かんたん 酢 レシピ。 ミツカンカンタン酢CMで杏ちゃんが夏野菜ピクルスや鶏のさっぱり煮をお願いカンタン酢!?

酢キャベツもかんたん酢なら失敗ナシ!おすすめ理由とレシピ|feely(フィーリー)

かんたん 酢 レシピ

創業200年以上という老舗食品メーカー・ ミツカンが販売する「 カンタン酢」が、2008年の発売から10周年の節目となる今年、出荷数が発売初年の約50倍を達成。 シリーズ累計の純売上も実に100億円突破という驚異的なヒット商品となっており、話題になっているのだ。 ただのお酢とは異なり、塩気や甘みが最初から加えられているのが特徴で、これ1本で味付けが決まることがウリ。 ミツカンのHPには「カンタン酢」を使ったマリネやピクルス、甘酢照り焼きなどのレシピが紹介されており、その汎用性の高さが注目を集めている。 健康志向や時短料理ブームといった時流に乗り、口コミでリピーターが増え、現在ではミツカンのお酢で一番の売れ筋商品となっているという。 そこで、「カンタン酢」開発の経緯や特徴、そして同商品を使った簡単料理レシピなどを、ミツカン広報部の花園奈央子氏に聞いた。 『カンタン酢』開発秘話、想定外の売れ方で大ヒット まずは大ヒットとなった理由から聞いた。 「ヒットの理由としては、やはり簡便性と汎用性が強みになっていると考えています。 1本で幅広い料理に使えることがコンセプトになっているので、酢の物からお肉の料理まで使えるように、塩気や甘みの配分をかなり試行錯誤しました。 試作の段階で社内外で幾度も試食をし、ブラッシュアップを重ねた結果、今の味にたどり着いたのです。 実際、味のバランスが一番苦労した点であり、一番こだわった点でもあるんですが、100人以上に試食してもらい、大人でも子供でも美味しいと感じてもらえる酸っぱすぎない味を追求しています。 購入理由の調査でも、『いろいろな料理に使える』『これ1本で味が決まる』という評価が出ています」(ミツカン広報部・花園氏) レモンの爽やかな香りを楽しめる「カンタン酢レモン」、黒酢を100%使用して黒酢特有の風味とコクが楽しめる「カンタン黒酢」、容器を小型化&細身化したボトルにすることで食卓に置ける調味料とした「かけるカンタン酢」と、シリーズ商品も人気に拍車をかけている。 こうしたバリエーション展開も功を奏し、発売以来、着実に売上を伸ばしてきた「カンタン酢」だが、その開発のきっかけはどのようなものだったのだろうか。

次の

ミツカンカンタン酢CMで杏ちゃんが夏野菜ピクルスや鶏のさっぱり煮をお願いカンタン酢!?

