外国 人 っ ぽい 名前。 外国人の名前で人気なのは?ミドルネームの意味や由来、順番や表記の仕方もチェック

国際的な赤ちゃん(男の子・女の子)の名前。海外でも通用するおしゃれな子供の名前

外国 人 っ ぽい 名前

外国人の名前を知ろう「ヨーロッパ編」 1-1 イギリス人の名前を紹介 女の子はOlivia(オリヴィア)、Lily(リリー)、Sophia(ソフィア)、Emily(エミリー)、Amelia(アメリア)など。 オリヴィアはラテン語のOliva(オリーブ)が語源で、キリスト教では重要な平和のシンボルです。 リリーは「純潔」を象徴するユリの花。 ソフィアは「優れた知性」、エミリーとアメリアはいずれもラテン語の「勤勉」「努力」からきた言葉です。 男の子はOliver(オリバー)、Muhammed(ムハンマド)、Noah(ノア)、Harry(ハリー)、Jack(ジャック)など。 オリバーはオリビアと同じくオリーブが語源。 ムハンマドはイスラム教の預言者。 ノアは旧約聖書の洪水伝説で有名な救世主にちなんだ名前です。 ハリーは「家の主」「君主」という意味で主に長男に付けられ、ジャックは中世に「男」という意味で用いられた名前です。 1-2 フランス人の名前を紹介 女の子はLouise(ルイーズ)、Alice(アリス)、Chloe(クロエ)、Emma(エマ)、Ines(イネス)など。 ルイーズは「気高き戦い」「栄光の戦士」、アリスは「素敵な人」、クロエは「若い緑」「咲き誇る」、エマは「全宇宙」、イネスは「純粋」という意味をそれぞれ持っています。 リアムは「強い意志」、リュカはラテン語で「光をもたらす人」という意味を持ちます。 そして、ラファエルはキリスト教の三大天使の一人にちなんだ名前、レオは「ライオン」の意味です。 1-3 イタリア人の名前を紹介 女の子はSofia(ソフィア)、Greta(グレタ)、Ginevra(ジネヴラ)、Giulia(ジュリア)、Emma(エマ)など。 グレタは「真珠」「大切な人」、ジネヴラは「白い魂」、ジュリアは全能の神ゼウスのラテン語である「ジョヴェに捧げられた」という意味を持っています。 また、エマはイタリア語では「優しい」という意味とつながっています。 男の子はFrancesco(フランチェスコ)、Mattia(マッティア)、Alessandro(アレッサンドロ)、Leonardo(レオナルド)、Lorenzo(ロレンツォ)など。 フランチェスコ、マッティアともキリスト教の聖人にちなんだ名前であり、アレッサンドロは「自分の仲間を守る人」、レオナルドは「ライオンのように強い」の意味を持ちます。 外国人の名前を知ろう「北アメリカ編」 2-1 アメリカ人の名前を紹介 女の子はSophia(ソフィア)、Emma(エマ)、Olivia(オリビア)、Ava(アヴァ)、Mia(ミア)など。 アヴァはアダムとイヴの「イヴ(Eve)」から派生した名前、ミアは聖母マリアの短縮形です。 男の子はJackson(ジャクソン)、Aiden(エイデン)、Lucas(ルーカス)、Liam(リアム)、Noah(ノア)など。 ジャクソンは元々はson of Jack(ジャックの息子)という意味の名前です。 エイデンはカトリックの聖人に由来しており、「火」「燃えさかる」という意味を持っています。 2-2 カナダ人の名前を紹介 女の子はSophia(ソフィア)、Olivia(オリビア)、Emma(エマ)、Charlotte(シャーロット)、Ava(アヴァ)など。 アメリカとほぼ同じです。 シャーロットは「可愛い」「女性的」などの意味があります。

次の

外国の名前で日本人にも使えそうな名前を教えてください!

