ガーミン フォア アスリート。 ガーミン日本語版ランナーGPS比較表

ガーミン日本語版ランナーGPS比較表

ガーミン フォア アスリート

Garmin Coach トレーニングプランに対応した GPS ランニングスマートウォッチ ・ ForeAthlete 45 は手首で心拍数を計測し、GPSを使ってペースや距離などのデータを追跡する事が出来る、操作も簡単なランニングウォッチです。 ・無料の Garmin Coachアダプティブトレーニングプランを使えば、 パーソナルコーチのアドバイスを得ることができます。 ・ Connected 機能 には着信テキストや通話着信のスマート通知、Garmin Connect オンラインコミュニティへの自動アップロード、ライブトラッキング機能、およびスマートフォンで再生中の音楽操作が含まれます。 ・ランニング、サイクリング、室内トラック、ランニングマシン、Xトレーナー、有酸素、ヨガなどのプロフィールが含まれます。 ・稼働時間: スマートモードで最大7日間、GPSモードで最大11時間 シューズの紐を締めてランニングの準備をし、ランニングにピッタリのツールも必ず持っていくようにしてください。 ForeAthlete 45 はあなたが必要とするランニングに関連した機能を搭載した小型のGPSランニングウォッチで、毎日昼夜を問わず身につけたくなるデザインの 軽量スマートウォッチです。 思いっきりランニング この使いやすいランニングウォッチは 毎日のランニングやトレーニングにぴったりで、10Kマラソンに向けたトレーニングにも適しています。 内蔵の GPS がランニングしている場所を追跡し、距離やペース、インターバルを含めた正確なステータスを提供します。 直感的な使いやすいインターフェースで、汗で濡れた手でもラップのマーキングやタイマーの一時停止が簡単にできます。 ForeAthlete 45 は、手首から絶え間なく心拍数もモニタリングします。 ランニング中の事故でも安心 事故検出・援助要請機能によりランニング中に事故にあった場合も、自動的に登録された連絡先に情報が共有されます。 デバイスが事故を検出するとあなたの現在地情報を自動的に緊急連絡先に送信、簡単な操作で援助要請もできますので、もしも事故にあっても素早いサポートが受けられます。 様々なコネクト機能も付いており、ランニング中やランニングの合間にも他の人と繋がり続けることができます。 手首に配信されるスマート通知から、受信したテキストメッセージや電話の着信を確認する事が出来ます。 更に、互換性のあるスマートフォンとペアリングすれば、ForeAthlete 45 から Garmin Connect オンラインフィットネスコミュニティに、ランニングデータが自動的にアップロードされます。 スマホで再生している 音楽の操作も手首のウォッチで行うことができ、曲を飛ばすこともできます。 その他のエクササイズにも対応 数多くのアクティビティが利用できるので、ランニングをする気分でない時でも十分に汗をかくことができます。 ForeAthlete 45 では、バイクでのワークアウトやランニングマシン、室内トラック、Xトレーナー、更に、有酸素エクササイズやヨガをしている時でもトレーニングを記録することができます。 ウェルネスを向上 ForeAthlete 45 GPS ランニングウォッチは、幅広いアクティビティとウェルネス追跡機能を提供します。 24時間常に着用すれば、1日の歩数、距離、消費カロリー、睡眠をモニタリングする事ができます。 このスマートウォッチには、1日のストレスレベルをモニタリングする機能もついており、日中の健康状態を追跡する事ができます。 ストレスレベルが上がり始めたら、リラクゼーション呼吸タイマーを使って、数分のガイド付き呼吸を試してください。 心と体を落ち着かせるのに役立ちます。 Body Batteryエネルギーモニタリング機能が収集したデータを分析し、蓄えたエネルギー量を計測するので、アクティビティーや休息の時間を最大限に活用できるように1日を計画することができます。 あなたのスタイルを表現 ForeAthlete 45 をカスタマイズして、オリジナリティーを持たせてください。 当社のConnect IQ ストアから提供される 無料のウォッチフェイスに対応しています。 何千種類あるウォッチフェイスの中からダウンロードしたり、持っている写真から自分だけのカスタムウォッチフェイスを作成してください。 共有し競争する アクティビティを ガーミンコネクトに同期すると、データの保存以外にも様々なことが可能です。 Garmin Connect は活気溢れるオンラインコミュニティで、出先から接続してチャレンジに参加したり、互いの成功を励ましあったり、ソーシャルメディアで達成事項を共有することができます。 Garmin Connectは無料です。 ウェブまたはお使いのスマートフォンのGarmin Connect Mobileアプリからご利用できます。 カラーバリエーション ABOUT GARMIN 1989年、Garmin は、革新性、利便性、性能、価値そしてサービスを原則として設立されました。 Garmin シンプルに、お客様の生活を豊かにすることができるナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標とし、革新的な製品は、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアレクリエーションおよび無線アプリケーションを含め、多岐な分野にわたっています。 Garmin は単に製品を設計・販売するのではなく、ライフスタイルを包括的に捉えています。 空中に、水上に、森の中に、ハンドルの後ろに、あらゆるところに考えを巡らし、適応かつ改善する方法を考られ、そして、GARMIN ウオッチは誕生しました。 04インチ(26. 保証期間 1年間(メーカー保証) お買い上げの時計が、取り扱い説明書に沿った正常な使用状態 で故障した場合、取り扱い説明書の記載内容の範囲で、 保証期間に限り、無償修理致します。

