閉経後の胸の張り。 【医療監修】胸の張りはホルモンバランスの乱れが原因?生理前や妊娠、病気の可能性 [ママリ]

乳がん発覚前の異変 その2:胸が張る

閉経後の胸の張り

女性ホルモンの減少でおりものに変化がある おりものは女性ホルモンが充分に分泌されている20代・30代の時は、量も多く、透明で、排卵期になるとべたつくような感じにはなりますが、それ以外は割とサラサラしています。 ですが更年期を迎えると、女性ホルモンの分泌量次第に少なくなっていき、おりものの様子にも変化が起き始めます。 まず変化をじっかんするのが『色』です。 透明な色をしていたおりものが黄色もしくは茶褐色のような色に変わり、下着に付着してシミになったりと困ることがあります。 おりものの量は次第に減少していきますが、サラサラしていた頃よりは若干べとつく感じになることがあります。 そして、一番問題なのが『臭い』です。 今までの20代・30代にあったおりものとはまったく違う臭いを出すことも多くなり、女性にとっては非常に気にかかる部分でしょう。 臭いの変化が起きる理由というのも、実は女性ホルモンの分泌量が減っていく事と深い関りがあります。 おりものというのはもともと、膣内の潤いを保ち続け、病気や雑菌から子宮を守ろうとするために分泌されるものです。 このおりものが膣内に存在するおかげで、膣内での病原菌や雑菌の繁殖を防ぎ、キレイに保持することができています。 ですが更年期を迎えると、このおりものを分泌させる機能が弱くなっていきます。 つまり、更年期の前と比べると自身で膣内をキレイに保持することが困難になり、雑菌などが繁殖しやすい状態になるため、それらの雑菌が膣内で繁殖し、臭いが強烈になる場合があるのです。 さらにこの雑菌が増殖しすぎてしまうと膣内で炎症などを発生させ、場合によっては『膣炎』を引き起こす原因になることもあるので注意が必要になります。 おりものの変化を止めるには? まず、おりものの色の変化に関しては元に戻すのは難題ですが、臭いの対策は可能でしょう。 更年期を迎える以前にもおりものには多少の臭いはあります。 膣の中にはデーデルライン桿菌という菌が常駐菌として存在しているのですが、この菌は膣内で雑菌の蔵相句を抑制する効果があり、下着に付着し、乾燥すると酸味のある臭いを出す特徴があります。 その臭いとは別で、臭いの原因となるのが先ほど説明した雑菌です。 デリケートゾーンはもともと雑菌が繁殖しやすく、アポクリン腺という汗腺が存在するので、臭いが出やすい場所になります。 そしてデリケートゾーンが不衛生な状態 汗で蒸れるなど になると雑菌が一気に繁殖してしまい、いつもと全然ちがう臭いを出してしまうのです。 なので、このデリケートゾーンに雑菌を繁殖させないようにすることで臭いの素を断つことが出来ます。 デリケートゾーンの雑菌を増やさないために デリケートゾーンに臭いの素となる雑菌を増やさないようにするために重要なのは、できる限り清潔に保つことが大切です。 例として、生理時のナプキンの交換をこまめにする、通気性の良い下着を着用したり、入浴もしっかりすることが大切になります。 ですが、過度に洗いすぎるとかえって逆効果になる場合があります。 刺激の強いソープなどを繰り返し使用することで膣内の潤いを保つことができなくなってしまうことがあるのです。 その他にも睡眠不足やストレスなどで女性ホルモンがバランスを崩し、膣内のデーデルライン桿菌が減少することで、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので注意が必要です。 更年期に起こる特有の症状に睡眠不足やストレスは大きな問題です。 おりものに限らず、更年期の症状の対策として睡眠とストレスフリーを心がけていきましょう。 おりものに血が混ざっている! ここで紹介したいのが、おりものに『血液』がまざっている場合です。 いわゆる不正出血というものですが、更年期を迎えると多くの女性が経験します。 更年期を迎えた女性は女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。 そうすると子宮内膜が剥がれてしまい、出血してしまう場合があります。 また排卵機能が低下することによって、機能性出血を引き起こしてしまい、不正出血につながってしまう場合もあります。 ですが、それら不正出血自体に大きな問題はありません。 ただ出血が止まらない、出血の量が多い、長引くといった場合は生殖器の病気を患っている可能性も考えられます。 一例として『子宮体がん』『子宮頸がん』『子宮肉腫』といったものが挙げられます。 何か違和感を感じるようであれば早めに婦人科の医師に診てもらうようにしましょう。 女性のおりものについて おりものというのは膣を守るために非常に大切な分泌物です。 血が混ざっていたり、臭いが強かったりすると何らかの病気の可能性というのも考えられますが、更年期を迎えると膣に限らず様々な器官が機能低下するため、織物の量が安定しなくなります。 そして閉経後は免疫の機能低下の影響でおりものの量が増えるでしょう。 しょうがない部分もあるのですが、どうしても不快なのであれば先ほど紹介した対策方法を試してみるといいかもしれません。 辛い部分もたくさんあると思いますが、しっかりとケアして毎日を楽しく過ごしていきましょう。

