面白いクイズ。 難問なぞなぞ10題。面白いひっかけ問題も紹介します

面白いクイズ問題答え付き!難しいひっかけや3択で大人も楽しい! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

面白いクイズ

ではさっそく1つ目。 漢字の中に含まれる「口」が何個あるかという問題でした。 そして、 絵だけの価格は、 額ぶちの価格よりちょうど1万円高いです。 ストレートに考えて下さい。 正解は…… 1万2500円。 額ぶちは、15000-12500=2500円。 12500円と2500円だから、 ちょうど1万円差になりますね。 ヒント: ・健太は、隆明より 写真から見て 左にいる ・隆明と裕二の間には、2人いる ・裕二は、端っこにはいない ・健太と裕二は、となり合ってはいない 正解は…… D。 まず、 裕二は端にはいないので、 BCDのどれか。 隆明と裕二の間に2人いるので、 隆明は AかEのどちらか。 そして、健太は隆明の左にいるので、 隆明は Aには入らない。 よって、まず「隆明はE」が決定。 で、裕二の両隣には入らないので、 残ったのはD。 一見すると難しいんですけど、 1つ1つ冷静に考えていけば分かります。 僕は分かるまでに 1分ちょっとかかりました。 3人の男がいます。 いつも必ず本当の事を言う拓郎。 いつも必ず嘘を言う光。 時々嘘を言う哲哉。 では、 次のセリフは それぞれ誰が言っているか当てて下さい。 正解は…… この4枚を こうする。 さっきの問題が理解できていれば、 ちょっとの応用で解けますね。 ちなみに僕は、 これは分かりました。 有名な邦楽音楽に関する4択問題を 全部で8問用意しました。 かなり有名な歌やアーティストばかり集めたので ほとんどの方は、4つの選 漢字検定1~2級クラスの漢字のクイズを 全部で50問紹介します。 問題はすべて 「漢字の読み」を答えてもらう形式です。 では 小学校高学年くらいの知識があれば解くことができる でも結構難しい算数問題を3つ用意しました。 前半10問は4択形式 後半5問は選択なしの穴埋めです。 単語自 日本のプロ野球に関する4択クイズを、 全部で9問用意しました。 マニアックな問題はありませんが、ちょっと変化球な問題が多いので、 中級~上級レベルのやや日本地理の問題を 9問、 おまけで世界地理に関するクイズを1問用意しました。 4択形式ですので、 そこまで 理科は小学校から習う教科ですが、時間が経つと大半のことは忘れてしまうものです。 今回は、小学校5~6年生までに習う理科の問題を、 4 ことわざの穴埋めクイズを 全部で18問用意しました。 あまり有名ではないことわざも混ぜていますので 少々難しめです。 前 大人向けの難しいなぞなぞを 全部で10問紹介します。 ノーヒントだと 正解率が20~30%の難しい問題です。 ヒントもつけて 超難問のなぞなぞを、 全部で10問用意しました。 ヒントも用意していますが ノーヒントだと全問正答率20%以下、 ラスト3問は正 深夜アニメ・夕方アニメを中心とした4択問題を 全部で8問用意しました。 特にアニメの中身の専門的な話を問う問題ではないので ライト 個人的に面白いと思ったクイズを 7つ厳選して紹介します。 並べ替えや簡単な計算、命題クイズなどあります。 そこそこ難しめです。 小学生や高齢者の方でも解ける ことわざの穴埋めクイズを 全部で15問用意しました。 頭の体操として ぜひやってみてください。 小学生・中学生から大人まで楽しめるような 歴史の4択クイズを 全部で10問紹介します。 選択形式ですので 何かしら答えを作って進 ポケットモンスターの 赤緑青ピカチュウ版と、無印編のアニメに関するクイズを 全部で14問作りました。 難易度はかなり高めに設定して 小学生から大人まで楽しめるような 分かりやすいけど意外に知らない地理クイズを 全部で11問用意しました。 基本は4択形式ですが 正答率12~18パーセントしかない雑学の難問を 全部で13紹介します。 かなり難しめの問題ばかりですが、 専門知識は一切必要ないの ジブリ作品に関する 少しだけ難しめの問題を10問 作りました。 知ってる知識もあるかもしれませんし 初めて聞く問題もあると思いま どこの都道府県のことを言っているのかを ヒントから当ててもらうクイズです。 問題は9問。 難易度は中級くらいです。 全部で9.

