よろキャン。 食物センイ習慣!キャンペーン

食物センイ習慣!キャンペーン

よろキャン

所属2019年11月にデビューしたバーチャルホスト。 柔らかな声と人当たりの良さ、そして自他共に認める滑舌の悪さとふわっふわな脳死トークに定評のある夜のお兄さん。 ホストだが酒で肝臓を壊してしまったため、飲酒はできない。 愛称は「 ふわっち」。 任天堂のゲームが大好きでにじさんじマリオカート杯では予選全試合1位通過、スプラトゥーンにおいてはウデマエXなど実力も相当なもの。 公式の紹介通り好きなゲームをみんなと楽しみたいという信条の元、大規模な試合前は初心者ライバーをエスコートする光景がしばしば見られる。 その腕前を生かし、リバイバル開催されたフェスを受けて 2434キルを目指す耐久配信を実施。 結果、29時間以上、いつも通りのテンションで脳死トークを繰り広げながら見事に最終戦を勝利で飾り、華々しく完走の瞬間を迎えた。 他のゲームも総じてスキルの高さを発揮するが、上述の通りトーク内容はほぼ天然と脳死による適当ぶりにまみれている。 一番わかり易いのが。 リスナーをして「無駄のない完璧なプレイングと無駄しかない脳死マシンガントーク」と表する内容が普段のゲーム配信内容を表している。 披露する機会は少ないものの、歌唱力も高い。 初配信では色々とツッコミどころ満載ながらも完成度の高い歌動画を披露しており、そこでは普段のふわふわトークからは想像しがたい、しっかりと歌い上げている「LOVEドッきゅん」が楽しめる。 以降、「LOVEドッきゅん」を口上の途中まで流す所謂「よろキャン」は時々登場。 同期はとの3人で (ナイトキングダム)というユニットを組んでいる。 関連動画 初配信 初の「歌ってみた」 関連イラスト.

