伯方の塩。 【企業の雑学】伯方の塩がメキシコ産なのに国産品な理由

伯方島

伯方の塩

概要 [ ] の旧と他の合併により、今治市の一部となった。 により及びと「陸続き」である。 島の南部にのがある。 4社があるほか船主体ながらの集積も見られ、との島として知られる。 また「」発祥の地でもある。 「はかた」と読むのは難読の部類に属する。 2005年の合併前までは同じの中に(なみかたちょう)があり、混同されることもあった。 自然 [ ]• 宝股山 - 島の最高峰• 開山(ひらきやま) - 桜の名所として知られる。 海峡 近くの島々との海峡は潮流も急で、特にとの間の、との間のは急潮で知られる。 産業 [ ] 第一次産業 [ ]• 農業 - 、花き栽培(菊など)• 水産業 - 養殖 第二次産業 [ ]• - 島内に4造船所• - 島内に2社あり:(伯方の塩)、伯塩産業(調理の塩)の生産で全国的に知られる。 縫製業 第三次産業 [ ]• - が多数島内に存在している。 主体である。 社会 [ ]• かつてはを用いた製塩業が栄えたが塩田は廃止され、跡地はクルマエビ養殖場などになっている。 造船業が盛んで、近隣の島からも造船工が通ってくる。 大島、大三島とともに(さんとうごちょう)と呼ばれる、島しょ部の中心に位置し、警察署、消防署、法務局出張所や電話会社や電力会社の営業所が置かれた。 ただ、しまなみ海道など交通の便の向上と過疎化にともなう利用件数の減少に伴い、法務局出張所は廃止されている。 学校 [ ] 高等学校• 中学校• 伯方中学校• 西伯方中学校 2007年閉校伯方中学校に統合 小学校• 伯方小学校 有津小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 伊方小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 北浦小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 文化 [ ] 海にちなむ文化が息づいている。 矢崎浜のえんこ(河童)石(古民話) 伯方島の南岸・の近くの矢崎浜あたりの海にその昔()が棲みついていた。 河童は砂浜で遊ぶ地元の子どもたちや通りすがりの人によくいたずらをして、人々を困らせていた。 一計を案じた村人が砂浜でこのかっぱを生け捕りにした。 捕まえられた河童は村人たちに「もう二度と悪さはしません。 助けてください。 そのしるしに証文を渡します」と涙ながらに謝った。 村人たちもやがてかわいそうになり、縄をほどいて放してやった。 河童はたいそう喜んで、沖の方に向かって大声で叫んだ。 すると河童が大勢で海の中から大きい石を担いできて砂浜へ担ぎ上げ、「この石が証文だ」と告げ石を置いて海に帰っていった。 その日から河童は姿を現わさなくなった。 村人はこの石を「えんこ石」と呼び、大切にした。 今日、矢崎浜には「えんこ石」の石碑が建っている。 子どもが一人で海で遊ぶと波にさらわれて危ないということを戒めるための話と推測される。 同様の河童話はやなどにもある。 エンコは河童のこと。 「石碑」は「えんこ石」とひらがな表記のため、文中、原則としてひらがな表記とした。 交通 [ ] 道路 [ ]• の1つ・しまなみ海道()が通る島の1つであり、で大島とで大三島と結ばれている。 島内にはがある。 海上交通 [ ]• 港湾 - (きのうらこう)、、(くまごこう)、 木浦港 木浦は島の東部でかつての役場があり、民家が密集している島最大の集落。 港の近傍には造船所2社があるほか、停泊している船舶も多い。 ここの2Km沖での今尾連絡船「」が遭難、死者397名を出す県内最悪のとなった。 これがしまなみ海道架橋の契機となった。 曹洞宗禅興寺に慰霊塔が有る。 快速船 - ()間の航路が寄航している。 寄港地は上記に加え、今治 - 友浦 - 木浦。 一日9往復、が運航。 フェリー航路 による今治港 - 土生港間の航路が寄港していたが、に今治 - 友浦(大島) - 木浦間は休止され、木浦-岩城() - 佐島 - 弓削() - 生名(生名島) - 土生(因島)間のみにて一日4往復が運航されていた。 しかし、輸送量の減少、燃料コスト高もあって、2008年5月末で廃止された。 北浦港 伯方島の北部に位置し、と対している。 江戸時代の末頃にが築造され、塩の積出港として発展してきた歴史がある。 、桟橋竣工。 の塩業近代化臨時措置法が成立し、同年末に塩田は廃止された。 その跡地を利用しての養殖が営まれてきた。 かつてはへのフェリー航路が運航されていたが、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止され、現在は定期航路はない。 熊口港(くまごこう) 島の西部に位置し、前面はを隔てて大三島(今治市上浦町瀬戸崎)の対岸にある小さな港。 三方に山が迫り、港の背後は集落があり、伊方小学校もある。 市町村管理港湾。 今治 - 航路の寄航港として発展してきた。 また、今治港 - の快速船が一日6往復運航されていた時期もあった。 関連航路は西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止された後、から有限会社の今治-三原間の高速船が寄航開始したが、燃料油価格の高騰などを理由にに再び休止された。 尾浦港 島の南部、の宮窪に向き合った位置にあり、宮窪との間にフェリー航路がある。 名所 [ ]• 開山 - 山頂周辺が開山公園として整備され、桜の名所になっている。 船折瀬戸• 伯方歴史文化公園 名産 [ ]• (「」ほか)• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

