ホラー映画 名言 英語。 英語学習におすすめの洋画15選!英語学習ポイントも教えちゃいます☆

人の情けが伝わる!名画『アラバマ物語』に学ぶ英会話フレーズ

ホラー映画 名言 英語

All Rights Reserved. 「飼う前に落ち着ける場所を探さないとね。 つまりティファニーみたいなところ」 「Untill I find place where. me and things go together. I'm not sure where that is but I know what it's like It's like Tiffany's」 ホリーとポールの出会いのシーン。 お互いを束縛したくない為猫に名前を付けない落ち着ける場所ができるまで何も所有したくないとポールに話すセリフ。 You never know what you're gonna get. 」 足が不自由で、知能の発達も周りの子と比べると劣っていた少年が大人になったとき、人生を振り返り言ったセリフです。 この言葉は、少年の母親が生前に言った言葉でもあります。 親子で同じことを思い言葉にしている場面に、感動するでしょう。 最後まで諦めないことを教えてくれている名言でもあります。 」 Vincent: 「What? 」 Mia: 「Uncomfortable silences. 」 クエンティン・タランティーノ監督の代表作の一つである『パルプ・フィクション』 1994 で、主人公ヴィンセントがボスのマーセルスから妻のミアを一晩世話するように命じられ、二人でやってきたレストランでミアが放った言葉です。 Entertainment Inc. 「自然とイエスが出るように。 」 それまで「イエス」を誓約させられてしまったから言わなければならないと思い込んでいた主人公。 セミナーの代表テレンスの言葉で「イエス」の本当の価値に気づかされる場面です。 All rights reserved. 」 生きていく上で、大きな決断をしないといけない瞬間はたくさんあります。 そんなとき、自分以外の善し悪しを考えて決断するのではなく、自分のことを優先して自分がいいと思った判断をしようという名言です。 誰しも自分以外の人を考えて決断が鈍るときや、後悔してしまうことがあるので、たとえ誰かを傷つけてしまう結果となっても、正しいと思う後悔しない決断をしてみてください。 All Rights Reserved. 「誰にもお前にできないことがあるなんて言わせるな 自分の夢は自分自身で守らなきゃならない 人は自分にはできないことがあると、他の人もできないと決めつけたがるものだ 何かを求めるなら、つかみ取れ!」 クリス・ガードナー:「Hey. Don't ever let somebody tell you... You can't do something. Not even me. All right? 」 クリストファー:「All right. 」 クリス・ガードナー:「You got a dream... You gotta protect it. People can't do somethin' themselves, they wanna tell you you can't do it. If you want somethin', go get it. Period. 」 クリスとクリストファーが屋上でバスケしたあとの会話です。 夢を持った子供にしっかりと伝え、背中を押してくれるシーンに感動するとともに元気をもらえます。 All Rights Reserved. 「君を愛したけど憎み合い 支配し合おうとし 互いを苦しめた」「それが結婚よ」 「Yes, I loved you. And then all we did was resent each other, and try to control each other. And cause each other pain. 」 自分の妻が異常だと思い知ったニックのセリフ。 殺人を犯し、自分に内緒で妊娠までしたエイミーを、ニックは許せません。 彼にとって、妻はまったく理解不能な人間になってしまったように感じます。 互いを苦しめ合うなか、これ以上続行が不可能な結婚生活を、 ニックは諦めかけますが、それこそが結婚するということなのだと言うエイミーのセリフに言葉を失います。 Distributed by Warner Home Video. All rights reserved. 