かいがく 鬼滅。 鬼滅の刃考察|獪岳(かいがく)は善逸の兄弟子!!じいちゃんを食べて上弦の陸となった!?

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)は裏切り者!?自分を評価しない奴は全て敵?獪岳の自分勝手な欲求とは?

かいがく 鬼滅

下記クリックで好きな項目にジャンプ• しかも、寺に鬼を招き入れて寺の子供をほとんど全滅させ、岩柱のトラウマを作った張本人です。 岩柱の過去の描写から 「鬼を招き入れた子供って獪岳?」と噂されていましたが、それが紛れもない事実だったようです。 その証拠は以下のことから分かります。 獪岳と寺の子供の首飾りが同じ 獪岳は 勾玉 まがだま のような首飾りをしています。 そして岩柱の過去の記憶に出てきた子供も同じ首飾りをしています。 ここまで共通点が多いと別人と言う方が難しいですよね。 獪岳と岩柱・悲鳴嶼 ひめじま の過去に出てくる子供が一緒 獪岳と岩柱がそれぞれ過去を回想するときに同じ子供が登場します。 岩柱の回想では顔が映っており、獪岳の回想に登場する子供は顔が真っ白です。 しかし、両者の回想に登場する子供を見比べると 髪型や着物の柄が一緒です。 獪岳の回想の「金を盗んだことを罵られようが」の部分で映ってる子供が悲鳴嶼さんの寺にいた子供と同じっぽい。 罵られた事に腹を立てたのか、金を盗んだ事実を悲鳴嶼さんに知られたくなかったのか — キャメル natsuonosuke このことから見ても、 獪岳と岩柱は同じような思い出を持っているのが分かります。 獪岳はお金を盗んだことを子供たちに罵られたこともあり、子供たちの顔はあまり思い出したくないのかもしれません。 獪岳が岩柱の寺にいたことを公式でも認めている 上に書いたものも獪岳と寺の子供を結びつける証拠になりますが、さらに確実な証拠があります。 それは鬼滅の刃の公式で 「獪岳は岩柱の寺にいた子供だった」と認めていたんです。 この文には「お金を盗んだ獪岳が寺の子供たち責められ、寺を追い出された」と書いてあります。 岩柱は炭治郎に「言いつけを守らず日が暮れても寺に戻らなかった」と言っていましたので、 事実とは少し違う形で岩柱は過去を記憶しているようです。 【鬼滅の刃】獪岳 かいがく が鬼に寺の家族を襲わせた理由は? 岩柱いわく、 「獪岳は寺の者たちを鬼に売った」と言われています。 しかし上で少し触れたように岩柱の誤解が多少なりとも混じっているので、 本当の真実は闇の中です。 ここでは、 「獪岳がなぜ鬼に寺の家族たちを売って襲わせたのか?」について考えてみました。 獪岳は常に自分ファーストの部分がありますから、自分が助かるために家族を売ったというのはとてもしっくりきます。 ただ 子供だった獪岳なりに自分の生存方法を精一杯考えた結果で、とても人間臭い行動でもあります。 獪岳は寺の子供に仕返しをしたかったから 獪岳は寺のお金を盗んだことで他の子供に寺を追い出されてしまいました。 なぜ寺のお金を盗んだかは謎のままですが、獪岳的に何か理由があったのだと思います。 でも、獪岳は寺を追い出された。 鬼が出ると言われている夜の闇に一人取り残されて、誰も迎えに来てくれない。 そして、人食い鬼が表れた。 裏切られたと思っただろう。 絶望しただろう。 寺の子は獪岳を殺そうとした。 だから、逆に殺してやった。 — yuu🍑 yuu47003257 それに絶望した獪岳が寺の家族を売ったと考えると、人間臭い獪岳の性格がより鮮明になってきますよね。 しかも獪岳が抱いた憎しみや怒りは一時的なもので、その惨劇があった後に 「 後悔の念から鬼殺隊に入隊した」という流れも獪岳なら有り得そうです。 鬼が本当に怖い存在だとわかっていれば、流石に寺の子供たちも獪岳は追い出していないと思われます。 獪岳を含む 寺の子供たち全員が鬼の存在をナメていたのではないでしょうか? で、寺の子供を脅かそうと思い鬼を寺に誘導したけど、結果的に取り返しのつかない状況になってしまったと考えることもできます。 ただ獪岳の人間性をみると、怯えや恐怖、怒りや憎しみといった感情で行動していることが多いので、上述したものよりは可能性は低そうですが・・・。 その鬼が「寺の藤の香を消してくれ」的なことを言って獪岳は藤の香を消してしまった。 獪岳は寺にいた子供たちに追い出されていますので、「言いつけを守らなかった」と言っている岩柱は多少誤解している部分がありそうです。 そこらへんの情報は詳しく書かれていないので、何かの機会に書かれることを期待したいところですね! 関連:.

