星 ドラ 勇者 ガチャ。 勇者そうびガチャ88連結果!

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】今引いとくべきガチャ?勇者装備ガチャに対する皆の反応【まとめ】|ゲームエイト

星 ドラ 勇者 ガチャ

系へのダメージ1. 1倍 勇者の剣は攻撃力が高く、「勇者の戦い」の特性により??? 系へのダメージが1. 1倍に伸びるため、??? 系のボスと戦う際の実ダメージはあらゆる武器の中でも最強格です。 無凸からSランクの攻撃特技を積めるスキルスロットも大変性能が良く、1本手に入れてしまえばすぐに戦力として活躍する武器です。 できれば2本手に入れ、Sランクの攻撃特技枠にギガクラッシュを積みましょう。 被ダメが50以下であれば無傷で済むため、バフを重ねて被ダメを抑えればほとんど回復の心配は入りません。 また、幻惑や攻撃力ダウン耐性の上昇もできるため、耐性装備としても使えます。 耐性は物理アタッカー向きの耐性を所持しているため、物理アタッカーと非常に相性が良いです。 ヒャド属性を使う敵には氷ブレスも使う敵が多いため、1つの装備で無駄なく2つの耐性を取れ、高難易度でも活躍します。 また、「海賊王の魔導ふくびき」はランダムでバフを1つ発動するため、必要なバフを付与するのには運の要素がありますが、毎ターンバフを付与できるため強力です。

次の

星ドラ!勇者&聖賢ガチャが来た!

星 ドラ 勇者 ガチャ

系へのダメージ1. 1倍 勇者の剣は攻撃力が高く、「勇者の戦い」の特性により??? 系へのダメージが1. 1倍に伸びるため、??? 系のボスと戦う際の実ダメージはあらゆる武器の中でも最強格です。 無凸からSランクの攻撃特技を積めるスキルスロットも大変性能が良く、1本手に入れてしまえばすぐに戦力として活躍する武器です。 できれば2本手に入れ、Sランクの攻撃特技枠にギガクラッシュを積みましょう。 被ダメが50以下であれば無傷で済むため、バフを重ねて被ダメを抑えればほとんど回復の心配は入りません。 また、幻惑や攻撃力ダウン耐性の上昇もできるため、耐性装備としても使えます。 耐性は物理アタッカー向きの耐性を所持しているため、物理アタッカーと非常に相性が良いです。 ヒャド属性を使う敵には氷ブレスも使う敵が多いため、1つの装備で無駄なく2つの耐性を取れ、高難易度でも活躍します。 また、「海賊王の魔導ふくびき」はランダムでバフを1つ発動するため、必要なバフを付与するのには運の要素がありますが、毎ターンバフを付与できるため強力です。

次の

勇者剣ガチャ40連!