「火花は男の発明 電話もせずに冷たくして女をじらし あとから女にその不安は恋の前兆の火花だと説く」 「Guys invented the spark so they could not call you and treat you kind of badly and keep you guessing then convince you that that anxiety and fear that just develops naturally was actually just a spark. 」 恋に火花が必要だと言うジジに、アレックスがそんなものは嘘っぱちだと言うシーン。 恋愛に劇的な展開を求めるジジに、一人の女がダメでも、他にいくらでもいると考える自分を見習うようにと説きます。

次の

名作映画「シャイニング」から学ぶ英語【ホラー映画の大定番】

ホラー映画 名言 英語

映画ランボーの名言50選!ランボーラストブラッド公開記念!【英語付き】 それでは、ランボーの名言を1つずつ紹介していきますね!英語付きですので、英語学習にも役立ててください! 1・「北へ」-ランボー1 North. 街の保安官に「どこへ行く?」と尋ねられた時のひとこと。 ランボーは行くあてがなく、ただ北へと向かっています。 英雄と称えられるべきランボーが、国で厄介者なのは悲しいことです。 2・「何も悪いことなんてしてない」-ランボー1 I've not done anything to you. 保安官に危険と判断され、街に入れさせてもらえないランボー。 待遇のヒドさに静かな怒りをしめしています。 3・「狩りだ」-ランボー1 Hunting. 「なぜナイフを持ち歩いてる?」と尋ねられたときの一言。 正直、こんなデカいナイフを持ってたら危険視されても仕方ないです笑。 ランボーも少しは身なりに気を付けるべきですね。 4・「あの男はゲリラ戦にかけては専門家です」-ランボー1 ジョントラウトマン大佐のセリフ。 ランボーを舐めていた保安官も、ジョントラウトマン大佐の話を聞くにつれて焦りが出てきます。 5・「殺しが専門でした。 しらみつぶしにね。 それがランボーです」-ランボー1 トラウトマン大佐が、ランボーの戦争での様子を語っています。 ランボーがどんな男なのか、イメージが固まってきます。 6・「もう私だけです」-ランボー1 I'm the last one, sir. ベトナム戦争の友人は、枯葉剤の影響でガンにかかり亡くなりました。 その事実をジョントラウトマン大佐に告げたシーン。 ツラい境遇を仲間と乗りこえてきたのに、最後は一人になってしまったランボー。 彼の悲しみが伝わってきます。 7・「ブラッグへ帰りたい」-ランボー1 I wish I was back to Bragg now. ランボーは保安官に抵抗したりしますが、彼の望みは平穏な日常です。 誰にも邪魔されず、静かに暮らしたい。 ランボーの心からの望みです。 8・「何も終わっちゃいないんだ」-ランボー1 Not! It isn't over. Nothing! ジョンクラフトマンに「戦争は終わったんだ」と言われたときのひとこと。 戦争は終わりましたが、ランボーの中では終わっていないのです。 9・「戦争も知らずに!頭にきたぜ!」-ランボー1 戦争で国のために戦ったのに、国では赤ん坊殺しなどと非難されます。 ランボーの国民への怒りをあらわしています。 10・「俺は世間じゃのけものなんだ!」-ランボー1 ランボーの怒りと悲しみを表しています。 自分が守ってきたものから非難される。 それほど空しいことはないでしょう。 11・「戦争じゃ100万ドルの兵器を任せてくれた。 でもここじゃ駐車係の口もない」-ランボー1 戦争では価値のある存在として扱われてきたのに、アメリカでは誰でも就けるような駐車係さえ任せてもらえない。 あまりの待遇の違いに、ランボーの国への恨みを感じます。 12・「皆どこだ?」-ランボー1 Where is everybody? 戦場では仲間がたくさんいたのに、国に帰ると独りぼっち。 愛すべき祖国に戻れたのに、ツラい戦場の方が幸せだった。 そんなランボーの苦悩が表れています。 あわせて読みたい! 13・「俺が生きてるかぎり向こうも生き続けますよ」-ランボー2 トラウトマン大佐が「この任務は、ベトナム戦争とは違うぞ」と言ったのに対するセリフ。 ランボーの中では、いつまでもベトナム戦争が残り続けているのです。 14・「戦いに勝つことだけを望む戦闘マシンです」-ランボー2 トラウトマン大佐のセリフ。 ランボーは任務になると、勝つことだけを考えて動きます。 