えき ネット。 【えきねっと】払い戻しエラー!対処法を紹介します!

「えきねっと,年会費」に関するQ&A

えき ネット

新幹線eチケットとは?会費無料の「えきねっと」に追加されたサービス。 スマホで新幹線を予約・乗車できるようになる。 新幹線eチケットは新たに独立して作られるサービスではなく、すでにある「えきねっと」に追加される新幹線サービスなんですよ。 対象は 東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線です。 東海道・山陽・九州の新幹線は対象外ですよ。 指定席だけでなく、自由席・グリーン車・グランクラスも申込できます。 人数は最大6名まで予約可能となっていますよ。 新幹線eチケットの3つのデメリット• JR東海道・山陽・九州の新幹線には乗れない• 有料サービス「エクスプレス予約」ほど安くはならない (えきねっととくだ値・お先にとくだ値の利用を除く)• 繁忙期・閑散期の価格あり 新幹線eチケットは JR東海道・山陽・九州には対応していないので、名古屋・大阪・京都・福岡と東京の間の移動には使えないのは残念です(涙) 有料サービス「エクスプレス予約」だと例えば東京〜新大阪は片道で1,100円も割引になるので、それと比べると値引きの幅は小さいですね。 あと、新幹線eチケットの料金は繁忙期・閑散期で変動するようです。 具体的にどれくらい値段が変わるのかは、わかり次第またこのページで紹介しますね! まとめ さいごに、今回の「新幹線eチケット」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の

JRおでかけネット:トップページ

えき ネット

【新型コロナウイルスの感染症対策について】 ご利用のお客様におかれましては、平素から新型コロナウイルスの感染拡大防止にご理解、ご協力を賜りましてありがとうございます。 JR西日本グループでは、駅係員及び乗務員のマスク着用等の対策のほか、列車内の換気や消毒等にも努めております。 引き続きご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 具体的な取り組みについてはをご覧ください。 【列車の混雑状況、駅のご利用状況について】 主な線区・区間の列車の時間帯別の混雑状況および主な駅のご利用状況(京阪神エリア、岡山、広島)については、をご覧ください。 新幹線自由席の混雑状況については、山陽新幹線は、北陸新幹線はをご覧ください。 時差通勤等、ご乗車の際の参考としてご活用ください。 あなたの好きな風景・料理の写真をインスタグラムで大募集!応募写真は、富山駅・金沢駅・福井駅で展示!抽選で素敵なプレゼントも! 新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」の魅力を写真や動画でお知らせ。 「日本は美しい、そう思える旅がある。 」北陸新幹線、開業5周年キャンペーン開催中。 ちょこっと関西 歴史たび 大和三山を遠く望む悠久の地で、万葉びとの心にふれる。 九州への旅で「ココロとカラダに、あしたの元気をチャージ」しませんか。 TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ) 美しい日本をホテルが走る。 あたらしい色を、探しに行こう。 「せとうちパレットプロジェクト」 ICOCAポイントキャンペーン。 キャンペーンに参加してICOCAポイントを貯めよう! 「九州への旅におトクなきっぷをご紹介。 WEB限定ムービー「ユリと美加 in九州」も公開中! みんなをつないで結んでいくハローキティ新幹線。 JR西日本エリアのおすすめハイキングコースが満載。 大学生による瀬戸内エリアの魅力発見プログラム いい日本、いい自分の時間を発見していただく旅の提案 人気の観光列車とおすすめの観光コースをご案内します。 JR西日本イチオシのおトクなきっぷをご紹介。 京都も。 滋賀も。 どっちも、どっちからでも、旅しよう。 京都・滋賀の新しい楽しみ方をご提案します。

次の

JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

えき ネット

ご利用上の注意事項 ダイナミックレールパックのご旅行代金は、随時変動いたします。 同一内容でもタイミングにより旅行代金が異なる場合がございます。 ご予約について• ・日帰りでのご利用はできません。 必ず1泊以上の宿泊予約が必要です。 ・同行者全員が同一行程でのご予約となります。 ・途中下車は、乗車票に途中下車駅が指定されている場合のみ、その駅に限り可能となります。 予約(申込)完了後の変更について• ・減員以外の変更は承ることができません。 取消の上、新規予約が必要となります。 取消日により取消料が発生します。 )宿泊日により客室の利用可能人数に制限がある場合や、部屋タイプにより減員が承れない場合もございます。 ご宿泊について• ・宿泊券は発行されません。 最終行程表(購入明細書)をチェックイン時にご提示ください。

次の