フライパン シュウマイ。 シュウマイの蒸し時間について。蒸し器の場合の時間と確認方法│食卓辞典

キャベツをしくのがコツ!フライパンで蒸し焼きするだけで簡単に作れる『ふんわり豆腐シュウマイ』の作り方

フライパン シュウマイ

このライフレシピのもくじ 【】• シュウマイは包んだ後に、蒸す作業が面倒になりがちですが、ここではフライパンで簡単に蒸す方法を使って焼売を作る方法を紹介します!蒸し器がなくても美味しく作れます。 材料(20個分)• 豚ひき肉・・・200g• 生椎茸・・・2個• 卵・・・1個• シュウマイの皮・・・20枚• 枝豆(冷凍でも良い)・・・10粒• 水・・・100cc• クッキングシート・・・フライパンのサイズに合わせてカットしたもの1枚 調味料• 鶏ガラスープの素・・・小さじ1• 醤油・・・大さじ2• 酒・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• チューブの生姜・・・1cm• チューブのにんにく・・・5mm• 塩コショウ・・・少々• 片栗粉・・・大さじ3 作り方(調理時間:30分) STEP1:玉ねぎと椎茸をみじん切りにする 玉ねぎと椎茸はみじん切りにします。 STEP2:材料を合わせて練る ボールを用意し、STEP1の具材、豚ひき肉、卵、調味料をあわせ2~3分手で練ります。 ひき肉に粘りが出て具材とまんべんなく混ざり合うのを目安にしてください。 STEP3:成形する シュウマイの皮を一枚手に取り、カレースプーン1杯半位のお肉を皮の真ん中にのせます。 人さし指と親指で丸を作るようなイメージで、軽くにぎるように具をつつみます。 STEP4:枝豆を半分にしてシュウマイにのせる 枝豆の皮から豆を取りだし、更に豆を半分に割り包み終えたシュウマイの上に乗せます。 STEP5:フライパンに並べる フライパンのサイズにクッキングシートをひき、その上にSTEP4のシュウマイを並べます。