ランボーの忠誠心の強さを表現しています。 15・「地獄は彼には故郷も同じです」-ランボー2 トラウトマン大佐のセリフ。 ベトナム戦争で何度も地獄をあじわったランボー。 そんな彼にとって、地獄は故郷のようなものです。 16・「大佐しか信用できない」-ランボー2 マードックが嘘を付いていたことに気づいていたランボー。 大佐にだけそのことを告げます。 ランボーの大佐への強い信頼がわかります。 17・「勝って生き残ること」-ランボー2 「あなたの目的は何?」と尋ねられた時のセリフ。 ランボーの望みは勝って生き残ることです。 ベトナム戦争が終わっても、彼の信念は変わりません。 18・「生き残るために自らが戦争になる」-ランボー2 ランボーは生き残るため、どんな任務でも全力を尽くします。 彼の戦いぶりはまるで戦争のようです。 19・「俺は消耗品だ」-ランボー2 ランボーは自分の強さに誇りを持っていますが、一方で国から消耗品と思われていることも自覚しています。 兵士は国からしたらただのコマ。 それでも国のために戦うランボーは、本当に国を愛しているのでしょう。 20・「最後までいるわ」-ランボー2 女性情報員のバオのセリフ。 バオは危険をおかしてまで、捕らえられたランボーを助けてくれました。 バオの身を案じ、ランボーは「ここで別れよう」と言います。 それでもバオは付いていくと言い、ランボーへの愛が感じられます。 21・「マードック。 首洗って待ってろ」-ランボー2 自分の利益だけを考え、ランボーを裏切ったマードック。 ランボーは強烈な怒りを抱き、マードックに復讐することを決意します。 このシーンのランボーは超かっこいいです! 22・「お前、なぜ戻ったんだ?一生の恩だ。 ありがとう」-ランボー2 危険をおかしてランボーを助けてくれたバオ。 ランボーにとって、バオは命の恩人です。 ランボーのようなかっこいい男にこんなセリフを言われたら、喜ばない女性はいないでしょう笑。 23・「私のこと忘れないで」-ランボー2 ランボーとアメリカへ行く約束をしたバオ。 しかし、ベトナム兵に射たれてしまいます。 ランボーが助けに行きますが、すでにバオは重傷。 亡くなる寸前に「私のこと忘れないで」とランボーに告げます。 ランボーもバオのことを愛していたので、バオはランボーの心に残りつづけるでしょう。 24・「いいか!捕虜のために準備だ!」-ランボー2 ランボーが帰還することを知り、トラウトマン大佐が部下に命令します。 トラウトマン大佐の喜びが伝わってきます! あわせて読みたい! 25・「任務完了」-ランボー2 Mission complete. ランボーを裏切ったマードック。 ランボーは危うく殺されかけたので、マードックを殺してやりたい気分だったでしょう。 26・「探し出せ。 さもないと次こそやるぞ」-ランボー2 Find them, or find you. マードックを殺さなかったのは、マードックに残りの捕虜を探させるためです。 殺してやりたい気持ちを抑え、捕虜を優先するランボー。 彼の人情深さを感じます。 27・「ここで仲間が死んだ。 俺の一部もです」-ランボー2 ランボーは戦争で辛い経験をしました。 仲間を失っただけでなく、戦争前の自分とは違う人間に変わったのです。 28・「俺の望みは彼らの望みです、この地にやってきて、勇敢にも全てを捧げた者の望み」-ランボー2 「お前の望みは何だ?」とトラウトマン大佐に聞かれたときのセリフ。 ランボーは、心から思っていたことを打ち明けます。 29・「俺らが愛すると同様に、国からも愛されることです」-ランボー2 Country love us as much as we love it. ランボーをはじめとする兵士は、国のために戦ってきました。 それなのに国から裏切れられてきた。 国から愛されることが兵士の心からの望みなのです。 30・「日々生きるだけです」-ランボー2 Day bay day. 「これからどうする?」とトラウトマン大佐に尋ねられたときのセリフ。 孤独なランボーに予定はありません。 その日を一生懸命生きるだけです。 31・「俺の戦争は終わった」-ランボー3 アフガニスタンの支援を依頼されますが、自分に言い聞かせるようにこのセリフを言います。 ランボーはようやく住む場所を見つけました。 戦争のことを忘れ、平穏に生きようするランボーの意思が感じられます。 32・「真の君を受け入れるまで苦悩は続く」-ランボー3 トラウトマン大佐が、ランボーをアフガニスタンへ向かわせるために言ったセリフ。 