きゅうりのキューちゃん アレンジ。 「きゅうりのキューちゃん」を使った人気アレンジレシピ5選

簡単!大量消費に手作りきゅうりのキューちゃんの作り方

きゅうりのキューちゃん アレンジ

夏野菜といえばきゅうり。 家庭菜園できゅうりを育てている方は多いですよね。 一度採れ始めると次から次へと採れるきゅうり。 大量のきゅうりの消費に困っていませんか? 他にも、ご近所さんから巨大きゅうりをいただいたりして食べるのに困っているかもしれません。 我が家の場合、旦那の実家が農家なので、夏になると袋にいっぱいの大量のきゅうりをいただきます。 大量の巨大おばけきゅうりの消費は、きゅうりの漬物がおすすめ! 市販品のきゅうりの漬物と言えば、きゅうりのキューちゃん。 甘辛くてポリポリした食感で人気の漬物です。 ご飯のお供やおつまみに、知らない人はいないほどのロングセラー商品ですよね。 でも、市販のきゅうりのキューちゃんは中国産のきゅうりを使っているらしいので、安心してたくさん食べるには、やっぱり手作りが一番です! 辛いものが食べられない子どもや薄味にしたいといった味の調整もできるので、きゅうりを大量消費できる簡単に手作りできるきゅうりのキューちゃん漬けの作り方をご紹介します。 きゅうりのキューちゃん手作りレシピ 材料• きゅうり 1kg(大きめのきゅうり7~8本)• 塩 小さじ1• しょうゆ 300cc• 砂糖 200cc• 酢 50cc• しょうがを千切りにする。 常温に戻ったら完成。 冷蔵庫で一晩おくと味がよくしみこみます。 漬かり過ぎるので好みの味の濃さで汁から取り出してください。 辛いのがお好きなら、鷹の爪をしょうがと一緒にいれます。 辛さは調整してください。 今回は、1回目に冷ました後、鍋を二つに分けて、一つの鍋に鷹の爪を入れました。 手作りきゅうりのキューちゃんの賞味期限 瓶に入れて密閉しておけば1ヶ月くらい、ふつうにタッパーに入れた状態なら2週間くらいはもちます。 もちろん冷蔵庫で保管してください。 冷凍保存もできますが、パリパリ感がなくなり、味も落ちるため、できれば食べきってしまったほうがいいです。 手作りきゅうりのキューちゃんを食べた感想 まず、パリパリとした食感がいいですね! きゅうりにしみ込んだ醤油のタレが噛めば噛むほどしみだしてきて、ピリッと効いたしょうがの風味が食欲をそそります。 暑くて食欲がない時も、このきゅうりのキューちゃんがあればついついごはんを食べすぎてしまうほど。 5歳の次男は、しょうがのピリッとした感じが苦手なのですが、この手作りきゅうりのキューちゃんはおいしい!といってパクパク食べてくれます。 もうちょっと辛みが欲しい場合は、鷹の爪をお好みで入れるとさらに食欲をそそります。 また、辛いキューちゃんはおつまみにもぴったりで、ビールのお供にしています。 まとめ きゅうりが大量に採れた、きゅうりが大きすぎて食べ方に困っている、近所の人から大量のきゅうりをもらって困っている。 そんな悩みをお持ちの方は、簡単に大量消費できる手作りきゅうりのキューちゃんを作ってみてはいかがでしょうか。 あまりのおいしさに病みつきになりますよー!!.

