尼崎 えびす 神社。 尼崎えびす神社の素敵な御朱印【平成31年(2019年)1月~3月編】

【兵庫】商売繁盛の「尼崎えびす神社」で触れて笑って必勝祈願をする|兵庫ひとり旅ガイド

尼崎 えびす 神社

商売繁盛の四文字にすぐ反応してしまう当方、「初詣がえべっさんだった!」ということも珍しくないのですが、尼崎のえびす神社がちょっとおもしろいと聞いて、行ってきました! 商店街のほうから来てしまったのでこちらから入りましたが、南側の大鳥居のほうから入るべきでした…。 さて、こちらが本殿です。 地元の方や、遠方から来られたと思しき方など、絶えずどなたかが立ち寄っていました。 尼崎えびす神社は、「『琴の浦』ゆかりの神社」ともいわれるそうですが、その「琴の浦」というのは尼崎の古い呼び名です。 菅原道真公が大宰府へ行く際に、尼崎の老松や砂浜の美しさに目を奪われて立ち寄り、「松は琴柱のよう」といわれたことが由来だそうです。 まずはお稲荷さん。 「願掛けきつねさん」というようです。 張り子のきつねさんをいただき、そのきつねさんについている「願い札」にお願い事を記入して「願掛けポスト」へ入れます。 張り子のきつねさんはお持ち帰りをして、願いがかなうまでお祀りするのだそうです。 きつねさん、とってもカワイイのに願掛けまでしてくださるのね。 そして「しあわせえびす」といわれるえびす御像。 えびす神はいつも優しそうなお顔をされていますが、こちらのえびすさまは優しそうなうえに、なんだか親しみやすい佇まいにほっこりしてしまいますよね。 なんとこの御像、願い事を心の中で唱えながらえびすさまを撫で、さらに自分の体を撫でると体がふっと軽くなるのだとか。 その後えびすさまのお顔がより笑顔に見えたら願い事が叶う兆しがあるのだそうです。 笑って!!笑って、えびすさま!! と、御像をさすり続けていると、こちらまで笑顔になってしまいます。 もういっそ、笑う門には福来るになってほしい。 アポロ11号に関係がある?月像石。 「奇石」と、いう単語も初めて見ましたが、こちらはアポロ11号が月面着陸を果たした日に発見された石だそうです。 触れると心が落ち着いてストレスが癒されるそうですよ・・・! ぜひ、エネルギーをいただきましょう・・・!参拝する方がこうやって撫でつづけるので、石がどんどん磨かれているそうです。 おもしろいですね。 ものすごい存在感の勝馬。 境内にどーんと構えてるこの勝ち馬さん、無視できない存在感なのですが、まずは本殿にご挨拶をしてから改めて眺めました。 文字通り、存在通り、必勝祈願のお馬さん!!勝ちたいという気持ちを込めて、しっかりお馬さんをナデナデしてきました。 ちなみに尼崎えびす神社は宮司さんが女性だそうです。 女性宮司さんの正装(唐衣)はとても華やかとお聞きしています。 一度、お会いしてみたいなぁ・・・。

次の

125回目のゲストは、尼崎えびす神社 宮司 太田垣 亘世(おおたがき のぶよ)さん

尼崎 えびす 神社

予約の際は必ず、日時、参加人数を記載してください。 予約なしで神社へ直接来られた場合は、巫女体験を受けることができません。 基本的にお申し込みは2名以上でお願いします。 当神社は日本の神社庁に属している伝統的な神社です。 皆様には巫女体験を通して日本文化を理解していただきたいという目的で実施しています。 遊び感覚のイベント、コスプレなどではありませんので日本の神様への敬意を持ってご参加ください。 巫女体験は2018年3月より料金設定が変わりました。 お一人様につき1回、1時間、2,000円です。 所要時間は1時間となっております。 遅刻をされると時間が短くなりますのでご注意ください。 また1時間以上になりますと延長料金が発生しますのでご了承ください。 遅刻をされますと、本来1時間の巫女体験が省略されます。 神社の説明や神社屋内での衣装が省略されますので、時間は守ってください。 巫女体験は女性のみ参加していただけます。 付き添いの男性には無料で日本の法被(はっぴ)をお貸しします。 神社の行事により巫女体験の予約ができない日がございますので予め御確認ください。 こちらのスタッフや衣装の準備があるため、キャンセルは1日前までに必ずお電話かメールで行ってください。 尚、11月から2月までは神社多忙期により巫女体験はお休みさせていただきます。 但しお電話でのお問い合わせのみ、状況が可能であれば受付、予約をいたします。 尼崎は観光の街ではないローカルな魅力があります。 神社周辺にはたくさんのお寺や商店街がありますので散策やショッピング、お食事など、楽しんでお帰りください。

