やまと 尼寺 まっちゃん 過去。 Eテレ『やまと尼寺精進日記』が2020年3月22日で突然に最終回を迎える!4月からの放送はどうなるのでしょう?

対人恐怖の人は「やまと尼寺 精進日記」を観てほしい

やまと 尼寺 まっちゃん 過去

Eテレ『やまと尼寺 精進日記』 Eテレのテレビ番組『 やまと尼寺 精進日記』についてです。 豊かな季節の恵みを知恵を工夫で極上の精進料理にする、奈良・桜井の尼寺。 笑顔あふれる日々を美しい映像で! Eテレで月イチで放送されている『やまと尼寺 精進日記』の番組説明です。 「音羽山観音寺」の住職と副住職、そしてお寺の手伝いをしている方の3人の女性が、様々な料理を作っている様子を番組のメインに描いています。 料理ばかりではなく、彼女たちの普段の生活の様子、檀家さんなど麓の集落の住人たちと触れ合う様子も紹介されています。 番組のナレーションは俳優の「 柄本佑(えもと・たすく)」さんです。 放送日時 番組は毎月最終週の日曜日18:00よりEテレで放送されています。 番組の舞台 『やまと尼寺 精進日記』の舞台になっているのは、奈良県桜井市に居を構える「 音羽山観音寺」というお寺です。 宗派(?)は「融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう)」だそう。 桜井市や同市観光協会のwebサイトに観音寺の説明などが書かれていました。 出演者 『やまと尼寺 精進日記』の出演者についてです。 メインの出演者は3人の女性です。 まずは「 後藤密榮(ごとう・みつえい)」さん。 密榮さんは音羽山観音寺のご住職です。 次に「 佐々木慈瞳(ささき・じとう)」さん。 副住職です。 そして「 まっちゃん」。 7年ほどお寺のお手伝いをしている方です。 まっちゃんはどのような過去や経緯があって観音寺でお手伝いをしているかは結局はわからなかったですね。 わからなくて良いでしょう。 3人の他、お寺には番犬の「オサム」と「タロー」と「スイカ」、飼い猫の「スージー」と「チロ」と他にも2匹います。 2020年3月22日が最終回 2020年3月22日の放送で『やまと尼寺 精進日記』は最終回を迎えたようです。 毎月放送を楽しみにしていた私にとってはたいへん残念なことです。 この記事をご覧になっている方の多くも同じ気持ちでしょう。 「弥生 桃のお茶会 春はこぶ」 三寒四温の尼寺。 冬の間に蓄えた干し野菜を使いきろうと、薪(まき)ストーブでピザづくり。 3月3日はひな祭り。 お菓子を手づくり、潤子さんたち里の女性を招いて庭のイチョウの下でにぎやかにお茶会を開く。 暖かな今年は、山菜も早い。 ニワトコ、フキノトウ。 白あえに、かきあげ。 早春の味を楽しむ。 ある日は、里の大勢が集まって山仕事。 春の到来を控え、展望台までの道を整備するのだ。 手づくりスローライフは、明日も続く。 2020年3月22日放送分の番組説明は上記引用部の用に書かれています。 「弥生 桃のお茶会 春はこぶ」の放送内では、今回で最終回ということは特に何も言っていなかったと思います。 いつものような放送がいつものように放送されていました。 それでは私はどうして今回が最終回であることに気がついたかと言いますと、録画データの番組名の横に[終]と表示されていたからです。 NHKのwebサイトにも「NHKドキュメンタリー - やまと尼寺 精進日記 [終]『弥生 桃のお茶会 春はこぶ』」と、[終]の表示があります。 リンク先のページにも「3年間ご覧いただいた「やまと尼寺精進日記」、今回の「弥生」が最終回です」と書かれていました。 今後どうなる? 最終回を迎えた『やまと尼寺精進日記』はもう放送されないのでしょうか? 先ほどリンクを貼ったNHKのwebページに、今後の放送について書かれていました。 「やまと尼寺精進日記」、2020年4月からは、Eテレ(基本的には、毎月最終日曜日18:00~)、BSプレミアム(基本的には、毎週水曜日23:15~)にて再放送の予定です。 上記引用部がそれです。 2020年度からも毎月最終週に再放送が放送されるとのことです。 実は私は番組の最初期をきちんと観ていません。 ですから再放送で最初期を観られるかもしれない。 これはこれでとても楽しみです。 再放送をこれまでと同様に放送していくから、最終回でもあえて最終回っぽく編集しなかったのでしょう。 おわりに ということで、『やまと尼寺精進日記』が最終回を迎えたことと、2020年4月からの放送はどうなるのかについて書いた記事でした。 最終回は残念でしたが、正直ここ1年ほどは番組からマンネリ感が漂っていましたし、彼女たちも静かな生活に戻りたいでしょうから、仕方ないかなという印象を持ちました。 でも今後もたまには近況報告を知りたいですよねぇ。 季刊くらいで。

次の

「やまと尼寺 くいしんぼ日記 ふたたび」の再放送は?最終回を迎えた「やまと尼寺精進日記」総まとめスペシャル!

