婚活 本名。 さっchannel(婚活アドバイザー幸)は誰?本名は?

婚活アプリを利用するには本名で登録する?しない?

婚活 本名

ほとんどのネット婚活では 本名を明かさずに、ニックネームでのやり取りでスタートします。 「ネットを介した出会い」という部分で、実際に会ったことのない人物に本名を明かすのはリスクのあること。 ニックネームでやり取りし始めるのは当然のことでしょう。 しかしニックネームのままで呼び合うのは、いざ会うとなった時に気恥ずかしさがあったり、いつまでも本名を知らないのは今後の信頼関係にも関わってきますよね。 となるとネット婚活において、 自分の本名を明かすベストなタイミングはいつなのでしょうか? またどのようなニックネームを付けるのが相手に好印象を与えるのか、本名を明かすメリットやデメリットなども紹介していきます。 ネット婚活で本名を名乗るベストなタイミングは? 本名を明かすベストなタイミングは、個人差があります。 「早くから親しい関係を築きたい」人であれば早々に本名を明かすのがベストになりますが、「トラブルに巻き込まれたくないし、慎重にいきたい」という場合は、相手との交流を深めてから行うのが良いでしょう。 そのため 自分が納得できるタイミングで教えるのがおすすめです。 本名を明かすタイミングとして良い節目を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね! 相手が本名を明かしてきたら 相手が本名を明かしてきたタイミングで自分の本名も明かすのが、最も明かしやすいタイミングであり自然な流れでしょう。 ただし1回目のメッセージで明かしてきたり、まだ親しくなったと感じていなければ、自分の本名を明かす必要はありません。 少しでも抵抗を感じる場合は、このように断ってみましょう。 本名を教えるのは、もっと親しくなってからにしたい• 会うまで本名を明かすつもりはないので、ニックネームのままでお願いしたい 真剣な出会いを求めている相手であれば、こちら側の気持ちに寄り添って理解してくれるはずです。 これで離れていく相手であればその程度の人間だったと割り切り、次に進みましょう。 あなたに早く会って「体の関係をもつ」「ネットビジネスをもちかける」という目的を果たすため、親近感を与えようとしているのでしょう。 また 明かしてきた本名も偽名であったり、 赤の他人の成りすましであるケースも! 怪しいと感じたら自分の直感を信じて回避することも、ネット婚活では必要なスキルですよ。 この 会う約束を取り付けたタイミングで本名を明かすのもよいでしょう。 ネット上でやり取りをしていたとはいえ、初対面の相手を「ニックネーム」で 馴れ馴れしく呼ぶのは、 気恥ずかしさもあること。 また ぎこちない空気感が漂えば、 周りからも滑稽な二人と思われてしまうかもしれません。 そのような事態を避ける意味でも、このタイミングで本名を教えるのはよい節目といえます。 この段階でまだ本名を明かすことに抵抗がある場合は、フルネームではなく「名字だけ」「名前だけ」明かすのでも十分です。 一番おすすめは2回目のデートに進めそうな時! 初めてのデートが成功して良い感じの雰囲気になれたり、 2回目のデートの約束ができれば本名を明かすことをおすすめします。 メッセージで良い関係を築けていても、実際に会うまではどんな相手か判断のつきにくいもの。 また 次の約束をしている場合は 相手もこちらに興味をもっている証、本名を教えることでもっと距離を縮めることにもつながりますよ。 トラブルを避けるためにも、特にデメリットについてはしっかり把握するようにしましょう。 メリット 本気であるアピールになる フルネームを教えることは、相手に 本気度が高いことを示すアピールにもなります。 個人情報の中で最も慎重に扱うべき本名を明かすことは、かなり勇気の必要なこと。 ネットでいくらでも調べることのできる現代は、本名がわかれば住まいや職業、プライベートな素性までわかってしまうケースもあります。 そんな重要な情報である本名を自ら教えるということは、そこまでしてでも親しい仲になりたいという本気度のあらわれです。 もっと深い関係を築きたい!と思っている場合は、誠意を見せる意味合いでも有効な手段となるでしょう。 早くから本名を名乗ることは、最初から自然に呼び合えるメリットもありますね。 SNSなどで間接的に自分を知ってもらえる FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSから、プライベートなことがわかってしまう世の中ですが、それを逆手に取ることもできます。 日々の生活や友人との交流、好きなもの・趣味などを投稿することで、自分の人柄を自らアピールしなくても、 相手がSNSを通して知ってくれるかもしれません。 