ボス cm 中島 みゆき。 中島みゆき研究所【放送関連|コマーシャル|楽曲起用】

これ泣くわ!BOSSのCM「平成特別篇」が心に染み入る…楽曲も中島みゆきで涙腺緩みっぱなし(泣)

ボス cm 中島 みゆき

中島みゆきの名曲「時代」が、ソフトバンクの企業CM『白戸家「歌のリレー『時代』篇」』のCMソングとして放送され、SNSなどで話題となっている。 このCMは、白戸家ファミリー(白戸家の犬のお父さん、上戸彩、樋口可南子、ダンテ・カーヴァー、竹内涼真、杉咲花、古田新太)が、この一年を振り返り、その先の時代を想いながら「時代」をリレー歌唱するもの。 「時代」は1975年に発表した中島みゆきの代表曲の1つ。 今回のCMのようにそれぞれの世代で歌い継がれるこの歌は、中島みゆきの歌を愛聴するファンだけではなく、全国の学校の卒業式での歌唱、音楽の教科書への掲載、「日本の歌百選」にも選ばれるなど、学生から大人まで幅広い世代に慕われ、歌われている。 数多くのミュージシャンもこの歌をカバーしており、研ナオコ、薬師丸ひろ子、德永英明、八神純子、槇原敬之、aiko、一青窈、コブクロ、ゆず、クリス・ハートなど、ミュージシャンでさえも、世代を超えてリスペクトしていることがわかる。 43年も前の歌が時代を超えていまもなお、日本全国で愛されている、まさに名曲中の名曲である。 このアルバムは、中島みゆきが近年のコンサートで歌った「時代」「糸」「世情」などの代表曲や、名曲を収録したベスト盤のようなライブ・アルバム。 多くの人が目を潤ませ、感銘を受けた数々の歌を収録した本作は、オリジナル・アルバムのスタジオ録音では味わえない、コンサートならではのリアルな歌声と、臨場感あふれる演奏が堪能できる仕上がりとなっている。 また初回限定盤には、「ホームにて」「EAST ASIA」を含む貴重な未発売の未公開ライブ映像を3曲収録したDVDが、特典として付いているのも大きな魅力の1つ。 このライブ・アルバムに収録された「時代」は、2011年の東日本大震災の後に行われたツアー、『中島みゆき 縁会 2012~3』で歌われたもの。 同曲は、震災直後に被災地をはじめ全国のラジオ局に多数のリクエストが寄せられ、多くの人の心に寄り添い前を向いて生きる希望を与えた。 一年を振り返り、そして新たな歩みを踏み出すこの時期に、さまざまな想いに気持ちを馳せながら、心に寄り添う中島みゆきの「時代」をぜひ聴いてほしい。 amazon. もう桟橋に灯りは点らない 02. ピアニシモ 03. 糸 04. 時代 05. 愛だけを残せ 06. ララバイSINGER~アザミ嬢のララバイ 07. あした 08. 唇をかみしめて 09. 世情 10. 風の笛 11. 夜行 12. ジョークにしないか M1, 2, 11, 12『中島みゆき「一会(いちえ)」2015? 2016』より M3, 6, 8『歌旅 -中島みゆき コンサートツアー2007-』より M4, 5, 7, 9, 10『中島みゆき 縁会 2012? 3』より Disc-2 DVD【初回盤特典】 1. ホームにて 2. 蕎麦屋 3. amazon. もう桟橋に灯りは点らない 02. ピアニシモ 03. 糸 04. 時代 05. 愛だけを残せ 06. ララバイSINGER~アザミ嬢のララバイ 07. あした 08. 唇をかみしめて 09. 世情 10. 風の笛 11. 夜行 12. ジョークにしないか.

次の

「ボス THE CANCOFFEE 俺の微糖」新TV

ボス cm 中島 みゆき

サントリー「ボス THE CAN COFFEE(ザ・カンコーヒー)TV-CM「ヘッドライト・テールライト」篇」の続編が約3年ぶりにオンエアされる。 ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズ扮する宇宙人ジョーンズが出演するTV-CM「地球調査シリーズ」の最新作「ヘッドライト・テールライト2019」篇が、2月2日(土)から全国でオンエア開始となった。 2015年12月にオンエアされたTV-CM「ヘッドライト・テールライト」篇から約3年ぶりの続編として、の名曲「ヘッドライト・テールライト」が再び起用されている。 「ヘッドライト・テールライト」は、2000年に発売しミリオンセラーを達成した37枚目のシングル「地上の星」に収録された、NHK総合テレビ『プロジェクトX~挑戦者たち』のエンディング・テーマ曲。 長い人生の中で味わう苦難の日々を、旅になぞらえて歌うこの歌の世界観をモチーフにした今回のCMは、お笑い芸人の木村祐一が長距離トラックのドライバー役として登場。 もがきながらも懸命に働く人たちにぐっと寄り添う「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」のメッセージを、CMの演出と中島みゆきの歌で表現。 CMの終わりに入る「この惑星では、誰もが、長いドライブを続けている」というナレーションが歌の世界と重なり、さらに深みが増したCMとなっている。 2018年の年末から年始にかけてのソフトバンク企業CM「白戸家 「歌のリレー『時代』篇」」では名曲「時代」が、またトヨタホームTV-CMでは、いきものががりのヴォーカルのソロ・デビュー曲で中島みゆきの人気曲「糸」のカバーが起用され、いまもなおオンエアされるなど、過去から現在に渡り世代を超えて愛される歌が、数多くTV-CMに起用されている。 銀の龍の背に乗って 02. 地上の星 03. 泣いてもいいんだよ 04. 常夜灯 05. Nobody Is Right 06. 宙船(そらふね) 07. 倒木の敗者復活戦 08. India Goose 10. 産声 11. 麦の唄 12. ヘッドライト・テールライト 関連リンク.

