセレモニー直前に、岩間恵に実質的に振られる• バチェラーは最終的に水田あゆみを選ぶ• 日本に帰国後、バチェラーは「やっぱり恵のことが好き!」となり、水田あゆみと1ヶ月で別れる• バチェラーが岩間恵に猛アタック。 結果的に2人は付き合う 大まかな流れはこんな感じ。 最後にローズを渡した女性を捨てて(言い方は悪いですが)、選ばなかった方に寝返ったわけです。 【バチェラー3】友永真也が最終的に岩間恵を選んだことは本当に非難に値するのか? 上のような展開になったわけなので、ツイッター等ではバチェラーや岩間恵に対して非難が殺到しております。 男として人としてありえない結末を視聴者に見せつけてくれたバチェラーだった。 一番引いたのは、岩間恵が水田さんのこと「そっち」って言ったこと。 こりゃだめだ。 心入れ替えないと岩間恵もバチェラーも絶対幸せにはなれんぞ。 どれだけ考えた決断であっても無価値。 視聴者が支払った120時間という時間とお金。 そして歴代のバチェラーが守った評価を一瞬で崩壊させた。 よくも胸張って出てこれたな — みき ebimeate まじで最低だな!!!!友永真也!!こいつ嘘ばっかじゃねーか!!!! あと岩間恵🍇!!!あの状態で笑うな!!!! 温かく見守って……?見守れる訳ないだろ!!図々しいわ!!!! どっちもサイコパスやわ!!!!! — 皆乃城総士 UqtLTVzFM1fvCbk 「バチェラー」でツイッター検索すると、いくらでも出てきますね。 確かにこれらの批判はその通りで、褒められた行為では全くありません。 選んだ人を1ヶ月で捨てて、他の参加者の女性とすぐに付き合っているんですから、まぁ客観的に見て「クズ男」と言われても仕方ないですよね。 久保さん・小柳津さんは結果的に別れてしまったけど、最終的にはやっぱり「紳士」で「大人」だった。 でも、友永さんは色々な面で「子ども」だったのかなと。 — ヒロシ ファッションブログ footmuji 現時点では、なかなか支持されないカップルであることは間違いないでしょう。 バチェラーが岩間恵を選んだことは大きな問題ではない ただ、それと同時に 外野が色々ということではないとも個人的に感じます。 「バチェラー」という特殊な舞台とはいえ、結局は男と女の恋愛です。 そこには様々な葛藤があり、論理や理性では語ることができないようなドラマがあってもおかしくないわけですよ。 本当はダメとわかっていながら、彼女とは別の女性を好きになってしまったり、浮気をしてしまったりというのもよくある話。 「結婚するには水田さんが良い」と分かっていながらも、「岩間さんのことが忘れられない」と思ってしまったバチェラーはある意味で人間らしいとも言えますね。 (また、こんな展開になったということは、バチェラーが「やらせ」ではない証明にもなります) また、今田耕司さんや藤森慎吾さんが番組の中でおっしゃっていたように、「彼女と別れた」などと嘘をついて他の女性と付き合う男も現実には多いです。 その点、バチェラーは1ヶ月で別れを告げたんですから、正直で真っ直ぐな人だという見方もできます。 とはいえ、ツイッター等で見る通り、以下のような声も大きいです。 水田さんのこととを考えないバチェラーもぶどうも最低 要は、 バチェラーが最終的に岩間恵と付き合ったことに関しては、どうしても意見が分かれるんです。 (個人的には「当然褒められたことではないけど、まぁ人間だから理解できなくもない…」という感じですね) 議論を呼ぶことは間違いないのですが、確実に賛否両論が分かれる以上は、100%非難に値するかと言われるとそうではない。 このあたりは個人の価値観の問題です。 バチェラー・友永真也と岩間恵の最大の過ちは、ルール違反をして視聴者を裏切ったこと バチェラーがローズセレモニー終了後に水田さんと別れ、岩間恵と付き合ったこと自体はさほど大きな問題ではないと書きました。 ただ、 「最終回放送前に目撃情報が出たこと」は最悪の過ちです。 岩間恵がインスタにて神戸やゴルフの風景を投稿• 岩間恵の親戚とバチェラー・岩間恵とバチェラーの親戚がSNSで相互フォロー これらは番組を楽しみにしている視聴者への裏切り行為ですね。 そもそも、バチェラーで結ばれた男女は、配信が全て終わるまで一緒に外出することが禁じられているはず(シーズン1の久保さん・シーズン2が番組内で言っていました)。 そうしたルールを破り、結果的に結末を自らネタバレしたも同然ですから、これは擁護のしようがありません。 100%批判されて然るべき。 しかも、 は有料コンテンツです。 中でもバチェラーは超人気番組なわけなので、バチェラーを見たいために になっている人も少なくないはず。 つまり、バチェラーと岩間恵は、お金を払って視聴している全てのバチェラーファンを裏切ったことになるんです。 結末の分かっている物語ほど退屈なものはありませんからね。 (ちなみに僕も、最終話前に結末を知ってガッカリした1人です) ぶっちゃけ、バチェラーが水田さんと付き合おうが、岩間恵に寝返ろうが、視聴者的には実生活への影響はないんですよ(感想は色々あると思いますが)。 でも、当事者たちの何気ない言動によって、日々の楽しみを奪われた方が大勢いるわけですから、この裏切り行為・ルール違反によって実害も生じています。 個人的にも、今までのバチェラーとは違った面白さがあり、毎週楽しみにしていました。 それだけに、最終話前にこんな形になってしまったことが本当に残念… まとめ 物議をかましている今回のバチェラーシーズン3。 やはり、最終話前に結末がリークしてしまったのが最大のミスだったかなと。 逆にこれさえなければ、今回のバチェラー3は「賛否両論を巻き起こすコンテンツ」として、良い評価で終わったのではないでしょうか? 関連のつぶやき見てると、熱狂は炎上を呼ぶし、賛否両論だから語りたくなるんだな、って思った。 人と語りたくなる=コンテンツとしては最強だよね。

次の