ただしあまりにも個人情報が詰まった内容では危険な場合もありますし、SNSの公開範囲を友人までに制限していれば効果がないケースもあります。 またSNSの内容によっては相手にウケない可能性もあるので、このようなことに気をつけましょう。 住まいや職場などが特定される内容ではないか• 家族や友人の顔出しをしていないか• 不快な気分にさせる投稿をしていないか など デメリット 個人情報を悪用される可能性がある SNSなどで間接的に自分をアピールするメリットとして紹介しましたが、 慎重に行わければ個人情報を悪用されてしまう可能性もあります。 例えば知り合って間もない相手や、信頼関係を築けているとはいい難い相手は、不正ユーザーかもしれません。 そのような相手に本名を知られた場合、「個人情報を売られたくなければ要求をのめ」と脅されたり、「住まいの近くをウロウロされる」などの迷惑行為をされることも。 本名を明かす恐ろしいデメリットとしてこの問題があげられるため、特に SNSやブログを行っている人は内容を 厳重にチェックしてください。 本名を明かしたい気持ちはあるけど教えていいか判断できないときは、友人などに相談して、客観的にみてもらうことをおすすめします。 好意を寄せている相手に対しては、正常な思考は働きにくいもの。 第三者視点でズバッと判断してもらいましょう。 ドタキャンや音信不通になるケースも 本名を教えたことで自分のSNSなどから、顔写真や日常を知られたと仮にします。 ネット婚活上での写真とSNS上の写真があまりに違う印象だったり、キャラの違う投稿をあげていれば、自分の知らないところで見切られてしまうこともあります。 本名を明かすまで良い雰囲気で進んでいたのに、急に音信不通になったり、会う約束をドタキャンされた場合は、このケースにあてはまる可能性が高いでしょう。 インパクトはあっても馴染みにくい印象を与えてしまいますし、本名を明かさず初めて会うときにも呼びにくいことになるでしょう。 ニックネームで悩んでいる人は、本名に近いあだ名にすることをおすすめします。 仮に本名が「吉川 雅士 よしかわ まさし 」だとしたら「ヨッシー」や「まさ」などにすれば、 馴染みのあるニックネームなので使いやすいですよ。 まだ本名を明かしたくないのに、呼びにくいあだ名だから本名を教えてと要求されることも! だからといって応じる必要はありませんが、慎重にいきたい派の人はこのようなリスクも頭に入れて、ニックネームを考えるようにしましょう。 本当に本名か疑わしい、怪しい場合は? 近年のネット婚活は「年齢確認」などで本人確認をしっかり行い、怪しい人物が利用できないよう対策がされていますが、運営のセキュリティをあの手この手ですり抜けてくるのが、不正ユーザーです。 「相手から名乗ってきたけど本当に本名か疑わしい」「偽名を使われている気がする」という相手に出くわした場合の対処法を紹介します。 運営に報告や通報をしよう もし怪しいなと思う節があれば、 ネット婚活の運営に報告してみましょう。 同じく怪しいと感じた他のユーザーから報告が多発していれば、強制退会となるので、怪しい人物との接触を防ぐことができます。 また運営に報告をしても「誰からの通報で、どんな内容なのか」は相手に開示されることはまずないので、相手にバレることもありません。 報復される心配もないので、些細なことでも報告してくださいね。 名刺交換を提案してみる これは少し大胆な方法になりますが、 会う約束をしたときに名刺交換をしたいと提案してみるのも手です。 本名を明かしていることを逆手にとり、相手のことをもっと知りたいという名目で色々探ってみましょう。 「 お互いに信頼している証として交換したい」と申し出て、 断ってくるようであれば偽名の可能性は大いにあります。 真剣な出会いを求めている相手であれば、こちらの思いを真摯に受け止めて交換してくれるものですよ。 スムーズに名刺交換を終えた後も、気は抜けません。 念には念を入れて、帰宅してから名刺上の情報に嘘はないか調べてみましょう。 会社は本当に存在するのか、偽装された名刺ではないか入念に確認してくださいね。 まとめ ネット婚活で本名を明かすタイミングについては個人の考え方で大きく異なるため、これがベストタイミング!というものはありません。 しかしネット社会がますます発達している現代では、軽々しく本名を明かすのは賢明ではないでしょう。 そのため トラブルに巻き込まれたくない、慎重にことを運びたいと考えている人は、「会ってから本名を明かす」のがベストと言えます。 本名を明かすことで生じるメリット・デメリットを念頭に置きながら、ネット婚活で素敵なパートナーをゲットしましょう!.