次の

ガーミンフォアアスリートの特徴や価格を比較!おすすめの人や口コミも紹介!

ガーミン フォア アスリート

ForeAthlete 45 ForeAthlete 235J ForeAthlete 230J ForeAthlete 35J ForeAthlete 245 サイズ 42. 3x42. 3x12. 2mm 45x45x11. 7mm 45x45x11. 7mm 35. 5x40. 7x13. 3 mm 42. 3x42. 3x12. 2mm 重さ 36g 42g 41g 37. 3g 38. 3x42. 3x12. 2mm 47x47x13. 7mm 42. 5x42. 5x13. 5mm 42. 5x42. 5x13. 5mm 47x47x13. 9mm 重さ 38. 5g 50g 42. 2g 42.

次の

ガーミンのランニングウォッチ「フォアアスリート245」―GPS時のバッテリー保ち22時間 [インターネットコム]

ガーミン フォア アスリート

スポンサードリンク GARMINのForeAthleteってどれがおすすめ? こういうGPSウォッチって選ぶのが難しいですし、どれがおすすめなのか手っ取り早く知りたいですよね。 今回は、光学式心拍計付きの3つの最新モデルについて比較していきます。 光学式心拍計というのは、LEDセンサーが血流の動きを読み取り心拍数を計測するという技術です。 従来は胸ベルトを着用しないと心拍数を計測できなかったものが、腕の装着だけで計れるようになりました。 それと、どれがおすすめかというのは用途によって違うので、単純に比較するのは難しいとあらかじめ申しておきます。 しかし、あえて単純に比較するなら 機能的には、 35J<235J<735XTJ 右に行くにつれて高機能なものになっていきます。 価格的には、 735XTJ<235J<35J 右に行くにつれて安くなります。 機能を選ぶなら、735XTJ 価格で選ぶなら、35J どちらも程よく欲しいなら、235J のようになります。 用途別にみていきますと、 フルマラソンまでの参加なら、 35J、235J で十分でしょう。 ウルトラマラソンやトライアスロンを目指すランナーは、 735XTJ は必須になってきます。 しかし、フルマラソンまでの出場では、サブ3を目指すという方以外は必要ないのかなとも思います。 <735XTJ> 私個人の感想として、フルマラソンまでの出場であるなら、 235J が一番いいかなと考えています。 <235J> 735XTJは値段が張りますし、 35Jは235Jのようなトレーニング機能がなく、GPS機能で劣ります(GLONASSに対応していない)。 ただ、 35Jは値段的に2万円台で手に入るため、価格面ではとても優遇されていますね。 <35J> それでは、比較的似ている35Jと235Jについて同時に見ていきたいと思います。 GARMIN(ガーミン)ForeAthlete35Jと235Jの比較! ForeAthlete35Jはガーミンのフォアアスリートシリーズの中でも廉価版として、手に取りやすいモデルです。 ForeAthlete235Jは35Jの機能に加えて、トレーニングに役立つ機能を備えています。 ・価格• ForeAthlete35J 24,800円• ForeAthlete235J 36,800円 ・重量• ForeAthlete35J 37. ForeAthlete235J 42g ・バッテリー稼働時間• GPSオフ(ライフログ)はどちらも9日間• GPSオン ForeAthlete35J 13時間 ForeAthlete235J 11時間(GLONASSオン9時間)• ・GLONASS対応 GPSや導きなどの衛星測位システムに加え、ロシアの衛星GLONASSにも対応しています。 これにより、素早く的確な位置測定が可能になります。 ・VO2Max 最大酸素摂取量(VO2Max)の計測も行ってくれます。 これは、酸素を体内にどれだけ取り込むことができるかの指標となります。 