わがまま ボディ 意味。 【ボディメイク】モデル体型よりグラマラスな「わがままボディ」を目指そう

わがままボディの意味・定義・語源とは?グラマラス体型/豊満な体型

わがまま ボディ 意味

わがままボディとはどんな体型? まず、わがままボディの特徴についてみていきましょう。 わがままボディにはどのような特徴があるのでしょうか。 ウエストはくびれている• 丸みがあるのに太っているわけではない• バストやヒップが豊か 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 バストやヒップが豊かなのに、ウエストはくびれているというギャップがあって初めて「わがままボディ」だといえます。 痩せている人はバストも小さいのが普通ですし、バストが大きい人は全体に肉付きがよいのが普通。 ですがバストやヒップは大きく、ウエストはくびれているという女性と男性の理想を体現しているので「わがまま」というわけです。 太ももがむっちりとしていても、ふくらはぎはすっときれいなラインである、二重あごではないなどの特徴があります。 また、セルライトや贅肉を感じさせるわけではなく、ハリのある肌であることもわがままボディの条件といえるでしょう。 なぜかというと バストやヒップの丸みは男性にとって圧倒的な魅力だからです。 まれに貧乳を好む人もいますが、ほとんどの男性がバストとヒップには大きさを求めるのです。 ナイトブラで綺麗なバストに 豊満なバストをつくるためには、日頃の行いが非常に大切です。 日中はブラジャーを着用して、綺麗なバストを作ることができていても就寝時にはブラを外してる人も多いのではないのでしょうか。 実は綺麗なバストをつくるためには、就寝時にブラをつけることが非常に大切なんです。 とはいえ、昼間に着用してるブラを就寝時もつけてしまうとワイヤーで締め付けられたりと、快適な睡眠を送ることができず返って逆効果にも。 そんな 就寝時にはナイトブラを着用することがおすすめ。 ナイトブラはほとんどのものがノンワイヤーで、快適な睡眠を送れるような設計になっています。 また、バストをしっかりとサポートする構造になってるので、睡眠時にバストの形が崩れるといった不安を解消することもできます。 ナイトブラの中でも特におすすめなのが、 サキ吉さんなど人気インスタグラマーが公式アンバサダーを務めるルルクシェルの。 くつろぎ育乳ブラはカラーバリエーションも豊富で、デザインも可愛いので彼とのお泊まりでも安心して着用できますよ。 ナイトブラを選ぶ5つのポイント ナイトブラのメリットはわかりましたが、いざナイトブラを着用しよ... noel編集部 わがままボディは褒め言葉? 女性として気になるのが わがままボディは褒め言葉なのかということですよね。 実は、 褒め言葉かどうかというのはシチュエーションによって異なります。 明らかにぽっちゃりで、お腹にもお肉がたっぷりというような人に対して「わがままボディだね」という場合は冗談や皮肉、茶化しているというネガティブな意味合いが大きいです。 ですが、そこそこくびれがあり、肥満というわけではないのならば、それは褒め言葉でしょう。 男性が女性の体をポジティブにとらえるかどうかというのは、バストの大きさが大きなカギとなります。 多少ウエストがあったとしても、くびれがわかり、バストが大きければ「わがままボディ」は褒め言葉となる可能性が高いです。 胸が大きくて、ウエストがくびれている。 (37歳) 胸が大きくてウエストがくびれている女性がわがままボディであるといった意見と、 ふくよかな女性がわがままボディであるといった意見にわかれました。 一見、正反対な意見のように思われますが、両方に 胸が大きいといった共通点がありますね。 わがままボディと聞くと、胸が大きい女性を連想する男性が多いようですね。 ここからは男性が思うわがままボディの特徴について、もっと詳しくみていきましょう。 男性が思うわがままボディの特徴として、おもに以下の3つのものがあります。 バストはDカップ以上• ヒップは垂れていなくて丸みがある• お腹はぺったんこ 続いて、男性が思う「わがままボディ」を、それぞれ詳しくみていきます。 バストは大きいほどよい、と考える男性が大半でしょう。 