次の

【みんなが作ってる】 キューちゃん アレンジのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

きゅうりのキューちゃん アレンジ

パスタからパンにまで合う!?『きゅうりのキューちゃん』はアレンジ自在だった! きゅうりのキューちゃんは長い歴史を持ち、きゅうりの漬物というカテゴリーにおいて高いシェア率を誇る。 ここでは、きゅうりのキューちゃんとはどのような商品なのかを詳しく解説し、ごはんとの合わせ方やごはん以外の食品とのアレンジ法などについて紹介していきたい。 きゅうりのキューちゃんとは きゅうりのキューちゃんは東海漬物から販売されているきゅうりの漬物である。 ・きゅうりのキューちゃんの誕生と特徴 きゅうりのキューちゃんが誕生したのは1962年。 ロングセラーの秘密は消費者の期待に応える企業努力によるものであろう。 特徴としては、低塩化への取り組みが挙げられる。 初期の商品は塩分含有量が10. さらに、きゅうりのキューちゃんには保存料や合成着色料が使用されていない。 安全性の高い食品へのニーズが高まる時代背景に対応し、常に進化し続けるきゅうりのキューちゃんは、減塩傾向の時代にも対応可能な「美味しい漬物」の期待の星といえるだろう。 ・きゅうりのキューちゃんの食材へのこだわり きゅうりのキューちゃんの主役はなんといってもきゅうりだ。 商品には中国で栽培されている「四葉(スウヨウ)」というきゅうりが使用されている。 海外産と聞くと不安に感じる人もいるかもしれないが、栽培中は東海漬物のスタッフが産地を訪れて生育状況などをしっかりと管理しているので安心である。 きゅうりのキューちゃんには、風味付けに生姜が使われている。 生姜は四国の土佐地方で栽培されている「土佐一」で、香りと風味がマイルドなのが特徴だ。 生姜には活性酸素の発生を抑えたり、血液を健康な状態に保ったりする効果が期待される「アントシアニン」というポリフェノール成分が含まれており、健康効果にも注目したい。 きゅうりのキューちゃんの食べ方 2020年現在では、定番商品のきゅうりのキューちゃんのほかに、「こつぶキューちゃん」というごはんに混ぜて使うのに適した商品もある。 通常のきゅうりのキューちゃんだけではなく、こつぶキューちゃんが仲間入りしたことで料理のアレンジはさらに広がったようだ。 ここではごはんに合わせたキューちゃんの食べ方を紹介していきたい。 ・しらすを合わせてごはんにのせる ごはんにしらすときゅうりのキューちゃんを混ぜ入れて、きゅうりのキューちゃんの調味液も適量加える。 器に盛って、白ごまをふりかければ混ぜごはんの完成だ。 ・薬味でさわやかな香り付けの出汁茶漬け 大葉とミョウガを千切りにしてごはんにのせ、さらにきゅうりのキューちゃんをのせる。 きゅうりのキューちゃんの調味液を加え、熱い緑茶をかければ薬味のきいた出汁茶漬けとなる。 ・簡単!おにぎらずの具にもぴったり 握らないおにぎりとして人気のおにぎらず。 きゅうりのキューちゃんはおにぎらずの具材としてもおすすめである。 きゅうりのキューちゃんを粗く刻んで、卵焼きやカニカマと一緒にごはんにのせて挟む。 外側に焼き海苔を巻いて完成させる。 きゅうりのキューちゃんのアレンジ方法 きゅうりのキューちゃんは漬物なので、「ごはんと合わせるもの」と考えてしまいがちだが、ほかの食品と合わせても美味しく食べられる。 ・パンと合わせてホットドック風に ホットドックのピクルス代わりにきゅうりのキューちゃんを使用した食べ方。 ホットドック用のパンをトースターで焼いて切り目を入れ、レタスと粗く刻んだきゅうりのキューちゃん、茹でたウインナーをはさんでマスタードを絞れば「キューちゃんドッグ」の完成だ。 ・簡単タルタルソース こつぶのきゅうりのキューちゃんを使用する。 マヨネーズと同量のきゅうりのキューちゃんを合わせるだけで完成の簡単なレシピだ。 エビフライや魚のフライに付けて食べたり、バケットなどにのせたりしても美味しい。 ・きのこたっぷり和風パスタ きゅうりのキューちゃんはパスタの具材にも活用できる。 具材はきゅうりのキューちゃんのほか、玉ねぎ、ベーコン、きのこ類などが合う。 茹でたパスタと具材を合わせ、パスタの茹で汁と昆布茶、きゅうりのキューちゃんの調味料で味付けをして完成だ。 結論 きゅうりのキューちゃんはただ漬物として食べるだけでももちろん美味しいが、ごはんやパン、パスタなどさまざまな食品と合わせてアレンジを楽しむことが可能である。 長い歴史で信頼の厚いきゅうりのキューちゃんの食べ方の幅を広げて、普段の食事に変化をつけてみてはいかがだろうか。 【関連記事】•

