クロスレイズ エクストラ。 forums.alienisolation.com:カスタマーレビュー: 【PS4】SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ プレミアムGサウンドエディション

【Gジェネクロスレイズ】おすすめアビリティと入手方法まとめ

クロスレイズ エクストラ

EXP稼ぎ 基本• 戦艦グループにEXPブースト持ちを配置。 戦艦グループのゲストの魅力値を可能な限り上げる。 支援攻撃で倒すと経験値は参加者の頭数で等分されるため、特にEXPブーストを併用する場合は可能な限り単独戦闘でトドメを刺すことを狙う。 逆に低レベルキャラの育成を行う際は、主力キャラの戦闘に積極的に支援で参加すると稼ぎやすい。 連携稼ぎ• 1 」倍の経験値を得られるため、最大で戦艦連携なら理論上2. 0倍、遊撃連携では1. 8倍の経験値を得られる。 これで多数の敵orネームドを撃墜して稼ぐ。 戦艦グループでの実行は艦長と母艦に大量の、艦載機に少量の経験値が 遊撃グループでは実行者に大量の、僚機に少量の経験値が入る配分となる。 難易度INFERNOでは戦艦連携・遊撃連携共に獲得量に減少補正が入るため、連携での稼ぎは効率が落ちる。 効率化のためのポイント• キャラのレベルを上げるなら機体のレベルが上がってもポイントの割り振りを保留することで獲得経験値を大きく保てる。 ただ、極端に弱い機体・戦艦では攻撃力・命中率を確保しきれず、連携の際も回避選択で避けられる可能性が高い。 戦艦グループなら育成対象以外のスキルも活用できるため、攻撃力・命中率の確保は楽。 育成促進のために強力なスキル持ちを予め用意しておきたい。 連携トリガーとなるキャラにはや、OP「特殊アンテナ」を積んでPOWを上げる。 戦艦連携で稼ぐならも欲しい。 HELLモードが解禁されているなら、で経験値を増やす、で連携の威力を高めるを手に入れておくと効率を上げられる。 また、DLC利用者はコミュニーケーションとリーダーシップのLv.3を兼ね備えた効果を持つ(の固有アビ。 任意装着9万CAP)をDLC派遣ミッション「風は止まれない」で入手すると更に手間が省ける上、装着者は艦長でも遊撃隊員でも活躍出来る。 各道場利用後に短縮アイテムと引き換えに入手すると良い。 派遣『サンクキングダム首都防衛』で手に入る Lv7も指揮範囲と連携威力を同時に高められる。 ユニットのレベルを上げたいなら遊撃連携。 パイロットに現状維持を育成する。 遊撃連携は参加メンバーの性能で威力が大きく変動する。 育成対象の身代わりもかねて支援防御に優れる機体を準備しておくといい。 裏で派遣を回しておく• 派遣は報酬の減額はあっても失敗はないため、少しずつ確実に育成ができる。 ただ時間がかかるのは確かなので、高レベルで習得するスキルが目当てだが即戦力としては採用できないキャラ、あるいは高レベルすぎて通常戦闘では満足に稼げなくなったキャラ向け。 別のことをやっている片手間に少しずつ育てる手段なので、最優先で育成したい場合は非効率。 単純に裏で余剰メンバーのレベルを上げつつキャピタルや拾い物を稼ぐ場合は派遣して放置する時間と効率との相談で派遣先を決める。 経験値稼ぎにおける効率的なオプションパーツ• 本作では獲得経験値を増加させるオプションは無いため、本項目は「経験値を減らさない」方法に留まることに注意。 通常戦闘で手に入る経験値はHP・EN・攻撃・防御・機動の差を比較するが、移動や適性、撃破に使用した武器のPOWは不問。 本体性能を直接向上させる物よりも適性やPOWを強化するOPを中心に装備することで機体の性能を強化しつつ経験値の減衰を抑えることができる。 派遣は派遣先の基本経験値と遂行率・参加人数を参照するため、派遣で育てている機体は性能を上げても問題ない。 