何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。って英語でなんて言うの?

「何かございましたらご連絡ください」の使い方と例文・種類

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

「お申し付けください」の意味とは? 原型の「申し付ける」は「言い渡す」の意味 「申しつける」とは、立場の上の者が下の者に言いわたすこと。 「申し付け」とは「いいつけ」のことで、「申し付け」に「お~ください」を付けて敬語表現としたのが「お申し付けください」です。 「お申し付けください」は「言いつけてください」という意味 本来の意味からすれば「命令を与えてください」となりますが、身分制度が廃止された現代ではもちろんそのような意味はありません。 あくまでもマナーやサービスの一環として「希望があれば言ってください・遠慮なく依頼してください・すぐに対応できます」といったニュアンスで使用されます。 「お申し付けください」は尊敬語?謙譲語? 「敬語」は5つのタイプに分かれる 敬語といえば、かつては「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3つでしたが、文化審議会が2007年に公開した「」によれば、敬語には「尊敬語・謙譲語1・謙譲語2(丁重語)・丁寧語・美化語」の5種類があります。 「申す」は「謙譲語2(丁重語)」 ふたつの謙譲語のうち「謙譲語1」は相手を立てる表現で、「謙譲語2(丁重語)」は自分自身のことを相手に対して丁重に述べるときに使います。 「申す」は通常なら後者に属します。 「お申し付けください」は誤用ではない 相手への丁重な気持ちを表現する用法として定着している「お申し付けください」の場合、「申す」には「謙譲」の意味はなく、例外で、相手に対して「申す」を使うことは誤用ではないとされています。 「お申し付けください」に似た例外 「お申し付けください」に似た例として、「ご持参ください・お申込みください」などがあります。 「持参(持って参る)」は「持っていく・持って来る」で「謙譲語2」ですが、「お申し付けください」と同様で現在は慣用句として定着しています。 ずいぶん面倒だと思われるかも知れませんが、専門家の中には敬語をキッチリ説明するには5種類どころか11種の分類が必要と主張する人もいるほどで、それほど難解なのが日本語の敬語だということです。 「お申し付けください」の類語・言い換え 「仰せ付けください」でかしこまった言い方に 「お申し付けください」という用法が間違いではないと分かっても、何となく気持ち悪いと感じる人は少なくないようで、前述の「敬語の指針」も対処法として他の表現に言い換えることをすすめています。 もっともニュアンスが近い表現は「仰せ付け(おおせつけ)ください」ですが、やや大げさで、少し古い印象を与えてしまうかもしれません。 「お問い合わせください」で丁寧に表現 民主主義の現代にあって、一部のサービス業を除くビジネスシーンで必要以上に遜ることは相手に卑屈な印象を与えかねず、誤解を招く要因になるなどあまりプラスになりません。 「いつでも遠慮なく連絡してきてください」と伝えたい場合には、率直に「お気軽にご連絡ください」「お問い合わせくださいませ」「お知らせください」のように言い換えることができます。 「ご用命ください」はシーンに合わせて 「用命」は、「お申し付けください」と同じく「用事を言いつける・命じる」という意味で、「当社の製品を使ってください・注文してください」というアピールを表します。 英語表現と言い換え 英語の「お申し付けください」は、オープンマインドの表現です。 「I am always at your service. (ご用の際は遠慮なくお申し付けください)」などがあり、似たような表現で「Please do not hesitate to contact me should you have any queries. (ご不明な点は遠慮なくおたずねください)」などの慣用句も使えます。 「お申し付けください」の使い方と例文 社内の上司に使う場合 文化庁の世論調査によれば、20代女性や30代男性の間で「敬語に自信がない」という人が増えています。 敬語の中でも特に難しいと感じるのは「ウチ・ソト」の使い分けでしょう。 「ソト」は「ウチ」よりも上位で、「お申し付けください」はより上位の人に対して使う表現です。 具体的には「顧客・上司・自分」の場面では顧客が「ソト」ですが、「上司・自分・自分の家族」では上司が「ソト」です。 自分の上司に向かって「お申し付けください」を使うことは間違いではありませんが、社外の人が多い場面では同じシチュエーションでも「仰ってください」が自然です。 お客様に使う場合 顧客や目上の方 に対して使う場合は、「何なりとお申し付けください。 」などの言い方ができます。 まとめ 「敬語の指針」でも示されているように、言葉の意味・用法は時代とともに変化しています。 わたしたちが使用している現在の敬語も長い歴史の通過点に過ぎません。 細かい用法の間違いが気になって緊張しすぎてしまうときには、「相手に敬意が伝わればOK」と割り切ることが上策です。 同時に相手の言葉づかいに寛容になることで、余計な肩の力が抜けることでしょう。 まずは敬語に慣れ親しんでください。

