韓国 起源説。 世界に広がる「韓国起源説」The Korean Origin

【万葉集が危ない】とどまるところを知らない韓国起源説

韓国 起源説

アンパンの第二便を準備中 セブのマンダウエ市にあるJセンターにある人気のパン屋は台湾人経営。 ここはBuy2 take 1というシステムで人気となり、2つパンを買うとおまけでもう一つで付いてくるというシステム。 私は月曜日に必ずこの店にアンパンを買いに行くことにしている。 しかし、二度続けて韓国人に大人買いされ一つも買うことが出来なかった。 店のスタッフも朝から大人買いする韓国人を見越して多めに焼いておくとかいう段取りが出来れば良いのだがここはフィリピン。 将来の事を1㎜でも考えて行動すれば幸福度が一気に下がってしまうだろう。 モトボサツとパン屋の摩擦 ボサツイート セブ島に足りないもの それは、アンパン!! 毎朝韓国人が大人買いして在庫ゼロ 状態。 アンパン専門店誰かやってくれ😭 — モト ボサツさん@子供と成長中 motobosa02 先日、タッチの差で韓国人熟女が在庫のアンパンを全部トレーに乗せた。 こんな悔しいことはない。 焼きあがったばかりのパンのトレーを見てもアンパンらしきものはない。 つまり、おととい来やがれ状態ってことか。 歳の頃はそうさのぉ、40歳くらいの韓国熟女。 チビクロサンボなヤヤを二人も連れてショッピングだ。 そのキムチ臭い熟女がまるで追い打ちをかけるように連れてきていたヤヤに向かってこういった。 「アンパンは韓国が起源なのよ」 ボサツさんへの当てつけね 私は余裕なフリをしつつも煮え湯を飲まされた格好となった。 そして、キナ臭い情報と分かっていたが、一応アンパンに韓国起源説があるのか調べてみた。 あんパンは木村屋(現・木村屋總本店)創業者であり茨城県出身の元士族・木村安兵衛とその次男の木村英三郎が考案し、1874年(明治7年)に銀座の店で売り出したところ好評を博したとされる。 翌1875年(明治8年)4月4日に山岡鉄舟を通して明治天皇にも献上され、木村屋のあんパンは皇室の御用達となった。 これが新聞や口伝で広まり、あんパンと共に木村屋の全国的な知名度も上がった。 決定的なのは韓国語版のWikipediaに「あんぱん」が日本起源である旨書かれていた。 アンパンの韓国起源説 完全に韓国の回し者 パンの中に餡を詰める「」は韓国で生まれ日本に伝えられたそうですが、そのことを詳しく書いた資料など無いでしょうか? また、第2次大戦後、日本で寿司が食べられるようになった頃の話も探しています どんな小さなことでも構いません 補足>アンパンは明治時代に元武士の木村安兵衛が発明したものです ああ、それって 日帝がが捏造した歴史ね 日本には食べ物にものを詰めるという文化は無かったんですよね ウソの歴史はいいから 韓国人はなんでも韓国起源とする病気を持っているようで、日本人を見かけたら聞こえよがしに言ってくる。 まあ気付かぬフリをするのが大人の対応だ。 もしよかったらブログ村ランキングの応援クリック1回グリっとお願いします? 「イエス・キリストは韓国人だった」 ローマ法王から「チョンはDNAからやり直せ」と言われたチョンさん。 フッ化水素に絡み日本製品不買運動をやってるチョンさん。 何から何まで日本製だと分かって文在寅に逆風が吹いた。 日本の銀行の信用状がないと貿易さえできない。 信用のないウォンなど受け取る国がないからだ。 日本製品を排除すると韓国GDPの4割を占めるサムスンが潰れると分かり益々ムンちゃんに逆風が。 北朝鮮に乗っ取られて中国に接近する韓国。 中国にもイジメられ日米から冷ややかな対応される韓国。 今のままでは韓国は消滅すると言われている。 買い占めるチョンに対してはtelで予め店に「俺用に別分けしといてくれ」と言えばよいのではないか。 銀座の木村屋は狭いビルの2Fで自家製した分しか1F店舗に出せないので品切れはあるんだろうが、あんなもんわざわざ買いに行かない(笑)。 P子ちゃん「P国のパンはマズイ」 天然酵母を使えば少しはマシになるのではないか。 日本では天然酵母の管理が難しいと言われるがCEBUの気温は適温では?元々ブドウ畑が広がっていたと言われるCEBU島。 ブドウ酵母パンで一発当てまひょ、モさん(笑)。