次の

岡崎市の無料キャンプ場・大門公園を紹介!デイキャンもOK

よろキャン

さわやか信州号でさわやかに上高地へ。 (沢渡で低公害バスに乗り換え有りですが。 ) 前日入の12時過ぎ着なので、小梨平で一泊またーりしようかななんて考えてたんですが、どうにもこうにも観光地で流石に折角きたのにちょっとこんなとこに泊まるのもアレだな、なんて思って、思い切って西穂山荘まで行っちゃうことにしました。 ただ、とりあえずカツ丼。 縦走の後で食べたらさぞかし美味しいんでしょうね。 田代橋を渡ったところに、西穂山荘へ直登の登山口があるんですが、なんなんでしょうか、この立派な門は。 最初はなだらかなんですが、沢を左手に見るところあたりから段々とつづら折りの急登に。 丹沢でいったら天神尾根って感じですかね。 テン場に到着!ガスってます。 平日だけあって3張りのみ。 で、いよいよ受付ですよ。 「ちわっす。 テント。 二泊で!」ってさわやかに言う僕の背中のコンパクトなザックを見て「え?テント泊?テント泊ですか?」って二度聞きかえされるはずの。 そうです。 なのに、なんてことってしょうか!「はい。 一泊500円になります」。。 って華麗にスルーやないですか。 まあ受付がバイトっぽいかわいらしいお姉さんだったから仕方ないですね。 玄人の小屋番だったらそんなはず無かったと思うんですけど。 しかしこれをやると次から小屋番にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。 素人にはおすすめできません。 で、初日の晩飯はブドウパンとスープですよ。 ええ、そりゃもう、たまにしか来れない泊まり山行ですからゴージャスにいきました。 ってのは冗談ですけど、やはり軽量化にはパンとかカロリメとか調理不要なものが一番だと思うんです。 重いガスバーナーセットや危険なアルコールバーナを持って行くより、湯が沸いてスープが飲めたらラッキー、くらいな軽-いタッチの固形燃料使用が軽量化には一番だと思うんです。 ででいきました。 でかい鍋とか不要な食器とか色々持って行っていくようなこんな世の中じゃ、ポイズン。 ああ、もちろん、雪を溶かす必要のある冬は別ですけど。 ガスってましたが、夕方には翌日を期待させる夕日も。 翌朝もガスってますが、時折薄くなる気配も。 とりあえず登ってみることにしましたよ。 西穂丸山を越えたあたりからすこしずつ晴れ上がって、どどーんと笠ヶ岳が。 北アの山は迫力あるもんですね。 ガレ場を登る頃にはすっかり快晴。 最後のちょこっとしょっぱい岩場を登って、独標(2701)に到着。 独標まで来ればいいかなと思ってたんですが、ちょっと欲が出てきてかっちょいいピラミッドピークくらいまでは行くかと、さらに進んでみましたよ。 ほぼ垂直ながけを下りて最初の小ピークを越えたあたり。 聞くところによると西穂への一番怖いところはこのあたりだそうじゃないですか。 ということはもはや西穂まで行ったも同然。 そろそろ、ロープウェイで上がってくる仲間の皆さんもテン場に着く頃でもありますし、もう引き返すことにしましたよ。 引き返す頃にわき上がってくるガス。 で、皆様と合流して楽しい宴会の時間となりました-。 それと写真のことをキキさんにお褒めいただくなんてそれはもうこの上もなくお恥ずかしいです。 天気がよければ上高地からは、北鎌、大キレット、ジャンダルム経由で行こうかななんて思ってたんですが、すこしばかりショートカットしてしまいました。 なぜかと申しますとスースーするような高いところが苦手なんですよ。 で、キキさんファミリーのいつものところっていうとまず涸沢が思い浮かぶんですが、やはり週末はそちらなんでしょうか?紅葉ですねー。 寒さですが、西穂では初日はガスってたので3度くらいでしたけど、二日目は晴れて氷点下3度くらいだったかと。 週末ですが、海辺も魚佐もスルーしてゆうき食堂まで頑張っただけに、がくーりでした。 早くキキさんも食堂オープンして下さい!.

次の

食物センイ習慣!キャンペーン

よろキャン

所属2019年11月にデビューしたバーチャルホスト。 柔らかな声と人当たりの良さ、そして自他共に認める滑舌の悪さとふわっふわな脳死トークに定評のある夜のお兄さん。 ホストだが酒で肝臓を壊してしまったため、飲酒はできない。 愛称は「 ふわっち」。 任天堂のゲームが大好きでにじさんじマリオカート杯では予選全試合1位通過、スプラトゥーンにおいてはウデマエXなど実力も相当なもの。 公式の紹介通り好きなゲームをみんなと楽しみたいという信条の元、大規模な試合前は初心者ライバーをエスコートする光景がしばしば見られる。 その腕前を生かし、リバイバル開催されたフェスを受けて 2434キルを目指す耐久配信を実施。 結果、29時間以上、いつも通りのテンションで脳死トークを繰り広げながら見事に最終戦を勝利で飾り、華々しく完走の瞬間を迎えた。 他のゲームも総じてスキルの高さを発揮するが、上述の通りトーク内容はほぼ天然と脳死による適当ぶりにまみれている。 一番わかり易いのが。 リスナーをして「無駄のない完璧なプレイングと無駄しかない脳死マシンガントーク」と表する内容が普段のゲーム配信内容を表している。 披露する機会は少ないものの、歌唱力も高い。 初配信では色々とツッコミどころ満載ながらも完成度の高い歌動画を披露しており、そこでは普段のふわふわトークからは想像しがたい、しっかりと歌い上げている「LOVEドッきゅん」が楽しめる。 以降、「LOVEドッきゅん」を口上の途中まで流す所謂「よろキャン」は時々登場。 同期はとの3人で (ナイトキングダム)というユニットを組んでいる。 関連動画 初配信 初の「歌ってみた」 関連イラスト.

次の