次の

ご不明な点がございましたらの例文9選!英語とビジネスメールの返信も

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

「お申し付けください」は、何かを引き受けている場合、請け負っているような場合に使われます。 したがって、自分が何かを言いたい場合、お願いをしたい立場の時には使えませんので、ご注意ください。 たとえば、ある企業に所属していてイベントの企画をしていたとしましょう。 顧客や取引き先に対して、「希望や要求、してほしいことがあったら言ってね」というようなことを述べたい場合に「お申し付けください」が使えます。 これは、イベントの企画を引き受けている立場、仕事を請け負っている立場だからこそ使える言葉です。 このように「お申し付けください」は、自分が引き受けている側、請け負っている立場である時に使える言葉だということを覚えておきましょう。 「目上の人」に使える? メールにおいても「お申し付けください」は使うことができますが、「気を使わなければならない相手」にのみ用いるようにしましょう。 前述したように、自分が何かを引き受けている時、請け負っている立場の時に、上司やお客さま、依頼主、取引企業などのような目上の人に対して「お申し付け下さい」を用いますが、近しい上司や先輩などに対しては「お申し付け下さい」はあまりふさわしくないので注意が必要です。 近しい間柄の人に「お申し付けください」を使ってしまうと、なんだか仰々しく感じたり、他人行儀のように思えてかえって失礼にあたることもあるため、「気を使わなければならない相手」が確定的である場合にのみ使うようにしましょう。 親しい間柄の人に対しては「おっしゃってください」「ご連絡ください」という表現にしておいた方が無難です。 丁寧に言いたいなら「~くださいますよう~」 「〜してください」という表現は、実は命令口調です。 「〜してくれ」を尊敬語表現したものが「〜してください」になり、これは一見すると丁寧なように感じますが、根本的には命令口調であることに代わりはないので、それほど丁寧な表現ではないと言えます。 なので「お申し付けください」とは、実は「希望や要望があったら言ってくれ」ということを敬語を使って表現しているに過ぎません。 「お申し付けください」をもっと丁寧な言い方にしたいなら、「お申し付けくださいますようお願いいたします」などと表現しましょう。 後ろに「お願いします」「お願い申し上げます」を付けることによって、命令口調ではなく依頼文に変化します。 「お申し付けください」と言い切ってしまうのは不躾に感じることもありますので、できるだけ「お申し付けくださいますようお願いいたします」の表現を心がけましょう。 「尊敬語」とは、敬意を払った表現を指し、主に目上の人の動作について述べる場合に用いられます。 たとえば、「社長がお越しになった」「お客さまがお召し上がりになる」など、立てるべき人の動作を述べる場合に尊敬語が用いられます。 尊敬語で表現するには、「お ご 〜なる」「なさる」「される」の型に当てはめるタイプと、単語そのものが変形するタイプの2種類があります。 型に当てはめるタイプの例を挙げると、「聞く」の「お聞きになる」や「帰る」の「お帰りになる」「帰られる」などがあります。 また、単語を変形させるタイプのものには、「言う」の「おっしゃる」や「食べる」の「お召し上がりになる」などが挙げられます。 単語を変形させるタイプの尊敬語は、数はそんなに多くないのでこの機会にぜひ覚えてみてください。 謙譲語とは? 謙譲語は、目上の人に対して自分の行動を述べる場合に用いられる敬語だと前述でご説明したように、例えば「上司に 私が 報告する」ということを謙譲語を使って述べる場合は「上司にご報告いたします」となります。 では、「目下の人」もしくは「自分と同等の人」にも謙譲語は使えるのでしょうか。 結論を先に述べると、答えは「NO」です。 前述したように、謙譲語はへりくだった表現です。 敬語のルールとして、目下の人に対してはへりくだる必要がないとされているため、部下や同僚などの目下 同等 の人に対して謙譲語を用いるのは間違った使い方になるので注意しましょう。 目下 同等 の人に対しては、謙譲語ではなく、丁寧語で表現すればOKです。 丁寧語とは? 「お申し付けください」とは、前述したように「言い付ける」の謙譲語「申し付ける」に命令・要求を表す尊敬語の「ください」がくっついた形になっており、「お申し付けください」は尊敬語なのか謙譲語なのか分かりにくく感じてしまいますが、実は尊敬語としての表現になります。 「言う」の謙譲語の「申す」が入っているので非常に分かりにくい構成になっておりますが、文末に尊敬語である「ください」で結んでいるため、尊敬語としての働きをもっています。 「言ってください」や「話してください」が丁寧語ではないように、動詞の部分に着目するのではなく、「ください」の部分に着目しましょう。 尊敬語は目上の人に対して使われる敬語なので、「お申し付けください」は目上の人に対して使える文言ですが、前述したように、あまり丁寧な表現ではないため、目上の人に何かを依頼したい場合は「お願いいたします」などを付け加えましょう。 謙譲語での表現をするなら「〜くださいますよう〜」 「お申し付けください」が尊敬語であると前述しましたが、これを謙譲語で表したい場合は謙譲語である「お願いいたします」や「お願い申し上げます」を付け加えましょう。 つまり、「お申し付けくださいますようお願いいたします」「お申し付けくださいますようお願い申し上げます」とすることで謙譲語としての働きをもつようになります。 前述したように、尊敬語の「お申し付けください」は目上の人に対して使って問題ありませんが、何だか不躾に感じる場合もあるため、謙譲語の「お申し付けくださいますようお願いいたします」の方がへりくだった表現になるので、より丁寧な印象を受けます。 以上のことから、目上の人に対して何かを依頼したい場合は「お願いいたします」を付け加えた表現を心がけましょう。 丁寧語にしたいなら「言ってください」 「〜してください」は命令口調なので、もっと丁寧に表したい場合は「お願いいたします 申し上げます 」を付け加えて「お申し付けくださいますようお願いいたします」と表現しましょう。 「お願いいたします」を付け加えることによって謙譲語としての表現になるので、へりくだった謙虚な言い方になります。 以下、例文です。 「おかわりをご希望の場合は、お近くの係員にお申し付けくださいますようお願いいたします」 「お気づきの点がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいますようお願い申し上げます」 「イベント企画の件で何か変更や希望などございましたら、担当の田中にお申し付けくださいますよう、よろしくお願いいたします」 「申し付け」とよく似た語!.