次の

獪岳(かいがく)

かいがく 鬼滅

岳 音読み…「ガク」 訓読み…「たけ」 意味…高大な山 参考: 「わるがしこい」「ずるい」という意味の獪は、「犬」+「會」という二つの漢字から成り立っています。 會は会の旧字体。 人が集まることや、転じて、調子を合わせるということを指します。 獣偏と一緒に見ると 犬が飼い主の調子に合わせ立ち回るという意味に。 獪の起源はコレ。 獪岳という名前には 高い山(=強者)に合わせて立ち回るずるい人間 という意味が込められているのではないかと。 獪岳の過去を鑑みるに、 自分が助かるために一緒に暮らしていた仲間を鬼に喰わせたり、鬼殺隊を裏切り黒死牟に命乞いをしています。 一方で、自分が特別でないと許せないタチなので善逸や周りの人間を馬鹿にしている面も。 「生きてさえいれば勝てる」という信念も、 「勝てる」ってなんだ?と思わずにはいられません。 自己中心的な傲慢なニュアンスが感じられどこか欠落した印象を受けます。 よくも悪くも獪岳にぴったりの名前といえます。

次の

獪岳 (かいがく)とは【ピクシブ百科事典】

かいがく 鬼滅

コンテンツ• 鬼滅の刃 善逸と兄弟子獪岳との出会い 育手(そだて)である 桑島 慈悟郎(くわじま じごろう)の元、で先に修行していたのが 獪岳(かいがく)でした。 つまり 善逸の兄弟子にあたります。 獪岳は、情けない彼を 非常に嫌っていました。 鍛錬(たんれん)のたびに、 泣きわめく姿が気に入りません。 元柱である桑島に、直接指導を受けられるだけで非常にありがたいのです。 そんな善逸を、分かっていないと感じていました。 さらに、 師範として敬わない言動に、腹を立てます。 また、壱ノ型しか習得できていないため、 バカにしました。 さらには桑島の教える時間が無駄になると、 追い払おうとします。 鬼滅の刃善逸の兄弟子 獪岳が鬼になったわけ 上弦(じょうげん)の壱の鬼に 歯が立たないと感じたからです。 獪岳は鬼殺隊の任務中に、上弦最強である 壱の鬼に出くわしました。 そして勝てる見込みがなかったため、 命乞いをします。 鬼の力が欲しいわけではありませんでした。 ただ一度強き者に屈しても、 生きていれば勝てるチャンスが巡ってくると考えたのです。 上弦の壱の鬼から、血を分けてもらいました。 そして体中の細胞が、泣きわめくようなおぞましい恐怖の中で 鬼となります。 結果、師範である 桑島 慈悟郎(くわじま じごろう)を 切腹へと追い込みました。 鬼滅の刃善逸の兄弟子 新たな上弦の陸の鬼として登場 獪岳は、妓夫太郎(ぎゅうたろう)・ 堕姫(だき)に代わり、新たな 上弦の陸(ろく)として善逸の前に立ちふさがります。 無惨に、最も近い 上弦の壱の鬼から血をもらっていました。 呼吸を使う者は、 常人よりもさらに多くの血を取り込む必要があります。 しかしその分鬼になれたときは、短期間でかなり強い鬼になれたのではないでしょうか。 実際に穴埋めではありますが、獪岳は上弦の陸として起用されます。 さすがに実力のない者を、上弦には無惨もしないでしょう。 鬼滅の刃善逸の兄弟子獪岳との再開 無限城内で、ふたりは再び顔を合わせます。 獪岳はいつも通りの調子で見下しました。 辛い試練を乗り越え鬼になった自分を、 未だに優れていると思っていたのです。 さらに、じいちゃんの切腹を気にも止めていません。 とまで話しました。 自分を認めるものが 善であり、正当に評価を下さない者は 悪であると語ります。 一方で善逸は、 溜まっていた怒りをぶつけます。 