経験値稼ぎ向けマップ G-UNIT「」道場• 最高効率のも良いが、戦艦連携で一番面倒な作業が「艦載機の出撃作業」で一度出撃させたら9ロック3回と4ロック1回かつボーナス経験値もブーストさせると2万入るので一度の手間で経験値はかなり稼げて10分足らず。 遊撃隊 リーダーのみスキル込みで移動力8• 【ターン経過】• 1PP:母艦から9ユニットを展開し、スキルも駆使して戦艦連携で可能な数のトーラスを倒す。 遊撃隊はリーダー機を下段2機の間に移動し遊撃連携で倒す。 もしくは移動のみさせ、別キャラで遊撃連携を発動。 12機から戦艦連携で倒した数を引き、1残る形にする(例. 戦艦連携で8機倒していたら遊撃連携で3機だけ倒す)。 1EP:3列目以降からの攻撃もなく2PPに。 2PP:リーダー機の指揮範囲内にヴァルダーが入るように移動させ、遊撃連携を発動。 12機撃破によりシークレット発動。 後半戦突入。 母艦の艦首を反対に向け、シークレット部隊をメインターゲットに戦艦連携を発動。 2EP:遊撃隊リーダー機がトーラスからタコ殴りに遭うが回避・防御もしくは反撃で全て排除。 ヴァルダー再出現側からは攻撃が届くヤツだけされる。 3PP:戦艦連携で引き続き敵掃討。 2EPで反撃殲滅していないなら、遊撃連携発動でリーダー機に群がったトーラスを一気に殲滅。 以降はヴァルダーを含めて残敵掃討。 「激突する宇宙」「ELS来襲」「来るべき対話」• とにかく1方向にひたすら進軍し続ける構成なので戦力を分散させる必要が無く気楽。 大量かつ高額スコアの敵を全力で叩きのめすため、CAP稼ぎを兼ねるなら可能な限りオーバーキルボーナスが取れるようにしたい。 「激突する宇宙」はビルゴ対策に特殊武器or連携重視の攻撃手段とビーム射撃を防ぐバリアを準備できれば気楽。 ただSECRETを円滑に進めるためには下方向にも多少戦力を出す必要がある。 難易度INFでのレベル上げ でモビルドール狩り• ただし本編シナリオの中盤ということもあって敵の性能はかなり高く、難易度レベルが1でも下手な戦力ではジリ貧になっていつまでも勝ちきれない。 ロックオンEXやアタックバーストに頼るのも限度があるため、ある程度地力を備えてから稼ぐのに適するマップ。 マップ2ではヒイロとカトルの一騎討ちもあるため、そちらも気を遣う必要がある。 CAPITAL稼ぎ 低難易度・高リターンマップ稼ぎ• 多数の敵を連携で瞬殺でき、可能ならば捕獲で獲得資金を水増しできるマップを繰り返しプレイする。 回転率の良さと副産物重視なら00Fの「イオリア」道場• 狭いマップにあまり強くない敵、1隻だけだが鹵獲可能と戦いやすいマップ。 捕獲したオービットフラッグの全解体を含めれば1回で約44000CAP。 慣れると1回10分もかからずに周回できる。 難易度を上げても手間は大差無く、派遣アイテムも稼ぎやすい。 入手アビリティの質・数共に下記のハシュマル道場に劣るが、こちらは少ない手順で素早く狩れるため高難易度のハシュマルと相対するだけの実力が無い時にオススメ。 手順一例:戦艦グループ、遊撃グループ各々1組ずつを準備。 戦艦グループ:実移動力6指揮範囲9の戦艦。 5ロック連携で敵を倒しきれる攻撃力。 遊撃グループ:配置2番目と3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。 配置2番目はヴァージニアをワンパンできる攻撃力か射程7の戦闘力。 配置3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。 4ロック連携で敵を倒しきれる攻撃力。 1PP:戦艦グループは進路を塞がない位置に艦載機を展開してから戦艦を前進させて連携でフラッグ5機撃破。 遊撃2機目は右に7マス移動して遊撃連携でフラッグ4機を倒してチャンスステップを取り、上6右1に移動。 3番目を右に7マス移動。 