外国 人 っ ぽい 名前

アラブ人の名付けの習慣は? 【中東】イスラム教にちなんだ名前が一般的! アラブ人の名付けの習慣として挙げられること1つ目が、「イスラム居にちなんだ名前が一般的」ということです。 アラブに住むほとんどの人がイスラム教徒のため、子どもにイスラム教にちなんだ名前を付ける家庭が非常に多いです。 特に男の子の名付けにこの習慣が強くみられます。 【中東】両親や祖父母の名前を付けることもある! アラブ人の名付けの習慣として挙げられること2つ目が、「両親や祖父母の名前を付けることがある」ということです。 ルーツなどを大切にするアラブ人は、新しい名前やモダンな名前を子どもには付けず、両親や祖父母の名前を使用することが多いです。 Abdullah(アブドゥラー) アラブ人男性のかっこいいアラビア語の名前1つ目が、「Abdullah(アブドゥラー)」です。 アラビア語を語源とする男性の名前です。 「アッラー(神)の使い」という意味を持っています。 イスラム教の国では名付けに非常にポピュラーな名前でもあります。 Ebrahim(エブラヒム) アラブ人男性のかっこいいアラビア語の名前2つ目が、「Ebrahim(エブラヒム)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 「Abram(アブラム)」という名前が元になっています。 「多くの国の父」という意味を持っています。 Malik(マリック) アラブ人男性のかっこいいアラビア語の名前3つ目が、「Malik(マリック)」です。 アラビア語を語源とする男性の名前です。 1970年頃にはアメリカにも伝わり、名前としての知名度が上がりました。 「王様」という意味を持っています。 Ayaan(アヤーン)• Jamal(ジャマール)• Kairo(カイロ)• Rayan(ライアン)• Hassan(ハッサン)• Hakeem(アキーム)• Rashad(ラシャド)• Ameer(アミール)• Ahmed(アハメド) アラブ人男性の素敵な意味を持つアラビア語の名前1つ目が、「Ahmed(アハメド)」です。 アラビア語を語源とする男性の名前です。 「高く評価された者」という意味や、「神に常に感謝する者」という意味を持っています。 Ali(アリ) アラブ人男性の素敵な意味を持つアラビア語の名前2つ目が、「Ali(アリ)」です。 アラビア語を語源とする男性の名前です。 イスラム国では男性の名付けに使用するのが一般的ですが、アメリカでは女性の名付けにも使用されます。 「最高の」という意味があります。 Amir(アミール) アラブ人男性の素敵な意味を持つアラビア語の名前3つ目が、「Amir(アミール)」です。 アラビア語やヘブライ語を語源とする男性の名前です。 「王子」や「繁栄」といった意味がありますが、実はどこにアクセントを置くかで意味が変わる名前でもあります。 Nasir(ナシール)• Khalil(ハリール)• Muhammad(ムハンマド)• Layla(レイラ) アラブ人女性の可愛いアラビア語の名前1つ目が、「Layla(レイラ)」です。 エジプト語やアラビア語が語源とされている女性の名前です。 「夜」という意味や「闇の美しさ」、「中毒性がある」といったようなミステリアスな意味のある名前です。 Maryam(マリアム) アラブ人女性の可愛いアラビア語の名前2つ目が、「Maryam(マリアム)」です。 「Mary(メアリー)」や「Miriam(ミリアム)」という名前をアラビア語やイラン語に直したとされる女性の名前です。 「子どもたちのための願い」という意味や、「海の女神」という意味を持っています。 Zahra(ゼフラ) アラブ人女性の可愛いアラビア語の名前3つ目が、「Zahra(ゼフラ)」です。 