ご足労おかけしますが。 「ご足労」の意味とは?類語とメールでの使い方を例文で紹介

「ご足労」の意味とは?類語とメールでの使い方を例文で紹介

ご足労おかけしますが

その意味を利用して、たとえ歩く、行く、来るといった行為に重点が置かれない場面でも使用できるのが「ご足労おかけしますが」という表現です。 最も有用なのは上司や顧客とのコミュニケーションにおけるクッション言葉としての活用です。 上司にわざわざ現場の視察に来てもらったり、会議への出席や交渉の場への隣席を依頼したりする場合に、「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」と伝えるといいでしょう。 また、顧客に対して店舗への再来店を要求しなければならない場面もしばしばあります。 そのような際に「ご足労おかけしますが、この日以降に再度ご来店いただけますか」という使い方ができるでしょう。 このようにクッションとなる言葉を利用すると相手の印象が格段によくなります。 実際の負担が来ることにあるか、その後に必要になる会議や交渉などの行為にあるかにかかわらず使用できるクッション言葉として「ご足労おかけしますが」を利用していくといいでしょう。 どのような言い回しがあるかを知って覚えておくとすぐに使用できるようになるでしょう。 <例文> ・(来社前)「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 」 ・(来社前)「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません。 」 ・(来社後)「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です。 」 ・(来社後)「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます。 」 基本形としてまず覚えておくといいのが「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」という表現であり、ビジネスメールのやり取りの最後によく用いられる表現です。 あるいは直接会話しているビジネスシーンでも、イベントへの参加の承諾を得たり、後日に会社まで来てもらえる交渉に成功した際にはよく用いられます。 また、協力を得られて後日に会社まで来て指導をしてもらえるといった場合には「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません」という表現も可能です。 一方、実際に来てもらった場合には少し表現を変える必要があります。 基本形となるのが「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です」という表現です。 また、雨の日に来ていただいた方に対して「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます」という表現も活用できるでしょう。 パターン化していくつかをすぐに口にできるようにしておきましょう。 ぜひ意味と使い方、使い分け方をしっかり押さえてスムーズに使えるようにしましょう!.

次の

「ご足労」の意味は?お礼の使い方や、類語、「お手数」との違いも紹介!

ご足労おかけしますが

「お呼び立て致しまして」とは「呼び出しに応じて来て下さった相手」を敬って使う言葉です。 少し難しい印象の読み方ですが、「ご足労」と同じように取引先等以前から付き合いのある社外の人間に使います。 「お呼び立て(呼び出し)」するのはこちらのため、「お呼び立て致しまして申し訳ございません」「お呼び立て致しまして誠に恐縮です」のように表現します。 お詫びの表現が多いですが、お礼を言いたい場合は「急なお呼び立てにも関わらず、お越し下さりありがとうございました」のように言います。 基本形は「お呼び立てして」ですが、これは丁寧表現ではありません。 目上の人やビジネスシーンで使うならば「お呼び立て致しまして」の方が適切です。 「ご足労」という言葉は「本当は自分が行くべきだったのに相手に来てもらった」という意味合いが含まれています。 一方で「お越しいただく」とは「相手に来てもらう必要がある」というニュアンスがあります。 「ご足労」とは少し意味に違いがありますが、ほぼ同じ使い方ができる言い換え表現です。 「お越しいただく」は「来る」の尊敬語「お越しになる」に「してもらう」の謙譲語「いただく」が繋がった言葉です。 そのため社外の人やお客様、目上の人にのみ使うことが出来ます。 「お越しいただき、誠にありがとうございます」のように「お越しいただく」の後には感謝の言葉を述べるのが基本です。 ビジネスシーンを始め様々な場面で使うことができる言葉ですが、多様のし過ぎは相手に違和感を与えてしまうため禁物です。