次の

婚活パーティーでは、参加者に本名を伝えないと参加できませんか? ...

婚活 本名

婚活パーティーでは、参加者に本名を伝えないと参加できませんか? 普段男性と出会いのない職場なので、婚活パーティーへの参加を考えています。 ということは、苗字のみ相手に知られてしまうということでしょうか? 特定されやすい珍しい名字なので、出来ればカップリングした方以外には知られたくありません。 (下の名前だけならいいのですが…) また、他の婚活パーティーでも、本名を完全に明かさずに参加できるところはありますか? 私は少人数の個室タイプ希望で、プロフィールカードというものを見て進めるというところが多いようですが、実際みなさんフルネームを書かれるのでしょうか? どのような感じなのか、参加されたことがある方教えて頂けませんか? 宜しくお願いいたします。 多くのパーティは本人確認がない、自己申告なので 適当な苗字で良いと思います。 ただ、そういう入口の甘いパーティほど、遊びで来る人も多く ヤリ目とかの問題が多くなります。 世の中とにかくやり目が多すぎです。 などの事例を参考にしてもわかりますが、 実態はひどいです。 既婚者が混ざっていることもあります。 審査のあるところが安全なのですが、 そうすると名前が見えてしまいますね。 対処法としては、婚活の効率を高めるしかありません。 一番いいのは、最初の出会いで・・・結婚まで 行けるような婚活を目指すのがいいです。 単純に、婚活パーティとか結婚相談所に行くのではなくて 準備段階として婚活偏差値の計測にはじまり、 適切な出会いの方法を選び、少数の出会いから結婚までの持って行き方が重要なんだと思います。 パーティ、ツアーが相談所で迷っているのであれば ベルグライヒなどの方法で自分の適性を調べることができます。 そもそも婚活パーティーに良い男が来るのかという問題もあります。 このへんのパーティーなら、プロフィールカードは自分で書けますので、問題ないと思います。 (過去に私も参加済み) ・エクシオ 婚活パーティー ・シャンクレール 婚活パーティー ・ホワイトキー 婚活パーティー で、名前の苗字を書き変える?くらいなら、問題ないと思います。 鈴木、佐藤、高橋、田中、松本とかでいいんじゃないですか。 笑 カップルになったり、後日1〜2回デートをした時、告白された時くらいまでに打ち明ければ、僕なら問題ないですね。 かわいい嘘だし、確かにネットで検索する参加者もいる可能性はあります。 実は私も以前、こんなことがありました。 とある婚活パーティーに参加した時に、すごくかわいい女性がいて、苗字が珍しい方がいました。 はじめての参加だったらしいのですが、「これは、苗字を変えて書いたほうがいいのかも?」と思ったんですよ。 ネットで検索される、2ちゃんねるに書かれるなどは簡単にできますので、、 で、「婚活パーティー 2ch」などで検索すると、「こいつらはヤリモクだ!遊び人だから気をつけろ!」の名前と職業一覧がたまにあるんですね。 そのリストが、本当かどうかは分かりませんし、投稿している女性?は何があったか知りませんが、、そういったケースもあるのです。 まぁ、普通に参加して、対応してる分には大丈夫だとは思いますが、、 逆に考えると、その珍しい名前の女性は今でも覚えているので、それだけ印象に残るっていうメリット?もあると思います。 なので、自分の名前は恥ずかしがらずに、誇りを持ちましょう! 私の知恵袋プロフィールに、婚活関連のサイト・youtube動画のリンクがたくさんありますので、よかったら参考にしてみてください。 長文失礼いたしました。