大好きなじいちゃんを、切腹に追い込んだ彼に言い返しました。 鬼滅の刃 善逸VS兄弟子獪岳の因縁の対決 善逸が先制攻撃を仕掛けます。 彼の速さに、獪岳は 驚きました。 それから、血鬼術(けっきじゅつ)で強化した刀を使い 雷の呼吸を放っていきます。 獪岳の、雷の呼吸 陸(ろく)ノ型、電轟雷轟(でんごうらいごう)が炸裂しました。 善逸は、それをまともに受けてしまいます。 この技は、善逸が 新たに生み出した型です。 そのためじいちゃんでさえも、習得していない技でした。 首を斬られた獪岳は、あっさり負けます。 さらに漆(しち)ノ型を、善逸にだけ教えた型だとわめき散らしました。 負け惜しみしながら、彼は消えていきます。 一方で善逸も、 力付きました。 壁を足場にし戦っていたため、そのまま落下します。 けれども、救護に駆け付けていた、 愈史郎(ゆしろう)に助けられました。 スポンサーリンク 鬼滅の刃 獪岳は許せない相手でもあり、善逸の尊敬する兄弟子でもある 憎まれ口ばかり叩いてくる獪岳を、善逸は 昔から嫌っていました。 ある日の鍛錬中にじいちゃんは、善逸に教えを説きます。 彼の努力できる姿を善逸は、 尊敬していました。 そのため、善逸やじいちゃんにとって、 大切な人物のひとりだったのです。 漆ノ型でとどめを刺す前に、心の中で謝りました。 また最後に、 一緒に戦いたかったとも語っていました。 獪岳を大切に想っている、とわかるエピソードがあります。 他の鬼殺隊の隊員が、壱ノ型を使えない 獪岳に対する陰口を聞いたときです。 彼の努力をだれよりも知っていたため、 腹を立てました。 善逸は彼らをなぐります。 階級が上の者にケンカを吹っ掛けたのを知り、獪岳は怒鳴りました。 暴力はいけないですが、善逸が抗議するほど 我慢できなかったのです。 鬼滅の刃善逸の兄弟子の獪岳について 『考察』 獪岳を嫌いながらも、尊敬していました。 好き嫌い関係なしに、物事を考えられる姿勢を素晴らしいと感じます。 「コイツは嫌いな奴だから、凄くなんてない。 」 このように普通なら、相手を認められないでしょう。 そこが彼の凄いところだと痛感しました。 獪岳の考え方は、まさにこれですね。 どこかで変われたら、鬼になんかならず、じいちゃんもまだ生きていたでしょう。 まぁ、最後まで負け惜しみを言って消えて逝くような人物を変えるのは、相当な労力が必要ですが。 このような人物を、ひとりで後継者にはしたくない気持ちも分かりました。 人としての心のあり方が、足りなかったのです。 一方で善逸は情けない一面もありますが、それが備わっていました。 ふたりで後継者となるのは、正しい選択だったと感じます。 鬼滅の刃漫画を1巻分もらう方法を紹介! 善逸VS獪岳戦を、できれば無料で読みたいですよね? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 これは、有料動画配信サービスの無料試しになります。 「はい、はい、有料サービスの無料お試しね。 」 そう思われたことでしょう。 しかし正直なところ、 使わないと損です。 なぜなら、鬼滅の刃が1巻分丸ごともらえるからです。 しかも、お金をかけずに。 仕組みとしては、もらえるポイントと交換して読む方法です。 そして、期間内に解約すればお金は一切かかりません。 実際に試してみましたが、事実でした。 さらに 解約も3分ほどで完了します。 もうこれは使わない手はないですよね? 鬼滅の刃善逸の兄弟子獪岳 『まとめ』.

次の