アラビア語を語源とする女性の名前です。 預言者マホメットの娘の名前としても知られており、「輝き」や「花を咲かせる」、「美しい」などといった意味を持っています。 Salma(サルマ)• Farida(ファリダ)• Zainab(ザイナブ)• Fatima(ファティマ)• Kayla(カイラ)• Nadira(ナディラ)• Naja(ナージャ)• Lulu(ルル)• Aisha(アイーシャ) アラブ人女性の素敵な意味を持つアラビア語の名前1つ目が、「Aisha(アイーシャ)」です。 「生きている」という意味があります。 預言者マホメットの3番目の妻であり、お気に入りだったとされる妻の名前としても知られています。 Amena(アメナ) アラブ人女性の素敵な意味を持つアラビア語の名前2つ目が、「Amena(アメナ)」です。 ケルト語が語源とされている女性の名前です。 「正直者」や「ピュアな」という意味を持っています。 アラブ人女性の素敵な意味を持つアラビア語の名前• Alima(アリマ) アラブ人女性の素敵な意味を持つアラビア語の名前3つ目が、「Alima(アリマ)」です。 イスラム教・ムスリムに関係する女性の名前です。 「よく学んだ者」という意味や、「賢い」という意味があります。 Rima(リマ)• Pola(ポーラ)• Shakila(シャキラ)• Haddad(アダッド) アラブ人のかっこいいアラビア語の苗字1つ目が、「Haddad(アダッド)」です。 古代中東で誕生したとされている苗字です。 「鍛冶屋」という意味があり、かつての職業を苗字として使用したのが始まりとされています。 アルジェリアや、カナン地域でよくみられる名前です。 Kumar(クマール) アラブ人のかっこいいアラビア語の苗字2つ目が、「Kumar(クマール)」です。 サンスクリット語の「Kumara」という単語が元になっているとされている苗字です。 「王子」という意味や、「子ども」という意味を持っています。 Saleh(サレハ) アラブ人のかっこいいアラビア語の苗字3つ目が、「Saleh(サレハ)」です。 アラビア語をベースとするムスリムからきている苗字です。 「正しい」という意味や「善い」という意味を持っています。 アッラーの使者の名前としても知られています。 Khan(カーン)• Hamdan(ハムダン)• Jaber(ジェイバー)• Khoury(カウリー) アラブ人の素敵な意味を持つアラビア語の苗字1つ目が、「Khoury(カウリー)」です。 ラテン語の「curia」という単語が元になっているとされているアラビア語の苗字です。 「聖職者」という意味を持っています。 レバノンでは最もポピュラーな苗字です。 Hussain(フセイン) アラブ人の素敵な意味を持つアラビア語の苗字2つ目が、「Hussain(フセイン)」です。 「hasuna」というアラビア語が元になっている苗字です。 「良くなる」や「ハンサムになる、美しくなる」という意味を持っています。 Ibrahim(イブライム) アラブ人の素敵な意味を持つアラビア語の苗字3つ目が、「Ibrahim(イブライム)」です。 「Abraham(アブラハム)」という単語をアラビア語に表記し直した形となります。 「神の友達」という意味を持っています。 Oman(オマーン)• Mekki(メッキ)• Salem(サレム)• Hamedi(アミディ) アラビア語の名前や苗字は素敵なものがまだまだたくさんある! アラブ人・アラビア語の名前52選、いかがだったでしょうか。 今回は男性・女性別で詳しくご紹介してみました。 普段あまりなじみのないアラビア語の名前や苗字ですが、実は素敵なものがたくさんあるんです。 最後に、外国人の名前や苗字に関係する記事をご紹介するので、是非参考にしてみて下さいね。