次の

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご足労おかけしますが

「ご足労おかけしますが」の意味は「わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」 「ご足労おかけしますが」は、「 わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」というような意味合いで使用される言葉です。 「ご足労おかけしますが」は、「ご足労」という言葉と「かける」という言葉が使用されています。 「ご足労」の意味は、「 相手にわざわざ足を運んでもらう」という意味のある言葉です。 「おかけします」は、「 時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味しています。 「ご足労」に使用されている「労」には「 ねぎらう」という意味があるので、「 労力や時間を割いてもらうことへの申し訳無さ」を表現した言葉になります。 つまり、「わざわざ足を運んでいただき申し訳ありませんが」というような意味合いになります。 主に、すでに足を運んでもらうことが決定している場面で足を運んでもらう前に使うに「 面倒をおかけして申し訳ありませんが」というニュアンスで使われる表現です。 「ご足労おかけしますが」の使い方と例文 「ご足労おかけしますが」は足を運んでもらうときに使う 「ご足労おかけしますが」は、 足を運んでもらうときに使用する感謝の言葉です。 「足労(そくろう)」は、「 足を疲れさせること・足を運ばせること 」という意味がある言葉で 「足を運んでもらう時」つまり、「来てもらう」というような場面で使用します。 相手に足を運んでもらうことが決定しているような場面で「わざわざ足を運んでいただきもうしわけありませんが〜」という意味で「ご足労おかけしますが〜」と使用されます。 例えば、「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします」というような使い方です。 「ご足労おかけしますが」は目上の相手にも使う 「ご足労おかけしますが」は敬意を示した表現であるため 目上の相手にも使用することができます。 目上の相手にお願いをしたりする場面で、「お忙しいところ〜」というような言葉の前に添えて使用する クッション言葉で「ご足労おかけしますが」と使用することができます。 足を運ぶという行為以外の目上の人が行う行為に対して使用することもありますので頭に入れておくといいでしょう。 しかし、目上の人に対してであっても、取引先で同席している社内の上司に「ご足労をおかえしますが」と使用することはできません。 社外の人も前で社内の人を敬うような言い回しを使用することは誤用なので注意しましょう。 例えば、自分が担当する商談に上司に一緒に来てもらうといった場合に、社内やメールで「ご足労おかけしますがよろしくお願いいたします」というように伝えることはできますが、取引先相手のいるすの場で自分の上司に対して「ご足労おかけしますが」と使用するができないということです。 「ご足労おかけしますが」の言い回しと例文 「ご足労おかけしますが」の後は「よろしくお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」の後は、「よろしくお願いいたします」を使用することがほとんどです。 「ご足労おかけしますが」は、 相手に来てもらう前に使用する言い回しなので、後のは「よろしくお願いします」というように続け、「 足を運んでいただき申し訳ありませんがよろしくお願いします」という気持ちを伝えます。 相手が来てくれるということが決定たタイミングで「よろしくお願いします」と伝えるのに使用し、 結婚式などでも、遠方から来られる人に対して使用することができますので覚えておきましょう。 ご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします」 「当日は、弊社のエントランスにてお待ちしておしります、ご足労をおかけしますがよろしくお願いいたします」 「この度は私達の結婚式にご出席いただけるということで誠にありがとうございます。 お忙しい中ご足労をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」より丁寧な「ご足労おかけし恐縮ですが」 「ご足労おかけしますが」より丁寧な言い回しは、 「ご足労おかけし恐縮ですが」となります。 「恐縮」は「 相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味なので、感謝やお礼を伝える場合に使用することで、「 相手の好意をありがたく思っている」という意味合いを強めます。 また、「恐縮ですが.... 」と依頼することによって、「迷惑をおかけしますが... 」などと謙遜した気持ちを表すことができ、 「申し訳なく思う」という相手への配慮も示すことができます。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、3日は弊社3階にあります会議室までお越しいただきますようよろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただくようお願い申し上げます」 より丁寧な「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 さらに、より丁寧な言い回しは「ご足労おかけし恐縮ですが、「 何卒よろしくお願い申し上げます」となります。 「恐縮」については上述の「ご足労をおかけし恐縮ですが」を参考にしてください。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の 「何卒」は、「どうぞ」をより固く表現した言い回しとなります。 「 期待する」というニュアンスが含まれていて、 相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となり、依頼の強調表現になります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 従って、「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いもうしあげます」はかなり丁寧な労いの言葉であり、さらに丁寧によろしくお願いしますという気持ちを伝えられる言い回しであることがわかります。