次の

韓国起源説

韓国 起源説

黄文雄は、「韓国人のナショナリズムが高揚するにつれて、日本に対する韓国起源説がどんどん強くなってきた。 そして、神功皇后は新羅人皇女だ、素戔嗚尊は古朝鮮人で、日本を征服して出雲王朝の祖となった、天照大神は百済人で、近肖古王のふたりの王女のひとりであった、などといったさまざまな荒唐無稽な説が出てきた。 そのためのこじつけとして、奈良は韓国語で国の意味だとか、そのナラに天神が降臨したという神話があるとか、珍説奇説やら屁理屈をまくしたてる。 また、こういった日韓同祖・同種の話は、韓国人の著書にいやというほど出てくる。 」「応神天皇は韓国人だった説、允恭天皇も天武天皇も、さらには卑弥呼も韓国人だった説まであります。 これは韓国人の民族主義や自尊心を満足させるようです。 しかしほとんどの天皇韓国人説は資料の厳密な検証の欠陥と支離滅裂な論証、そして恣意的な資料を引用したもので成り立っています。 」「韓国は武士道だけでなく、天皇、神道、相撲、剣道、茶道、歌舞伎、俳句、和歌、芸者、忍者、日本建築、神代文字、扇子、折り紙、寿司、刺身、納豆、錦鯉や秋田犬に至るまで、あらゆるものを韓国起源だと主張してきましたが、理論は飛躍していて牽強付会、話になりません。 中国との間でも漢字、石碑、印刷技術、針灸の起源をめぐった争いがあり、しまいには孔子や秦の始皇帝まで韓国人だと言い出すので、中国人学者と韓国人学生の間で乱闘騒ぎまで起きたほどです。 」と韓国起源説を一蹴している[10][11]。