ランボーは戦争によって変えられたと思い込んでいますが、彼の闘争本能は生まれながらのもの。 トラウトマン大佐はそのことを見抜いています。 33・「決着をつけないと」-ランボー3 トラウトマン大佐に闘争本能が戦争前からあることを見抜かれ、ランボーは闘争本能との決着をつける決心をします。 34・「じゃあ一人で行く」-ランボー3 I'll go alone. アフガンの兵士が戦うのをためらっているなか、ランボーは一人でも突入すると言います。 ランボーの戦いに関する自信の強さが伝わります。 35・「戦争でも節度はあるはずだが。 そんなものどこにある?」-ランボー3 アフガニスタン政府の急襲を受け、アフガン兵士たちの集落はボロボロになります。 戦争の残酷さに、アフガン兵士は嘆いています。 36・「今はそうだ」-ランボー3 It is now. アフガニスタンの惨状を目にしたランボー。 「お前の戦ではない。 帰っていい」と言われますが、ランボーは帰りません。 ランボーはアフガンの兵士のために戦うことを決意します。 37・「クソくらえ」-ランボー3 Fuck off! アフガニスタンで敵に囲われたランボーとトラウトマン大佐。 降伏しろと言われますが、ランボーは戦い続けます。 38・「反乱兵たちだ」-ランボー3 アフガンの反乱兵たちが、絶体絶命のランボーとトラウトマン大佐を救出しに来たシーン。 このシーンは超アツいです!仲間同士の絆が感じられます! 39・「行かないと」-ランボー3 I've got to go. アフガンの子供兵士から「行かないで」と頼まれるランボー。 アフガンにいれば、ランボーは戦い続けなければいけません。 残ってあげたいですが、心の平穏を望むランボーはアフガンを去ります。 あわせて読みたい! 40・「認めたくないが情に打たれる」-ランボー3 トラウトマン大佐のセリフ。 感情が乱れるため、戦争では情を持たないようにしています。 それでも情を持ってしまったトラウトマン大佐。 アフガンの惨状と、兵士たちの強い意思が想像以上だったのでしょう。 41・「少しだけですよ大佐」-ランボー3 Maybe just little, sir. ランボーも情を感じたことを認めています。 少しだけと言っていますが、心を動かされているのが分かります。 42・「なら何も変わらない」-ランボー4 ミャンマーに食料や医薬品の支援だけをするボランティアたち。 「武器の支援は?」とランボーに尋ねられますが、そんな予定はありません。 武器の支援がなければ、ミャンマーの虐殺は続きます。 ランボーはボランティアよりも現実を把握しています。 43・「家に帰れ」-ランボー4 Go home. サラに道案内を頼まれますが、ランボーは頑なにして断ります。 彼らの安全を想ってのことです。 44・「理由がない」-ランボー4 「故郷を久しぶりに見たくない?」とサラに尋ねられたときの一言。 故郷に父親はいますが、複雑な関係なので理由がなければ帰りません。 ですが、本心では帰ってみたいと思っているのが分かります。 45・「貴様こそ!」-ランボー4 Who are you! サラを捕らえようとした海賊をランボーは皆殺しにします。 ボランティアの男性は「なぜ殺したんだ!」とランボーに怒ります。 理想論をかかげる男性に、ランボーは怒りをあらわします。 46・「幸運を」-ランボー4 Good luck. 救援物資を届けるだけでは何も変わらないとランボーはサラを説得します。 それでもミャンマーに向かおうとするサラ。 強い意思を持つサラに、ランボーは幸運を祈ります。 47・「追い込まれるほど人を簡単に殺せる」-ランボー4 サラを助けることを誓ったランボー。 殺人をためらわないため、戦争時代の記憶を思い出しています。 48・「俺を打つなら今だぞ」-ランボー4 捕らえられたボタンティアを残して去ろうとする傭兵たち。 自分勝手な彼らに、ランボーは矢を向けます。 49・「こんなところに居たいやつはいない」-ランボー4 ボタンティアを残して帰ろうとする傭兵に、ランボーは「彼らの気持ちになれ」と説教をします。 50・「ムダに生きるか何かのために死ぬか、お前が決めろ」-ランボー4 傭兵や兵士の仕事は、誰かを守ることです。 ランボーはその信念を傭兵たちに叩き込みます。 ランボーは常にこの信念を貫いているのが分かります。 まとめ 今回は、映画「ランボー」の名言を50個集めてみました! ランボーは、観るとパワーがもらえる大傑作です!ランボーの名言を心に刻むことで、毎日をパワフルに過ごしましょう! 【よく読まれてる記事】.