次の

閉経後の性的欲求や妊娠の可能性!不正出血や胸が張る原因は?

閉経後の胸の張り

お腹の張りやガスが溜まるような感じは、きっと誰もが感じたことのあるものですよね。 特に女性は、生理痛の症状としても、下腹部の痛や膨張感もよくあるので、毎月のように経験する女性も多いのではないでしょうか。 そんなお馴染みの下腹部の張りですが、時には恐ろしい病気が元になっていることもあり得ます。 下腹部の膨満感という症状を呈する病気の中には、命に関わるようなものもあります。 「たかがお腹の張り」と軽視せず、気になるならすぐに受診してください。 この記事をお読みになって、受診の目安にしてくださいね。 緊急手術が必要なことも!?早急な対応が必要な腸閉塞とは 腸閉塞という病気をご存じですか?病名だけなら耳にしたことがある方も少なくないかと思います。 その字面から、「腸が詰まってしまう病気かな?」という予測はつきますが、是非この機会にもっと詳しく知っておきましょう。 腸閉塞とは 腸閉塞は「イレウス」とも呼ばれ、腸液やガス、便などが正常に通過できずに腸内に溜まってしまい、その結果腸が捻じれたりしてしまう状態のことです。 すぐに病院へ行って処置を受けないと、最悪のケースでは死に至ることもある怖い病気です。 腸にガスなどが溜まることで命を落とすというのは、ちょっと驚きです。 腸内の異変によって、血液や肺、心臓や腎臓という重要な臓器にまで異常をきたしてしまうわけですね。 さらに、後にお話するように嘔吐などの症状も伴うため、激しい脱水症状が引き起こされてしまうことがあります。 腸閉塞によって死に至るまでには、このようなメカニズムがあるのです。 というわけで、腸閉塞の疑いがあったら、すぐに病院へ行くことが大切です。 腸閉塞の種類 腸閉塞には、色々な様態があります。 大きく分けると、ただ腸内に詰まりが起きているだけの腸閉塞と、締め付けが起きてしまう「絞扼性イレウス」とがあります。 この絞扼性イレウスを起こしてしまうと、緊急手術が必要になります。 急激に全身の状態が悪化するため、一刻も早い対処が重要です。 腸閉塞の原因 このように、とっても怖い腸閉塞ですが、どんなことが原因になるのでしょうか。 開腹手術後の癒着や炎症• 大腸がん等、腸の病変• 誤飲や消化不良• 腸の神経の異常 病気の種類にかかわらず、開腹手術をすると、腸同士や腸と腹壁が癒着を起こします。 軽度の癒着なら問題ないのですが、癒着した部分が捻じれたり締め付けられたりしてしまうと、腸閉塞となってしまいます。 このような腸の捻じれや締め付けは、大腸がんなど元々の腸の病気によるものだけでなく、異物を飲み込んでしまったり、消化の悪いものを大量に食べて腸内に停滞してしまうことなどによっても、生じます。 開腹手術後に起こる腸閉塞がもっとも多いので、手術をした方は注意が必要です。 不安ならば、術後の通院時などに医師に確認してみましょう。 しかし、手術などしていない健康体の人でも、誤飲などによる腸閉塞は起こり得るので、他人事ではありません。 以下にご紹介する症状が見られたら、迷うことなく受診しましょう。 どんな症状があるの? 腸閉塞の典型的な症状としては、• 下腹部痛• 下腹部の膨満感 が挙げられます。 多くのケースで、これらの症状が急激に起こります。 突如として激しい腹痛や膨満感が現れ、いったん治まり、また痛みが来ることを繰り返すのが特徴です。 吐しゃ物は、最初のうちはよくある嘔吐と同様に、胃液や胆汁です。 しかし、それらがなくなってくると、腸に詰まっているものが出てきます。 そのため、便のような見た目や悪臭のする吐しゃ物になります。 