伯方の塩をつくりたい :: デイリーポータルZ

伯方の塩

概要 [ ] の旧と他の合併により、今治市の一部となった。 により及びと「陸続き」である。 島の南部にのがある。 4社があるほか船主体ながらの集積も見られ、との島として知られる。 また「」発祥の地でもある。 「はかた」と読むのは難読の部類に属する。 2005年の合併前までは同じの中に(なみかたちょう)があり、混同されることもあった。 自然 [ ]• 宝股山 - 島の最高峰• 開山(ひらきやま) - 桜の名所として知られる。 海峡 近くの島々との海峡は潮流も急で、特にとの間の、との間のは急潮で知られる。 産業 [ ] 第一次産業 [ ]• 農業 - 、花き栽培(菊など)• 水産業 - 養殖 第二次産業 [ ]• - 島内に4造船所• - 島内に2社あり:(伯方の塩)、伯塩産業(調理の塩)の生産で全国的に知られる。 縫製業 第三次産業 [ ]• - が多数島内に存在している。 主体である。 社会 [ ]• かつてはを用いた製塩業が栄えたが塩田は廃止され、跡地はクルマエビ養殖場などになっている。 造船業が盛んで、近隣の島からも造船工が通ってくる。 大島、大三島とともに(さんとうごちょう)と呼ばれる、島しょ部の中心に位置し、警察署、消防署、法務局出張所や電話会社や電力会社の営業所が置かれた。 ただ、しまなみ海道など交通の便の向上と過疎化にともなう利用件数の減少に伴い、法務局出張所は廃止されている。 学校 [ ] 高等学校• 中学校• 伯方中学校• 西伯方中学校 2007年閉校伯方中学校に統合 小学校• 伯方小学校 有津小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 伊方小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 北浦小学校 - 2007年3月閉校、伯方小学校に統合 文化 [ ] 海にちなむ文化が息づいている。 矢崎浜のえんこ(河童)石(古民話) 伯方島の南岸・の近くの矢崎浜あたりの海にその昔()が棲みついていた。 河童は砂浜で遊ぶ地元の子どもたちや通りすがりの人によくいたずらをして、人々を困らせていた。 一計を案じた村人が砂浜でこのかっぱを生け捕りにした。 捕まえられた河童は村人たちに「もう二度と悪さはしません。 助けてください。 そのしるしに証文を渡します」と涙ながらに謝った。 村人たちもやがてかわいそうになり、縄をほどいて放してやった。 河童はたいそう喜んで、沖の方に向かって大声で叫んだ。 すると河童が大勢で海の中から大きい石を担いできて砂浜へ担ぎ上げ、「この石が証文だ」と告げ石を置いて海に帰っていった。 その日から河童は姿を現わさなくなった。 村人はこの石を「えんこ石」と呼び、大切にした。 今日、矢崎浜には「えんこ石」の石碑が建っている。 