次の

キューちゃんの簡単レシピを公開!お家ですぐに作れるコツを紹介

きゅうりのキューちゃん アレンジ

夏野菜といえばきゅうり。 家庭菜園できゅうりを育てている方は多いですよね。 一度採れ始めると次から次へと採れるきゅうり。 大量のきゅうりの消費に困っていませんか? 他にも、ご近所さんから巨大きゅうりをいただいたりして食べるのに困っているかもしれません。 我が家の場合、旦那の実家が農家なので、夏になると袋にいっぱいの大量のきゅうりをいただきます。 大量の巨大おばけきゅうりの消費は、きゅうりの漬物がおすすめ! 市販品のきゅうりの漬物と言えば、きゅうりのキューちゃん。 甘辛くてポリポリした食感で人気の漬物です。 ご飯のお供やおつまみに、知らない人はいないほどのロングセラー商品ですよね。 でも、市販のきゅうりのキューちゃんは中国産のきゅうりを使っているらしいので、安心してたくさん食べるには、やっぱり手作りが一番です! 辛いものが食べられない子どもや薄味にしたいといった味の調整もできるので、きゅうりを大量消費できる簡単に手作りできるきゅうりのキューちゃん漬けの作り方をご紹介します。 きゅうりのキューちゃん手作りレシピ 材料• きゅうり 1kg(大きめのきゅうり7~8本)• 塩 小さじ1• しょうゆ 300cc• 砂糖 200cc• 酢 50cc• しょうがを千切りにする。 常温に戻ったら完成。 冷蔵庫で一晩おくと味がよくしみこみます。 漬かり過ぎるので好みの味の濃さで汁から取り出してください。 辛いのがお好きなら、鷹の爪をしょうがと一緒にいれます。 辛さは調整してください。 今回は、1回目に冷ました後、鍋を二つに分けて、一つの鍋に鷹の爪を入れました。 手作りきゅうりのキューちゃんの賞味期限 瓶に入れて密閉しておけば1ヶ月くらい、ふつうにタッパーに入れた状態なら2週間くらいはもちます。 もちろん冷蔵庫で保管してください。 冷凍保存もできますが、パリパリ感がなくなり、味も落ちるため、できれば食べきってしまったほうがいいです。 手作りきゅうりのキューちゃんを食べた感想 まず、パリパリとした食感がいいですね! きゅうりにしみ込んだ醤油のタレが噛めば噛むほどしみだしてきて、ピリッと効いたしょうがの風味が食欲をそそります。 暑くて食欲がない時も、このきゅうりのキューちゃんがあればついついごはんを食べすぎてしまうほど。 5歳の次男は、しょうがのピリッとした感じが苦手なのですが、この手作りきゅうりのキューちゃんはおいしい!といってパクパク食べてくれます。 もうちょっと辛みが欲しい場合は、鷹の爪をお好みで入れるとさらに食欲をそそります。 また、辛いキューちゃんはおつまみにもぴったりで、ビールのお供にしています。 まとめ きゅうりが大量に採れた、きゅうりが大きすぎて食べ方に困っている、近所の人から大量のきゅうりをもらって困っている。 そんな悩みをお持ちの方は、簡単に大量消費できる手作りきゅうりのキューちゃんを作ってみてはいかがでしょうか。 あまりのおいしさに病みつきになりますよー!!.

次の