早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます。 「早速」の意味や使い方|「早々/迅速」との違いや例文を紹介

英語で「素早い対応ありがとうございます」は何て言うの?

早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます

「早速」は「応じてすぐに」という意味を表します。 例えば、何か要望があってその内容がすぐに応じるべき時や、しようと思ってからすぐにやり始める時など、「行うことが定まってからすぐに対応すること」を「早速」で表します。 文に入る時や話題を変える時の起こし言葉であり、目上や目下に関わらず使用可能な言葉です。 「では、早速」といった使われ方で、テレビ・映画・舞台・アニメ・書籍などで見かけたことがある方が多いと思います。 自分が日常の中で使用しているという方もいることでしょう。 「早速」の言葉自体は身近なものですが、「早速のご対応」となるとあまり親しみがないかもしれません。 しかし、ビジネスシーンや丁寧な言葉としては適切なため「早速のご対応」が使用される場面も多くあります。 類語その1「早々」 「迅速なご対応」は「早速のご対応」よりもビジネスシーンや顧客側に対して用いられる言葉です。 また、「迅速」には行動が非常に早い・物事の進行が早いといった意味があります。 「早々」にも似たような意味がありますが、「迅速」は立場に関係なく使用できる言葉であり、「早々」と違って目上の人にも顧客に対して用いることができます。 また、相手のことを表す時も自分のことを表す時も使用できます。 ビジネスシーンや丁寧な言葉としては「早速のご対応」よりも「迅速なご対応」の方が適切と言われていますが、「早速のご対応」でも構いません。 「迅速」は物事の進行や行動が早いことを示していますが、「早速」は応じてすぐにという意味があるため、応じて今すぐに行動する場合は「早速のご対応」、応じて今すぐにではないけれど早く対応する場合は「迅速なご対応」の方が言葉の意味としては適しています。 類語その3「早急」 「早急」は非常に早いことですが、敬語表現としても使用できるのに命令系にもなってしまう言葉のため使用場面には注意が必要です。 「早急に頼む!」と上司が部下に使用することはよくあるかと思いますが、間違いではありません。 ただ、部下が上司に「早急にお願いします」と言うと少し命令系になってしまうため、部下が上司に対し「早急」を使用する時は「早急にお願い申し上げます」丁寧に聞こえるようにしましょう。 「早速」「早々」「迅速」「早急」と似たような言葉はたくさんありますが、それぞれ意味合いとしては異なる印象があり、使うことができる場面も違います。 目上の人に対しても使用できるものもあれば、目上に対しては失礼に値するものもあるため、使い分けが大事です。 無難な言い方としては「早速」と「迅速」が立場に関係なく使用できるオールマイティな言葉なので、ビジネスシーンには最適な言葉です。 「早速のご対応」は、目上の方に使用する敬語表現としては正しいです。 正しいというよりは、間違ってはいないと言った方が適切でしょう。 理由としては、敬語表現としては「迅速なご対応」が最も適しているとされているからであり、「迅速」の意味と比べると「早速のご対応」は使用できる場面が限られます。 応じて今すぐに動く場合のみ「早速のご対応」であり、数日以内に行うような早いけど間がある場合は「迅速」です。 例えば物販の取引で、入金後すぐに発送してくれたことに対しては「早速のご対応」ですが、早いけれども入金後すぐではない場合には「迅速なご対応」が適しています。 ただ、細かな話になるため一般的に早いことを示す時には「早速なご対応」でも「迅速なご対応」でも構いません。 「早速のご対応いただき、ありがとうございます」尊敬語で「もらう」の意味がある「いただく」が変化した「いただき」が加わりましたが、この使い方は間違いです。 「もらう」というのは「してもらう」「何かをもらう」の意味合いがありシーンによってどちらの意味合いになるかは違ってきますが、「ご対応」のように「ご」や「お」が付いた言葉に次いで「いただく」を付けることは敬語表現として不適切とされてきます。 「いただき」を使用する時は「ご対応」ではなく「対応」で良く、「対応」と「いただき」の間に「をして」を入れると文がまとまります。 「早速の対応をしていただき、ありがとうございます」とすれば、使用可能です。 少々難しい敬語表現のルールになりますが、相手の許可を得る言葉の「いただく」を次いで使用する時は「ご」や「お」が付く言葉は使用不可ですので覚えておきましょう。

