冷凍 ほうれん草。 【みんなが作ってる】 冷凍ほうれんそうのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ほうれん草の冷凍保存&解凍方法を実践レポート!(写真付)

冷凍 ほうれん草

ほうれん草の冷凍保存方法 最初に、ほうれん草の冷凍保存方法をレポートさせていただきます。 ほうれん草1束です。 ちなみにレシピ本では、よく ほうれん草1束という記載がされていますが、スーパーで売られているひとかたまりが1束です^^ まずは根元を洗います。 スーパーで買ってきた状態は結構汚れていますので、1本1本についている泥を洗います。 続いて、葉の部分を洗います。 ぱっと見綺麗でも、意外と汚れや泥がついていますのでしっかりと洗いましょう。 根元を薄く切り落とします。 上2本が切った状態です。 根元の切った部分に十字の切り込みを入れると火が通りやすくなります。 沸騰した湯に塩を少々加え、かたい根元から入れます。 根元がしんなりし始めたら、葉を沈めてゆでます。 冷凍する場合硬めにゆでたいので、さっと30秒くらいゆでます。 ゆで上がったら、すぐに冷水(氷水)に入れ、急冷します。 ほうれん草はアクがあるので、水を変えて少しさらします。 根元を揃えて持ち、均等に水けを絞って下さい。 食べやすい大きさに切ります。 再度、水けを絞ります。 1食分づつ小分けにして、空気を抜きながらラップで包みます。 冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ! 以上、ほうれん草の冷凍保存方法レポートでした。 ほうれん草と卵の炒め物 材料(2人分)• ほうれん草…1束• 卵…4個• ベーコン…1枚• サラダ油…大さじ1 ベーコンは1cmくらいに切ります。 まずは、ベーコンを炒めます。 冷凍したほうれん草をそのまま入れ、炒めます。 (冷凍状態でそのままフライパンに入れちゃて下さい。 ) だんだんほぐれてきて、いい感じになります! 卵を4つ溶きます。 溶いた卵を加えて、混ぜ合わせます。 完成です! 味付けしてない(笑)のでケチャップかけて完成ですね! 冷凍ほうれん草の解凍方法 今回のように炒め物に使う場合は、 凍ったまま炒めちゃって大丈夫です^^おひたしでそのまま食べる場合は、 冷凍庫から出して、温室解凍して下さい! 終わりに 今日はほうれん草の冷凍保存&解凍方法について実践レポートをさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか? ほうれん草はおひたしでも十分栄養を取れますので、副菜の1品に是非追加してみてくださいね! では、本日も最後までご精読ありがとうございました。 Separation of church and state, as it is understood in the United States, does not preclude strong statements of belief by candidates, or even support for certain laws on religious grounds. It would be better just to denounce the absurd ramblings of Jesus-cultists head-on, rather than rely on the invocation of a politco-legal principle that is only very vaguely relevant. BBB.

次の

【みんなが作ってる】 冷凍ほうれんそうのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

冷凍 ほうれん草

ゆでてから保存する場合の方法を紹介します。 1、なでるようにして洗います。 2、沸騰したお湯に入れます。 この時に根の部分から先にゆでるようにしましょう。 3、ゆでる時間の目安として、茎を10秒、ほうれん草全体を20秒ほどゆでます。 4、冷水を入れたボウルに入れて、冷ましていきます。 5、食べやすいサイズにカットします。 6、手に握って、水気を絞っていきます。 強く握り過ぎないように注意しましょう。 7、ラップなどで小分けに包み、フリーザーパックに入れて冷凍庫に入れます。 生で冷凍するときに比べて少し手間が多いですが、解凍後はすぐに調理に使えるので便利です。 賞味期限はおおよそ1ヶ月程度保存することができます。

次の

ほうれん草の冷凍保存&解凍方法を実践レポート!(写真付)

冷凍 ほうれん草

1Lに対し塩小さじ1を入れて沸かし、ほうれん草を根元から入れ、茎だけを30秒ゆでる(やけどに注意)。 全体を湯に沈め、15秒程度で裏返し、さらに15秒たったら引き上げる。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くし、茎が太めのものや葉が硬めのものは少し長めにゆでる。 湯を沸かす時間が短縮できます。 直径26cmの深めのフライパンなら一度で1束(約200g)を茹でられます。 葉先がフライパンから出るなら葉先を曲げて収める。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10秒ほど短くする。 さらにビタミンCなどの水溶性の栄養素が逃げにくいのもメリット。 塩をまぶすと水が出てアク抜きになる。 2 電子レンジで加熱し、全体を混ぜる ほうれん草1束(約200g)なら600Wで3分、100gなら2分加熱する。 加熱後すぐに全体をよく混ぜ合わせ、余熱で火の通りを均一にする。 冷凍する場合は、解凍調理時の加熱を考慮して10〜20秒ほど短くする。 混ぜ終えたらボウルから取り出して冷ます。

次の