1EP:遊撃2機目がヴァージニアと艦載機から攻撃されるため対応。 2PP:遊撃2番目がヴァージニアを撃墜してイベント。 2番目はフラッグを捕獲。 3番目を下に移動させてSECRET3機に遊撃連携。 戦艦グループはSECRET3機に戦艦連携。 2EP:敵は全て左に直進。 3PP:ジンクスを連携で倒して終了。 敵の増援位置が解っていれば遊撃2チームの方も容易。 両方の遊撃2番目にSFSを使用し降機を利用すればヴァージニアを1PPで落としつつ真ん中の敵を遊撃連携のタゲに入れることが可能で 1PPでイベントを起こせれば、増援に1PPで接近しきれなくても、1EPで敵が自ら遊撃連携のタゲに入って来る 1プレイの撃墜数と経験値を重視するなら「宇宙に降る星」道場• 総勢81機のジンが出現するため長期戦は必至だがネームド5人・SECRET2機とアビリティホルダーも比較的多い。 イベント南に出現する戦艦からジン・ハイマニューバ2機とジン4機を捕獲できる。 毎ターン少しずつ増援が出現する構成かつ最終ターンに入るまでクリアできないため時間効率はやや悪い。 1機につき37300の利益が出るが、効率よくこなす環境作りに大分手間がかかる。 ウイングガンダム EW版 の早期登録法• ウイングガンダム、あるいはウイングガンダムゼロ EW版 をGETゲージで登録する。 ストライクフリーダムとフェニックス・ゼロを設計してウイングゼロを登録する。 ストライクフリーダムはフェニックス・ゼロから開発できるOガンダムと、アストレイ系MSで設計できるスターゲイザーから開発できる。 派遣育成法• 非DLC環境 「対仮想部隊教導訓練」か「曜日別実践演習」を遊撃6機or「カグヤ上空制空権維持」を遊撃7機編成で2回回す。 DLC環境 「大幅レベルアップ! 経験値GET」を遊撃6機で2回回す。 DLC環境かつ高レベルパイロット所持 3時間:EXP40000の物を戦艦クルー4人・9機編成で3回回す。 パイロットの能力が極めて高いなら遊撃7機で2回回す。 戦艦グループで稼ぐ気ならレベル50のキャリー・ベースよりレベル1のプトレマイオス2改のほうが評価が高いため、できれば準備したい。 レベル1のウイングガンダム EW版 を育成する上で最もハードルが低いと思われるのは「来るべき時代の為に」。 無論、パイロットのパラメータが相応に高いならカーソル初期位置から近い「いつか見た夢」「ターンエーの風」のほうが効率的。 戦艦連携育成法• 稼ぎを効率化するにはキャリー・ベースよりも性能の高い艦が欲しい。 頭金こそ高くつくが、性能と生産条件達成の容易さを両立する物の代表格が劇場版001話で入手できるプトレマイオス2改。 ゲストのガンダムたちを活用して立ち回れば比較的楽。 次点としてはエターナルも宇宙適性A移動7かつ高攻撃力。 ただしこちらは生産条件がかなり遠め。 COSTが安く初期生産可能な中ではヴォルガも移動は6ながら攻撃力と艦のサイズは及第点。 クルーの準備• 戦艦連携を有効活用するためにはエリアの広さが最重要。 艦長はプトレマイオス2改と同時登録されるスメラギ 劇場版 が指揮値も高くて確実。 それに加えてアビリティ「統制」を育成する。 G-UNIT2話や鉄血1話が狙い目。 できればレベル違いの物を複数習得させ、範囲を大きく広げたい。 より効率を求めるのであれば• 艦長にリーダーシップを育成する。 艦長以外にもクルーの質を上げる。 命中が不安ならロックオン系も追加• OPのリミッター解除ユニットと特殊アンテナを付ける• 1シナリオで獲得経験値に端数が出るようなら、2隻編成で挑んで18機同時育成する。 威力が足りない内はスキルを使ったりロック数を減らすなどして調節しよう。 攻撃力が十分なら一部クルーを入れ替えることでキャラのレベル上げも平行可能。 戦艦連携最効率手順• 所要時間は一周4、5分ほど。 戦艦はプトレマイオス2改。 