どこからが「わがままボディ」にふさわしいサイズか、ということには個人差がありますが、 だいたいD~Eカップ以上は欲しいと考える男性が多いようです。 女性よりバストに関しては理想が高いといえます。 ただ大きければいいというものではなく、ハリと丸みがあることが重要。 垂れているヒップ、セルライトの浮き出たヒップは論外です。 男性が思うわがままボディには、ぷりんとしたセクシーなヒップが重要ですよ。 お腹はぺったんこに近いような、くびれがあるウエストであってほしいと考える男性が多いです。 実際、豊かなバストとヒップを持ちながら細いウエストを実現するというのは至難の業なのですが、それを実現しているからこそ、「わがままボディ」なのだともいえます。 胸が振り返ったたときにゆれる人。 (31歳) わがままボディな女性の特徴としては、 バストは出ているがウエストは引っ込んでいる、メリハリのある体型の女性といった意見が多くみられました。 男性からは豊満なボディの人がわがままボディであるといった意見もみられましたが、女性からはそのような意見はみられませんでした。 ここからは女性が考えるわがままボディな体型について、もっと詳しくみていきましょう。 女性が考えるわがままボディな体型の特徴としては、主に以下の3つがあります。 ヒップよりもウエストのくびれ• バストはCカップ以上• 特に日本人女性は小さくてきゅっとしまったヒップに憧れることが多く、ヒップが大きいと恥ずかしいと思う人が多いもの。 それよりもウエストのくびれを重視するのが女性の特徴です。 正確に言うとウエスト回りの細さ、贅肉のなさを重視しているといった方が良いでしょう。 細くなりたいという気持ちが強い日本人女性はウエストの細さに強い憧れを抱いているのです。 ですが バストのサイズに関しては男性より理想は低く、Cカップくらいあればいいと考える女性が大半。 大きすぎると太って見える、肩がこるなどといった不都合がイメージできるためか、比較的小さめでも形のよいバストに憧れる傾向が強いです。 理想はカモシカのようなすんなりとのびた手足です。 男性はむちむちの太ももが好きということも多く、そこまで手足に細さは求めていないのですが、女性はむちむちさに価値を見出しません。 どちらかというと贅肉のないすらりとした手足に憧れを持っています。 男性を虜にするわがままボディの作り方 では、男性を虜にするわがままボディの作り方をみていきましょう。 タンパク質でハリとメリハリを• ウエストをねじってくびれメイク• 寄せてあげてバストアップ• 階段昇降でヒップをきゅっと• マッサージでセルライトにさようなら• ナイトブラ でバストアップ 続いて、男性を虜にするわがままボディの作り方を、それぞれ詳しくみていきます。 バストを大きくするためには、タンパク質が非常に重要。 くびれを作るために食事制限などをしてしまうと、バストから減るという悲しい結果となり、わがままボディからは遠ざかってしまいます。 バストを維持もしくは大きくし、メリハリのきいた体にするにはタンパク質を増やすのが大切。 そのかわりに質の悪い油や砂糖をカットしましょう。 タンパク質は肌にハリを与えてくれるので、そういった意味でも重要ですよ。 体重を減らすより効果的なのがウエストをねじる運動です。 ただ体重を減らすだけだと、メリハリのない平坦なボディになるおそれもあります。 それよりは体をねじる動きをして、くびれを作る方がわがままボディには近道となります。 バストの脂肪は非常に流動的で、背中や脇、お腹に移動しやすいのです。 脂肪の移動を防ぐには、きちんとサイズの合うブラをつけ、そこに脂肪を集めてあげることが大切。 正しい位置に収まれば、脂肪は定着しやすくなり、バストアップにもなりやすくなります。 即効性もあり一石二鳥です。 ヒップをきゅっと引き締めるには、階段昇降で脚を上げ下げするのがおすすめ。 もっと高く足を持ち上げた方が効果はありますが、トレーニングは続けることが大事。 階段昇降ならそこまで辛くないので続けやすいです。 日常生活で階段を使うようにするだけでも効果的ですよ。 お風呂上がりの血行が良いタイミングでマッサージを行い、セルライトを撃退しましょう。 セルライトをなくすには少し強めの力でマッサージする必要があります。 