やまと 尼寺 まっちゃん 過去

ブッダがスジャータから布施された食事も、乳粥です。 仏典にある食事メニューを詳細に検討した論文があるのですが、仏典に記載のある仏教徒の食事も9割近くが菜食でしたが、乳製品は食材として非常にポピュラーです。 なぜ、中国(漢民族文化の国とした場合)で、乳製品が忌避されたかと言えば、これには歴史的な背景があると考えられます。 中国大陸では、漢民族以外の異民族が政権を握った時代も多く長かったのです。 漢民族の上に君臨した民族は主に北方民族か北方民族をルーツに持つ貴族でした。 彼らは遊牧文化圏出身でしたから乳製品を摂っていたと推測できます。 鳩摩羅什に仏典を漢訳させた王もチベット系と推測されており、彼らも乳製品を常食していたと思われます。 もちろん、ペルシア系民族の鳩摩羅什も乳製品を好んでいたでしょう。 漢民族は、自分たちのアイデンティティーを非遊牧民と定め、遊牧民文化を徹底的に嫌ったんです。 中国仏教の素食の場合は、出汁はシイタケや昆布を使っています。 出汁文化の無いインドではスパイス料理が発達しました。 素食では干しエビなども使うことはありません。 ビタミンB不足になります。 玉ねぎやニラを使わないというのが栄養学的には良くありません。 なので、中国の菜食主義者には糖尿病を患う人が多いですし、肥満も多いです。 菜食では油を多用していますし多食してしまう傾向が強いからです。 インドの菜食主義者も肥満というか片太りが多いです。 完全菜食主義者のジャイナ教の僧の写真を見てもらえば分かりますが、明らかに栄養が偏った人の体形をしています。 インド菜食主義者も油過多ですし、在家の人だと砂糖の摂りすぎです).

次の

【やまと尼寺にて 極上精進料理を頂く@音羽山観音寺(奈良県桜井市)】

やまと 尼寺 まっちゃん 過去

やまと尼寺 精進日記 ジャンル 出演者 後藤密榮 () 佐々木慈瞳 (同寺副住職) ナレーター 製作 プロデューサー 大古滋久 制作 () 放送 音声形式 放送国・地域 やまと尼寺 精進日記 「文月 万葉ハーブの贈りもの」 放送期間 放送時間 下記参照 放送枠 放送分 30分 やまと尼寺 精進日記 「如月(きさらぎ) 冬ごもりの楽しみ」 放送期間 放送時間 下記参照 放送枠 放送分 30分 やまと尼寺 精進日記 「季節の恵み献立帳」 放送期間 放送時間 下記参照 放送枠 14:45 - 15:30 放送分 45分 レギュラー版 放送期間 - 放送時間 毎月第4日曜 18:00 - 18:30 放送分 30分 版 放送期間 - 放送時間 毎週金曜 19:25 - 19:55 放送分 30分 『 やまと尼寺 精進日記』は、からでされている、。 2回のとしての放送を経て、レギュラー化された。 2019年4月現在、でも放送中。 関連番組としてショートバージョン(3分)の「 やまと尼寺 献立帳」がある。 番組内容 [ ] の山中にある尼寺・の日々の生活と訪問者との交流、そこで作られるを紹介する番組。 料理の作り方自体は番組中では紹介されず、関連番組「やまと尼寺 献立帳」で紹介している。 2016年7月に「やまと尼寺 精進日記「文月 万葉ハーブの贈りもの」」を放送、視聴者からの評判が良かったため 、翌年2017年2月に続編となる「やまと尼寺 精進日記「如月(きさらぎ) 冬ごもりの楽しみ」」を放送、視聴者からレギュラー化を求める意見が多かったため 、同年4月から月1回放送でレギュラー化された。 2020年3月をもって終了。 レギュラー化の前日には、それまでのパイロット版で紹介した料理のを紹介する「季節の恵み献立帳」も放送。 出演者 [ ]• 後藤密榮(音羽山観音寺)• 佐々木慈瞳(同寺副住職)• まっちゃん(同寺手伝い)- 消しゴム版画が得意 声の出演• 声 - 柄本佑• 音楽 - 、BimBomBam楽団• 撮影 - 小林正英、戸田正徳• 照明 - 竹久博司• 音声 - 小泉義一、北川湧、塚越貴大、名塚真人• 映像技術 - 両角剛毅、後藤卓也、菊池孝夫、大西一平• 車両 - 小泉裕生• CG制作 - いよりさき• 音響効果 - 佐古伸一• 編集 - 内田雅美、小村昌子• ディレクター - 戸田裕美子、高橋亘、田上志保、田向奈央子• 制作統括 - 倉森京子、堀川篤志、宮坂佳代子• 制作 -• 制作著作 - 参考文献 [ ] NHK「やまと尼寺 精進日記」制作班『やまと尼寺 精進日記』NHK出版、2018年。 NHK「やまと尼寺 精進日記」制作班『やまと尼寺 精進日記2 ふたたびの年』NHK出版、2019年。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の