攻撃力はスキル込みでジルダ HP13000 を含む敵を6ロック連携で倒せるのを目安にする。 若干手間取っていいなら2PP目を移動のみで済ませ、3PPで連携を仕掛けてもよい。 これなら艦長の指揮範囲が12程度から開始可能。 ウイングガンダムに乗るキャラは全員Lv1・現状維持を取得させる。 操作手順• ユニットを全て出撃させ、戦艦を9マス下に移動。 ハクリ・ロディ ユハナ機 を先に選択して8ロック連携で撃破。 増援が登場するのでターンエンド• 次ターンに下に最大限移動し、増援の6機を戦艦連携で撃破する アビリティ稼ぎ ハシュマル道場• 理論上1PPでクリア可能かつ、SECRETのホルダーが6機登場するを巡回する。 難易度を切り替えて挑めば最終試練でしか出ないアビリティ以外はここだけで稼ぎ可能。 非常に高速で巡回できるため派遣アイテムも大量に手に入る。 前半戦• まず初期配置のハシュマルを撃墜。 戦艦を動かさずに出撃して倒しに行く場合移動力と射程の合計が13ないと上側のプルーマに届かないため、遊撃グループでの担当を推奨。 遊撃1ロックでも一撃で倒せないようならや覚醒武器持ち等、非ビームの長射程機体を準備して1・3番目に置き、削りに向かわせる。 後半戦• MSパイロットの任意習得を狙う場合は戦艦を移動させてから出撃させればどんな機体でも十分逆端にも届く。 戦艦連携でプルーマを落とす場合は多少の指揮範囲が必要。 目安は下記項目参照。 後半のハシュマルはHP40000を1ターンで削りきらないと回復されてしまい、敵にターンを回すと余計な戦闘を挟む必要が出てくる。 ゲストは初手から最大火力を発揮できるわけではないため、自軍で倒せる戦力を用意したほうが効率的。 ・・ DLC を準備して行動不能のMAP兵器を使わせれば 反撃を無視して一方的に殴れる環境を作れるため、これらをSFSに乗せて戦艦グループか遊撃5番目に配置しておくとよいだろう。 戦艦に十分な火力があるなら、ハシュマルとSECRETプルーマを巻き込んだ7ロック連携で一気に倒してしまうのもオススメ。

次の

「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」新規有料DLC「エキスパンション・パック」が発表!

クロスレイズ エクストラ

とにかく武装演出全般の描写、演出が神がかった!前作のバンシィノルンで例えるとトンファー攻撃時の台詞がワンパターンだったのが複数の台詞パターンをしゃべるようになり、さらにぬるぬると連続攻撃を繰り出すようになると考えてもらえば分かりやすいかと! 参戦作品こそ少ないが実は前作を上回る機体数! とにかく外伝作品を尊重していただいてる。 そしてあの機体あるかな?さすがにない・・・あるぅ!!見つけたのだゲームで動いている外伝機体が!名前はネタバレしないように伏せときます 笑 思わずガッツポーズをしてしまった。 ありがとうデベロッパー!!というほどマニアックな機体が参戦してます! なので宇宙世紀のシリーズや機体だけでなく是非気になった作品をプレイして下さい!気に入ったパイロットや機体も出てくるはずです!作品を知らない方はそれこそ誰がどの機体に搭乗しているのかストーリーでお目にかかれます。 宇宙世紀だけが全てではありません!熱くなってしまった。 評価に戻ります 笑 ミサイルのごり押しゲーではなくなり各武装の攻撃力の見直し オプションパーツやスキルで攻撃力をあげられる がされた。 ストーリーが分かりやすいように細かく噛み砕かれて説明されている00で説明すると刹那が俺がガンダムと発言している理由など。 これはわかる人にしかわからなかったのが全員にちゃんと伝わるように工夫してるのでかなり良心的だと思います。 グループ派遣ができ、プレイができない時でもリアルタイムの時間を使ってパーツ、経験値、機体、お金等を獲得してくれる機能 専用のアイテムもあり、派遣時間を短縮するアイテムがある。 