次の

ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

ホラー映画 名言 英語

2006年以降、20世紀のホラー映画のリメイクや続編は数多くつくられてきました。 その一方で、 恐るべき新作も生まれています。 そこで今回は、 この10年間でもっとも怖かった映画について振り返ってみましょう。 このジャンルの映画の必須条件である 政治的メッセージ(怪物は、米軍が原因で生まれたと示されている)を携えた、よくできた モンスター映画であり、キャラクターの描写も巧みです。 万人向けではないかもしれません。 ヒーローたちもヒーロー然とはしていません。 モンスターの存在に明確な理屈付けができるような話でもありません。 でも、怖さは本物です。 「ブラック・スワン」 ナタリー・ポートマンは、この映画で「白鳥の湖」の主役をめぐって、 肉体的にも精神的にも変貌を遂げる箱入り娘のバレリーナを演じ、オスカーを獲得しました。 ダーレン・アロノフスキーによるホラーと痛々しく熾烈な競争を伴うダンスの世界の融合は、「サスペリア」を思い起こさせます。 ただ、 幻覚症状を引き起こすような感覚は、悪趣味で低俗なアートフィルムを装っているかのようにも見える、本作特有のものです。 「人喰いトンネル」 監督のマイク・フラナガンは、ジョン・カーペンターの「ハロウィン」シリーズ新作の監督第一候補として、名前が挙がっている人物です。 高い評価を受けた「オキュラス/怨霊鏡」の公開の2年前である2011年に、彼が製作したこの低予算のインディー映画は、あなたの心をつかむこと間違いなし。 設定はシンプルです。 登場人物の女性は、7年前に失踪した夫が死んだと公式に認めようと心に決めます。 しかし、奇しくもそこへ 夫が帰還を果たし、近所のトンネルに住み着いているモンスターに自分はさらわれていたと言うのです。 トンネルに巣食うのは 抵抗力の弱いものに寄生する存在で、執拗で異様なほどに邪悪な何か……とまで言ってもネタバレにはならないでしょう。 「マーターズ」 このフランスのスリラー(アメリカのリメイク版もありますが、比べものになりません)は 気の滅入る、ヒネりの効いたリベンジ・ムービーですが、やがて方向性がまったく違ったものになり、もっと 気分が落ち込み、大どんでん返しがやってくるという展開が待っています。 ある時点で、あなたは自分自身の存在に疑問を抱き始めるかもしれません。 「マーターズ」を見ようと思った代償として、数週間の不眠と冷や汗でびっしょりになるような夜があなたを待っているでしょう。 予告編ですらびっくりするくらい血みどろです。 そして、これは言っておかなくてはなりません。 絶対に職場閲覧禁止! 警告はしましたよ! 16. 「フッテージ」 イーサン・ホークが演じるノンフィクション作家は、家族とともにある家へと引っ越します。 家族には内緒にしていますが、その家では 過去に恐ろしい事件(しかもけっこう最近)が起こっていて、彼は作品のインスピレーションを求めて引っ越してきたのでした。 さらに、彼は 屋根裏部屋で奇妙なホームムービーを見つけるのですが、それも家族には知らせません。 ホラー映画にありがちなことですが、 大きな秘密を1つ、2つと隠すことは、のちのち重大な問題を引き起こす引き金となります。 たとえば、古代の悪魔があなたや、身の回りの大切な人々をストーキングしだす……といったようなことが起こります。 「フッテージ」には、 ヴィンセント・ドノフリオがカメオ出演しており、異端者の魂を食べる神々についてありとあらゆることを説明してくれる地元の教授役を演じています。 彼の出演によって、怖さが増すということではありませんが、作品を断然素晴らしいものにしていることは間違いありません。 「バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所」 ピーター・ストリックランド監督による、1970年代のイタリア・ホラー映画へのオマージュ作品です。 主役は偉大なる トビー・ジョーンズで、サウンド・エンジニアを演じています。 彼は、自分が仕事で関わる映画が低俗なジャッロ(残酷シーンとエロティックな要素のある、おどろおどろしいスリラー。 当時イタリアで大人気のジャンル)であると知らずに、依頼を引き受けてしまいます。 もっと言ってしまうと、自分の労働環境がどれほど気味の悪いものなのかも、そして瞬く間に現実と脚本を混同し始めてしまうということも知らずに……。 凄まじく心がかき乱されること以上に本作で特筆すべきことは、単なるストレートなジャンル・オマージュではないということです。 たしかに、ビジュアル・スタイルは踏襲していますが、より重層的なものになっています。 本作は退屈で平凡な男が映画の仕事に取り組み、映画の世界に没頭する時間が増えるにしたがって、ジャッロのキャラクターのようになっていくという話です。 さらに、 映画製作に欠かせないものでありながら、あまり賞賛されることのない仕事に光を当てています。 キャベツを突き刺す音が、こんなにもぞっとするほど生々しいなんて誰が知っていたでしょうか? 14. 「永遠のこどもたち」 「ジュラシック・パーク」シリーズ続編の監督に決まったJ. バヨナは、2006年に「パンズ・ラビリンス」の成功でビッグ・ネームとなったプロデューサー、ギレルモ・デル・トロの手を借りてこの映画をつくり、2007年に長編映画デビューを飾っています。 「パンズ・ラビリンス」も「永遠のこどもたち」も奥深く、雰囲気のある作品ですが、 怖さにおいてはこの「永遠のこどもたち」に軍配が上がると思います(あくまでも個人の意見です)。 母親たち、息子たち、予測のつかない行動に出る幽霊、危険に陥る子どもたち、洞窟、そして大きな古い家。 本作にはそういったものすべてが登場します。 圧倒的な恐怖に突き落とされると同時に、真摯に心に訴えかけてくるものがある作品です。 それから覚えておいてほしいのは、 ズタボロの袋でつくったお面の実力を甘く見積もるなということです。 マジで怖いから。 「キル・リスト」 一見単なるヒットマンの映画のようですが、これがまた、類稀なる作品に仕上がっています。 ベン・ウィートリー監督の「キル・リスト」は厳密にいうとホラー映画ではありませんが、本作の後半ほどに 脳と眼球に衝撃を与え、肉体の機能に挑んでくる作品はそうないでしょう。 「The House of the Devil(原題)」 お金に困っているベビーシッターは皆既月食の日に、周囲から孤立した今にも壊れそうなぼろい家で一晩を過ごそうと心に決めます。 そこに 彼女が世話をするはずだった赤ん坊なんて、はじめからいなかったということに気づいてからでさえも。 ちょっとお嬢さん、この家は悪魔の家ですよ。 タイ・ウェスト監督の爆発的ヒット作は、1980年代というホラームービーの時代とその設定を忠実に再現したことで賞賛を浴びました。 でもこの作品は、単なるスタイルの演習作品にとどまってはいません。 極めて的確な方法で、わたしたちをヤバいくらいに怖がらせ、気の休まるところが一切ありません。 それから、「刑事グラハム/凍りついた欲望」(この映画の原作「レッド・ドラゴン」は2002年に再映画化されている)のフランシス・ダラハイド役でおなじみ、 トム・ヌーナンのおでこから頭頂部を最大限に生かした髪型も最高です。 「スペル」 「スパイダーマン」での骨折り仕事のあとに、サム・ライミは彼のルーツである、スプラッタスティック映画(ユーモアの効いたスプラッター映画)、「死霊のはらわた」の世界に、兄イヴァンとともに書いたホラーの脚本を携えて戻ってきました。 若き銀行の融資担当・クリスティーン(アリソン・ローマン)は昇進のために、自らの意志に逆らって絶望的な状況にある女性の住宅ローン支払い延長を拒否します。 