次の

韓国人「日本文化の起源は韓国にある!」←中国人の反応が良い

韓国 起源説

剣道は日韓併合時代に日本から韓国に伝わった日本文化であり、韓国ではテコンドーと並ぶ人気武道である。 日本の剣道との差は蹲踞(そんきょ)がないことや袴の色や形程度であるが、韓国最大の剣道団体である『大韓剣道會(Korean Kumdo Association)』や『世界剣道協会(World Kumdo Association)』が公式ホームページ等で、剣道の起源が韓国にあると主張しており、『国際剣道連盟(International Kendo Federation)』に参加していながらも、その正式名称は『剣道』ではなく剣道の朝鮮語音の『コムド(kumdo)』であると主張し、剣道の真の宗主国として当然であると主張している。 『大韓剣道会』の広報理事の崔民秀は「『剣道は日本のもの』という誤った認識を正す」と述べている。 ・主張 韓国系移民が運営する世界各地の武術道場などで韓国古来の剣として使用している。 また、刀剣職人のホン・ソッキョンらが、「日本刀はまさにこの技術を我が国から盗み出して伝承している」「我が国の刀剣技術は三国時代と朝鮮時代、日帝時代を経ながら、刀剣職人がほとんど日本に連行されてしまった」「元々、我が国の伝統刀剣製作技術は世界的なものであり、刀剣技術者を無差別に捕えて連れ行ったことはよく知られた事実だ」、「日本には我が国が使った正統技術がそのまま伝授されていて、今でも良い刀がたくさん出てきています」などと主張。 「韓国刀の原型を取り戻すために日本に学びにいく」とまで主張している。 ・事実 韓国で伝統的に使われた剣は、鉄鉱石から鋳造で作った、両刃の直剣か「環刀」と呼ばれる片刃の直刀で、製造方法や形状が日本刀とは違う。 韓国で大々的に日本刀のような形をした刀が使われるようになったのは、17世紀以降のことであり、当初は日本刀を輸入して模倣したものを「倭刀」と呼んでいた。 それ以降朝鮮半島で作られた刀もやはり日本刀とは製造方法が違う。 ・主張 韓国古代の武術コハプト(Guhapdo)として世界各地で道場を開いて広報活動をしている。 正統武芸道場 正気館のイム・ヒョンス(林鉉洙)が「我々はいままで多くの物を日本に奪われました。 今は我々の物を取り戻すべき時だと思います。 居合道も高麗時代日本に渡っていった我々の剣術に過ぎません 我が国には新羅時代の花郎徒以前にも居合道という武術がありました。 日本が国宝にしている七支刀も実際は百済の刀です。 」と主張している。 ・事実 居合(抜刀術)は室町時代に本格的に体系化されたものであり、居合道は明治時代末期になってから「武術」を「武道」化したものである。 七支刀は儀礼用のものであり剣術とは関係がない。 また、イム・ヒョンスは何か誤解しているようだが日本側は別に七支刀が百済由来のものであると言うことを否定しておらず、むしろ百済由来だからこそ国宝に指定されている。 ・主張 剣道と同じように日韓併合時代に日本から韓国に伝わった日本文化であるが、Yudo(「ユド」と発音。 柔道の朝鮮語音)の名で海外で普及活動が行われており、全米ユド協会(United States Yudo Association)はその公式ホームページにおいて、柔道の起源を朝鮮半島にあるとし、「柔道は豊臣秀吉の朝鮮出兵で日本に伝わりその後朝鮮半島では柔道は廃れ、20世紀になって日本から再輸入された」と主張している。 ・事実 日本の体術の伝統は、文献によれば『宮中行事秘事』に伝えられる聖武天皇の神亀3年(726年)に行われたとされる相撲節会に遡ることができ、組討や、人を捕らえるための捕手などと呼ばれた武技がすでに行われていたことが確認できる。 柔術と確認できる最古の源流としては天文元年(1532年)に竹内久盛が開眼し、子竹内久勝が広めた竹内流武術がある。 江戸期には多くの流派が存在しており、明治期に嘉納治五郎が合理的な近代体術として整理体系化し、人間修養の精神を取り入れ「柔道」と呼称したものである。 ・主張 韓国では、テコンドーの起源は三国時代以前から始まるテッキョンであると公式に認定されており、海外でも「韓国古来の武道」として普及に努めている。 また、日韓併合時代にテッキョンが抹殺されたが、韓国がテコンドーとして復活させたとまで主張している。 さらに韓国の一部には空手の起源をテッキョンに求める言説すらあり、韓国の釜山で開催された2002年アジア競技大会では、韓国人で構成される大会組織委員会が、公式サイトに韓・日・中・英の4ヶ国語で「空手の起源はインドで唐の時代に中国と韓国に伝わり、その後韓国が日本に伝えた」と記述し日本側が抗議するという事態が発生した。 ・事実 空手は琉球から日本本土に伝わったもので、テコンドーは戦後に空手を参考にして新たに作られたものである。 また、韓国が国技院副院長が明らかにしたところによると、「テコンドーの起源を三国時代以前とすることが一般的だが、 歴史的想像力を動員してもそれには無理がある。 中国から日本へ入り、日本が改良して韓国へ入ってきた。 テコンドーは空手の変形である。 私も創始期にはテコンドーの起源をテッキョンとして本を執筆したことがあるが、海外に普及させる過程で昔からあった韓国の伝統武術だとすれば名分が立つからである。 」と告白している。 ・主張 韓流ファンのフランスの若者が組織し、駐仏韓国文化院と韓国観光公社パリ支社と農水産物流通公社が後援して韓国文化を国際的に紹介する「Korean Connection 2011」が、「忍術は4世紀に朝鮮半島から日本に導入された韓国起源の武術」「多くのコリアンが忍者の里の甲賀や伊賀に移住した」と主張し、忍術をパリで公演している。 また、韓国系移民がイタリアで運営する「スルサ道場」が、新羅軍の「花郎」の中にある特殊部隊「スルサ」が忍者の起源であると主張している。 この中で「幾人かのスルサ戦士が日本に亡命し、日本の忍者の理論にアイデアを提供した」「スルサドーを含むすべての韓国マーシャルアーツに見られる瞑想テクニックは、日本の忍術の秘技のなかに残っている。 」「日本のマーシャルアーツは太平洋戦争でいち早く有名になっただけ」と主張している。 ・事実 これらの韓国起源説は、各種メディアに登場する、派手な武術を使ったり、忍法で変身したりする、空想上の「忍者」を思い描いて自説を主張しており、実在した忍者に対する基本的な認識が間違っている。 実在した忍者は派手な特殊部隊や戦闘員というより極めて地味な諜報員や傭兵であった(実際の忍者が行ったのは「変身」ではなく「変装」)。 忍術も起源説で主張されている「武術」や「マーシャルアーツ」の側面よりも諜報活動を円滑に行うための技術の集大成というべきものであり、「忍術=戦闘技術」と言う認識にも問題がある。 そして「花郎軍事組織説」自体が否定されているので朝鮮半島に「スルサ」という戦闘組織が実在した信憑性も薄い。 ・主張 『朝鮮新報』は「茶においては1千年前の新羅の時代の礼法がほとんどそのまま日本に取り入れられた」と主張している。 また、茶道の祖の千利休の祖父が千阿弥と名乗ったことからその名をとって千姓と名乗っていたことから千利休を朝鮮人と主張していた。 ・事実 茶を飲む習慣は遣唐使により中国から伝えられたものという説が有力であり、茶を飲む行為を哲学や教養や総合芸術にまで高めた茶道という文化は室町時代に体系化した日本起源のものであり、韓国の「茶禮(タレ)」とは全く関係がない。 日本における茶を飲む(喫茶)の習慣は渡来した当時はそれほど普及せず、一度は廃れてしまったが鎌倉時代になって禅宗が広まったのをきっかけとして復活した。 茶の栽培もその時期に普及し、茶を飲むと言う習慣は一気に広まった。

次の