次の

シュウマイレシピ!人気20選!1位は殿堂入り【つくれぽ100

フライパン シュウマイ

シュウマイのフライパンを使った簡単美味しいレシピを紹介 フライパンで作る簡単シュウマイ 20個分の材料は、豚ひき肉 200g、玉ねぎ 1/2個、シュウマイの皮 20枚、片栗粉 大さじ3、サラダ油、水 100ml、グリーンピースと、肉ダネの調味料は、砂糖 大さじ2、しょうゆ 大さじ2、ごま油 大さじ1、鶏がらスープの素 小さじ1、チューブ入りしょうが 3センチです。 皮をむいた玉ねぎをみじん切りにしたらポリ袋に入れ、片栗粉を振り入れて振ってまぶし、ひき肉との馴染みを良くします。 大きめのボウルにひき肉と調味料を入れて粘り気が出るまでしっかりと混ぜたら、玉ねぎを加えてよく混ぜます。 皮で肉ダネを包んだら真ん中にグリーンピースを1粒のせ、取れないように少し押し込みます。 フライパンにサラダ油をキッチンペーパーなどでまんべんなく塗り、シュウマイを並べ火をつけます。 水を加えて蓋をして、沸騰したら弱めの中火で10分蒸し焼きにします。 中に火が通って水分が無くなったら完成です。 蒸し焼きにするので中はふっくら、底はカリッと仕上がります。 早めに水分が飛んでしまったら少し水を足し、火加減を弱めに調整してください。 シュウマイを並べるときには隣どうしがくっついてしまうので、隙間をあけて並べてください。 今回はグリーンピースで飾りましたが、小さめの海老や缶詰のホタテを上に飾ると見た目も豪華で美味しくできますよ。 フライパンで作れる簡単シュウマイの包み方のコツ シュウマイで難しいイメージなのが包み方ですよね。 少しのコツで、案外簡単にできますよ。 指で器を作る方法 親指と人差し指を1センチほど離すくらいで輪を作り、人差し指に沿わせるように中指も丸くします。 薬指を底になるようにさらに小さく曲げます。 輪の中にシュウマイの皮を入れ、器のような形にします。 この中にスプーンですくったタネを入れ、スプーンで軽く押さえつけます。 肉ダネをのせてから包む方法 手のひらを上に向け、シュウマイの皮を1枚のせたら、真ん中に肉ダネをスプーンで1杯のせます。 スプーンの底で肉ダネを押さえながら親指を手前側にすくい上げるように曲げながら、他の指も曲げてシュウマイの形を作り、最後に底の形を整えます。 フライパンで作る包まないシュウマイなら不器用さんでも簡単 丸めたり揚げたりずに手軽に作れるスコップコロッケや包まない餃子などのように、シュウマイも包まずに手軽に作ってみましょう。 大きなシュウマイを作って切って食べる、おすすめの包まないシュウマイのレシピをご紹介します。 豚ひき肉100gあたりの他の材料は、玉ねぎ 1/3個、シュウマイの皮 7枚、グリーンピース 7粒、サラダ油、水 大さじ1強、調味料が鶏ガラスープの素 小さじ1、砂糖 小さじ1、オイスターソース 小さじ1、お酒 小さじ1、ごま油 小さじ1、チューブ入りしょうが 1センチ、片栗粉 小さじ2です。 みじん切りにした玉ねぎとひき肉、調味料をボウルに入れてひき肉がしっかりと粘るまで混ぜます。 フライパンに油を塗ってこねた肉ダネを入れて円形に平たくしたら、シュウマイの皮を1センチ幅に切って散りばめて、グリーンピースを散らして押さえます。 フチに水を入れて蓋をしたら強火にかけ、すぐに弱火にして7~8分焼きます。 クッキングシートを使えばフライパンでもふっくら仕上がる フライパンでシュウマイを焼く時にぜひ活用してほしいのが、クッキングシートです。 フライパンでの焦げ付きを防ぐのはもちろんですが、端が立ち上がったクッキングシートとフライパンの隙間に水を入れることができ、せいろのような役割をしてくれます。 直接水を入れると皮のべちゃつきが気になってしまいますが、直接水に触れさせないことでせいろで蒸したような美味しいシュウマイに蒸しあがります。 フライパンに敷いた時に端が立ち上がるように、クッキングシートを少し大きめにカットするのがポイントです。 シュウマイの具材は玉ねぎやシイタケが定番ですが、キャベツやもやしでかさ増しするのもおすすめです。 蒸し焼きにするので野菜のうま味を残すことができますし、野菜をたっぷり入れることでさっぱりさせることができます。 ただし水分が多く出やすいので、肉ダネを作るときには最後に加えるのがポイントです。 皮の代わりにレタスを使うとシュウマイをさっぱりさせることができ、レタスの緑が映えて見た目も鮮やかでおすすめです。 野菜たっぷりシュウマイは電子レンジで手軽に作れる キャベツたっぷりの包まないシュウマイ 材料は、豚ひき肉100gあたりの分量でキャベツ 75g、シュウマイの皮 5枚、水 大さじ半分、調味料にはお酒 大さじ半分、砂糖 ひとつまみ、しょうゆ 小さじ半分、チューブ入りしょうが 1センチ、鶏がらスープの素 小さじ半分、ごま油 小さじ半分、片栗粉 大さじ1です。 キャベツを千切りにし、シュウマイの皮を1センチ幅に切ってくっついた皮を剥がしてバラバラにします。 大きめのボウルにひき肉と調味料を入れて粘りが強くなるまでよく混ぜたら、キャベツを加えてよく混ぜます。 深めの大きな皿に肉ダネを全てのせ、火の通りが均一になるように平らな円形にしたら、肉ダネが見えなくなるようにシュウマイの皮を散らしてのせます。 フチに水を入れてラップをかけたら電子レンジで5分加熱し、そのまま置いて余熱で中まで加熱させます。

次の

シュウマイ蒸し方蒸し器ない!フライパンや鍋 圧力鍋レンジのコツ!

