思い出 の マーニー 都市 伝説。 思い出のマーニー都市伝説6つ!物語に隠された驚きの裏話まとめ

思い出のマーニーの都市伝説が怖い!百合の意味は?かわいい杏奈はハーフ?それとも病気?|映画Hack

思い出 の マーニー 都市 伝説

スポンサードリンク 百合百合してる?!百合の意味は? 「百合百合してる」と話題ですが、百合の意味はご存知でしょうか? 私は普通にお花の百合を想像しましたよ^^; マーニーが百合のような華麗なイメージだから?って。 でも、ここでいう百合とは、 同性愛 のことです。 つまり、 ガールズラブですね! あ~納得!予告編で「あなたのことが大好き」と 告白している主人公の杏奈は印象的ですものね。 肉体関係は持たないor作中で表現されない(暗示される事はある)。 レズ:同性愛を認識している。 また、肉体関係を含むor明確に表現される。 (参照元:) なるほど・・・。 それと、百合は芸術的で文学に使われる表現だそうです。 思い出のマーニーのテーマは同性愛では ありませんが、「愛」ということには変わりありません。 その点では、百合だという感想が多いことがよくわかりましたし、 まさにぴったりの表現ではないでしょうか。 スポンサードリンク 思い出のマーニーの都市伝説 ジブリ作品にまつわる都市伝説はとっても有名ですね。 現時点では上映開始前なのでまだ都市伝説は 話題にあがってきていません。 ですが、マーニーも他作品同様、 都市伝説がでてくると思います。 「百合」的な説が出てきそうな予感! 「思い出のマーニー」にまつわる都市伝説は発見次第、 追加してきますね!•

次の

思い出のマーニー

思い出 の マーニー 都市 伝説

思い出のマーニーとは? 『思い出のマーニー』は2014年に公開されたスタジオ・ジブリの作品です。 原作はイギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学。 スタジオ・ジブリの作品では舞台は北海道となっています。 この北海道でのひと夏が描かれており、海辺の田舎町で過ごすことになった杏奈と、彼女がそこで出会った不思議な少女・マーニーとの交流のものがたりです。 ある夏、ぜんそく療養のため、都会札幌から海辺の田舎町へやってきた少女、杏奈。 杏奈は絵を描くのが好きな女の子。 病気がちなことや小さい頃に両親と祖母を相次いで亡くしたことなどから周囲にはなじめないでいました。 海辺の田舎町にある親戚の家で暮らしを始めたある日、杏奈は美しい湿地と、その奥にひっそりひっと立つ古い洋館、「湿っ地屋敷(しめっちやしき)」を見つけます。 そこは、長年人が住んでいないようで、庭は荒れ放題でした。 でも、杏奈はこの館の窓に明かりが灯っている夢を何度も見てしまいます。 そして七夕まつりの夜、ついに小舟で館まで漕ぎ出ていきます。 そして、そこで杏奈はマーニーと出会います。 その館はきれいで、マーニーの母や使用人らしき人などの姿もあるんです。 ということは。。。 誰も住んでいないはずの館でであったマーニー達は『幽霊』なのか、それとも『妄想』なのか。。。 なんか嫌いな人多いみたいだけど、『思い出のマーニー』大好きだょ。 見終わるまで有村架純だって気づかなかったからエンドクレジットでびっくりした。 純粋にストーリーが好き。 主人公がどん底の状態で最後に自分の心にはまだ光があるんだって内容の映画をよく見てしまう。 — tearra. tearra58 思い出のマーニー 都市伝説!アナと雪の女王の模倣? スタジオ・ジブリ作品の『思い出のマーニー』とディズニー映画『アナと雪の女王』。 この全く別物だと思われるの2つのアニメが模倣だという都市伝説があります。 『思い出のマーニー』が『アナと雪の女王』の模倣だと。 はたしてそうなのでしょうか。 『思い出のマーニー』は米林宏昌監督作品。 宮崎駿監督、高畑勲監督がかかわらなかった初の作品ですね。 なので、何かいつもの感じと違うと余計に思ってしまったのかもしれません。 模倣といわれるところに、公開年度が同じ2014年ということがあるらしいです。 そして、『思い出のマーニー』では杏奈とマーニー、そして、キャッチコピーの『あなたのことが大すき!』 一方、『アナと雪の女王』では主人公のアナとエルサが姉妹であるという、ダブルヒロインであるということ。 杏奈とマーニーは友愛、アナとエルサは姉妹愛の物語というところから『百合』ではないのかという都市伝説。 ダブルヒロインというには、幅広すぎで、ひとくくりにするのはむずかしいかなと思います。 『思い出のマーニー』には原作があります。 さらにイギリス。 一方『アナ雪』は完全にディズニーのオリジナル作品でノルウェー。 雪が降るということのつながりくらいでは、かなり無理がありますね。 思い出のマーニー 都市伝説!ほんとうに百合なのか? 『あなたのことが大すき!』このキャッチコピー。 これを初めて見た時は衝撃でした。 もしかして、初めての同性愛の漫画なのか、百合(ゆり)作品なのかと。 また、没になったキャッチコピー案に『ふたりだけの禁じられた遊び』『ふたりだけのいけないこと』などもあって、ちょっとそういう要素を狙ってるのかもって思ってしまいます。 百合とは、女性の同性愛のこと。 または、そういうことを題材とした作品のことをいいます。 ですが、女性同士の恋愛だけでなく、肉体関係を持たない友愛や友情も百合と言うことも多いようです。 杏奈とマーニーが初めて出会うシーン。 その時、マーニーは、杏奈の手を取り自らの手で優しく包み込んでみたり、屋敷の他の人に見つからないよう、2人で木の陰に隠れて、杏奈を抱き寄せてみたり。 そうかな?って思うところもあります。 さらに2人が一緒にボートを漕ぐシーン。 手漕ぎボートに乗りって、ピクニックに出かける2人。 マーニーは杏奈にボートの漕ぎ方を教えるのに、杏奈の背後から腕を回し一緒にボートを漕いでいます。 今まで出会ったどの女の子よりもあなたが好き。 』 こんなセリフから百合なんじゃないかといわれているようですね。 でもこのジブリ映画『思い出のマーニー』を観ていると、話に引きずりこまれていくので全く気にならないと思いますよ。 初めて思い出のマーニー見た時最後ガチ泣きした — ルート rikurooto7 思い出のマーニー みんなの感想は? (ネタばれあり) 一歩大人になる4月、この時期にやっぱり見てほしいと思う『思い出のマーニー』 『私は私のことが嫌い』ではじまる。 「私は私のことが嫌い」ではじまるところから 「あなたのことが大好きよ」に変わる マーニーの正体は祖母であるが、過ごした思い出の中のマーニーは杏奈自身でもある。 自分を抱き締めることで俯いた顔を上げて、世界が広がっていく物語 — Wallace s2pomou1th お互いの涙がとっても素直できれい。 t大好きなところは、杏奈がマーニーとの邂逅を通して「自分は愛されている」と肯定できるようになるところ、「異質」だと思っていた自分の青みがかった瞳ももう否定する必要はなくて、青は彼女の色になる。 最後の青い服、祝福されてるみたいで綺麗だった。 本当に大好きな作品。 — s🐋 cestsawa7 「マーニーと杏奈の最後の対面シーン」を描いたのは、『ハウルの動く城』や『借りぐらしのアリエッティ』や『コクリコ坂から』など数多くのジブリ作品で作画監督を務めたベテランアニメーターの山下明彦さん。 涙の表現や「泣く芝居」にも徹底的にこだわったという見事な作画が圧巻! — タイプ・あ~る hitasuraeiga 子供の頃って、いろんなものが見えてたんだろうな。 杏奈がここで見せた許しの感情は、マーニーに対するものだけではなくて、祖母や頼子への許しの感情でもあります。 そして、杏奈の言葉を聞いて、安心したマーニーは姿を消します。 そのジブリには動画配信サービスは2020年4月現在、存在していないようです。 気になった方はこちらをどうぞ。