予防ならば、優しい力でなでるだけでもOK。 重要なのは血行が良いタイミングで行うこと、血行を意識して生活すること。 体が冷えていると血行が悪くなりセルライトができやすくなるので、温活も欠かせないですよ。 睡眠時、バストはさまざまな方向から重力を受けるのを知っていましたか? その結果、寝てる間にバストの形が崩れてしまうといったことも。 睡眠時にもしっかりバストの形を保つためにもナイトブラを着用するようにしましょう。 特におすすめなのが、。 ノンワイヤーなので、睡眠時もストレスなく着用できるのが嬉しいポイント。 脇高設計で脇肉・背肉もしっかり胸に流してくれます。 ほどよい締め付け感で、睡眠時に違和感はなくバストを支えてくれます。 カラーバリエーションが豊富でデザインが可愛いのも、嬉しいポイントですね。

次の

【ボディメイク】モデル体型よりグラマラスな「わがままボディ」を目指そう

わがまま ボディ 意味

Contents• グラビア雑誌などで多用される「わがままボディ」とは まずは、「わがままボディ」について具体的に解説していきます。 言葉の意味や使い方 「わがままボディ」とは、 驚くほどグラマラスな体型のこと指す言葉です。 ただし人それぞれ解釈も異なり、使われ方も多種多様にあります。 女性ファッション雑誌や男性の向けの雑誌など、さまざまなメディアで特集されることがありますが、女性側からするとネガティブな印象を抱くこともあります。 グラマラスな体型 グラマラスな体型というと豊満なバスト、ボリューミーなヒップというイメージがありますよね。 出るところは出て、締めるところは締める、セクシーで女性の魅力が引き立つような体型のことです。 「わがままボディ」の語源は、「豊満」を「放漫」と読み間違えて、そこから連想される「わがまま」という言葉に変わり、「わがままボディ」が生まれたとされています。 世間一般が指す女性芸能人でいうと、おのののかさんや橋本マナミさんなどが「わがままボディ」の持ち主といえます。 いいとこどりのスタイル 全体的に細いのに巨乳でくびれもあって、ヒップの丸みもある抜群のスタイル。 まさにいいとこ取りの体型が「わがままボディ」です。 「わがまますぎるほど素敵」という最高の褒め言葉として使われることがあります。 自慢を込めて ある程度歳を重ねた女性が、実年齢よりも若いと感じるときに自慢する意味で「私ってわがままボディでしょう」と使うことがあります。 言い方と人柄によってはかなり上から目線になるので要注意です。 しかし、わがままボディを手に入れているとしたら、相当な努力をしているはずです。 多少の自慢はきっと許してもらえるでしょう。 ネタやウケ狙いとして ぽっちゃりさんやおデブさんが自虐ネタとして「わがままボディでいいでしょう」と笑いを取ることもあります。 女性特有の体型の話になって気まずいときは、明るく笑いながらわがままボディという言葉を使ってみるのがおすすめです。 類義語や対義語は? わがままボディは造語ですので、明確な類義語はありませんが、似たような言葉には「マシュマロボディ」が挙げられます。 思わず触りたくなるような、もちもちふわふわの体型を指す言葉です。 一方の対義語は「スレンダー」が挙げられます。 これは、ほっそり体型を指す言葉です。 一般的に女子が憧れるボディは、こちらのほうが多いかもしれません。 女性が思うわがままボディの特徴 男女で認識がかなり違う「わがままボディ」。 まずは女性が思うわがままボディの特徴を紹介していきます。 細い手足 女性は細くありたいと願う人が多く、 長くスラっとした手足に憧れる傾向があります。 モデルさんのような細い手足とスタイルの良さが「わがままボディ」には必須と考える女性が多いようです。 胸は大きすぎず小さすぎず 「わがままボディ」を叶えるには、バストはCカップくらいあればいいと、意外と控えめな希望を持っているのが女性です。 あくまで細い身体が理想なので、 女性が思うわがままボディでは、胸は適度にあればいいのでしょう。 キュッとしたくびれ 胸やヒップにそこまで欲を出さない日本人女性は、ウエストの細さが最も大切です。 全体的にスラっとしたスタイルには、キュッとくびれたウエストが必須と考えています。 女性が思うわがままボディは、セクシーさよりも細い身体を重視します。 