フライパン シュウマイ

シュウマイのフライパンを使った簡単美味しいレシピを紹介 フライパンで作る簡単シュウマイ 20個分の材料は、豚ひき肉 200g、玉ねぎ 1/2個、シュウマイの皮 20枚、片栗粉 大さじ3、サラダ油、水 100ml、グリーンピースと、肉ダネの調味料は、砂糖 大さじ2、しょうゆ 大さじ2、ごま油 大さじ1、鶏がらスープの素 小さじ1、チューブ入りしょうが 3センチです。 皮をむいた玉ねぎをみじん切りにしたらポリ袋に入れ、片栗粉を振り入れて振ってまぶし、ひき肉との馴染みを良くします。 大きめのボウルにひき肉と調味料を入れて粘り気が出るまでしっかりと混ぜたら、玉ねぎを加えてよく混ぜます。 皮で肉ダネを包んだら真ん中にグリーンピースを1粒のせ、取れないように少し押し込みます。 フライパンにサラダ油をキッチンペーパーなどでまんべんなく塗り、シュウマイを並べ火をつけます。 水を加えて蓋をして、沸騰したら弱めの中火で10分蒸し焼きにします。 中に火が通って水分が無くなったら完成です。 蒸し焼きにするので中はふっくら、底はカリッと仕上がります。 早めに水分が飛んでしまったら少し水を足し、火加減を弱めに調整してください。 シュウマイを並べるときには隣どうしがくっついてしまうので、隙間をあけて並べてください。 今回はグリーンピースで飾りましたが、小さめの海老や缶詰のホタテを上に飾ると見た目も豪華で美味しくできますよ。 フライパンで作れる簡単シュウマイの包み方のコツ シュウマイで難しいイメージなのが包み方ですよね。 少しのコツで、案外簡単にできますよ。 指で器を作る方法 親指と人差し指を1センチほど離すくらいで輪を作り、人差し指に沿わせるように中指も丸くします。 薬指を底になるようにさらに小さく曲げます。 輪の中にシュウマイの皮を入れ、器のような形にします。 この中にスプーンですくったタネを入れ、スプーンで軽く押さえつけます。 肉ダネをのせてから包む方法 手のひらを上に向け、シュウマイの皮を1枚のせたら、真ん中に肉ダネをスプーンで1杯のせます。 スプーンの底で肉ダネを押さえながら親指を手前側にすくい上げるように曲げながら、他の指も曲げてシュウマイの形を作り、最後に底の形を整えます。 フライパンで作る包まないシュウマイなら不器用さんでも簡単 丸めたり揚げたりずに手軽に作れるスコップコロッケや包まない餃子などのように、シュウマイも包まずに手軽に作ってみましょう。 大きなシュウマイを作って切って食べる、おすすめの包まないシュウマイのレシピをご紹介します。 豚ひき肉100gあたりの他の材料は、玉ねぎ 1/3個、シュウマイの皮 7枚、グリーンピース 7粒、サラダ油、水 大さじ1強、調味料が鶏ガラスープの素 小さじ1、砂糖 小さじ1、オイスターソース 小さじ1、お酒 小さじ1、ごま油 小さじ1、チューブ入りしょうが 1センチ、片栗粉 小さじ2です。 みじん切りにした玉ねぎとひき肉、調味料をボウルに入れてひき肉がしっかりと粘るまで混ぜます。 フライパンに油を塗ってこねた肉ダネを入れて円形に平たくしたら、シュウマイの皮を1センチ幅に切って散りばめて、グリーンピースを散らして押さえます。 フチに水を入れて蓋をしたら強火にかけ、すぐに弱火にして7~8分焼きます。 クッキングシートを使えばフライパンでもふっくら仕上がる フライパンでシュウマイを焼く時にぜひ活用してほしいのが、クッキングシートです。 フライパンでの焦げ付きを防ぐのはもちろんですが、端が立ち上がったクッキングシートとフライパンの隙間に水を入れることができ、せいろのような役割をしてくれます。 直接水を入れると皮のべちゃつきが気になってしまいますが、直接水に触れさせないことでせいろで蒸したような美味しいシュウマイに蒸しあがります。 フライパンに敷いた時に端が立ち上がるように、クッキングシートを少し大きめにカットするのがポイントです。 シュウマイの具材は玉ねぎやシイタケが定番ですが、キャベツやもやしでかさ増しするのもおすすめです。 蒸し焼きにするので野菜のうま味を残すことができますし、野菜をたっぷり入れることでさっぱりさせることができます。 ただし水分が多く出やすいので、肉ダネを作るときには最後に加えるのがポイントです。 皮の代わりにレタスを使うとシュウマイをさっぱりさせることができ、レタスの緑が映えて見た目も鮮やかでおすすめです。 野菜たっぷりシュウマイは電子レンジで手軽に作れる キャベツたっぷりの包まないシュウマイ 材料は、豚ひき肉100gあたりの分量でキャベツ 75g、シュウマイの皮 5枚、水 大さじ半分、調味料にはお酒 大さじ半分、砂糖 ひとつまみ、しょうゆ 小さじ半分、チューブ入りしょうが 1センチ、鶏がらスープの素 小さじ半分、ごま油 小さじ半分、片栗粉 大さじ1です。 キャベツを千切りにし、シュウマイの皮を1センチ幅に切ってくっついた皮を剥がしてバラバラにします。 大きめのボウルにひき肉と調味料を入れて粘りが強くなるまでよく混ぜたら、キャベツを加えてよく混ぜます。 深めの大きな皿に肉ダネを全てのせ、火の通りが均一になるように平らな円形にしたら、肉ダネが見えなくなるようにシュウマイの皮を散らしてのせます。 フチに水を入れてラップをかけたら電子レンジで5分加熱し、そのまま置いて余熱で中まで加熱させます。

次の