次の

思い出のマーニーの声優まとめ一覧!とても切ないジブリ作品

思い出 の マーニー 都市 伝説

2014年夏に公開されたジブリ映画「思い出のマーニー」。 元々の原作は、 イギリスの児童文学であるこの作品ですが、 あまり人気が出ませんでした。 同時期に公開された映画の中でも、 興行収入は3~4位程度。 ジブリにしてはあまりパッとしなかった印象ですが、 これに関してある都市伝説というか噂があります。 まず、この「思い出のマーニー」を監督したのが米林さんという方です。 この方は、同じくジブリ映画の 「借りぐらしのアリエッティ」も監督されています。 それが、宮崎駿監督の存在。 映画「風立ちぬ」を最後に、 長編映画の監督業を引退すると公表した宮崎駿監督ですが、 「借りぐらしのアリエッティ」の時には、米林監督に、 色々とアドバイスをしていたそうです。 つまり、アドバイザーのような立場で、 「借りぐらしのアリエッティ」の制作に携わっていました。 しかし、「思い出のマーニー」では、 全くノータッチだったそうで、そのため、 ジブリならではの繊細な描写が描かれず、人気が出なかったのでは? と言われているのです。 そして、もう一つ。 「思い出のマーニー」がアナと雪の女王の劣化版説。 両方を見ていればなんとなくは気づいているかもしれませんが、 この二つの映画には、共通点があります。 それが、 「頑張っても報われない女性が人生を切り開こうとするストーリー」 この似たようなテーマに焦点を当て描かれた両作品ですが、 一方は、歴史的大ヒットを記録し、一方は、非常に微妙な結果に。 その理由の一つが、 原作の有無だと言われています。 上述したように、「思い出のマーニー」には、原作があります。 その原作ですが、結構な長編で分厚い書籍2冊分。 事実、映画を見た人の感想の中で、 「話が飛躍しすぎてて付いていけない部分が多々あった」 という感想がチラホラあります。 一方で、アナと雪の女王に原作は存在せず、ディズニーのオリジナルです。 元々尺に収める前提で作られた作品と、 児童文学の長編作品を尺に収めた作品。 この差が人気の差に繋がったのではという訳です。 ただし、結果論であーだこーだ言った所で、真相は分かりません。 そんなものが分かれば苦労はしませんからね。 なので、 ヒットを飛ばした作品の理由それ自体が、 そもそも永遠の謎、都市伝説と言えるでしょう。 147• 133• 128•

次の