女性芸能人でいうと、小嶋陽菜さんのように細くスタイルのいい典型的なモデル体型に憧れを抱くようです。 男性が思うわがままボディの特徴 次に男性が思うわがままボディの特徴を紹介していきます。 多くの男性が憧れを抱く魅惑の体型のポイントを、チェックしていきましょう! とにかく巨乳 男性が思うわがままボディは、とにかく巨乳というイメージです。 理想はDカップ以上で、 大きくて柔らかい存在感のある胸をわがままボディの基準とします。 女性よりも理想としているカップが大きいため、嫌悪感を抱く女性が多いかもしれません。 ハリのあるお尻 ヒップは大きさというよりは、 ハリと綺麗な丸みを重視します。 やたらと大きい・形が悪い・垂れている・セルライトまみれのお尻は論外です。 男性は、ぷりっとハリがありセクシーなお尻をわがままボディと思うのです。 細いウエスト 女性が思うわがままボディにもありましたが、細いウエストは男女共通の憧れの象徴です。 出るとこがしっかり出て、ウエストがキュッとしまってる女性らしい体型がモテるわがままボディといえるでしょう。 男性が思うわがままボディも、豊満な胸と引き締まったウエスト、ハリのあるお尻といったようにメリハリが必要不可欠なのです。 わがままボディになりたい!モテボディの作り方 男性にモテたいと願う女性は、「わがままボディ」を目指してみるのがおすすめです。 理想的な体型を手に入れるには、食事・運動・健康のバランスを整えることが必須になります。 ここからは「わがままボディ」になるためのトレーニング方法や、生活習慣のポイントを解説していきます。 バストアップトレーニング わがままボディに、バストアップトレーニングは欠かせません。 胸の前で手を合わせて合掌する• 深い呼吸をしながら10〜15秒、手のひら同士を押し付ける 非常に簡単なトレーニングですが、 バストアップ・バストのハリに効果的です。 大胸筋という筋肉が鍛えられ、形の綺麗なバストになるので、理想のわがままボディに近付けます。 簡単なトレーニングを毎日続けましょう。 ヒップアップトレーニング プリッとハリのあるヒップのためには、ヒップアップトレーニングも欠かせません。 スクワットやもも上げの他、骨盤を整えることも大切です。 コルセットを使うのもおすすめです。 足を肩幅2つ分開き、つま先を少し外に向けて立つ• 息を吸いながら元に戻る わがままボディには 腹筋やウェストのくびれも必須です。 スクワットをすることで全身鍛えられるので、ヒップアップも兼ねた一石二鳥なトレーニングとして毎日行いましょう。 食べ物を意識的に変える わがままボディを手に入れるには、 健康的な食事に気を使うことも大切です。 まずは3食きちんと食べることを意識して、栄養バランスのいい食事を摂りましょう。 とくに女性ホルモンを分泌する「大豆イソフラボン」、筋肉をつくる「プロテイン」、お肌を綺麗にする「ビタミン」は意識的に摂取するようにしましょう。 男性にモテるわがままボディは「女性らしさ」が必須なので、無理なダイエットをして女性ホルモンのバランスを失わないように気をつけてくださいね。 露出度高めの服を着る 露出度の高い服を着ることで、「人に見られている」という意識から、モチベーションにつながります。 また、 他人の視線が気になることで、「もっと綺麗にならないと!」とわがままボディを手に入れる活力になることもあるでしょう。 しかし「まだ人に見られるが恥ずかしい…」という女性は、毎日欠かさずお風呂の鏡で自分の体型チェックを行うことをおすすめします。 自分の体を客観的に見ることで、「ここが痩せてきた!」「ここがまだ太い!」などいい点悪い点を発見することができます。 理想的なわがままボディを手に入れよう! 男性陣に車幅広く支持されている「わがままボディ」。 体型の認識は男女間で違うものの、人気のある理想的なスタイルのひとつです。 「わがままボディ」は自身の努力次第で手に入るので、ぜひ頑張ってモテボディになり、意中の男性の心も鷲掴みにしちゃいましょう! わがままボディはすぐに手に入るものではないので、まずは継続的にトレーニングをして、食事や生活スタイルを整えていくことが大切です。

次の

わがままボディの意味や由来・語源!わがままボディになる方法!

