名古屋 工 学院 専門 学校 高等 課程。 名古屋工学院専門学校

東海工業専門学校熱田校

名古屋 工 学院 専門 学校 高等 課程

各種国家資格をはじめ、ベンダー資格や検定試験に積極的にトライしています 本校では、学生が一つでも多くの資格を取得できるよう、充実した資格取得サポートシステムを整えています。 通常の授業が資格に直結しているだけでなく、一部の資格については、カリキュラムの中に合格するための科目を取り入れています。 また、出題頻度や傾向などの対策を盛り込んだオリジナルの教材も作成しています。 もちろんメンタル面もしっかりサポート。 このような環境で、卒業生のほとんどが在学中に複数の資格を取得し、確かな実績をあげています。 国家資格をはじめ、さまざまな資格で「無試験認定」「試験科目一部免除」などの特典があり、取得しやすくなっているのも本校の魅力の一つです。 インターンシップ・コンテストで実践力を身につけます 多くの企業の協力により、企業に出向き実際の業務を体験するインターンシップを実施しています。 就職活動前に行われ、コンピューター・IT、ゲーム・CG、機械・制御・CADなどの分野で、期間は数週間~数ヶ月とさまざま。 実社会の厳しさを経験すると同時に、就業意識が高まり、研修を受けた企業に就職する学生も多数います。 また、各種コンテストへの応募を積極的にサポートしており、授業や自主制作で作った作品の多くを発表しています。 これらの作品の中には、「東京ゲームショウ」で発表される日本ゲーム大賞で受賞(2010・2013・2014・2016・2019年)した作品や、カラオケの背景画像として利用されているものもあります。 卒業後の進路データ (2019年3月卒業生実績) 就職希望者数489名 就職者数468名 就職率95. 就職支援 就職希望者全員に担任、キャリアセンター、県人会担当者が就職を支援! 本校は就職希望者に対し、担任をはじめ就職専門の部署であるキャリアセンターや、Uターン就職を支援する各県人会担当者が個々をサポートします。 ただ就職を斡旋するだけでなく、学んだ知識・技術が活かせるか、卒業生が長く活躍している企業なのかなども、過去のデータをもとに紹介しています。 本校の就職実績が安定しているのは、学生一人に対し多くのスタッフが関わり、きめ細かなサポートを行っているからです。 2016年07月01日 20:34 BLOG 通勤途中、駅の軒下にツバメがいます。 先月小っちゃくてピヨピヨしていたヒナが もう元気に飛び回っています! 学生も今就活で頑張っていますが 早く全員が内定を取ってツバメみたいに 元気に飛び回ってほしいなあ~ 先月。 denpa. 2016年06月30日 16:22 BLOG しばらく休部していたバドミントン部ですが、 今年度より復活することとなりました。 まだ2回しか活動していませんが、経験者の部長のもと、 みんなで楽しくシャトルを打ち合っています。 ほぼみんな初心者ですが、かえって のびの... denpa. 2016年06月29日 19:12 BLOG 情報学科の1年生は今週土曜日にサーティファイ2級1部という試験を受けます。 その試験の合格に向け、私のクラス、情報システム科1年も毎日補習を行っているのですが、補習後の教室の様子がこちらです。 ノルマを達成した学生は帰宅... denpa. 2016年06月25日 15:33 BLOG こんにちは、エフです。 夏のインターンシップ実習に向けて、受入れ先候補の企業に訪問して来ました。 今回訪問した企業にはエフのクラスを数年前に卒業した学生がいて、わざわざ出向先から戻って来てくれていました。 仕事は順調のよ... denpa. 2016年06月20日 08:35 BLOG Windows10を使用していて更新プログラムの配信のタイミングは別だと いうことが良く解りました。 1.「セキュリティ更新プログラム」(従来) 2.「機能更新プログラムFeature Update」 新規 :最短4カ... denpa.