次の

難問なぞなぞ10題。面白いひっかけ問題も紹介します

面白いクイズ

意味が分かると面白いクイズ!! とんちの効いた問題【前半10問】 第1問 同じタイトルの本が複数冊でまとめ売りされているのはなぜ? 第2問 動物が一斉に走り出し、3着にトラ、11着にイヌでした。 これはなんのレース? 第3問 東京は13、大阪府は27、高知県は39、では静岡県は? 第4問 黙ってしまったのは、何色のイヌ? 第5問 「夏食削氷」はなにを意味している? 第6問 乙女ではない男性が乙女と主張し、双子ではない姉妹が双子と主張、それはどうして? 第7問 すべてを目撃していたのに、結局犯人を知ることができませんでした、どうして? 第8問 最後のひとりを抜いてゴールをしました。 順位は? 第9問 Aさんは毎日学校に通い、Bさんはほとんど休んでいましたがテストの結果は1位でした。 どうして? 第10問 移動動物園がやってきました。 ウサギにロバ、ヤギにフクロウもいます。 しかも人気のペンギンまで! 今顔を出している動物は何種類? 意味が分かると面白いクイズ!! とんちの効いた問題【後半10問】 第11問 ひとりっ子の子供がお兄さんとお姉さんが欲しいとママにお願いをしました。 1年後、その子にお兄さんとお姉さんができました。 どうして? 第12問 あを5回、はを1回、やを3回、あを3回打つとなんて言葉になる? 第13問 Aくんはとても綺麗好きで女の子にモテモテ、バレンタインデーにたくさんのチョコレートをもらいましたが、全部捨ててしまいました。 どうして? 第14問 1月から12月の中で仲間外れの月は? 第15問 三、四、九、兆はなにを意味している? 第16問 ふたりは友達なのに目も合わせなければ会話もしません。 どうして? 第17問 新しい先生が学校にやってきました。 生徒の受けもよく人気の先生でしたが1週間で辞めてしまいました。 どうして? 第18問 日本中が湧いたワールドカップ、観戦して帰国すると会社をクビになってしまいました。 どうして? 第19問 同じ年に生まれ誕生日も1日違い。 それなのにひとりは学生服、もうひとりはランドセルを背負っています、なぜ? 第20問 歳を重ねるごとに減っていくものはなに? 意味が分かると面白いクイズ!! とんちの効いた問題【後半の答え】 第11問 ママが再婚をしたから.

次の

面白い論理クイズ20選!論理的思考を養う超難問の論理パズルの問題は?