わがまま ボディ 意味

わがままボディって可愛い? 「わがままボディ」と聞いてどのようなイメージが思い浮かぶでしょうか?「ボンキュッボン」「男性受けのする体型」色々な意見があるかと思いますが、当のわがままボディになれる可能性のある女性たちから見たイメージはどうでしょうか? 女性はいつでも可愛さと美しさを求めており、その欲望はとどまることを知りません。 そんな女性たちにとって、果たしてわがままボディは「追い求めるべき美」「女子として得たい可愛さ」に当てはまるまでの意味をもつのでしょうか?大きな胸やボリュームのあるお尻は、可愛いと思われるものなのでしょうか? 今回はわがままボディの意味を踏まえた上で、女性にとってのわがままボディと男性にとってのわがままボディの印象の違いについて紹介していきます。 わがままボディの意味・定義・由来とは TVやメディアなどで取り上げられてよく聞くようになったわがままボディという言葉。 しかし、「わがままボディという言葉は知っているけれど、実際にはどんな体型のことを言うの?どんな意味からきたの?」と思っている人も案外多いのではないでしょうか。 まずはわがままボディとは何?というところから知っていきましょう。 わがままボディの意味 わがままボディの意味とは、雑誌に載っているグラビアモデルのような、いわゆる「ボン、キュッ、ボン」のスタイルのことを指します。 胸が大きくて腰にくびれがありお尻が上向きのセクシーな体型で、男性が理想とし、男性に好まれるスタイルがわがままボディの意味です。 アニメに出てくる悪役の女性幹部のようなセクシーダイナマイトボディで、女性の象徴とも言える箇所が強調されている「女性らしい」体型という意味に、わがままボディは捉えて良いでしょう。 わがままボディの定義 わがままボディはただ肉付きがいいだけなのとは違います。 バストやヒップが大きくてもウエストまで太く、そして身体がだらしなく弛んでいるような体型は、わがままボディではなくただの肥満体系です。 それとは反対に、太めの体型でもウエストが細く、くびれがしっかりとあるのはわがままボディと言えます。 わがままボディは基本的に、セクシーで色気がある大人の女性の体付きを意味します。 いくら胸が大きくても身体が緩み切っていては、わがままボディと定義することはできません。 わがままボディの由来 わがままボディには名前の由来がいくつかあります。 まず、一つは、ヒップやバストなど各部分がわがままを言っているくらいに強く主張している、という意味です。 もう一つは豊かなことを意味する「豊満」と、自由奔放でわがままということを意味する「放漫」という言葉をかけて作られた、という意味です。 一見ダジャレのようですが、こんな言葉遊びからも新しい言葉が生まれることがあるということを証明してくれますね。 【男女別】わがままボディの決定的なイメージの違い わがままボディの意味や由来が分かったところで、男女別にわがままボディにどのようなイメージの違いがあるのかチェックしていきましょう。 彼氏や彼女がいる人の中には、「パートナーとわがままボディのイメージや意味していたものが違った!」という経験がある人もいるのではないでしょうか。 そのような事態は、実はこんな認識の違いが引き起こしていたのです。 「わがままボディの女性」というと男性には好印象であることが多いのです。 男性は自分には無いものや、包み込んでくれるような母性を女性に求めます。 そのため、目立つ豊満な胸やヒップは女性の象徴として男性を惹きつけ心を癒すのです。 もちろん人それぞれ好みがあるため、「小さな胸やスレンダーな体型がいい!」という男性もいますが、わがままボディの女性は「女性らしく可愛い」と男性に思われる傾向があります。 バストやヒップが大きいとどうしても幅を取ってしまい体型が大きく見えてしまうため、モデルなど華奢な体型を求める女性にはあまりよくないイメージが付きまといます。 さらに胸が大きいと服を選ぶ時にも、「ブラウスの前のボタンが閉まらない」などの理由でワンサイズ大きいものにしたり、気に入った服が着られなかったりする場合もあるため、女性は「わがままボディよりもスマートになりたい」と思う人も一定数いるのです。 