次の

名古屋工学院専門学校

名古屋 工 学院 専門 学校 高等 課程

名古屋工学院専門学校は電波学園グループに所属しており、と技能提携している学校です。 キャンパスの立地は交通の便がよく、いくつかの駅から歩いていけるので通学のしやすい環境になっています。 4つの学科に分かれており、普通コース、普通科総合情報コース、電気科電気コース、電気科電子機械コースがあります。 普通コースは主に大学進学を目標にし、パソコン操作などと一緒に幅広い学習を行うコースです。 普通総合情報コースは、普通コースに加えてより専門的なPC知識やPCスキルを身につけるもので、プログラミングやアクセスといったことまで学ぶことができます。 電気コースは電気に関する幅広い勉強をするもので、電気に関する知識や技術を学ぶことができます。 電子機械コースは、主にロボットの電子制御技術を基に、電子機械についての幅広い知識を深めることができます。 名古屋工学院専門学校はこのような、大学進学のための幅広い学習や、電気関係といったモノづくりに関する勉強に特化した学校です。 資格の取得に関しても生徒の皆さんを全力でサポートしており、毎年生徒の皆さんはさまざまな資格の取得を目指して頑張っています。 目安になりますが、年間平均1人4個の資格を取得しているいるいようで、資格によって勉強にかかる時間は異なるので、この通りになるとは言えませんが、単純計算で3年間を通じて12個の資格を取得できるということになります。 denpa. この中には、授業料や体育用品代、制服代や校外研修費といった学校生活に必要な諸費用がかかります。 その後も4月、7月、10月、1月に学費を納入することになりますが、費用はおよそ12万円になります。 その中には、授業料や修学旅行積立金、生徒会費、教育活動費といったものが含まれています。 それらを合計すると、普通科、電気科共に年間87万円がかかります。 また、それ以外にも通信制高校の愛知産業大学工業高等学校の学費を納入することになります。 技能連携校としては少し高めの学費だといえるかもしれません。 名古屋工学院専門学校で利用できる学費サポートには国が行う高等学校等奨学支援金や愛知県や三重県在住の方が利用できる高等学校等奨学支援金、他にも学校独自のものとして電波学園グループに親族が在籍されている、以前在籍されていた方が利用できる電波学園特別奨学金制度などがあります。 これらの学費サポートはそれぞれ返還が必要か、いくらサポートしてもらえるのかなどが異なるので、事前にその学費サポートがどういったものかを調べておいたほうがいいでしょう。 名古屋工学院専門学校は情報系、電子機械系に特化した技能提携校です。 将来的にそういった分野に進もうと考えている方にとっては、高校在籍時から専門分野を学ぶことができるので、将来に非常に役立つのではないでしょうか。 授業では先生と生徒の距離が非常に近く、わからないことがあったら気軽に質問することができます。 生活面でなにか不安や悩みがあったとしても、先生方がとても親身に相談にのってくれるので心配いりません。 進学に関しては主に工業大学への進学が目立ちますが、それ以外でも薬剤師を目指している方など、多彩な進路を目指すことができます。 就職も担当の先生がしっかりとサポートしてくれるので、自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのかといったことをきちんと考えることができます。 名古屋工学院専門学校では部活動がたくさんあり、運動部、文化部共に積極的に活動しています。 部活動を通じて生徒の皆さんは先輩後輩関係といった社会に出ても大丈夫なような、社会での人間関係や自立性を学ぶことができます。 学校行事も年間を通じてたくさんあるので、それを通じて普段の学校生活では関わってこなかった友人と触れる機会ができ、生徒の皆さんも自分のことを見直すきっかけになっているようです。

