ホンダ タクト。 タクト カスタムまとめ

タクト カスタムまとめ

ホンダ タクト

その本には日本で購入できる200台のスクーターが載っているのですが、下は50cc原付から上は850ccのイタリア製スクーターまでの、人気車種のGPSロガーを使った加速データが書いてありました。 GPSロガーを使うことでハッピーメーター(実際のスピードよりも速く表示されるメーター。 加速が良いように見せかける効果がある)の車種とそうでない車種を、公平に速度記録できるのです。 距離は1000mで、50m・100m・200m・400m・1000m地点での加速タイムと速度が書いてありました。 原付50cc部門はホンダタクト・ホンダダンク・スズキレッツ・ヤマハジョグZRの4台でした。 この4台の中で一番車重が軽いのはスズキのレッツで、なんと69kg! 他の3台は80kg前後なので、スズキのブッチぎりかと思いきや・・・・。 最速はホンダダンク!50m地点から1000m地点まで全てトップでタイム的にもブッチぎりです。 他は水冷4. 5psなので、唯一の空冷4. ジョグは83kg馬力4. 5psトルク0. 43kgf. m、ダンクは81kg馬力4. 5psトルク0. 42kgf. mと、車重はダンクの方が軽いけどトルクはジョグの方が良い、ということでエンジン特性とタイヤの太さの差が表れたようです。 eSPエンジンは低中速トルクに優れているので、加速時と巡航時のエンジン回転数も抑えられて、音も静か振動も少ないなどメリットが多いです。 ダンクの実用燃費は50km前半から後半、タクトは60km弱から半ばということで、ダンクはタイヤを太くして燃費を落とす代わりに加速重視に、タクトは加速を犠牲にして強烈な燃費を獲得しているのです。 どちらが良いか?それは使用者次第ですが、ダンクはタクトと比べて足元に余裕があります。 斜めの足置きの部分がタクトよりも幅広で、ペラペラのフロントカウルが迫っていて上を強く踏んだら割れそうなタクトと違い、安心して足を置けるんです。 同じ姿勢で長距離走行していると疲れるので、足元の自由度が高い方が嬉しい。 タイヤが太くて安定感があり、加速力に優れディスクブレーキ採用するダンクの方が、長距離走行は楽なのは間違いないです。 リアキャリアがオプションで前カゴが装着できなくても、23Lというメットインがあれば、軽い買い物ならカバーできる。 ダンクの加速力がダントツなので、もしかしたら原付二種の110ccとそんなに変わらないんじゃないかと思って、同じホンダのディオ110を見てみると・・・? 5秒680・8秒696・13秒817・22秒533・46秒371と流石に50ccをブッチぎりです。 1000m地点ではダンクの60. 更にリード125になると・・・? 5秒249・8秒130・12秒971・21秒196・43秒481と更に速い。 1000km地点では99. ちなみに新愛車のヤマハのルビアスgtxは、加速タイムは計っていませんが、リード125よりも13kg軽いので更に速いです。 50ccだけしか乗っていなければ、ディオ110でも充分パワフルだと思いました。 参考にさせていただいた「2016年〜2017年最新スクーターのすべて」は、株式会社三栄書房から出版されていて、926円+税の値段でした。 この本には50cc・110cc・125cc・150〜230cc・250cc・500ccオーバーの人気車種の加速データが載っています。 人気のpcx・アドレスV125や変わり種のトリシティ125、バーグマン200やスカイウェイブ250、VESPA GTS250や台湾スクーターなどの外車まで、全23車種の加速を表で比べて見れるので、とても参考になりました。 日本で購入できる正規販売のスクーターだけではなく、ホンダ・ヤマハ・スズキの逆輸入のスクーターまで見れて、とても見応えがあります。 実燃費データコーナーだけはタクトがリッターあたり50. 50km、リード125が41. 76kmと妙に悪く怪しいところですが、乗り方と田舎か都会かや信号の多さ次第なので参考程度に留めておいた方が良いです。 毎日摺り切れるほど読んでいてオススメの本です。