絞扼性イレウスの場合は、激しい腹痛や嘔吐が続き、顔面蒼白となり、発熱や冷や汗などの症状も見られます。 もしも、このような症状が見られたら、すぐに救急車を呼んでください。 腸閉塞の治療法 腸閉塞の治療は基本的に、絞扼性イレウスとそれ以外の腸閉塞とで、方法が異なります。 腸閉塞の種類 治療法 絞扼性イレウス 開腹手術 それ以外の腸閉塞 点滴・抗生物質の投与 イレウス管の挿管 それほど重症ではないケースでは、手術をしなくても、薬物治療やイレウス管と呼ばれる細長い管を入れて腸内のガスなどを出す処置をするだけで回復します。 しかし、これらの処置をしても回復が見られない場合や絞扼性イレウスでは、開腹手術が必要となります。 この病気は、腸の一部が萎んでその反対側が大きく張ってしまうもので、先天性と後天性とに分けられます。 多くは先天性なのですが、ここでは、より広い範囲の方々に起こり得る、後天性のものについてお話します。 後天性の巨大結腸症は、急性と慢性に分けられます。 急性巨大結腸症は、「急性大腸偽性腸閉塞症」と「中毒性巨大結腸症」のふたつが、よくあるケースです。 急性大腸偽性腸閉塞症は、開腹手術後に起こるケースが多く、早急に対応しないと死に至る危険があります。 中毒性巨大結腸症は、やはり腸が膨らんでしまう病気ですが、そのきっかけに大腸に関する病気や感染などがあるというのが特徴です。 一方、慢性巨大結腸症は、急激な症状や悪化はないものの、腸が大きく膨らんでしまうものを言います。 巨大結腸症の原因 この病気の原因は、実に様々です。 急性・中毒性・慢性に分けて原因を見てみましょう。 種別 原因 急性大腸偽性閉塞症 心筋梗塞など心疾患 肺炎・髄膜炎など感染症 開腹手術後の急変 中毒性巨大結腸症 潰瘍性大腸炎などの炎症 細菌、寄生虫などへの感染 ステロイドなどの薬剤の中断 慢性巨大結腸症 腸管神経の異常 パーキンソン病 甲状腺機能低下症 糖尿病 薬剤の影響 これはほんの一部で、まだまだ非常に多くの疾患やきっかけが原因としてあります。 自分で防ぐことのできる原因といえば、薬剤の中断くらいでしょうか。 したがって、原因が多岐に渡るとはいえ、あまり予防のために神経質にならなくてもよいかと思います。 巨大結腸症の症状 代表的な症状は、以下の3つです。 吐き気・嘔吐• 下腹部の膨満感 このほか、慢性巨大結腸症の場合は、元来からのしつこい便秘がみられることが多いです。 また、中毒性の場合、発熱・精神の異常などの症状も起こり得ます。 急性大腸偽性著閉塞症の場合、腸の一部に穴が開いてしまうことがあり、こうなると生命に関わります。 ただし、これは開腹手術後の入院中に起きることが多いため、すぐに対処できるかと思います。 巨大結腸症の治療法 治療法は、タイプや症状の程度によっても異なりますが、主には• 薬物治療• イレウス管の挿管• 便秘治療 などがあります。 既に触れましたが、巨大結腸症は先天性のものが多く、赤ちゃんや幼児の患者さんが主になっています。 反面、後天的なものは症例数としては少なく、手術後の急変や幼少期からの慢性的な便秘が引き金になるケースが比較的よく見られるようです。 したがって、しつこい便秘のある方は、まず便秘の治療をされることが、巨大結腸症の予防・改善につながります。 ただでさえ厄介な便秘ですから、体質だからと諦めることなく、病院で治療を受けることをオススメします。 腸閉塞と似ているけど、こちらは特に手術後にかかりやすい病気のようです。 手術後は、何か気になることがあればすぐに医師や看護師に知らせてくださいね。 女性は特に便秘に悩む人が多いから、まずは便秘を解消しておくことも大切ですね。 