次の

名古屋工学院専門学校

名古屋 工 学院 専門 学校 高等 課程

概要 [ ] 明治時代の工業近代化に伴い、・・に次いで 4番目に設立された官立。 創立時は本科(修業年限3年)に土木科・建築科・機織科・色染科の4科を設置した(後に機械科・電気科・航空工学科・第二部を増設)。 中に科学技術教育強化のために 名古屋工業専門学校 (略称: 名工専) に昇格。 戦後はを受け (愛工専) と合併し、新制 となった。 同窓会は「名古屋工業会」と称し、旧制(名工専・愛工専および附設校)・新制(名古屋工業大学)合同の会となっている。 沿革 [ ] 「名古屋高等工業学校」時代 [ ]• 10月: 、官立高等工業学校 (高工) 誘致のため 15万円の寄附を可決。 この頃、は第16回で第四高工設置費用約 41万円を要求し、協賛を得る。 : (現・御器所町) を校地に選定、校舎着工。 3月28日: 文部省直轄諸学校官制改正により 名古屋高等工業学校設置 (第96号)。 1905年6月8日: 名古屋高等工業学校規程・規則制定。 本科 (修業年限3年) に土木科・機械科・建築科・機織科・色染科の 5科を設置。 機械科は設備未整備のため、翌4月に開設。 1905年9月1日: 第1回入学、授業開始。 1906年4月11日: 第2回入学。 この年から学年始期を 4月に変更 (正式には度から)。 5月18日: 校舎完工で開校式を挙行。 以後、5月18日を開校記念日とする。 3月: 寄宿舎竣工。 12月、第1学年は全寮制となる。 3月25日: 工業補習夜学部を附設。 満15歳以上・尋常小学校卒以上の工業従事者対象。 当初は機械製図・機械材料及工作法・木綿紡績・機織の各科を設置。 10月: 第1回通俗工業講談会を開催。 一般人向け公開講座。 までに 38回開催。 4月16日: 本科 機織科を紡織科と改称 (文部省令第10号)。 7月: 同窓会を設立 (1921年5月、「名古屋工業会」 と改称)。 4月: 校歌制定。 『東海の邦のほまれに』 ( 作詞、青木児 作曲)• 11月: 専攻科設置運動勃発。 専攻科設置は実現せず。 1921年6月: 附設の工業補習夜学部を工業高等補習夜学部と改称。 2年制。 入学資格を卒業程度に変更。 7月、高等夜学部と改称。 5月: 第1回 対定期野球戦開催。 以後、年1回開催。 8月: 附設高等夜学部、3年制に延長。 4月: 本科に電気科を増設。 同月、工業教員養成所 (3年制、土木・機械・建築・紡織・色染・電気の各科) を設置。 3月: 生徒集会所 「三協会館」 竣工 (現・名古屋工業大学校友会館)。 3月7日: 本館焼失。 1935年10月: 「名古屋高等工業学校学術報告」 創刊 (第8号まで年刊)。 8月: 工業技術員養成科 (電気科) を設置。 修業年限6ヶ月。 製作工科・試験工科・製図工科・無線工科の各科。 4月: 本科に航空工学科を増設。 機械技術員養成科 (2年制) を設置。 同月、本科学科名称を変更: 土木工学科・機械工学科・建築学科・紡織学科・色染化学科・電気工学科・航空工学科。 1939年11月: 交通部委託土木技術員養成所 (略称: 満土、1年制) を設置。 4月: 学校新聞 「名高工時報」 創刊。 1940年11月: 工業科学研究所・工業科学振興会を設置。 3月6日: 名古屋臨時教員養成所 (数学科) を設置。 1941年4月: 本科 色染化学科を工業化学科 (色染分科・合成分科・窯業分科) と改称。 4月: 本科に第二部 (夜間部、4年制) を増設。 土木・機械・建築・工業化学・電気の各科。 附設高等夜学部は12月廃止。 1943年4月: 校内に繊維工業講習所 (1年制) を設置。 「名古屋工業専門学校」時代 [ ]• 4月1日: 名古屋工業専門学校と改称。 本科学科を改称: 土木科・機械科・建築科・紡織科・化学工業科・化学工業科窯業分科・電気科・航空機科。 3月19日: 空襲で校舎の大半を焼失。 第二部生徒2名死亡。 1945年4月: 本科に窯業科を増設 (化学工業科窯業分科が独立)。 1945年10月: 各科分散で授業再開。 1945年12月: 本科 航空機科を第二類機械科に改組。 2月: 名古屋工業専門学校復興期成会発足。 旧軍学校施設への移転に反対し、御器所での再建を主張。 夏: 復興期成学生会、募金活動に従事 (約200万円集金)。 1947年9月: 本館基礎工事着工。 2月: 本科第二部および名古屋臨時教員養成所を廃止。 5月31日: 新制 名古屋工業大学発足。 旧制名古屋工業専門学校は、愛知県立工業専門学校と共に包括された。 当初の設置学科: 土木工学科・建築学科・機械工学科・電気工学科・紡織学科・工業化学科・窯業工学科・金属工学科・工業教員養成課程。 3月: 名古屋工業専門学校、廃止。 歴代校長 [ ]• 初代: (1905年4月25日 - 1918年4月)• 元・校長。 校長に転じた• 第2代: (1918年4月 - 1920年9月)• 前・教授。 教授に転じた• 第3代: 森彦三 (1920年9月 - 1933年9月)• 第4代: (1933年9月 - 1939年9月)• 第5代: 平田徳太郎 (1939年9月 - 1945年11月19日 )• 第6代: 結城朝恭 (1945年11月19日 - 1948年9月)• 校長に転じた• 第7代: 清水勤二 (1948年9月 - 1951年3月)• 新制名古屋工業大学 初代学長 著名な出身者 [ ]• (土木技術者、元副社長、元理事)• (土木技術者、元総裁、元会長)• (橋梁技術者)• (の土木技術者) 校地 [ ] 名古屋高等工業創立時から愛知県愛知郡 御器所村字木市 (1921年から名古屋市、現・名古屋市昭和区御器所町) の校地を使用した。 第二次世界大戦末期の空襲で校舎が壊滅し、戦後の授業再開時は、各学科が分散した (例として、土木科:、紡織科:化学工業科:。 電気科のみ御器所本校を使用)。 1946年4月、近くの輜重隊跡を第二校舎とし、土木・紡織・窯業・機械の各科が移転した。 豊橋市から誘致を受け、歩兵隊兵舎跡への全校移転が予定されていたが、御器所校地に残った電気科を中心に反対運動が起こり、御器所での学校再建となった。 御器所校地は新制名古屋工業大学に引き継がれ、現在に至っている。 附設工業教員養成所は、新制名古屋工業大学で工業として復活した。 関連書籍 [ ]• 『名古屋工業大学八十年史』 名古屋工業大学創立八十周年記念事業会、3月。 脚注 [ ].

次の