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、直接受付までお越しくださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労いただき」の使い方 「ご足労いただき」は主に足を運んでもらった後に使う 「ご足労いただき」は、主に 足を運んでもらった後に使用する言葉です。 「いただき〜」という言葉は「〜をしてもらう」という意味のある言葉で、 何かをしてもらった後に「〜をしていただき」と使用することが基本です。 例えば、「〜をしていただきありがとうございます」というような使い方です。 よって、「ご足労おかけしますが〜」は、「足を運んでもらう前」に使用する言葉であり「ご足労いただき」は「足を運んでもらった後」に使用する言葉であることを頭に入れておきましょう。 「ご足労いただき」は目上の相手にも使う 「ご足労いただき」は 目上に相手にも使用できる言葉です。 「いただく」という言葉は、 「〜してもらう」という言葉の謙譲語なので、目上の人に対して敬意を示すことができる表現です。 よって、「ご足労いただき」を目上の相手に使用しても問題はないといくことになります。 ただし、「ご足労おかけしますが」と同様に、 社外の人が居合わせている場合に同じ社内の人間を「ご足労いただき」という言葉をかけるのは不適切ですので注意が必要です。 「ご足労いただき」は感謝の気持ちを表す 「ご足労いただき」は、 「感謝の気持ちを表す言葉」です。 「ご足労いただき」の「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であるということを先程も説明しましたが、何かをしてもらった後には、してもらったことに対するお礼の気持ちを述べるのが自然な流れだと思います。 つまり、「ご足労いただき」は 「足を運んでもらったことに対する感謝の気持ち」が込められている言葉だということです。 「ご足労いただき」の言い回しと例文 「ご足労いただき」の後は「ありがとうございます」が基本 「ご足労いただき」の後は「ありがとうございます」が基本です。 「ご足労いただき」の 「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であり、お礼の言葉が辞込められているということを前述しました。 「ご足労おかけしますが」は、足を運んでもらう前に「足を運んでいただき申し訳ありません」といったように「申し訳ないという」という気持ちが込められていますが、「ご足労いただき」は その逆で、足を運んでもらった後の「感謝の気持ち」が表現されています。 従って、「ご足労いただき申し訳ありません」というような使い方をするよりも「ありがとうございます」というようなお礼の気持ち使用すことが基本となります。 例文 「本日は、我が社にご足労いただき誠にありがとうございます」 「先般はお忙しい中、ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただきありがとうございます。 ただいま担当の者が参りますので少々お待ち下さいませ」 「本日は遠路からわざわざご足労いただき誠に感謝申し上げます」 結婚式などでも使う「お足元の悪い中、ご足労いただきありがとうございます」 結婚式などでも使う「 お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」という言い回しを紹介します。 「お足元」というのは、「足がついている地面」を意味しています。 「お足元が悪い」というのは「地面がぬかるんでいる」といような 「歩きにくい」という状況を言い表しています。 つまり、来てもらった日に雨が降っていたというような 悪天候な日に足を運んでいただいた場合に「お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」というような良い回しを使用します。 例文 「本日はお足元に悪い中、私達二人のためにご足労いただきありがとうございます」 「お足者と悪い中ご足労いおただき誠にありがとうございました。 どうぞ気をつけてお帰りくださいませ」 「先日はお足元が悪い中ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただき恐縮ですが、〜」と来る前に使うこともある 「おご足労いただき恐縮ですが、〜」は、来る前に使うこともある言い回しです。 「恐縮」という言葉は先程も説明したように「相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味があり「申し訳ない」という気持ちが込められている表現となります。 この場合は、「いただき」を使用している言葉ではありますが、 「わざわざ足を運んでもらうことになり大変申し訳ないのですが〜」というように、相手が来る前に使用することもありますので覚えておきましょう。 「ご足労いただきますようお願いいたします」は、 相手に来てもらわなければならないときに使用する言い回しです。 「いただきますようお願いします」は、「〜してもらうようお願いします」というように、丁寧で柔らかいニュアンスのお願いの仕方になります。 さらに、「ご足労賜りますようお願い申し上げますという言い回しをすると、よりかしこまった表現となり、取引先相手やお客様に出向いてもらうような場面にふさわしいです。 「大変恐縮ですが」や、「お忙しいところ申し訳ありませんが」というような、クッション言葉を前につけると印象が良くなります。 例文 「お忙しいところ大変恐縮ですが、ご足労いただきますようお願いいたします」 「実物を見ていただければと思いますので、恐縮ですがご足労お願い申し上げます」 「申し訳ありませんが、事務所までご足労賜りますようお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」の英語 Thank you for coming all the way to visit us. 「ご足労おかけしますが」のようにクッション言葉的に使う英語表現はありませんが、来てくれたことに対する感謝をいう表現はもちろん存在します。 「Thank you for coming all the way to visit us. 」などと言えばよいでしょう。 「all the way」で「はるばる」という意味で、相手がわざわざ来てくれている、というニュアンスを出すことができます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の