ひどくなるまで無症状なケースが多い卵巣腫瘍にご注意! ここまでは腸に関する病気でしたが、下腹部の張りという症状は、卵巣腫瘍にも認められます。 女性なら誰もが無縁ではない、この卵巣腫瘍という病気について、ぜひ理解を深めておきましょう。 卵巣腫瘍とは? 卵巣腫瘍とは、その名の通り、卵巣にできる腫瘍です。 腫瘍というと怖いイメージを持たれがちですが、卵巣腫瘍の8割以上は良性だと言われています。 良性の卵巣腫瘍のうち、よく見られるタイプとして、以下の3つがあります。 漿液性嚢胞腺腫• 粘液性嚢胞腺腫• 類皮嚢胞腫(奇形腫) ひとつずつ、どんな特徴があるのかご説明します。 この場合は、卵巣がんと呼ばれることもあります。 腫瘍の大きさは様々ですが、大きいものだと30センチほどにも成長し、お腹が膨らんで妊娠中のような見た目になることもあります。 卵巣腫瘍の原因 卵巣に腫瘍ができてしまう原因は、まだよく分かっていない部分が大きいのです。 ただし、メカニズムとしては解明されているところも多いです。 たとえば、類皮嚢胞腫の場合は、卵巣内の原始胚細胞(卵の元となる細胞)が、何らかの原因によって変化すると考えられています。 手塚治虫の「ブラックジャック」に出てくるピノコは、この類皮嚢胞腫の中の歯や髪、骨などをつなぎ合わせて作られたキャラクターです。 もちろん、現実的にはそのようなことは不可能ですが。 また、子宮内膜症が元となり、卵巣内に内膜ができて腫瘍となるものや、遺伝性のものもあります。 いずれにしても、なぜこのような変化が体内で起こるのか、その原因は今後の研究が待たれるところです。 卵巣腫瘍の症状 この病気は、なかなか症状が現れないことが大きな特徴です。 時として見られる症状としては、• 下腹部の鈍痛• 膨満感 これらが代表的です。 しかし、自覚症状が無いというケースの方が多いです。 なので、子宮がん検診や妊娠中のエコー検査などで、腫瘍が偶然見つかることもよくあります。 腫瘍がかなり大きくなってくると、腹水が溜まったり、腫瘍によって膀胱や腸などが圧迫されるため、排尿障害や便秘などの症状を呈することもあります。 また、腫瘍の茎の部分がねじれて茎捻転と呼ばれる状態になると、激しい痛みを生じます。 こうなってしまうと、緊急手術が必要になります。 卵巣腫瘍の治療法 卵巣腫瘍の治療法は、どのようなものでしょうか。 手術が原則となります。 切除した腫瘍を調べないと良性かどうかの確定はできないため、事前の検査で良性と思われるケースでも、基本的に手術が必要なのです。 手術法としては、開腹手術の他に、図のような腹腔鏡手術も行われています。 良性の腫瘍ならば、手術で切除してしまえば、それ以上の特別な治療は必要ないケースがほとんどです。 また、腫瘍の状態によっては、手術せずに経過観察で済むこともあります。 ただし、この場合は定期的な検診が必須となります。 卵巣腫瘍は大半が良性だし手術で治せるから、不安になりすぎる必要はないですよ。 ただ、元々、子宮内膜症がある人や、下腹部の張りや不快感が気になる人は、念のため検査を受けに婦人科へ行きましょう。 便秘や嘔吐を伴う下腹部の膨満感なら、絶対早めに病院へ行こう! 食べ過ぎたときや便秘のときなど、ちょっとしたきっかけで下腹部の張りを感じることは、珍しくないですよね。 「ガスが溜まっているのかな?」と思う程度の膨満感なら、きっと誰でも身に覚えがあると思います。 自然にガスが出るなどして、すぐに治るなら問題ないですが、もしも吐き気や嘔吐、激しい腹痛を伴う場合はとっても危険です。 そんな時は迷わず病院へ行きましょう。 また、女性特有の卵巣腫瘍でもお腹が張ることがありますが、こちらは自分では気づきにくいので、がん検診などはきちんと受けることが望ましいですね。