面白いクイズ

ピザの10回クイズは、子供や大人で初めて10回クイズをやる人なら、ひっかけやすい簡単な題材と言えます。 また、難しい10回クイズを何回か遊んだ人などに出題しても、ひっかかる可能性がありますよ。 いずれにせよピザの10回クイズは、簡単な子供も楽しめる10回クイズの一つなので、ぜひチャレンジしたい題材です。 1ピザと10回言ってもらいます。 2質問者は、自分の肘を指して「じゃあ、ここは?」と質問します。 ピザの答え• ・正解は肘です。 相手は、ピザと繰り返したため、肘と間違いやすい「ひざ」と誤答してしまいます。 シャンデリアと間違いの答えの音が似ているので、相手はひっかかってしまいます。 簡単ですが、子供だけでなく大人も面白いひっかけクイズですよ。 シャンデリア• 1シャンデリアと10回言ってもらいます。 2「毒リンゴを食べたのは誰?」と相手に質問します。 シャンデリアの答え• ・正解は白雪姫です。 相手は、シャンデリアと繰り返した後なので、ついシンデレラと答えてしまいますよ。 じっくり考えれば正解にたどり着きます。 ですが、繰り返した音につられて誤答してしまいます。 子供から大人までが楽しめる、簡単なひっかけ問題です。 ダンス• 1ダンスと10回言ってもらいます。 2すぐに「ふとんをしまう場所は?」と質問します。 ダンスの答え• ・正解は押入れです。 相手がダンスと似ているタンスと答えるのを、誘導するクイズです。 ふとんはタンスに入る大きさではありませんね。 物語の内容をしっかり理解していないと、つい音につられてひっかかってしまいます。 簡単そうですが、答える本人は間違ってしまう面白さがありますよ。 金太郎• 1金太郎と10回言ってもらいます。 2すぐに「亀をいじめたのは?」と質問します。 金太郎の答え• ・正解は子供たちです。 不正解は浦島太郎ですが、金太郎と似ているため間違ってしまいます。 浦島太郎は、亀に助けられた側です。 言葉の意味をきちんと理解していないと、ついひっかかってしまう面白い問題ですよ。 ひっかかった人に正解を伝えたら「なるほどそうだよね」と、盛り上がる中級クイズです。 リスとトラ• 1リスとトラと10回言ってもらいます。 2すぐに「会社を辞めることを何て言う?」と質問します。 リスとトラの答え• ・正解は退職です。 音が似ている「リストラ」と答えるのを誘導するクイズです。 会社を自分の意志で辞めるのは、退職ですね。 スキー選手は坂を滑るスポーツなので、滑るというイメージから思わずすべり台と答えてしまうわけですね。 けれどもよく考えると、スキー選手はすべり台を滑らないという、とても面白いひっかけ問題です。 すべり台• 1すべり台と10回言ってもらいます。 2すぐに「スキー選手が滑るところは?」と質問します。 すべり台の答え• ・正解はジャンプ台です。 すべり台と繰り返しているため、思わずすべり台と言ってしまいます。 すべり台は、スキー選手が滑るところではありませんよね。 ハリと10回言ってみてと言われた相手は、つられて誤答してしまいます。 ハリの10回クイズは、知識がないと大人でも正解を導けないところもあります。 同時に、知識がある人に出しても、思わず間違ってしまう面白さもありますよ。 1相手に「ハリと10回言ってみて」と言います。 2すぐに「ヨーロッパのイタリアの首都は?」と質問します。 ハリの答え• ・正解はローマです。 ハリと似ているパリは、不正解になります。 イタリアの首都はローマで、パリはフランスの首都です。 音が似ていると、つい似たような言葉を言ってしまいます。 答える人は正解を聞くと、そうだよねと納得するクイズです。 日焼けも、間違えやすい中級問題ですよ。 日焼け• 1日焼けと10回言ってもらいます。 2「鶏が産むのは?」と質問します。 日焼けの答え• ・正解は卵です。 日焼けにつられて、ひよこと言ってしまうのを誘導するクイズです。 鶏が産むのは卵で、ひよこは卵から産まれたものですね。 犬についてのクイズなので、犬の種類を詳しく知らない人は何も言えないこともあり得ます。 そのため、ある程度犬について知っていそうな人に出題すれば楽しめる中級クイズ、と言えるでしょう。 ブルドーザー• 1ブルドーザーと10回言ってもらいます。 2すぐに「体が長い犬種は?」と質問します。 ブルドーザーの答え• ・正解はダックスフンドです。 ブルドーザーや犬の種類から、ブルドッグと言ったら間違えです。 物語を一回は読んだことのある人に出題した方が、盛り上がるクイズですね。 1真昼と10回言ってもらいます。 2「みにくいアヒルの子の主人公は?」と質問します。 真昼の答え• ・正解は白鳥です。 真昼につられてアヒルと言ったら間違いになります。 みにくいアヒルの主人公は、物語の最後で白鳥ということが分かります。 どんぐりの問題も、一寸法師のお話を知っていそうな人に出題する方が、盛り上がるでしょう。 どんぐり• 1どんぐりと10回言ってもらいます。 