自分の野心がやがて恐ろしい「破滅的な呪いを受ける」という代償を支払わなければいけなくなるとも知らずに。 大絶叫の嵐を呼ぶだけでは飽き足らず、呪いはクリスティーンにあらゆる財的・人的被害を与えます。 クリスティーンの素敵な彼氏だけでなく(悪霊は、あなたが彼氏の家族によい印象を与えようとしている時には、とりわけ邪魔な存在です)、そもそもねらっていた昇進をも危ういものにします。 「スペル」は、あらゆるレベルで怖い作品ですが、ライミ特有の 皮肉たっぷりなユーモアもあります。 監督、一刻も早く新作をつくってください! 10. [REC/レック] 本リストでは、ファウンド・フッテージものはあまり取り上げていませんが、このスペイン発のホラーは、使い古されたギミックを昇華させ、 世界を本気で震え上がらせました。 舞台設定もきわめて効果的です。 撮影しにやって来たニュース・クルーが、まさにゾンビ侵入の危険レベル5といった状況に出くわします。 揺れるカメラ、点いたり消えたりする照明、緑に染まった「ナイト・ビジョン」、物語設定とリアルにフィットする、スタイル的な設定の数々。 一貫して何が起こっているのかが観客にははっきり見えないという事実が、さらに恐ろしいカオス状態をつくりだしています。 「サプライズ」 スラッシャームービー要素、ホームインベージョン(強盗・侵入モノ)ムービー要素、濃厚な家族ドラマ要素、ダークすぎるコメディ要素のすべてがそろっている、アダム・ウィンガードとサイモン・バレットの作品です。 田舎での素敵な休暇に憧れてるって? 新鮮な空気を吸いにいらっしゃい。 革新的な兵器使いによる残酷シーンはいかがでしょう。 アニマルマスクを身につけた残忍な殺人集団が、心臓に悪いあらゆることをやらかしてくれます。 でも、それよりさらに恐ろしい存在も……。 「ラスト・エクソシズム」 本作は映画撮影クルーの視点でつくられたファウンド・フッテージものですが、本作の中心人物はドキュメンタリープロジェクトに出演し、 自分がインチキ野郎であることが明るみに出ても構わないと言ってのける聖職者です。 この作品の見どころは、信仰に揺れ、嘘っぱちの悪魔払いをずっとやってきた男が突如として、 自分が目にしているのは間違いなく本物の悪魔だと信じる場面です。 取り憑かれたフリをしているだけなのか、もしくは本当に取り憑かれているのか、登場人物たちを混乱に陥れる田舎娘を、アシュリー・ベルが見事に演じています。 ラストシーンは、それまでのすべての展開をびっくり仰天の怖すぎる展開で裏切ります。 「死霊館」 ジェームズ・ワン監督(次に紹介する作品も彼が監督を務めたもので、主演はパトリック・ウィルソンです)が「実話に基づいて」つくった映画ですが、実力派のキャスト(ヴェラ・ファーミガ、リリー・テイラー、パトリック・ウィルソン)が物語のレベルを引き上げています。 超常現象の調査を行うエドとロレインのウォーレン夫妻(彼らの家にある人形があまりにも気持ち悪いので、「アナベル 死霊館の人形」というスピンオフ作品がつくられましたが、怖さにおいては「死霊館」の足元にも及びません)は、身に危険が及ぶような超自然現象が起こっているので解決してほしいと、田舎に住む一家から依頼されます。 「死霊館」は、すべてのシーンにおいて恐怖を増長させるという離れ業をやってのけています。 実に多くの「お化けだぞー!」シーンがありますが、 「ハイド・アンド・クラップ(鬼役の子どもが目隠しをして、手を叩いた音をもとに、他の子どもたちを探すという、たくさんの幽霊が絶えずうごめいている状況でなくても怖すぎる遊び)」のシーンは、ちびりそうになるレベル。 なお、本作はの評判も上々です。 「インシディアス」 前の項で触れたように、 「死霊館」のジェームズ・ワン監督とパトリック・ウィルソンがタッグを組んだ映画で、こちらの作品も幽霊に悩まされている家族が専門家に助けを求めるという話です(ローズ・バーンが妻を演じ、バーバラ・ハーシーが、ウィルソンの母親を演じています)。 