洋画などでわがままボディの女性が男性を誘惑する場面などを見たことがないでしょうか? わがままボディは男性に対して、色仕掛けを仕掛けるという手段の一つとして利用されることがあります。 胸元が開いているような露出度の高い服を着ているイメージですが、首元まで隠れているなど露出度の低い服装でも、ぴったりと身体のラインが出るような服だとスタイルが強調されて、わがままボディは魅力的でよりセクシーに見えます。 しかし、実際にわがままボディの人からすると「強調されすぎていて豊胸しているように見えてしまう」と嫌がる人もいます。 疑い深い男性などは、胸があまりに大きい女性に出会うと「それ豊胸?」と言ってくることもあります。 豊胸であっても自分で決めて行ったものなら恥ずかしがったり遠慮することはないのですが、わがままボディだと異性からの心無い言葉に傷ついたり、豊胸していないのにしているように見られてしまったりするのが辛い、という人もいます。 男性が理想とするワガママボディは無理 人間は手に入らないものに自分の理想を重ねてしまうことがあります。 男性にとっての女性の身体も一緒で、わがままボディは男性にとっての夢なのです。 夢は夢として割り切り、現実を見てくれればいいのですが、時には自分の理想とするわがままボディを現実の女性に求めてくることがあります。 バストは大きくて柔らかく、ヒップはぷりっとして上あがり、でもウエストはキュッと締まっている…そのような身体になるのは相当の努力が必要ですし、また元々の体質でそうはなれない女性もいます。 そのため、男性が理想とするようなわがままボディの女性は実際にはほとんどいない、と言って良いでしょう。 アニメや漫画にでてくるようなわがままボディは二次元のもの。 現実にもってくるのは、実質不可能と言えるのです。 わがままボディになりたくない女性心理 男性人気抜群のわがままボディですが、女性の中には「わがままボディになりたくない!」という人もいることをご存知ですか?女性の象徴であるバストやヒップを主張できるわがままボディ。 そんなわがままボディなのに何故なりたくないのでしょうか?その理由を見ていきましょう。 スタイル良く見えない わがままボディはスタイルがよく見えず、太って見えると思っている女性が多いのです。 確かにAラインのワンピースなどを着る際、バストが大きいと胸の下をベルトで引き締めるなどしないと胸の分だけ布が盛り上がってしまい、ウエスト周りまで太く見えてしまいます。 ゆったりした服を着こなすのはなかなか大変そうです。 周りの友達より細くなりたい 女性が自分の体型に対して求めるのは「わがままボディになりたい」ではなく「痩せたい」という気持ちの方がやはり多く、その理由の一つに「周りの友達より細くて綺麗になりたい」という心理があります。 家族以外で身近にいる同性はやはり友達です。 人間は周りにいる人たちと自分のことをどうしても比べてしまいがちです。 そのため、自分の周りにいる同性よりも、自分の方が綺麗になりたいと思い、自分がわがままボディであったとしても自分よりも痩せている子がいたら、「悔しい、羨ましい」と思ってしまうのです。 男性がいくらわがままボディを好んでも、女性達はそれよりも周りの友達に勝つことを選ぶのです。 男性にモテるために太りたくない! 痩せることと同じように、わがままボディになるために胸を大きくしたり、お尻を大きくするためにも努力が必要です。 そして胸やお尻はいわゆる脂肪でできているため、結局のところ太らないと大きくできません。 太るのにはカロリーが必要。 たくさん食事をし、胸やお尻だけが大きくなるだけなら良いのですが、同時に太ももや腰回りなど太りたくないところにまで肉がついてしまえばそれは、わがままボディではなくただの太っている人になってしまいます。 そのようなリスクを背負ってまで、「男性にモテるためにわがままボディになりたい!」と思う人は実際は少ないのです。 モデル体型の方が憧れる ファッションショーや雑誌などで美しく輝くモデルたち。 