星 ドラ 勇者 ガチャ

以前の動画で中級者は星神ガチャ引かないでいいよという趣旨の話をしましたが、今回は、中級者までは命竜ガチャは引かなくていいという話をします。 そして、今話題の命竜ハンマーについて、完凸してる人とマルチで一緒に周回する機会が何度かあり、めちゃくちゃ強いと思いはしましたが、勇者剣との比較を通して、命竜ハンマーがもつ意外な弱点、デメリットについて気づきましたので説明したいと思います。 で、まず最初に中級者の定義はこんな感じです。 今回の説明は中級者向けに作っていますが、上級者でも命竜ハンマーのデメリットに興味がある人は続きを読んでみてください。 では、勇者剣と命竜ハンマーの比較をしてみたいと思います。 採点づけは、伝説級やギガ伝説級の通常周回をやる上でどっちが優れているかという観点でしていきます。 具体的には2つの武器に対して、この8つの比較項目について、それぞれ5点満点で点をつけていきます。 採点が終わると、トータルで40点になるイメージです。 最後に点数を表にしていますので、それを確認した上で、命竜ガチャを引いてもよい人がどういう人かを考察してみたいと思います。 1.サブスロット これは言わずもがなですが、命竜ハンマーは補助特技Sを詰めるため、命竜ハンマーの勝ちだと考えます。 勇者剣は2色構成スロットが2個あし、便利では?という意見もあると思いますが、そこは汎用性の観点で見ていく予定です。 いったんサブスロットのスキルランクという観点では命竜ハンマーのほうが上という採点にします。 勇者剣が4点、命竜ハンマーが5点。 2.攻撃力。 勇者剣は195で命竜ハンマーは187。 勇者剣の勝ちです。 ハンマーは最大HP30上がって強いのでは?という意見もあると思いますが、超級職が実装された今、最大HPは伝説級やギガ伝説級レベルの周回ではそこまで重要視されない要素なので、ここは勇者剣の方が上という採点にします。 勇者剣が5点、命竜ハンマーが4点。 3.メインスキル。 ここはちょっと難しいのですが、CTが短かくて、デイン属性があって、威力が高いギガクラッシュ。 CTが長く、無属性で、威力は低いが、超越スキルの効果がすさまじい命竜の鉄槌。 デインばつぐんの敵は多いし、一見ギガクラかなという感じがしますが、超越スキルで連続でスキル叩き込めるのは、ボスのHPがミリ残しで戦闘をむりやり終了させるのにかなり効果的です。 なので、ここは引き分け、ともに5点とします。 4.とくせい 勇者のたたかい、???へのダメージ1. これは勇者のたたかいの圧勝だと思います。 ボスは???系が多いのでダメージ1. 1倍の恩恵は大きいです。 なので、勇者剣5点、命竜ハンマーは3点とします。 5.操作性 操作性とは何かですが、これから果てしなく通常周回する際にこの点はすごく重要なポイントだと考えます。 どういう形でスキルセットできるかという観点です。 勇者剣は、4人が勇者剣もってるとしたら、デイン耐性を持たない敵であれば、ギガクラを2発ずつ、計8発スキルコンボ以内でだいたい倒せます。 その時、2つのギガクラは縦に並んでるんで、スキル発動が楽です。 最近は最終奥義からのギガクラ2連続みたいなパターンもありますが、その時も縦にならんでるから操作がしやすいです。 一方で命竜ハンマーで同じことをやろうとしたときに命竜の鉄槌の間に補助特技Sがあるため、スキルリールを1回下にずらしたうえで2発目の鉄槌を発動しないといけません。 これは地味に面倒くさいと思います。 周回では同じ操作を何回も何回もやるわけですから。 では、勇者剣は満点なのかというと、そうでもなくて、下2つ補助特技Aと攻撃特技A、これは位置が逆であってほしかったと思います。 補助特技Aにはアークブレードやギガソードをセットすると思いまsが、利用頻度が低いため、補助特技Aが一番下のほうが使いやすいです。 ということで、勇者剣も満点ではなく4点、命竜ハンマーは3点とします。 6.汎用性 勇者剣は2色構成のスロットが2個あるし、そもそも剣っていろんな属性攻撃のスキルがあるから汎用性はかなり高いといえます。 一方の命竜ハンマーは2色構成のスロットはないものの、メインスキルが無属性で基本的にはどの敵に対しても攻撃がとおるし、超越スキルで追撃できる点は大きです。 なので、両方とも5点とします。 7.将来性 ここでの将来性は武器としての将来性とプレイヤー自身の将来性の2つの観点で考えていきたいと思いまs。 