ただ本作での依頼の目的は、家族の小さな息子を救うこと。 この少年は一見昏睡状態にあるようなのですが、 その意識はどうやら、人間界へと侵入しようとしている幽霊がいる場所に捕らえられてしまっているようなのです。 もし、さまよう霊(フレンドリーさはみじんも感じられない)が、こちらの世界に来そうもなければ、あまり怖い映画ではありません。 でも、彼らはこっちにやってくるので、めちゃくちゃ怖いです。 「ぼくのエリ 200歳の少女」 アメリカのリメイク版ではなく、 スウェーデンのオリジナル版のほうです。 この作品は 寒々しく、気持ちをかき乱され、ショッキングな暴力シーンもあります。 でも同時にゴージャスでもあり、それが一層恐ろしさをかき立てているのです。 「The Witch(原題)」 このおどろおどろしいお話は、17世紀のアメリカの田舎で生き抜くために人々は苦労を強いられたのか?という理由を徹底的に調べており、このリストで紹介した作品の中で シナリオは一番怖いかもしれません。 本作で描かれる脅威には、 飢餓、家族内の問題の一切合財を自分のせいにされること、渡航費と引き換えに季節労働者として北米に売られること、兄弟から汚らわしい目で見られること、母親から虐待されること、生意気すぎる弟に腹が立っておかしくなりそうになること、などがあります。 魔女狩り? ええ、たしかにそれも恐ろしいです。 でも本物の魔術は、それほど悪いものではなさそうです。 少なくとも、この写真の怒れる男性にとっては。 「ババドック 暗闇の魔物」 凶々しい何かの目にとまってしまう子どもを描いた映画はたくさんありますが、中でもこの作品は 別格です。 家庭の危機を描いたストーリーがとてもリアルで、 ホラー要素と悪夢の力が見事に共鳴しています。 脚本・監督の ジェニファー・ケントの手腕により、とても美しいつくりの作品となっています。 絵本の中の邪悪なキャラクターがページから抜け出て、主人公たちの生活へと侵食してくるというお話ですが、それ以前から息子に手を焼いていたという母親を演じる、エッシー・デイヴィスも見事です。 「パラノーマル・アクティビティ」 確かに、数々の続編はちょっとやりすぎた感があります。 でも、第1作目の「パラノーマル・アクティビティ」は「ブレアウィッチ・プロジェクト」と肩を並べるくらいに、 その後のファウンド・フッテージものに影響を与え、おまけに低予算でつくられた作品でした。 この映画は、ドアがゆっくり開くといった、 ありきたりのシーンを想像を絶するほど怖いものへと変えることに成功しています。 この予告編にある、バタン!と閉まるドアのシーンは、何も知らない観客を当然大絶叫させますが、これはほんの一部。 本作にはそういったシーンが無数にあります。 「イット・フォローズ」 「それ」は、謎めいています。 「それ」は、どんな人の姿にもなれます。 「それ」は、決して立ち止まりません。 一体「それ」は、何を望んでいるのでしょうか? 「それ」に触れられたら、何が起こるのでしょうか? 「それ」は、一体どこからやって来て、 どうやったら「それ」から逃れられるのでしょうか? 本作は謎めいていて、びっくり仰天するような予期せぬディテールに満たされています(ゾクゾク感を盛り上げるために、荒廃したデトロイトの風景を巧妙に使うなど)。 「イット・フォローズ」は観ている際中に怖がらせたあとに、 数日後、数週間後、数年後すらもあなたの脳に入り込んでくるようなタイプの映画です。 このシーンのように。 あーやばい。 未だに夢に出てきますから。 Images by source: YouTube, , , , , , , , , , Cheryl Eddy - Gizmodo io9[] (鈴木統子)• Tags :•

次の