2「一寸法師が舟として使ったのは?」と質問します。 どんぐりの答え• ・正解はおわんです。 どんぐりにつられて、どんぶりと言ったら間違えです。 一寸法師は、おわんを舟として使いました。 じっくり考えないとつい「日本」と答えてしまう、大人でもひっかかってしまう難問になりますよ。 一本の問題も、出題したことがない人に答えてもらうと、盛り上がりますよ。 1一本と10回言ってもらいます。 2「日本語をしゃべるのは?」と相手に訊きます。 一本の答え• ・正解は口です。 そう言われるとそうだよな、と思わせる面白いクイズです。 日本語をしゃべるのは口です。 一本につられて日本と言ったら間違いになります。 日本は日本語をしゃべらないですよね。 実際の海苔巻きをイメージしないと、ひっかかってしまいます。 面白いひっかけ難問なので、ぜひチャレンジしてくださいね。 真っ黒• 1真っ黒と10回言ってもらいます。 2「海苔巻きでごはんを巻くのは?」と質問します。 真っ黒の答え• ・正解は海苔です。 真っ黒につられてマグロと言うのを誘導します。 海苔巻きでごはんを巻くのは「海苔」です。 大人でも考えてしまう難問なので、スカイダイビングの様子をイメージしないと、正解にはたどり着けないでしょう。 シュート• 1シュートと10回言ってもらいます。 2「飛行機から飛び降りるスポーツは?」と質問します。 シュートの答え• ・正解はスカイダイビングです。 シュートや飛び降りるにつられて、パラシュートと答えたら間違いになりますよ。 床と間違いである雪を、相手は混同してしまいます。 一つ一つ丁寧に問題を理解することが、激ムズクイズでは必要になります。 1床と10回言ってもらいます。 2「冬に空から落ちてくる水は?」と質問します。 床の答え• ・正解は雨です。 床と冬につられて、雪と答えると不正解です。 雪は水ではなく、水である雨が空から降ってきますね。 激ムズですが、温泉の知識がある人に出すと、解かれてしまう可能性もあります。 なので、分からなそうな人にチャレンジしてもらいましょう。 長いの• 1長いのと10回言ってもらいます。 2「温泉が最多の都道府県は?」と質問します。 長いの 答え• ・正解は北海道です。 長いのや温泉につられて、長野県と答えると間違いになります。 日本で温泉が最多なのは、北海道と言われています。 ポストでもいいじゃないか、と言われるかもしれません。 ひっかけが10回クイズの醍醐味なので、「違うよ!、手紙をまず入れるのは封筒でしょ!」という感じで楽しんでみましょう。 切り替えが必要な、激ムズクイズです。 ポット• 1ポットと10回言ってもらいます。 2「手紙を入れるのは?」と質問します。 ポットの答え• ・正解は封筒です。 ポットとポストの違いです。 おたまじゃくしって鳴くのかな?と考えると、楽しいクイズです。 先入観があるとひっかかる、激ムズ問題ですね。 コロコロ• 1コロコロと10回言ってもらいます。 2「かえるの子のおたまじゃくしはどう鳴く?」と質問します。 コロコロの答え• ・正解は「鳴かない」です。 コロコロやカエルにつられて、ゲロゲロと言ったら間違いです。 おたまじゃくしは鳴きません。 【番外編】面白い10回クイズ3選 10回クイズには、同じ言葉を言ってもらった後、その言葉に対してクイズを出した人がコメントをするというゲームもあります。 以下で3つご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 付き合っている男女や夫婦で遊ぶと、楽しめますよ。 普通の10回クイズの後にやっても、意外性があり面白いクイズです。 かわいい• 1かわいいと10回言ってもらいます。 2質問はせず、すぐに「私ってそんなにかわいい?」とうぬぼれましょう。 はらいたいを別の意味に変換して、相手にそうなの?と返して楽しみますよ。 一緒に食事をしている友達と遊ぶと、盛り上がるでしょう。 はらいたい• 1はらいらいと10回言ってもらいます。 2言った相手に、「そんなにお金払いたいの?おごってくれなくても大丈夫だよ」とにやけましょう。 冗談が言い合える友達などに、出題してみましょう。 クイズの後に、そう聞こえるねと盛り上がりますよ。 たしば川• 1たしばかわと10回言ってもらいます。 2言ってもらったら、「私ってそんなにバカ?そんなことないと思うけどなあ」と返します。 面白い10回クイズにチャレンジしよう! 10回クイズは、クイズを出す人も覚えやすい簡単な内容ですし、それでいてひねりのある面白いクイズです。 さらに番外編の10回クイズも、意外性が面白い問題ですよ。 時間のある時や場を盛り上げたい時に、ぜひ10回クイズにチャレンジしてみてくださいね。 クイズに関連して、暇つぶしにおすすめの面白いクイズという記事を載せました。 面白い問題が15個もありますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の