これはステージをクリアすると入手でき、さらにシークレット条件達成や難易度により増減する 主は鉄血のオルフェンズのステージ1を難易度エクストラでレベリングしながらシークレット達成してクリアしている。 そして気になる獲得量は6だ。 因みに1つにつき30分短縮できる。 それを7分代で周回しているのだが貯まる貯まる。 なんせレベあげからの開発でやめ時がなかなか来ずにのめり込めるからだ。 流石に序盤で難易度エクストラを回すのは辛いのでボチボチ戦力が整ったと思われてからプレイするのが良いだろう。 気になったところ パイロットの容姿を変えられない。 CVを確認できない。 もしかしたらどこかで確認できるかも。 鉄血の難易度が初心者の方だとキツイ でもこれで折れないで是非逆にこれでダメなのかならここをこう守ってと戦略を練ってほしい!ゲスト機体で敵を倒し続けるとそのユニットを生産出来るようになるのでそれをメインでやるのも一手 どうか諦めないでほしい。 とりあえずこんなところかな。 また追記するかも 最後に参戦作品を記載しておきます。 SEED多すぎ・・・是非好きな作品、気になった作品に触れてみてください! お気に入りのシリーズや機体、パイロットに出会えますように! 戦闘面の演出は若干ながらも強化されたものの、やはり数回見たらスキップが基本になってしまう。 場面に合わせた戦闘演出パターンなど変化が欲しいところですが中々難しいのでしょうね。 原作追従はいいんですがオリジナリティはないため賛否は分かれるところ。 序盤の金策が非常に面倒。 今回は序盤ステージでの鹵獲がほぼないため正攻法だとクリアボーナスや派遣で稼ぐしかない。 反面、序盤から開発ルートをしっかり確保出来ればストフリやウイングゼロなど強力な機体も作れるため開発費と解体費のギャップを利用した稼ぎが現行だと最速になる。 ただ、最速を求めるにも結局お金がかかるためここを乗り切れるかが鍵。 ここに派遣報酬も加わるが稼ぎのための周回はシュミレーションジャンルだと萎える。 難易度は一部を除き平均的な難度だがパイロット強化でカンストも出来る為やり込むほど当たり前だがヌルゲー化します。 BGMはジェネシスから特に変化なし。 プレミアム版では楽曲がついたが作品数がスーパーロボット大戦と比べると少ないため通常版との差額を考えると少し思うところはある。 シナリオ面はやはり最新作のオルフェンズがそれなりに細かくされており優遇。 ウイングは本編はいいもののG-UNITはやや冷遇。 SEED勢はいつもの如く無難。 00もそれなりに網羅はしてくれてる。 ついでに特典のモノアイガンダム。 発売された時代が時代だから仕方ないが、文字もドットなため非常に読み難い。 が、ヴァンガード製のGジェネはスパロボ寄りの作品も多くオリジナリティも秀逸なため隠れた名作が多いので演出こそ時代ゆえのチープさはありますがオススメです。 体験版を遊んでみたら非常に面白かったので、プレミアム版を購入 体験版で使える機体はどの武装を拘りの演出があり迫力満点です しかし!!! 進めていくと単調な演出の機体、機体絵が違うだけで動きが全く同じ機体が多く出てきます。 鉄血に至ってはアニメであんなに活躍していた流星号が武装が2種類のみ (多くの機体が2種類だけです) 演出には動きが無く 静止した機体からパンパンと撃たれる2発の銃撃 しびれますね・・・。 開発が間に合わなかったのか、予算が無いからかわかりませんが鉄血が好きな自分にとっては残念。 それでも全クリまでやろうと思えるぐらいは楽しめてますが、敵の多さや単調な演出で戦闘アニメはほぼカットでしょうね 追記 図鑑9割完成 前のレビューで機体演出が少ないと書きましたが メイン機体であれば迫力ある演出を楽しむ事が出来ます。 量産機のほとんどが単調な演出になります なので星3から星4にアップさせていただきます 出来は、良いと思います。 