次の

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。って英語でなんて言うの?

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

「申し付ける」は「言い付ける」の謙譲語です。 自分側の人間に用を言いつけることをあらたまって言うときに使います。 「お客様、もう少々お待ちください。 担当の者に、すぐ来るよう申し付けます」という具合です。 命令する側である人が自分で使うのはかまいませんが、下にいる人が、目上の人に対して「命令してください」とお願いする場合に「申し付ける」を使うのは適切ではありません。 「お~ください」という尊敬語の形をとっても同様です。 それでは、同じく「申し」を使った「お申し出ください」もダメなのかというと、これが不思議なことに「申し出る」には謙譲語のはたらきはないというのが通説のようです。 よって「お申し出になる」「お申し出くださる」という尊敬語の形にすれば、目上の人が「意見や希望などを、自分から言って出る」ことを表現するときに使っても、さしつかえなさそうです。 「申す」をめぐってはいろいろな説が対立しているようで、私が調べたところ「申し込む」「申し出る」は目上の人の行為について使ってもOKで「申し伝える」「申し付ける」はNGでした。 私見ですが、「申し込む」「申し出る」のように単に「言う」「伝える」というだけではなく、別の意味が付加されていている場合、ほかに端的な表現が見当たらないので力技でOKにしてしまおうというところではないでしょうか。 とすると「命令する」という意味を持つ「申し付ける」も今後OKのグループに入ってきたりするのかもしれませんね。 じつにややこしい話ですが、とりあえず、現時点では 「お申し付けください」は不適切、 「お申し出ください」は適切、 いちばん無難なのは「おっしゃってください」 とご記憶ください。 ということで、敬語表現が不適切なのは1「ご希望がございましたら、何でもお申し付けください」でした。

次の