次の

中島みゆきの名曲「ヘッドライト・テールライト」起用 ボスTV

ボス cm 中島 みゆき

地球の調査をしているうちに地球人より地球人ぽいといわれるようになってきた宇宙人ジョーンズ。 今回は石巻漁港にて調査開始。 大きな魚かごを持ち上げて驚かれるシーンも。 漁港にはかわいいゆきぽよちゃんも登場しますよ。 そしてコーヒーをのみながらしみじみと話をきく宇宙人ジョーンズ。 東京からだろ?って普通に聞かれてますからね。 もう誰も宇宙人とは思ってないようです。 今回は笑い少なめで、宇宙人に似つかわしくないような郷愁のメロディーが心におりてくる構成ですね。 コーヒー飲みながら黙って話をきいている宇宙人ジョーンズも、自分の住んでた星のこと思い出していたかもしれません。 サントリーボスCMソング情報 CMソング情報はこちら 中島みゆきさんの、田舎者が都会にでてきて、色々揉まれながらも頑張っていく歌っていうのは本当に心に響く曲が多いですよね。 1977年にリリースされた「ホームにて」はつつみこむような優しいギターとメロディーで駅のホームでの情景や都会で揉まれて生きている人たちが汽車にのって故郷に帰る時のなんともいえない気持ちが歌い上げられています。 田舎から上京した経験のある方はホロッとしてしまいそうですよね。 中島みゆき「ホームにて」歌詞はこんな感じ 振り向けば空色の汽車は今ドアが閉まりかけて 灯りともる窓の中では帰り人が笑う 走り出せば間に合うだろう 飾り荷物を投げ捨てて 街に 街に挨拶を 振り向けばドアは閉まる という部分が使用されています。 これを見てどんな情景を思い描きましたか?歌詞の解釈というのは人それぞれ違ってよいと思いますが振り向けば汽車のドアがしまりかけて、窓のなかでは故郷へ帰る人が笑っているという歌詞から、主人公は駅のホームにいて、汽車とは反対方向を向いていた。 そこで振り向くと汽車の窓の中に故郷へ帰る人の笑顔が見えた。 というシーンは共通認識としてありますよね。 状況からいって乗らないんかーい!って感じですけど。 でも次の歌詞から、そうもいかないってことが何となくわかりますよね。 飾り荷物投げ捨てて、走って汽車に乗り込んで、こんな町とはおさらばしたいけど。 ドアは閉まってしまった。 私は、そんな情景が浮かびました。 ネオンライトで燃やせないのは何だろう? このうたの最後で 涙の数、ため息の数 溜まっていく空色のきっぷ ネオンライトでは燃やせない ふるさと行きの乗車券 という歌詞がでてきます。 何度もくりかえされるこのフレーズ。 やはりここにこの曲のすべてがあるような気がします。 都会で一人暮らす日々。 涙の度に、ため息の度に「ふるさとに帰りたい」という気持ちになるけど、でもやっぱり帰れなくて。 使えなかった乗車券だけが溜まっていって。 ネオンライトの町でまぎらわしてみるけれど、やっぱりこの「帰りたい」っていう気持ちは消せないよ。 というような、都会での暮らしの中、ふるさとに帰りたくて帰りたくてしかたないんだけど、やはりこの街をでていくなんてできなくて、どうしようもないという気持ちを表した曲なんだろうなと思いました。 この曲を作った中島さんも、上京した際には、「故郷を捨てるなんて、許さん!もう、二度と戻ってくるな」みたいなことを言われたというのをどこかでみたことがあります。 自分の夢をかなえるために故郷を捨ててでてきたんだから、今さら帰るなんて言えないという気持ちがあって、それを歌にのせたのかなとも思いました。 まとめ 今回はサントリーボスの最新CMソングは誰が歌っているのか、歌詞はどんな感じなのか調べてみました。

次の