かんたん 酢 レシピ

玉ねぎ酢とは、お酢に玉ねぎを漬けた食品のことで、【動脈硬化の予防や改善】【疲労回復】【便秘解消】【コレステロールや中性脂肪の減少】などの効果があります。 たまねぎと酢、それぞれの良い所が合わさった万能酢。 主な効果・効能を3つまとめました。 また内臓脂肪だけでなく、体重や腹囲もダウンしたという報告もあります。 そして玉ねぎに含まれる「ケルセチン」という物質は、体内の余分な脂肪を排出する作用があります。 この成分には血流を良くする働きがあります。 よく「玉ねぎを食べると血液がサラサラになる」と言いますが、それはこの「イソアリイン」の効果です。 血流が良くなると冷え性や肩こりが改善され、新陳代謝も促進されます。 新陳代謝が上がれば、お肌の調子も良くなるんですよ。 玉ねぎにはオリゴ糖が含まれているので腸内の善玉菌を増やす効果があります。 これらが腸内環境を整えてくれるため、便秘解消に繋がるんですね。 玉ねぎ酢のオススメレシピや食べ方は? 玉ねぎ酢はそのまま食べてももちろんOKですが、サラダのドレッシングやお肉料理・お魚料理の付け合わせ、酢の物やマリネなどにアレンジ可能!! お酢も一緒に飲むとより健康効果が期待できます。 豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、トマトはヘタを取り一口大の乱切りにする。 卵は塩を少々入れてよく溶いておく。 フライパンに半量のサラダ油を入れて熱し、卵を入れたらふんわりとかき混ぜてすぐに取り出す。 フライパンに残りの油を入れたら中火で熱し、豚バラ肉を炒めて塩コショウする。 豚バラ肉の色が変わったらトマトを加えて強火でサッと炒める。 カンタン酢を入れたら卵を戻し、強火でサッとひと混ぜしたら火を止める。 豚肉は食べやすい大きさに、玉ねぎはやや厚めのくし形、ピーマンは乱切りにする。 合わせ調味料Aを全て混ぜ合わせる。 フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、豚肉をカリッとなるくらいまで炒めたらキッチンペーパーに取り出しておく。 先ほどのフライパンをサッと拭いて、玉ねぎとピーマンをしんなりするまで炒め、Aをもう一度混ぜてから投入する。 煮立ったところに豚肉を戻し入れ、Aにとろみがついたら火を止めて粗引き黒コショウをたっぷり振る。 鮭を2~3等分に切る。 じゃがいもの皮を剥き、7~8mmの半月切にしたら水に2~3分つけてから水気を切る。 フライパンに鮭、じゃがいも並べて軽く塩コショウし、カンタン酢を入れたらゴマをまんべんなく振り入れる。 最初は中火、煮立てば弱火にして7~8分ふたをして蒸し煮にし完成。 皿に盛って三つ葉を添える。 レンコンは皮をむいて食べやすい乱切りにし水に浸す。 人参は皮をむいたら小さめの乱切りに。 鍋にサラダ油を入れ中火で熱し手羽中を焼き付け、焼き色がつけば野菜を加えて炒める。 カンタン酢を入れたら弱火~中火で7分程煮る。 しいたけは薄切り、豚肉は細切りに。 もやしは可能であればヒゲ根を取る。 鍋にごま油を入れ、中火で豚肉を炒める。 肉の色が変わったらもやし、しいたけも加えて炒め合わせる。 しんなりとしてきたら水と鶏がらスープの素を入れ煮立ったらアクを取り除いて2~3分。 塩コショウで味を調える。 器にカンタン酢と好みでラー油を入れて、そこに出来上がったスープを注ぐ。 いかがでしたか?ミツカンのカンタン酢で作れるのは玉ねぎ酢だけではありません。

次の

特集「お酢を使ったさっぱり料理」│キリンレシピノート

かんたん 酢 レシピ

創業200年以上という老舗食品メーカー・ ミツカンが販売する「 カンタン酢」が、2008年の発売から10周年の節目となる今年、出荷数が発売初年の約50倍を達成。 シリーズ累計の純売上も実に100億円突破という驚異的なヒット商品となっており、話題になっているのだ。 ただのお酢とは異なり、塩気や甘みが最初から加えられているのが特徴で、これ1本で味付けが決まることがウリ。 ミツカンのHPには「カンタン酢」を使ったマリネやピクルス、甘酢照り焼きなどのレシピが紹介されており、その汎用性の高さが注目を集めている。 健康志向や時短料理ブームといった時流に乗り、口コミでリピーターが増え、現在ではミツカンのお酢で一番の売れ筋商品となっているという。 そこで、「カンタン酢」開発の経緯や特徴、そして同商品を使った簡単料理レシピなどを、ミツカン広報部の花園奈央子氏に聞いた。 『カンタン酢』開発秘話、想定外の売れ方で大ヒット まずは大ヒットとなった理由から聞いた。 「ヒットの理由としては、やはり簡便性と汎用性が強みになっていると考えています。 1本で幅広い料理に使えることがコンセプトになっているので、酢の物からお肉の料理まで使えるように、塩気や甘みの配分をかなり試行錯誤しました。 試作の段階で社内外で幾度も試食をし、ブラッシュアップを重ねた結果、今の味にたどり着いたのです。 実際、味のバランスが一番苦労した点であり、一番こだわった点でもあるんですが、100人以上に試食してもらい、大人でも子供でも美味しいと感じてもらえる酸っぱすぎない味を追求しています。 購入理由の調査でも、『いろいろな料理に使える』『これ1本で味が決まる』という評価が出ています」(ミツカン広報部・花園氏) レモンの爽やかな香りを楽しめる「カンタン酢レモン」、黒酢を100%使用して黒酢特有の風味とコクが楽しめる「カンタン黒酢」、容器を小型化&細身化したボトルにすることで食卓に置ける調味料とした「かけるカンタン酢」と、シリーズ商品も人気に拍車をかけている。 こうしたバリエーション展開も功を奏し、発売以来、着実に売上を伸ばしてきた「カンタン酢」だが、その開発のきっかけはどのようなものだったのだろうか。

次の