はたらいく。 はたらいくはブラックばかり?嘘求人を見破る方法

<自分らしく働く>求人・転職情報サイト【はたらいく】

はたらいく

はたらいくは中堅中小企業に支持されている求人サイトで、従業員50名以下の企業が約7割になります。 企業の認知度に関わらず、原稿がランダムに表示されるようになっているため、他の転職サイトのように採用予算の大きい大手企業の原稿ばかりが上位表示されるという事がございません。 掲載期間は4週間から。 週に2回(月曜・木曜)の更新で、急な採用活動にも迅速に対応します。 金曜までに入稿された原稿は、翌週月曜日には掲載がスタートします。 水曜までに入稿された原稿は、木曜日には掲載がスタートします。 能動的に、採用活動を行っていくことでチャンスを自ら生み出していくことが出来ます。 ベーシックフリー、ベーシック、ライト、シンプル料金と掲載方法の異なる4つのプランを設け、幅広いニーズにお応えします。 また長期掲載がお得になるプランや、リピーターの企業には半額で同原稿の求人を掲載できるプランも用意しております。 はたらいくならではの、独自の企画やシステムを導入することで、絶えずユーザーの興味を惹きつけ、求人の応募に結びつけます。 1今週の求人特集 求職者の興味を引く求人特集で、御社原稿の発見性をUPします。 2職種・エリアなどさまざまな検索手段 それぞれの求職者によって異なる、転職活動において大切にしている視点を検索軸として提示します。 3仕事観検索 職種や業種にこだわらず働き方の志向を基準に仕事を探すことができます。 通常の検索では探せない企業と出会うことができる、はたらいくならではの機能です。 4せきらら求人 採用ミスマッチを防ぐためにユーザーに事前に知っておいてほしい正直な情報を届ける企画のバナーです。 覚悟を持って面接にのぞむので、採用率が高まります。 5TOPテキストバナー 採用ミスマッチを防ぐためにユーザーに事前に知っておいてほしい正直な情報を届ける企画のバナーです。 覚悟を持って面接にのぞむので、採用率が高まります。 6UIターンバナー 全エリアのTOP画面にバナーを設置。 全国の求職者に訴求できるので、採用の可能性を全国に広げることができます。 7検討中の求人リスト 求職者が気になる求人を見つけたら「検討中の求人」リストに追加することができます。 再度見たい時にすぐ開くことができます。 8最近見た求人情報 求職者が気になって開いた求人の詳細ページを記憶し、再度見たい時にすぐ開ける状態にします。

次の

「リクナビNEXT」と「はたらいく」の違いとは?

はたらいく

ここに掲載されてる求人って面接に行ったら違う事を言われる。 給料なんかの条件など・・・ あと未経験可とか書いてるくせに面接に行ったら、資格持ってるかとか聞いてきて 無いって言ったら、消極的な顏され、案の定不採用だった。 その他、求人の応募したら2週間以上経っても何の返答も無いこともよくある。 その辺も含め、はたらいくの運営リクルートへ問い合わせたら、当人同士で何とかしろって言われた リクルートは仲裁等、一切してませんだって。 企業から広告料だけ取ったら、あとは終わりって事w なんてクズな会社なんだ こんな会社が生き残っていけるって世も末だね リクルート系の求人広告は二度と利用しないし、周りに利用しようとする者が居たら 利用しないようにアドバイスしていきます。 ほんと、嫌な思いをしました、はたらいくという二流求人サイトで!ウンザリ。。。 友人に教えてもらいはたらいくで探して求人に応募しました 確かに地元企業が多いと思います すぐに返信くれる企業もあれば、全く音信不通な企業もありますが。 自分は運良くすぐに決まりました。 ・・・が 実際その職に就いてみると、 出勤、退社時間は無茶苦茶だし 8時半出勤〜17時半退社が 7時〜残業代無しとかで夜中の1時とか 会社行事に無理やり参加 賞与?気分次第で変動 寸志レベル とか等 クソな会社でした 確かに最近はスマホ等で楽に探せるとか無料掲載等などウインウインの関係なのでしょうが、真面目に仕事探すなら、ハローワーク等を利用した方がいいと思います 入って後悔したり職歴荒らしたりするよりも ブラックならきちんとした手順踏んで、公的な機関等に訴えたりした方が良いと思いますよ 自分は後悔しかありません 大手企業の場合、給与や待遇が非常に良いので大手企業で働けたらと思う気持ちは正直あります。 しかし現実問題として、大手企業は新卒での採用が多く、しかも給与も待遇もいいので退職者が少ないために、中途採用枠も少ないので、転職先としては狭き門だと言えます。 それに大手企業の場合は、全国展開している事が多く、転勤出来る事が必須条件となる事も少なくありません。 私の場合は家庭の事情もあり転勤はする事が出来ずに、ずっと地元で働きたいという気持ちが強くありました。 そのため地元の優良な中堅企業の求人を多く取り扱っているはたらいくを利用しました。 マッチングシステムを導入しているので、企業のイメージが入社前と入社後でギャップが少なく、地元での転職に失敗しにくい求人サイトだと思います。

次の

はたらいく掲載・料金のご案内|求人広告ナビ

はたらいく

「リクナビNEXT」と「はたらいく」の比較表 キャッチコピー 社会人のための転職サイト <自分らしく働く>求人・転職情報サイト 求人企業 大企業・中堅企業 中小企業 地域 全国的 各地域密着型 用途 転職 転職・アルバイト 利用者視点 社会人向け、バリバリ働く人向け 自分らしい働き方や人間関係に重きを置く人向け 職歴・スキル 比較的重視される 比較的重視されない こういった違いのようです。 「リクナビNEXT」は求人の掲載費用が高く大きな企業が利用しているのに対し、 「はたらいく」は比較的安いため規模の小さな地域密着型の企業が求人を出しているということらしいです。 結論 つまり、どんな働き方をしたいかという価値観で、どちらのサイトを使うか選べば問題ありません。 こんな人は「リクナビNEXT」• バリバリ働いてしっかり稼ぎたい• 職歴やスキルを活かした仕事をしたい• キャリアを積んでいきたい• 大きな企業で働きたい• 大きなプロジェクトに参画したり、社会に影響を与えたい 【公式サイトリンク】 こんな人は「はたらいく」• 自分のペースで働いて生活していきたい• 地域や地元に根ざして働きたい• 小さめの企業で働きたい 【公式サイトリンク】 【関連】.

次の