武器としての将来性については勇者剣はこれから呪文強化の流れに対して攻撃呪文Sがセットできるし、今後、錬金あわよくば覚醒もあるだろうから将来性は高いと思います。 一方の命竜ハンマーについても、錬金覚醒の可能性は同じくあるし、補助特技Sでハンマー用のぶっこわれスキルとか今後実装される可能性があるので将来性は高いといえます。 プレイヤーの将来性という観点なんやけど、下の方に画像を出している魔王級のレオダーマ。 これは結構な頻度で、食事が「メタルのすらまん」で部屋がたってることが多く、参加した場合、キャラの経験値がかなりもらえる上に、はぐれメタルのカギが必ずもらえるので、キャラのレベルあげがはかどります。 その圧倒的適正武器が勇者剣なんよ。 レオダーマに対して、デインがばつぐんできくので、4人とも勇者剣の場合は敵がほとんどスキルを発動できずに一方的にかつ短時間で終わらせることができます。 その恩恵は計り知れないため、プレイヤーの将来性という観点で勇者剣に点数を加算したい。 勇者剣が7点、命竜のハンマーは5点とします。 8.プレッシャー プレッシャーとは何かというと、操作するプレイヤー自身が受けるプレッシャーの事です。 よほど裕福なプレイヤーでない限り、仮に命竜ハンマーがガチャで出たとしても、すぐに完凸にするかというと、勇者剣の完凸をもってるのであればいったん保留にすると思います。 で、勇者剣はこれまでさんざんぶっ壊れっていわれつづけてきて、みんなそれを目指してガチャまわしてるため、完凸の所持率が高いです。 ということは命竜ハンマー完凸の所持率が低いということになります。 ということは命竜ハンマー完凸かついでマルチに参加したら、残りの3人が勇者剣もちである可能性が高くなります。 そのときの他の3人の気持ちとしては、「はい、では新武器のお手並み拝見といこうか」ってかんじになります。 そんなプレッシャーの中で、頑張ってスキルコンボしようというのに、他の3人はCT18秒のギガクラうつのに自分だけはCT20秒の命竜の鉄槌です。 スキルコンボが間に合わない可能性が発生します。 また、超越スキルで死体蹴りするのも時間の無駄やから、最後にかっこつけてスキルうったりするといやがられる可能性があります。 一方で敵のHPがミリ残った場合は、超越スキル持ちがかっちり決めろやと暗黙の内に作業負担を強要されます。 あと、補助特技Sのうち、ドラゴンソウル、超魔爆炎覇はカットインがあるので、この点もうざがられるポイントです。 そもそもハンマーにつめる補助特技Sは入手難易度が高いのでやむをえずAをSスキルロットに積むことがあるかもしれませんがこの点は冷笑を買うきっかけになります。 つまり、命竜ハンマーもちは少数派ということもあって マルチプレイハラスメント、いわゆる マルハラを受ける可能性が高いということをご理解ください。 ということでプレッシャーがない勇者剣は5点、命竜ハンマーは2点とします。 ということで点数的にはやはり勇者剣のほうが上であり、いくら最新装備とはいえ、勇者剣を持ってない人が一発逆転ねらいとか面白いからという理由で命竜ハンマーに手をだすのはやめたほうが賢明です。 あと、ハンマーだけではなく、原則として中級者が命竜ガチャを引くべきではない理由がこちらになります。 星神ガチャと一緒で一部、きわめて優秀な装備はあるにせよ、玄人ごのみの武器防具が多くて中級者はもてあますと思います。 それとこれも星神ガチャと一緒で装備がでそろってないということです。 装備がでそろってないデメリットが何かというと、かつてのルビス黄金竜もそうでしたが、たとえば黄金竜ハンマーねらいで黄金竜ガチャひくとして、1個でたからそれを武器進化玉で完凸するとします。 その後、新武器として黄金竜槍が登場したから、また黄金竜ガチャをひいたときに、そういうときにかぎって、星ドラあるあるですが、ハンマーがたくさんでて不愉快な気持ちになります。 従って、必要性に迫られていない限りは、装備がそろってないガチャは後回しにしたほうがいいと思います。 最後にこういう人は命竜ひいてもいいんじゃないかと考える点を述べたいと思います。 最後のルビス扇についてですが、これまたぶっこわれ装備で、ソロプレイや神チャレでも大活躍する装備なので、勇者剣はあるけど、ルビス扇はまだという人がもしいたら、命竜ガチャひかずにジェムをためておいてルビスガチャをまったほうが賢明かと思います。 以上の説明を動画にしたものが以下となります。

次の