次の

胸の張りや痛みは更年期の女性に多い症状、原因や対策は?

閉経後の胸の張り

更年期に関する映画やコマーシャルを見たことがあれば、更年期とは生殖機能が働きを終える長い期間だと思っているかもしれません。 ですが、実際のところ、更年期とは、周閉経期と呼ばれる長い移行期の後に生じる時期を指しています。 「周閉経期には生理が乱れてきますが、まだ生理はあります」 と、ボストン大学産科婦人科の助教授であるケイト・ホワイト氏は述べています。 生理は不規則になり、これまでとは違ってきます。 変化がやって来ることの兆しです。 」 更年期と周閉経期は生殖周期において自然なことですが、楽しいものではありません。 「患者さんに更年期について話すとき、私はよく、生理が不規則になること、けいれんが起こること、肌のトラブルがあることのほかに、10代のときに戻ったような感じがすると説明します」 と、ホワイト氏は述べています。 それでも、人生の次のステージに移行するこの段階で何が起こるのかを知っておくことで、その変化に対してしっかりと準備を整えることができます。 更年期とは? 更年期とは月経が終わる自然な生物学的過程です。 卵巣が生理の中心的な役割を果たすホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の生成を自然に止めるとこの時期がやって来ます。 エストロゲンとプロゲステロンが生成されなくなり排卵が止まるため、更年期は生理そして妊娠する能力の永久的な終わりと見なされます。 また、エストロゲンは骨を保護し、コレステロール値を正常に保つ重要な役割を担っているため、更年期を機に、女性の骨粗しょうや心臓病などの疾患のリスクが高まります。 更年期を迎える時期は女性によってさまざまですが、一般的には40代か50代でやって来ます。 アメリカでの平均年齢は51歳です。 生理が12ヵ月続けてこなければ、正式に更年期に達したことになります。 更年期に達するまでの移行期は周閉経期と呼ばれ、更年期の後の期間は閉経後と呼ばれます。 しかし、この3つの過程全体が単に「更年期」と呼ばれることもあります。 「診断されるとほとんどの人が『更年期』という言葉を使います」とホワイト医師は言います。 変化が終わったことを意味して「閉経後」という言葉を使う人もいます。 例えば、「可燃性」と「引火性」との間にあまり違いがないように、「更年期」と「閉経後」は同じようなことなのです。 変化の3つのステージ:周閉経期、更年期、閉経後 「閉経の経験は、電気のスイッチをオフにするようなものではありません」とホワイト医師は言います。 「更年期」と言う言葉は、3つのステージにわたって進む段階的な変化を意味するからです。 周閉経期 は、多くの女性が思っているよりもずっと早く始まることもあります。 通常は40代半ばから後半に始まります。 この時期には、卵巣が生成するエストロゲンの量が徐々に減り、最後の1~2年でその生成量は大幅に減少します。 多くの女性はこの移行期にはまだ定期的な生理があり、妊娠する可能性もありますが、何らかの症状(後述)を体験し始めます。 周閉経期は卵巣が完全に排卵を止めた時点で終わり、その時点で更年期が始まります。 更年期 は、卵巣が排卵を止め、エストロゲンをほとんど生成しなくなり、12ヵ月続けて生理がこなかった後の時期です。 閉経後 は、更年期の後の期間を指し、これまで経験してきた症状がおさまります。 閉経後の女性は、骨と心臓の健康を保つために重要な役割を果たすエストロゲンのレベルが低いため、骨粗鬆症や循環器系疾患のリスクが高くなります。 一般的な更年期の症状 更年期に関連する症状は、実際には周閉経期に現れ始めます。 女性は一人ひとり異なるため、その兆候や症状も異なる場合がありますが、通常それらの症状に共通する原因はエストロゲンレベルの低下です。 エストロゲンは身体のたくさんの場所でさまざまな機能のために使われるため、そのレベルが低下し、身体のさまざまなシステムがその影響を受けます。 生理の変化 :女性によっては、これが更年期が近づいている最初のサインとなります。 