次の

尼崎戎神社

尼崎 えびす 神社

尼崎えびす神社は兵庫県尼崎市に鎮座する神社。 尼崎えびす神社は月替わりの素敵な御朱印をいただけることでも人気の神社です。 それでは平成31年(2019年)1月から3月にかけていただいた御朱印を紹介しましょう! 目次• 御朱印をいただける社務所 本殿横の社務所にて御朱印がいただけます。 窓口に不在のことが多いので横のインターフォンを押して待ちましょう。 お守りも色んな種類があるのでオススメです。 御朱印が素敵なので御朱印を紹介する書籍の表紙にもなっています! 平成31年(2019年)1月1日に授与【通常版/書置き】 平成31年(2019年)1月1日に授与【1月限定特別版/書置き】 平成31年(2019年)1月9日に授与【特別版/書置き】 十日戎の時にいただいた「宵えびす(1月9日)」版です。 尼崎えびす神社もえびす祭の時はたくさんの参拝者でにぎわっていました。 平成31年(2019年)1月10日に授与【特別版/書置き】 十日戎の時にいただいた「本えびす(1月10日)」版です。 平成31年(2019年)1月11日に授与【特別版/書置き】 十日戎の時にいただいた「残り福(1月11日)」版です。 平成31年(2019年)2月1日に授与【直書き】 ついたち詣りの御朱印です。 右側は通常版、左側は月替版で御朱印帳への直書きです。 平成31年(2019年)2月3日に授与【直書き】 右側は通常版、左側は月替版で御朱印帳への直書きです。 2月3日の月替版は鬼が3匹います! 節分祭の時は、尼崎えびす神社でも「かわらけ割り」で厄払いができます。 かわらけ(白いお皿)に名前、年、願い事を書きます。 二礼二拍手し、かわらけに息を三度吹きかけ、厄払鬼石に思いきりぶつけてください! 平成31年(2019年)2月24日に授与【直書き】 右側は通常版、左側は月替版で御朱印帳への直書きです。 通常版の左上の鳥居印ですが、上の印と違う印が押されています。 平成31年(2019年)2月24日に授与【宮司によるしあわせ講話限定御朱印/直書き】 この御朱印は『宮司によるしあわせ講話』に参加した人のみいただける御朱印です。 しあわせ講話は2ヶ月に1回開催されていて、予約制で先着20名限定の講話です。 テーマは「日本の神様の生き方を学ぶ2~アメノウズメさん」でした。 今回の限定御朱印は、宮司の判が変わり、かわいい鬼が厄落としに見立てただるま落としをやっている判でした。 平成31年(2019年)3月1日に授与【直書き】 ついたち詣りの御朱印です。 右側は通常版、左側は月替版で御朱印帳への直書きです。 平成31年(2019年)3月2日に授与【直書き】 右側は通常版、左側は月替版で御朱印帳への直書きです。 【参考】 尼崎えびす神社で御朱印をいただくようになり1年が経ちました。 前年・平成30年(2018年)3月の月替り御朱印です。 平成31年(2019年)3月31日に授与【特別版/書置き】 3月31日限定で授与された尼崎城完成スペシャル御朱印です。 こんなイラストもいただきました。 尼崎城も完成していました! 開城直後で混雑していましたので、まだ天守閣には入場していません。 また落ち着いたらレポート書きますね! 平成31年(2019年)1月1日から発売されたオリジナル御朱印帳第2弾 第1弾は、宇宙をイメージした青地の御朱印帳でした。 第2弾は、金運・運気上昇をイメージした黄色地の御朱印帳だそうです。 中には第1弾同様「倉持えびす様記念御朱印」も入っています。 公式HP内にあるブログにて確認してください。 公式HP内にあるブログをこまめにチェックしましょう!.

次の