体験版もやりましたが、カットインが、前作より、入りまくりで、限定版を、ここアマゾンで手に入れましたが、歌入りでノリノリです。 因みに、つまらなかった点は、ガンダムブルーフレームセカンドLが、トランズフェイズシフト装甲では、なかった事、きちんと設定通りにMSは、出して欲しかった。 後、ロッソイージスや、ネロブリッツ等も後、ダウンロードコンテンツは、歌入りで無いこと。 因みに、ダウンロードコンテンツは、機体とパイロットのみ一部出てきます、ガンダムXや、ターンエーガンダム、ガンダムAGEや、Gのレコンキスタ等の一部の機体が。 追記、ガンダムジーユニットの本のダウンロードコンテンツも使えます。 ・昔からガンダムが好きでしたが、今回初めてGジェネを買ってしばらく遊んでみた感想です。 初心者の意見なのであまり参考にならないかもしれませんが… ・まず最初に思ったのは敵がやたら多いことです。 多少イラつくかもしれませんが、ユニットを増やして連携を行えば逆に爽快です。 ・次に開発については、思いのほか簡単に欲しい機体が作れます。 開発を進めていくと、この影はなんの機体だろ?とか予想してみたりこんな機体もあるんだ!っていう発見ができて興奮します。 ・グラフィックについては文句なしに綺麗でトリハダもんです!演出もいちいちかっこよくて「おほっ」ってなります。 ・サウンドエディションの曲は武装一つ一つに好きな曲を入れることができるので自分好みのカスタマイズができます。 まとめ ただただこのゲームを褒めているだけのレビューになってしまいましたが、それほど自分は買ってよかったと思います!値段は高いですが、通常版かサウンドエディションで迷っているなら私はサウンドエディションを強くオススメします。 200時間プレイした辺りで不満点がチラホラ出てきたのでレビュー。 ・部隊編成の幅がせまい。 派遣システムとの兼ね合いで「4グループしか部隊を作れない」のが地味に足枷になっている。 機体数でいうとたったの36機しか並べておけないというのは、Gジェネ最新作にしては寂しい仕様。 ・演出カット機能が無い。 ダメージ表記の演出が長い。 最速設定にしても間延びしている。 ・マップ兵器が弱すぎる。 基本4000ダメージ程度しか取れないので、ケズリにもトドメにも使いづらい。 今作には「戦艦連携」があるので爽快感という点でもそちらに劣る。 反面、回避不可なのでSEED系の終盤でマップ兵器連発してくる敵キャラはかなりのウザさ。 ・外伝系シナリオの薄さ。 各5話くらいで気軽にプレイしやすい反面、どの外伝もゲーム化するほどの価値は感じられなかった。 ほとんどが「ときた光一マンガ」なので仕方ないといえば仕方ないのだが・・・。 ・イマイチ噛み合わないDLC商法 無料とはいえ「モノアイガンダムズ」の謎のゴリ押しは、今作の方針とは大きくズレていると思う。 ティターンズもエゥーゴも無いんだから。 「ガンダムアストレイ」のカラバリ機体なども配布するらしいが、 すでにカメムシ並みにウジャウジャいるユニットを追加する意味がわからない。 要らない。 ・隠しユニットの謎の不遇。 SD世代には嬉しい「あの機体」が、入手後クソザコ性能になっているのが本気で本気で意味不明。 「キミの愛を注ぐことで伝説の力が蘇るのだ!」とかいう意図なら大きなお世話である。 バグならさっさと直してほしい。 ・まとめ 前作ジェネシスとは比べものにならない進化を遂げているが、細かい部分で不満点も残っている。 各作品それぞれに最強ユニットを用意したり、シナリオ数のバランスが取れているのは評価点。 バンダイナムコがめずらしく調整に気を使って開発したのが伝わってくる。 参戦をアナザー4タイトルとその外伝に絞ったジージェネ。 宇宙世紀に絞った前作のジェネシスが少し寂しかった身としては素直に嬉しい。 カットイン不足やMSの動きなど前作のから改善しているが、贅沢を言うならXなども参戦させてアナザーを網羅して欲しかった。 