次の

ペアーズなどのマッチングアプリで本名は教えるべき?教えるタイミングやリスクなどまとめ

婚活 本名

このページでわかること• 本名はリスク大!?会員の多くがニックネームで登録している理由 婚活サイトに登録している多くの人はニックネームで登録しています。 その理由はシンプルで、 本名は何かとデメリットが多いからです。 個人情報を悪用されるリスクがある 本名は個人情報の最たるもの。 ネットを使えば住所やSNSなどいくらでも検索が可能ですよね。 教えた相手が悪ければ悪用される可能性があり、誹謗中傷のほか自宅まで押しかけてくるといった被害に遭う可能性があるでしょう。 面倒だからと、 軽い気持ちで本名を登録するのは危険です。 本名にする必要があるのか慎重に考えましょう。 知り合いにバレるリスクがある 本名で登録すると知り合いにバレるリスクもあります。 同姓同名の人が登録している可能性があるとは言え、見つけた知り合いは半信半疑になってしまうので、バレてしまう可能性が大きくなってしまいます。 リスクはあるけど婚活への本気度をアピールできるメリットも 本名をさらすのは勇気のいること。 相手には、それなりの覚悟を持って婚活している印象を与えます。 本名登録が婚活への本気度のアピールになることもありますが、あくまでリスクを承知のうえで検討しましょう。 親しみやすさがカギ!婚活サイトで名前を設定する時のポイント 名前をつける時に意識したいポイントをみていきましょう。 覚えやすい 何より覚えやすいことが一番! 顔文字や記号を使用したり、小難しくて長い名前に設定するのは避けましょう。 メッセージやメールのやり取りをする場合、省略していいのかダメなのか、相手に気を遣わせてしまいます。 誰でも簡単に覚えられる名前なら 親近感もアップします。 呼びやすい 変に凝った名前は呼びづらく、相手との距離も縮まりません。 濁音が多かったり、ろれつが回りにくい名前よりも、呼びやすい名前の方が断然いいですよね。 キャラクターの名前は付けない 好きなキャラクターの名前をつける。 ついついやってしまう方はいらっしゃるのではないでしょうか。 自分は満足でも相手の反応はイマイチ。 「婚活への本気度が低い」「子供っぽい」といった印象を持たれてしまう事があるので要注意です。 婚活がスムーズに発展!ニックネームを付けるなら本名に近付けよう 名前の項目をニックネームで登録しようとしている場合におすすめなのは、自分の 本名に近いニックネームです。 実際に呼ばれているニックネームをそのまま使う いつも呼ばれているニックネームをそのまま使うのがおすすめです。 本名に近いニックネームなら、お付き合いに進展したあと、相手も愛着を持って呼ぶことができるでしょう。 その後の婚活がよりスムーズにいくこと間違いなしです。 名前が「太郎」なら「たろう」もしくは「タロウ」と登録しましょう。 フルネームではないし字体も違うので抵抗は少ないはず! 本名のように、個人を特定されるリスクもかなり軽減されるのではないでしょうか。 本名は登録したくない!婚活サイトの名前に偽名はダメなの? 一見すると本名のように思える偽名を付ける方も一定数みられます。 婚活サイトのプロフィールを、偽名で登録するのはどうなのでしょうか。 相手に不信感を与える 偽名はトラブルの元と言われています。 偽名を使った婚活詐欺を耳にしたことはありませんか。 その影響もあり、あまりいい印象を持つ人はいません。 たとえ悪気はなくても、 偽名だと分かった途端に不信感を持つ人も多いでしょう。 実際に偽名を使った悪質なユーザーがいることも事実。 