生理が長くなったり、短くなったり、重くなったり、軽くなったりします。 こうした変化は正常ですが、次のような場合や心配がある場合は医師に相談してください。 大量の出血がある• 不正出血(スポッティング)がある• 生理の周期が非常に短い• 生理が1週間以上続く• 生理が1年以上なかったのにまた始まった• ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ): エストロゲンレベルの変化によって、顔や胸部、もしくは体全体が突然熱く感じることがあります。 これはホットフラッシュと呼ばれています。 また、胸部、背中、腕に赤い斑点が出たり、大量の汗をかいたり、悪寒がするという女性もいます。 ホットフラッシュは、30秒から10分間続き、何度も起こったり(1時間に数回)散発的に起こったり(1週間に1~2回)します。 大量の寝汗をかくという女性もいます。 膣と排尿コントロールの変化 :エストロゲンレベルが低下するため、膣の乾燥によってセックスで不快感を感じる女性もいます。 膣や膀胱の感染症にかかったり、失禁(排尿コントロールの損失)により運動中、くしゃみや笑ったときなどに失禁したり、尿意切迫感を経験する女性もいます。 性欲の変化 :周閉経期や更年期に性欲が弱まる女性もいます。 一方、更年期が近づいたり更年期になると、性欲が強まる女性もいます。 更年期の後に妊娠することはありませんが、性感染症(STI)のリスクはあることを覚えておくことが重要です。 性感染症の感染リスクは、あなた以外の人とセックスしている相手とセックスすると高まりますので、自分自身を守る最善の方法について医師に相談しましょう。 気分の変化 :更年期に近づくとイライラしやすくなったり、気分のむらが激しくなるという女性もいますが、誰もがそうではありません。 身体の変化 :更年期に近づくと筋肉が落ちて脂肪が増えたり、筋肉や関節の痛みや凝りを覚える女性もいます。 女性は一人ひとり異なりますから、症状もまちまちです。 更年期症状を管理する方法 周閉経期や更年期の症状が日常生活に影響を与える場合、医師に相談すれば、ホルモンのレベルを安定させるための薬やホットフラッシュを抑える薬を処方してもらうことができます。 ただし、生活習慣を変えることで症状を管理できる女性もいます。 次のような方法を試すことができます。 ホットフラッシュが出始めたら脱げるように重ね着する• 瞑想、深呼吸、ヨガを行う• 症状を悪化させるアルコール、カフェイン、辛い物を避ける• ホットフラッシュのために小さな携帯型扇風機を購入する• サポートが必要な場合は、Fitbit アプリを使うことができます。 睡眠の目標、睡眠のスケジュール、就寝時のリマインダーなどの必要な機能のすべてが備わっています。 このような方法で生活習慣を変えても更年期の症状が緩和されず、気分のむら、性的な問題、排尿コントロール、その他の症状がある場合には、医師に相談してください。 This information is for educational purposes only and is not intended as a substitute for medical diagnosis or treatment. You should not use this information to diagnose or treat a health problem or condition. Always check with your doctor before changing your diet, altering your sleep habits, taking supplements, or starting a new fitness routine. Michelle is a San Francisco-based journalist, marketing specialist, ghostwriter, manatee enthusiast, and pop culture fiend.

次の