次の

タクト(ホンダ) 中古バイク一覧|新車・中古バイクなら【グーバイク】

ホンダ タクト

シンプルだが、便利で満足度の高い ホンダの新たなスタンダード原付スクーター 1980年に初代モデルが登場するやいなや、瞬く間に大ヒットとなり、以来何度もモデルチェンジを繰り返しながらロングセラーとして、ホンダを代表する原付スクーターとなったのがタクトである。 そんな往年の名車の名前を受け継いで、新たに登場したのがこの新生タクトだ。 新型の開発に当たっては、幅広い層が手軽に扱え、高い機動性と経済性を兼ね備えた「ニュースタンダードスクーター」を目指したという。 早速、その装備や走りをチェックしていこう。 ホンダ タクトの特徴 飽きのこないデザインと 必要十分なユーティリティ 外観はシンプルで落ち着きのあるスタイルで、ややボリューミーで張りのある大きな曲面を基本としつつ、厚みのある立体的なデザインとなっている。 このスタイリングについて、ホンダでは「安心感」をテーマにして、親しみやすいイメージを持たせたのだという。 少し丸みを帯びたヘッドライトにビルトインされたウインカーというオーソドックスなフロントビューは、言われてみれば確かに、大胆な主張はないが、日常に溶け込みやすい、飽きのこないデザインといえる。 シートに座ってみると、見かけよりもポジションはゆったりしたもので、特に足元がフラットで広い印象だ。 シート高は720mmと、足着き性のいいものになっているが、バリエーションモデルとしてさらに15mmシートの低い「タクト・ベーシック」も用意され、小柄な女性などにも配慮している。 シート下のラゲッジボックスは20L(タクト・ベーシックは19L)を確保。 深い形状でヘルメットはもちろん、A4のファイルがそのまま入る大きさとなっている。 また、500mlのペットボトルが余裕で入るインナーラックや折り畳み式の大型フックを装備するなど、収納力も十分。 特にフックはリング状で安心感があり、持ち手の太いバッグなども掛けられる大きさなので便利だ。 標準装備のリアキャリアにはU字ロック 別売)を収納するスペースも設けてあるなど、細かい使い勝手もよく考えられている。

次の

「ホンダ ダンク」と「ホンダ タクト」の違いを比較

ホンダ タクト

2015年1月23日に「タクト」が新発売。 型式は、JBH-AF75 タクトの8代目モデル。 原付スクーター市場の再活性化を目指すため、ネーミングを復活させたモデル。 JBH-AF74型ダンクと基本コンポーネンツを共用する姉妹車。 eSPのエンジンを採用。 製造はベトナム。 車体色は、全3色 キャンディーノーブルレッド、パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック の設定。 2016年2月12日にカラーチェンジ。 生産をベトナムから熊本製作所に移管。 型式は、JBH-AF79 車体色は、新色2色 クラシカルホワイト、マホガニーブラウンメタリック と継続色1色 キャンディーノーブルレッド の全3色の設定。 2017年10月17日にマイナーチェンジ。 型式は、2BH-AF79 平成28年排出ガス規制対応とカラーチェンジ。 車体色は、新色1色 ヘビーグレーメタリック-U と継続色1色 キャンディーノーブルレッド の全2色の設定。 2019年2月15日にカラーチェンジ。 車体色は、新色1色 マットバリスティックブラックメタリック と継続色1色 へビーグレーメタリック-U の全2色の設定。 ホンダ タクトベーシックの歴史 2015年1月23日に新発売。 型式は、JBH-AF75 タクトベーシックは、2015年1月16日発売のタクトからアイドリングストップ機構を省略し、シート高を15mm下げたモデル。 車体色は、4色 デリケートブルーメタリック、マホガニーブラウンメタリック、フォースシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック の設定。 2016年2月12日にカラーチェンジ。 生産をこれまでのベトナムから日本の熊本製作所に移管。 型式は、JBH-AF79 車体色は、新色4色 グリントウェーブブルーメタリック、キャンディーアルカディアンレッド、ピーチピンクメタリック、パールフラッシュイエロー と継続色3色 ポセイドンブラックメタリック、マホガニーブラウンメタリック、フォースシルバーメタリック の全7色の設定。 2017年10月17日にカラーチェンジと国内排出ガス規制対応。 型式は、2BH-AF79 車体色は、新色1色 キャンディーブレイズオレンジ と継続色5色 グリントウェーブブルーメタリック、キャンディーアルカディアンレッド、ポセイドンブラックメタリック、マホガニーブラウンメタリック、フォースシルバーメタリック の全6色の設定。 2019年1月25日に「タクト・ベーシック スペシャル」を発売。 受注期間限定で特別なカラーリングが施されたモデルが登場。 車体色は、「ハーベストベージュ」を採用。 2019年2月15日にカラーチェンジ。 車体色は、新色2色 ボルドーレッドメタリック、パールグレアホワイト と継続色4色 ポセイドンブラックメタリック、フォースシルバーメタリック、グリントウェーブブルーメタリック、マホガニーブラウンメタリック の全6色の設定。 ここでは、 2016年2月12日発売のタクト JBH-AF79 と 2016年2月12日発売のタクトベーシック JBH-AF79 の違いを比較しました。 0 12. 3 4. 3 4. 1 0. 1 0. 5L 4. 具体的には、下記の6つが違います。 アイドリングストップシステム 「タクト」で採用している アイドリングストップシステムが「タクト・ベーシック」には搭載していません。 アイドリングストップシステムの評判は、様々です。 使えば燃費は少しよくなりますし、排気ガスも抑えられ、使っている時の静寂性がたまらないという人もいます。 しかし、その分バッテリーを使うのでバッテリーの交換時期が早まり高いバッテリー代を払うことになるので使っていない人も沢山います。 走行中のバッテリー切れが心配という人もいますがタクトには、バッテリーの電圧を検知するシステムがあるのでバッテリーが低下している時は、自動的にアイドリングストップシステムを停止されます。 またタクトには、 キックが付いているので最悪バッテリーが上がってもキックでエンジンを始動できます。 一般的にダブルステッチの方が丈夫)。 俺は、前の原付でシートが剥がれたからシートのステッチの差が気になった。 あとフルフェイスが入るかは、安全性の面で重要だと思った。

次の