ジェネシスでも思ったが範囲を狭めた割にその分マニアックなところまで入れました、とは成っていない残念。 プレイしていて気になった前作からの変更点として 戦艦によるグループ連携が大幅に強化。 MSの火力が少し頼りないのでMSを引き連れた戦艦を前進させて連携で薙ぎ払うバランスへ。 敵の数が多い上経験値も入るのでこれが基本戦法。 敵機体の鹵獲が大幅に減少。 シークレットの鹵獲が不可能になったため、シークレットで出た強力機体を確保したりは無理(シークレット自体も普通の量産機)。 戦艦に格納された部隊が白旗を上げるのは前作と同じだが、機会は大幅に減少しこれで稼ぐのは少しきつい。 キャラクタースキルは敵の撃破で入手して、キャピタルでつける形式になり完全に別物へ。 能力もキャピタルで成長できるのでキャラ格差は少し減少(固有スキルなど個性はある)。 派遣という部隊を一定時間放置して稼げるソシャゲのようなシステムがある。 好みは分かれるがゲーム終了時に派遣して、次プレイ時に報酬が受け取れるのでプレイヤーには有利要素。 色々と変更点はあるが基本はいつものジージェネなので、好きな作品が出ているならお勧めします。 バンナムが作るゲームって発売日に買ってはいけないと言われているせいか売上が減って価格だけが上がっているのかな。 内容だけど、ストーリーなどおおまかな感じで実際は違う点があるけどゲーム性質上仕方ないかなと思われる 自分はサイドストーリーは知らない方なのでそれを知ることが出来るのは良いですね (収録内容が中途半端な感じもするけど) 戦闘はPS4の温度が上がってファンが高速回転するくらい重いらしい? 動きが速いトランザムや阿頼耶識だと特に。 ただ、動きが速すぎてなにやってるのかよくわからない部分もあるので見せ方は良くないのと、モーションがダメなのと良いのが混ざってるんで少し残念かな。。。 CGモデリングは良いですね (正直、前にプレイしたWIIのGジェネの方が動きやシステムは良いと感じた) とりあえずGジェネなので時間はかかるけど全てのステージをクリアはしてみたけどー PS4になる前の方が良かったなという印象です 以前の宇宙世紀はダルかったし、だんだん退化しているような。。。 キャラカットインはカッコイイですね このゲーム作った人達は原作観たりしたのかなと、、、ユニットによっては設定上あった武装が無かったりした (通過点でしかないユニットなので別にいいかもですが) あと、ビルゴとビルゴ2とラミネート装甲が嫌いになるゲームでした.

次の

【Gジェネ クロスレイズ】前作(ジェネシス)からの変更点【ジージェネ クロスレイズ】

クロスレイズ エクストラ

前作(ジェネシス)からの変更点 グループ派遣が追加 グループ派遣は、ステージ攻略に使わない機体を「作戦」に派遣する機能です。 「作戦」は「派遣時間」が経過すると、様々な報酬を獲得することができます。 グループ派遣は時間経過でクリアできるので、ゲームをプレイしていなくても、アイテムなどを集めることができます。 遊撃グループが追加 遊撃グループは、母艦を持たないユニットです。 シナリオ限定機体のように、ターン経過でHP・ENを回復することができます。 アビリティのシステムが追加 敵のネームド機体を倒すと、アビリティを獲得することができます。 アビリティはストックに保存することができ、ストックに入れたアビリティは任意キャラに付与できます。 ユニットの強化ポイントが振り直し可能に変更 ユニットの強化ポイントが、キャピタルを使って振り直しできるように変更されています。 GETゲージが持ち越し可能に変更 シナリオユニットのGETゲージが次シナリオに持ち越されるように変更されています。 GETゲージは、シナリオユニットで敵ユニットを撃墜することで増加し、MAXになるとそのユニットの設計図が獲得できます。

次の