せっかく脈アリだったのに、偽名だったと分かった瞬間にサヨナラされる可能性も否定できません! サイトによってはニックネームで活動できる 昨今のは、身分証明書の提出が必要になる場合が多く、偽名での登録ができない可能性が大きいです。 実名を知られることのリスクは婚活サイト側も熟知していますので、やのように、会員登録は実名で登録し、サービス利用時にはニックネームで活動できる婚活サイトもあります。 婚活サイトで本名を明かすタイミングは? 結婚を前提に婚活している以上、ずっとニックネームというわけにはいきませんよね。 本名を教え合えば、二人の親密度も一気にアップするでしょう。 では、どのタイミングで本名を教えるべきなのでしょうか。 最適なタイミングをみていきましょう。 本名を明かすことは信頼の証 信頼もしていない相手に本名を教えるのはイヤですよね。 裏を返せば、信頼できる相手になら教えてもいいということ。 「この人なら信頼できる」あなたがそう思った時こそベストタイミング! 本名を明かすことは、 相手を信頼している証になるのです。 相手としっかりコミュニケーションをとって、自分の直感で判断しましょう。 相手から本名を明かしてくる場合もあります ニックネームでやり取りをしている場合、相手から本名を明かしてくることがあります。 この時点で相手を信頼しているのであれば、教えるタイミングでしょう。 また、お互いに出会う約束をした後や、初めて会った時に本名を明かしてもいいでしょう。 会おうと思ったのは、ある程度相手を信頼できた証拠でもありますし、本名で呼び合った方がお互いの距離感も縮まるのではないでしょうか。 2回目のデートの時に教えるのもアリ 慎重派の方は2回目のデートの時に教えるのがベストです。 初めて会った時に印象が違ったり、お互いの気持ちにズレが生じてしまった時は1回会っただけで終わっていく可能性が大きいためです。 二度と会わない人に本名を知られるのはイヤですよね。 「相手が明かしたのだから自分も」と無理することはありません。 簡単に本名を明かしてくる人の中には悪質な不正ユーザーもいるため、相手を しっかり見極めることが重要です。 警戒し過ぎはチャンスを逃す 誰にでも軽率に本名を教えてしまうのは論外。 その反面、 警戒し過ぎはせっかくのチャンスを逃します。 何度も会っているのに頑なに拒否。 相手は全く信用されていないと感じ、そのうち離れていくでしょう。 婚活サイトで本名を聞かれても教えたくない場合の対処法 好意は持っているけど、まだ本名までは教えたくないといった場合ありますよね。 この段階で本名を聞かれてしまった場合は、 とりあえず下の名前だけ教えましょう。 漢字ではなくひらがなやカタカナで対処するのがおすすめ。 フルネームと違って個人を特定しにくいのでハードルも低いはずです。 本名を明かしたくない理由は正直に伝えましょう。 本名を教えたくないのは相手に対してまだ不安があるから。 「会うまで教えたくない」「もっと親しくなってから」といった 正直な気持ちを伝えましょう。 重要なのが伝えた時の相手の反応です! そこで豹変するようであれば、それまでの関係だったということ。 しつこい時はキッパリ断り新たな出会いを見つけましょう。 あなたとの将来を真剣に考えている相手なら理解してくれるはず。 お互いに心の内を話すことで、一気に仲が深まる可能性もあるでしょう。 婚活サイトの名前決めは慎重に 婚活をよりスムーズに進めるためにも、プロフィールの名前は慎重に決めましょう。 ニックネームを決める時は相手目線を忘れずに!信頼できると感じた時が本名を明かすタイミングです。 婚活サイトにベストな名前を登録して、ステキな相手をみつけましょう。

次の