子どもが一人で海で遊ぶと波にさらわれて危ないということを戒めるための話と推測される。 同様の河童話はやなどにもある。 エンコは河童のこと。 「石碑」は「えんこ石」とひらがな表記のため、文中、原則としてひらがな表記とした。 交通 [ ] 道路 [ ]• の1つ・しまなみ海道()が通る島の1つであり、で大島とで大三島と結ばれている。 島内にはがある。 海上交通 [ ]• 港湾 - (きのうらこう)、、(くまごこう)、 木浦港 木浦は島の東部でかつての役場があり、民家が密集している島最大の集落。 港の近傍には造船所2社があるほか、停泊している船舶も多い。 ここの2Km沖での今尾連絡船「」が遭難、死者397名を出す県内最悪のとなった。 これがしまなみ海道架橋の契機となった。 曹洞宗禅興寺に慰霊塔が有る。 快速船 - ()間の航路が寄航している。 寄港地は上記に加え、今治 - 友浦 - 木浦。 一日9往復、が運航。 フェリー航路 による今治港 - 土生港間の航路が寄港していたが、に今治 - 友浦(大島) - 木浦間は休止され、木浦-岩城() - 佐島 - 弓削() - 生名(生名島) - 土生(因島)間のみにて一日4往復が運航されていた。 しかし、輸送量の減少、燃料コスト高もあって、2008年5月末で廃止された。 北浦港 伯方島の北部に位置し、と対している。 江戸時代の末頃にが築造され、塩の積出港として発展してきた歴史がある。 、桟橋竣工。 の塩業近代化臨時措置法が成立し、同年末に塩田は廃止された。 その跡地を利用しての養殖が営まれてきた。 かつてはへのフェリー航路が運航されていたが、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止され、現在は定期航路はない。 熊口港(くまごこう) 島の西部に位置し、前面はを隔てて大三島(今治市上浦町瀬戸崎)の対岸にある小さな港。 三方に山が迫り、港の背後は集落があり、伊方小学校もある。 市町村管理港湾。 今治 - 航路の寄航港として発展してきた。 また、今治港 - の快速船が一日6往復運航されていた時期もあった。 関連航路は西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)の開通により廃止された後、から有限会社の今治-三原間の高速船が寄航開始したが、燃料油価格の高騰などを理由にに再び休止された。 尾浦港 島の南部、の宮窪に向き合った位置にあり、宮窪との間にフェリー航路がある。 名所 [ ]• 開山 - 山頂周辺が開山公園として整備され、桜の名所になっている。 船折瀬戸• 伯方歴史文化公園 名産 [ ]• (「」ほか)• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【企業の雑学】伯方の塩がメキシコ産なのに国産品な理由