身に着ける洋服やアクセサリーを一番魅力的に見せるためのモデル体型は、自分を美しくみせたい女性達には憧れの体系です。 そのため、わがままボディよりもすらっとした手足や、メリハリがあるけれども細身の身体であるモデル体型の方を手に入れたいという女性は多いです。 男性に好かれる身体もいいけれど、自分が納得できる自分好みの身体を手に入れたいと願う女性は、無理にわがままボディを目指す必要はないと考えるのです。 わがままボディが好きな男性心理 「わがままボディ」という言葉自体、女性向けのメディアよりも男性向けのメディアでよく使われる傾向にあります。 そのためか、やはりわがままボディには女性よりも男性を惹きつける魅力があるのです。 ではなぜ男性はわがままボディを好むのか、その点に着目していきましょう。 程よい体型が好き 女性の好みがさまざまなように、男性の好みも人によってさまざまです。 そのため、もちろんではありませんが、男性に女性の好みの体型を聞くと「程よい体型が好き」と返ってくることがあります。 「程よい体型って何?」と女性としては悩んでしまいますがこれは痩せすぎでも太りすぎでもない、「程よい肉付きがある体型」を指します。 男性は女性に優しさや母性を求めるため、「包み込んでくれるような柔らかい身体」であるわがままボディに好印象を持つのです。 そのため、抱きしめた時に痩せているよりも、クッションのように柔らかく癒されるわがままボディに惹かれる傾向にあるのです。 女性として魅力を感じる 女性特有の豊かなバストやヒップは男性には無いものです。 そのため、女性の象徴として男性はしばしばわがままボディのような大きな胸やお尻を想像します。 漫画やアニメなどで、あり得ないような大きさの胸やお尻のキャラクターを見たことがあるでしょうが、あれらは女性であることを強調するものであり、男性の憧れを具現化した姿とも言えます。 そのため、ついつい目がいってしまうほどの胸やお尻をもつわがままボディには、女性としての魅力を感じるという男性が多いのです。 服を着ると膨らみがあるのか分からなくなってしまうような小さなバストだと、女性としての魅力を感じない、という男性も中にはいます。 痩せてる人よりテンションが上がる 男性と女性の間では、体型の捉え方に違いがあります。 そのため、女性が理想としているモデル体型を、「痩せすぎ」と捉えてしまう男性もいるのです。 ふんわりとしていて柔らかそうな身体が好きな男性にとって、ほっそりとしたモデル体型は女性らしさを感じられず、テンションが上がらないのです。 そのため、凹凸のはっきりしているわがままボディは痩せている人よりも魅力的に見え、「わがままボディの女性を見るとテンションが上がる!」という男性も多くいます。 自分がなりたい体型になろう! わがままボディの意味や印象を踏まえると、「男性から受けが良いけれども、女性が理想とする体型ではない」という印象を受けます。 モデルのようにすらっとした体型になりたい女性にとっては、もしその女性がわがままボディを持っていても「こんな体型は嫌だ、もっと痩せたい」と思うことでしょう。 逆に痩せ型ですらっとしていても男性にモテたい願望の強い女性は「メリハリのあるわがままボディになりたい」と思うかもしれません。 自分の人生を歩むのは自分です。 そして、自分の人生を歩むには自分の身体は必要不可欠なもの。 周りからの評判が良くても自分が気に入っている体型でなければ、人生は楽しくなくなってしまいます。 周りの意見に流されることなく、自分がなりたい体型を目指しましょう。 理想の体型で毎日を歩むことができれば、どんな身体であっても胸を張って生きていけるはずです。 サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。 人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。 自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。 今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。 待ってるね。

次の