全身持久力の指標として、自分のランニングレベルを計るのにもうれしい機能です。 ・リカバリーアドバイザー トレーニングの負荷がどの程度かかったかを測定してくれて、その回復に何時間あるいは、何日かかるか教えてくれます。 ・予想レースタイム機能 最大酸素摂取量を計測することで、5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンの予想タイムを推測してくれます。 ・ワークアウト Garmin Connect(ガーミンコネクト)というWebサービスに接続し、自分でトレーニングメニューを作成することができます。 作成したトレーニングメニューは、GPSウォッチに転送することができます。 実際に使うときは、アラーム音でトレーニングを管理し、トレーニング結果はパソコンで分析できます。 ・ペースアラート 設定したペースから離れるとアラームで知らせてくれます。 以上のような機能がForeAthlete35Jにはついていません。 とはいえ、どの機種も運動強度を色彩別の心拍ゾーンで確認できます。 スピードトレーニング(インターバル走、ビルドアップ走、ペース走)に適した心拍ゾーンはどれか。 LSDなどリラックスして走れる心拍ゾーンはどれか。 これらが、色分けで走っている最中も見やすく確認できるので、これさえあれば、マラソンのトレーニングには十分であるとも言えます。 それぞれ以下の記事に必要な心拍ゾーン(運動強度)を示しているので、ご参考までに載せておきます。 参考記事1: 参考記事2: 参考記事3: <35J> <235J> GARMIN(ガーミン)ForeAthlete735XTJは最上位機種 これまで35Jと235Jの比較について書いてきました。 735XTJはなぜ比較しなかったのかというと、フォアアスリートシリーズのすべての機能を備えているため、 比較の必要がなかったからです。 基本的に、上で書いたような235jにしか無い機能も全て備えています。 この735XTJは一番上でも書いたように、トライアスロンやウルトラマラソン出場に向けてはかなり活躍してくれます。 また、フルマラソンでもサブ3など上を目指したいランナーにも適したモデルであると言えます。 ・価格 49,800円 ・重量 40. 2g ・バッテリー稼働時間• GPSオフ 11日間• GPSオン 14時間• 心拍オフ(GPSオン) 24時間 ForeAthlete735XTJにしかない主要機能 ・アドバンスドランニングダイナミクス 上下動比、ピッチ・ストライド、接地時間バランスなどを測定してくれます。 実際にパソコンの画面で見てみると、ランニングフォームのバラつきが分かりやすく、分析されています。 そのため、自分のランニングフォームの課題が発見しやすくなります。 ・バイク、スイミング、トライアスロンのワークアウト機能 ランニングだけではなく、トライアスロン種目のワークアウトも切り替え可能となっています。 また、別売りのハートレートセンサーHRM-Runを付けることで、水中での心拍計測の可能になります。 ・乳酸閾値 乳酸性閾値(LT)を教えてくれます。 乳酸性作業閾値とは、持久力競技にとってとても大切な指標となっており、 乳酸が血液中に急増し始める境目のことです。 マラソンレースはLT以下で走ることが一般的です。 LTはトレーニングにより改善できるので、この指標を目安にメニューを組むことも出来ますね。 <735XTJ> まとめ さて、今回の記事では、GARMIN(ガーミン)のGPSウォッチを比較してみました。 光学式心拍計のついているモデル3つ ForeAthlete35J、ForeAthlete235J、ForeAthlete735XTJ から比較しましたが、いかがでしたでしょうか。 私個人としては、235Jを推してしまいましたが、価格と機能両面から見て、 コストパフォーマンス的には、35Jの方がいいのかもしれません。 735XTJに関しては、完全にハイエンドモデルとして、完璧を求めたい方、値段が気にならない方は購入してもいいかもしれませんね。

次の