秋元 康 きもい。 秋元康 乃木坂・欅坂・日向坂の色分けを語る

秋元康先生の気持ち悪い写真集の帯コメ11選【AKB48等】

秋元 康 きもい

現在のアイドル業界のトップに君臨するAKB48を筆頭に、乃木坂46やSKE48など、次から次へと人気アイドルを輩出するAKBグループ。 さらに海外にも進出し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せている。 その巨大組織を率いているのが、大物プロデューサーの秋元康である。 秋元康といえば、80年代に一世を風靡した「おニャン子クラブ」のプロデューサーとしても、知られており、現在でも活躍する工藤静香や渡辺満里奈、国生さゆりなどを一躍スターダムにのし上げた立役者でもある。 1985年にプロデュースした「おニャン子クラブ」と2005年にプロデュースした「AKB48」、この2組の間には約20年もの空白期間がある。 大物プロデューサーであれば、その間にも数々のアイドルをプロデュースしただろうに、一般的に知られているのは、この2組しかない。 この約20年の間、秋元康の手によって数々のアイドルがプロデュースされたものの、鳴かず飛ばずのまま闇に葬られてしまったアイドルの名前をご存じだろうか。 安直な発想で生まれた「ねずみっ子クラブ」 90年代、秋元康の「おニャン子に続くのはねずみだろう」という安直な発想でプロデュースされた「ねずみっ子クラブ」は、たった1年の活動で終止符を打たれた秋元康の黒歴史でもある。 「ねずみっ子クラブ」とは、秋元康が構成を務めていた『とんねるずの生でダラダラいかせて!』(日本テレビ)の番組内で派生したユニットで、小学生が中心の総勢10名からなるアイドルグループ。 その影響か、とんねるずの番組内でヘビロテで流されたにも関わらず、オリコンチャート43位という不甲斐ない結果に終わった。 そして、そこに油を注いだのがセカンドシングル『先生!鈴木くんがエッチなんです』だ。 タイトルから過激さが如実に現れており、これも見事に世の中からスルーされた。 オリコンチャートは99位という情けない結果で終了し、1年ほどで解散という憂き目を見たのだった。 秋元康のWikipediaを見てみても、「おニャン子クラブ」と「AKB48」に関しては具体的に書かれているものの、「ねずみっ子クラブ」に関しては1文しか書かれていなかった。 彼自身にとっては、触れられたくない過去なのかもしれない。 大学時代、放送作家のアルバイトをしていたが、既に サラリーマンの4倍の収入があったという。 作詞を手掛けるようになり、 長渕剛「GOOD-BYE青春」で作詞家としての知名度を得る。 「おニャン子クラブ」の楽曲を手掛けメンバーを次々と ソロデビューさせた。 美空ひばりの遺作となった 「川の流れのように」の作詞を担当し、作詞家としての地位を不動のものにした。 2005年、アイドルグループ「AKB48」を立ち上げ、総合プロデューサーに就任。

次の

秋元康の作ったグループは何個あるのか?ちょっと数えてみた

秋元 康 きもい

私の応援しているちゃんたちの写真集発売ラッシュも一段落した昨今。 ええ、あれです。 先生による帯コメントです。 シンプルな分、いろんな解釈ができる名文だと私は思う。 例えば非オタの人。 非オタにとってこじはるさんの印象は大体「あー、AKBの美人な子だよね」って感じだと思うんだけど、そんな人がこの表紙を見たら「ほーん、やっぱりキレイだ」って思うと思うのよ。 かたやオタ、そしてこじはる推しの人。 アイドルオタクというのは時としてアイドルとの距離感を勘違いしやすいものじゃないですか。 彼女たちは接触できるから特に。 するとついついお前は誰やねんっていう立場で「まあでも陽菜はこういう所が~」とか語っちゃったりするけど、こうして写真の中で完成された彼女の美しさを目にしたら「やっぱり、キレイだ」としか言えなくなる感じ。 "ああ松島や"と同じようなものだね。 間に読点が入ることで、更に味わいが増しています。 第7位 ()「どうする?」(2015).

次の

秋元康の歌詞が気持ち悪いと言われる理由

秋元 康 きもい

AKBや乃木坂などの青春時代の気持ちを取り戻すような歌詞から美空ひばりさんや稲垣潤一さんに書く人生観をテーマにしたような歌詞。 秋元さんの書く詩には、あるあるネタが盛り込まれる時もあれば、小説のような素晴らしい比喩が盛り込まれるときもあったり・・・・・。 HKT46 OFFICIAL WEB SITE プロフィール 指原莉乃より そして、最後に "僕のハートは引っ越しできない" で締めくくられています。 この部分が好きなファンは多いハズ!メロディーと詩がマッチしてて切ないんですけどね。。 絶対に神曲。 誰が何と言おうと神曲。 笑 "僕が君を初めて意識したのは 去年の6月 夏の服に着替えた時 転がってきたボールを無視してたら 僕が拾うまで こっちを見て 待っていた" "透明人間そう呼ばれてた 僕の存在気づいてくれたんだ" 初っ端から凄くいいんですよね・・。 初めて意識したのは、去年6月のことで、それを今振り返るところからスタートするという。 そして、透明人間と呼ばれてたことも判明します笑 そして、サビ。 "こんなに誰かを恋しくなる自分がいたなんて 想像もできなかったこと 未来はいつだって新たなときめきと出会いの場 君の名前は"希望"と今知った" 透明人間と呼ばれてて、自分の存在すらよくわかってなかった少年が1人の少女と出会って、自分の存在が確かなものに変わっていく詩です。 この少年は、おそらくこの時までこれ程にまで人を好きになったことがなかったけど、この少女との出会いで全てが変わった。 こんなに誰かを好きになるという自分を知ることができたわけです。 2番の終わリの歌詞には、 "同じ今日だって僕らの足跡は続いてる" という部分があります。 ずーっと『僕は』、『僕は』と言っていたのに後半に『僕ら』になっているわけです。 こういうのは秋元康さんの詩の特徴ですね。 1番と2番で心情や状況に変化が起きます。 "僕ら"と言った部分があったからといって、恋が叶ったわけではないんですけどねW "もし君が振り向かなくても その微笑むを僕は忘れない" とあるのでね・・・・笑。 この歌詞のいいところはやっぱり、恋をきっかけに自分自身が変わっていくところですね。 そして、それをこんなにも切なく表現した秋元康さんは天才です!.

次の