次の

「早々のご対応」は上司に使える?意味とビジネスの例文と類語、英語表現

早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます

「英文ビジネスメール」プチレッスン(2)〜書き出し 日本のメールにおける「いつもお世話になっております。 」的な表現は英語にはありません。 無理に訳そうと思えば、できなくもありませんが、変な英語になります。 つまり、英語は日本語と違い、文化的に儀礼的な表現が少ないのです。 でも、「いきなり本題に入るのはちょっと…」という日本人のメンタリティもよくわかります。 そこで、僕がお勧めしたいのがこのフレーズです。 Thank you very much for your quick reply. (早速の返信ありがとうございます。 ) これは、非常に便利なフレーズですから、ぜひ、覚えてくださいね。 バリエーションを変えることで、色々な場面に応用できます。 例えば、相手に何か対応してもらった場合は、こう書けます。 Thank you very much for your quick action. (早速のご対応ありがとうございます。 ) 見積もりを出してもらったら、こう書くこともできます。 Thank you very much for your quotation. (お見積りありがとうございます。 ) 相手との関係性がカジュアルなものであれば、これも使えます。 Thanks for your quick reply. (早速の返信ありがとう。 ) 反対に、もっと丁寧にしたければ、こういうフレーズもあります。 I really appreciate your quick action. (早速のご対応(大変)感謝しております。 ) 感謝されて嫌な気持ちになる人はいません。 特に、クレームや断りなどマイナスな情報を伝える前には、必須とも言えるフレーズです。 ぜひ、活用してみてくださいね! お問い合わせ ナレッジマネジメントジャパン株式会社 B-Senminar担当 TEL: 0120-453-706 FAX: 03-5575-2277 e-mail:.

次の

「早速」の意味は迅速や早々とどう違う?使い方と例文

早速 の ご 対応 ありがとう ござい ます

「ご対応」の意味と類語 「ご対応」とは「物事に応じて行動する」という意味 「ご対応」の「対応」とは「物事に対して応じるために行動をする」という意味の言葉です。 ビジネスシーンでは主に予期せぬ出来事が起こった際や、前もって決められた予定に対し行動した際に使われます。 「ご対応」の「ご」は接頭語の「御(ご)」であるため、「ご対応」は目上の人へ使う言葉として適切であるといえるでしょう。 「対処」や「措置」は「ご対応」の類語 「ご対応」の類語には「対処」や「措置」が当てはまります。 「対処」とは「ある事柄に対して適切な処置をとること」を意味し、「措置」には「解決に向けて取り計らう」という意味があります。 問題に対する処置を行う際や、解決をしようと行動した際は「対処」や「措置」と類語に言い換えてみてください。 他にも「対応」した内容によって類語を使うことができます。 例えば目上の相手に説明をした場合は「ご説明」を、回答をした場合は「ご回答」を「ご対応」の代わりに使うことができます。 状況や内容に合わせて使い分けてみてください。 「ご対応」の上司への使い方 目上へ対応する際は「ご対応いたします」 自分が対応をする側である場合に「ご対応いたします」が使えます。 「いたします」は謙譲語を使った敬語表現であるため、「ご対応いたします」は目上の人へ使える丁寧な言い回しとなります。 自分が目上の人に対して、物事に応じるための行動をとる際に「ご対応いたします」と使ってください。 「ご対応させていただきます」は使い方に注意 「ご対応いたします」と同じ意味を持つ「ご対応させていただきます」は使い方に注意が必要です。 「させていただきます」は敬語表現ではあるものの、相手の許可を得てから行動を起こす際に使える言い回し方です。 例えば相手から「対応してほしい」と依頼を受けた場合に「対応させていただきます」と使うことができます。 相手からの依頼ではない場合や、許可をとっていないことに関しては間違った敬語表現となるため注意して使ってください。 「ご対応いただきありがとうございます」は対応へのお礼 「ご対応いただきありがとうございます」は対応してくれたことへのお礼の言葉となります。 「~してもらう」の謙譲語である「~いただき」に目上への感謝を表す「ありがとうございます」を加えた「ご対応いただきありがとうございます」は目上へ使う敬語表現として適切であるといえます。 ビジネスメールにも「ご対応」が使える 話し言葉としてだけでなくメールや手紙の書き言葉として「ご対応」は使えます。 こちらからが依頼した内容に対して相手が対応をしてくれた際、早急に感謝を伝えるのであればメールが適しています。 話し言葉と違い声色や表情で相手の感情を読み取ることができないため、直接会話をするときよりも丁寧な言葉使いを意識してください。 「ご対応」を使ったお礼の例文 「早速のご対応ありがとうございます」の例文 相手に対応してくれたことに対する感謝を伝える際に「早速のご対応ありがとうございます」が使えます。 例えば急な依頼にも関わらず対応してくれたことに感謝をする際は「急な申し出にも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」となります。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」の例文 急な依頼に対応してくれたことに対してお礼を伝える際の言い回しとして「迅速なご対応をいただきありがとうございます」という言葉もあります。 「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」の例文 対応してくれたことに対し感謝を伝える際に使える言葉の1つに「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」という言い回しがあります。 「お忙しい中」を使うことで相手への気遣いを表現することができます。 例えば「先日はお忙しい中ご対応いただきありがとうございます」となります。 まとめ 「ご対応」とは物事に応じて行動を起こす際に使われる言葉で、目上の人へ使える敬語表現です。 相手が対応をしてくれた際には「ご対応」の前に「迅速な」や「お忙しい中」と付けることで相手への気遣いを表すことができます。 対応の内容によっては類語に言い換えることができるため、状況によって使ってみてください。

次の