次の

「外国人が呼びやすい海外でも通じる国際的な名前」をつける3つのポイント

外国 人 っ ぽい 名前

参考: 3. Olivia(オリヴィア) 「オリーヴの木」という意味を持ちます。 シェークスピアの戯曲「十二夜」の伯爵の令嬢の名前として初めて用いられました。 イギリス生まれの歌手「オリヴィア・ニュートン=ジョン」が有名ですね。 Ava(アヴァ) アダムとイヴの「イヴ(Eve)」から派生した名前です。 ユダヤ語でイヴは「チャヴァ(Chava)」と呼ばれており、「命」という意味があります。 そこから「Ava」が生まれたと言われています。 また、ラテン語で「アヴィス(Avis)」とは「鳥」の意味で、ここから「Ava」になったとも言われています。 Mia(ミア) イエス・キリストの母である聖母マリアの名を、短くして読んだのが「ミア(Mia)」です。 またイタリア語で「Mia」は「私の」という意味です。 お母さんは娘さんに、「私の可愛い子」という想いを込めて名付けたのかもしれませんね。 Isabella(イザベラ) エリザベートのイタリア語バージョンです。 英語圏の国でも、イタリア語の名前の方を好むこともあるのですね。 「神に捧げられた」という意味です。 Riley(ライリー) 昔のアイルランドの「Reilly(レイリー)」という名字から派生した名前です。 「勇敢な人」という意味です。 Aria(アリア) イタリア語で「空気」、そしてオペラの中の聴かせどころである独唱曲「アリア」を意味します。 Zoe(ゾーイ) 昔のギリシア語で「命」という意味。 ギリシア語に翻訳された聖書の中で、イヴは「Zoe」になっています。 Charlotte(シャーロット) もともとはフランス語の男性の名前「チャールズ」の、女性バージョンが「シャーロット」です。 「小さい」「フェミニン」という意味で、良く貴族の子女の名前に用いられてきました。 Lily(リリー) ユリの花である「リリー」は、純潔を意味します。 Sofia(ソフィア) 英語の「Sophia」のイタリア語バージョン。 (綴りが違いますね) 古代ギリシア語の「神の叡智」を意味します。 イタリア人女優の「ソフィア・ローレン」が有名ですね。 Greta(グレタ) スカンジナビア語で「マーガレット」の意味があります。 ドイツ語の「グレテーテル」から来たとも言われ、「真珠」「大切な人」を意味します。 Ginevra(ジネヴラ) ケルトの名前から来たもので、「白い魂」という意味です。 綺麗な魂を表わす、美しい言葉なのですね。 6世紀のアーサー王のお妃様が、「Ginevra」でした。 Giulia(ジュリア) 全能の神ゼウスのラテン語である「ジョヴェ(Gove)に捧げられた」という意味です。 Emma(エマ) イタリア語では「エマ」は「優しい」という言葉と繋がっています。 Aurora(アウロラ) ローマ神話の夜明けの女神の名前です。 「オーロラ」「明るく輝く」という意味を持ちます。 Alice(アリーチェ) アリス(Alice)のイタリア語バージョン。 「由緒正しい家柄の」、「素敵な人」という意味。 「不思議の国のアリス」で人気になりましたね。 Martina(マルティーナ) 古代ローマの戦いと農耕の神であった、火星の神「マルテ(Marte)に捧げられた」という意味です。 Giorgia(ジョルジャ) 古代ギリシア語とラテン語から来た「土と働く人」という意味。 実直で温かいイメージが伝わってきますね。 Beatrice(ベアトリーチェ) ラテン語から来た、「平和と幸せを配る人」という意味を持ちます。 ヨーロッパの貴族に良く名付けられました。 ダンテの【神曲】の想い人が「ベアトリーチェ」でした。 Louise(ルイーズ) ドイツ語から来た「誇り高い戦い」「栄光の戦士」という意味を持つ名前です。 Alice(アリス) 「不思議の国のアリス」で有名となった、「由緒正しい家柄の」「素敵な人」という意味を持つ名前。 イタリアでも人気でしたね。 Chloe(クロエ) ギリシア語から来た、「若い緑」という意味の名前です。 初夏の初々しい青葉、そよ風に吹かれる輝きが浮かびますね。 Emma(エマ) 古いドイツ語からの「普遍的」「全宇宙」「優しい」という意味を持ちます。 イギリスでもイタリアでも人気でしたね。 Ines(イネス) 聖イネスは(聖アグネスとも呼ばれる)、「純粋」という意味を持ちます。 少女や夫婦、庭師の守護神とされています。 Sarah(サラ) ヘブライ語から来た、「プリンセス」を意味する名前です。 Jeanne(ジャンヌ) スコットランドの言葉から来ており、「優雅」を意味します。 フランスの「ジャンヌ・ダルク」が有名ですね。 Anna(アンナ) ユダヤ語から来た、「祝福に溢れた」という意味です。 フランス語では「Anne」、イタリア語とラテン語では「Anna」です。 Adele(アディール) 古いドイツ語から来た、「気高い」「清楚」という意味を持ちます。 Juliette(ジュリエット) フランス語で「Julie(ジュリー)」を可愛くした言葉で、「若い」という意味です。 シェークスピアの「ロミオとジュリエット」が有名ですね。 Camille(カミーユ) ラテン語の「Camilla」から来た言葉で「穢れの無い」という意味を持ちます。 Lea(レア) ユダヤ語から来た言葉で、聖書の中に書かれた名前です。 Lina(リナ) 北ヨーロッパ、東ヨーロッパでも人気の名前です。 「可愛い」という意味です。 Eva(エヴァ) 【アダムとイヴ】のイヴ(Eve)のイタリア語バージョンです。 「命」という意味で、イギリスでもイタリアでも人気でしたね。 Sofia(ソフィア) 古代ギリシア語の「神の叡智」を意味する言葉です。 イギリスとイタリア、フランスでも人気の名前なのですね! いかがでしたか? どの国でも人気の名前があったり、読み方が違うだけで同じ意味を持っていたりと、興味深かったですね。 やはりキリスト教に関する名前は強い人気があることも感じました。

次の