伯方の塩

企業名 伯方塩業株式会社 本社住所 〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目3-4 電話番号 089-943-4140 業種 メーカー/食品・飲料・農林水産 設立 1973年8月13日 代表者 石丸 一三 資本金 9,448万円 従業員数 151名 事業所 【伯方工場】 〒794-2305 愛媛県今治市伯方町木浦甲841 【大三島工場】 〒794-1305 愛媛県今治市大三島町台(うてな)32 経営の心構え ・品質・コスト・サービス・スピードにおいてベストを尽くします。 ・従業員のレベルアップを図るとともに、従業員が安心して働く職場を作ります。 ・健康最適塩を探求して製造し続けていくために必要な適正利潤は確保します。 伯方の塩の誕生 「伯方の塩」は自然塩存続運動から始まりました。 『伯方の塩』は「塩の危機」を訴え、塩田塩の復活を願って、短期間に5万人の署名を集めた各地の消費者・団体の無償の活動から生み出されたもので、特定の資本をバックにしたものではありません。 『伯方の塩』は消費者の安心と伝統的食味を求める消費者運動の所産なのです。 伯方塩業株式会社は、自然塩存続運動の精神を受け継ぎこれからも永遠の課題として「健康最適塩」を探求し続けて製造し、できるだけ多くの方に販売します。 創業当時から、なかなか正しく読んでもらう事の出来なかった「伯方の塩」。 この読み難い商品名が付けられたのは、次のような理由だったのです。 愛媛県「伯方島」は、瀬戸内海を渡る「西瀬戸自動車道(愛称:しまなみ海道)」の愛媛・今治側より2つ目に位置する島です。 伯方島では19世紀初頭から塩田がつくられ、製塩業が盛んでした。 しかし、1971 昭和46 年4月に成立した「塩業近代化臨時措置法」は、塩田を全廃させイオン交換膜製塩に切り替えて、私たち日本人が永年親しんできた塩田塩をなくしてしまうという内容でした。 それに対し、消費者であった松山市在住の有志が、世界で初めてのイオン交換膜製塩(塩化ナトリウム99%以上)に疑問をもち、当時伯方島に残っていた3カ所の流下式塩田の存続運動(自然塩存続運動)に立ち上がりました。 その結果、塩田を残すことは叶いませんでしたが、「自然塩(塩田製塩)を残そう」という消費者運動がきっかけとなり、伯方島で特殊用塩として生産できるようになりました。 そして、この「伯方の塩」という名は伯方島の塩田を復活したいという願いの象徴となってつけられたものであり、登録商標なのです。 【製造課 野間 孝俊 2014年入社 】 就職するなら地元がいいなという希望があり、幼い頃から慣れ親しんで知っていた当社へ、ご縁があり入社をしました。 地元にもいろいろなものづくり企業がありますが、当社の工場見学に来た際に、アットホームな職場の雰囲気や、気さくな従業員の人たちが印象的で、ここで仕事をしてみたいなと思ったのを覚えています。 現在の仕事は、製造課で包装機オペレーター(包装機の設備管理・運行管理など)を行っています。 包装機とは、塩をパッケージに詰めるための自動機械です。 機械が相手の仕事なので、状態や環境の変化を見逃すことなく、意識を集中させながら、効率的な無駄のないオペレーションができるよう心がけています。 製品が「塩」ですから、機械が錆びてしまったりしないように、日々の小さな変化にも敏感に反応できることが求められている仕事だと思います。 また、お客様のもとへ安全で最高品質の塩を届けるために、一つの作業が終わるたびに1時間以上かけて包装機の部品をひとつひとつ外し、すべて個別に洗浄・乾燥を繰りかえします。 入社して1ヶ月目は部品一つ一つの名称や特徴を覚えることに苦労しました。 学生時代には、ほとんど耳にしたことがない言葉もたくさんありました。 慣れるまでは大変でしたが、丁寧に仕事を教えてくださる先輩のおかげで、今では、一人で部品を外し、洗浄し、もとに戻すという一連の作業も、任せてもらえるようになりました。 機械を触るというと、理系の方か専門の方が携わる仕事に思われがちですが、私自身が文系のように、やる気があれば、未経験・知識が足りなくても、しっかり仕事を覚えていくことができるので、安心してください。 これからは、後輩もできるのだと思うと、とても嬉しく楽しみな気持ちの反面、後輩に頼りにしてもらえる先輩になれるよう、もっともっと勉強をして経験を積まなければ!と気合が入ります。 周りの先輩や上司の皆さんから、一人前だとみとめてもらえるよう、早く成長したいと思います。 消費者による「自然塩存続運動」から誕生した当社は、創業の精神を受け継ぎ、人間の 身体にとってなくてはならない「健康最適塩」を探求し続けています。 そして、10年後のなりたい姿・10年ビジョンとして「世界で一番有名な塩メーカーになる」 という大きな目標を掲げました。 私たちは今、この「でっかい夢」を一緒に追いかけてくれる新しい仲間を求めています。 古き 伝統を大切にしつつ、新たな世界に果敢に挑戦する気概を持った皆さん、ぜひ一緒に夢を叶えましょう。 【総務部・採用担当】.

次の