シャトルセブン。 シャトル☆セブン 路線図・のりば案内 江戸川区ホームページ

メトロセブン

シャトルセブン

沿革 [ ] 従来から京成電鉄奥戸営業所(現・京成バス奥戸営業所)が担当しており、営業範囲が広大なためにいくつかの操車場を有しながら運行を行っていた。 その後、都営新宿線が開業して同地域への乗り入れを開始したのをきっかけに、1986年10月1日に江戸川営業所として開設された。 JRより南側の江戸川区東側の路線を担当する。 一部路線にはを渡って都県境を越え、・まで達する路線も存在する。 現行路線 [ ] 環七シャトル [ ]• SS07 : ( - ) - - - 古川親水公園 - - 大杉第二小学校 -• SS07 : 葛西臨海公園駅 - 葛西駅 - 古川親水公園 - 一之江駅 - 大杉第二小学校 - 小岩駅• SS07 : 一之江駅 - 大杉第二小学校 - 小岩駅• SS08 : 東京ディズニーリゾート(東京ディズニーシー - 東京ディズニーランド) - 葛西臨海公園駅 - 葛西駅 - 古川親水公園 - 一之江駅 - 大杉第二小学校 - 東交差点 -• SS08 : 一之江駅 - 大杉第二小学校 - 青砥駅東交差点 - 亀有駅• 特急 : 新小岩駅東北広場 - 上一色中学校 - 大杉第二小学校 - 一之江駅 新小岩駅方向のみ停車 - 葛西駅 - 東京ディズニーリゾート(東京ディズニーシー - 東京ディズニーランド) 東京ディズニーリゾートより葛西臨海公園駅に向かい、葛西臨海公園駅からは環七をひたすら北上し、葛西駅・一之江駅を経由し小岩駅・亀有駅方面へ急行運転する。 愛称は「 」。 2007年4月1日に1年間の予定で試験運行を開始し、利用者が定着してきたことから2008年も増便の上で試験運行を継続することとなった。 この試験結果が良好だったため、2009年から本格運行に移行した。 2010年10月からは PTPS を環七の葛西臨海公園入口 - 間で導入している。 試験運行期間中から専用ラッピングのノンステップ車を中心に充当してきたが、2010年・2011年に利用者の増加に応じたダイヤ改正(増便)を実施すると同時に、新車としておよびエルガハイブリッドに専用塗装と装飾を施して充当、2017年には新しいデザインのいすゞ・エルガが導入されている。 運賃は東京ディズニーリゾート - 葛西臨海公園駅間のみ、または葛西臨海公園駅 - 小岩駅・亀有駅間のみ利用の場合は210円、葛西臨海公園駅を越えて乗車する場合は乗車区間により310円または410円。 東京都シルバーパス・都内定期券・都内一日乗車券は葛西臨海公園駅 - 小岩駅・亀有駅間のみ利用の場合は追加運賃なしで利用でき、東京ディズニーリゾートに跨って利用する場合は追加運賃210円を支払うことで利用できる。 小岩駅・亀有駅・東京ディズニーシーから一之江駅の区間便も運行される。 なお、小岩駅から亀有駅に向かうバスは運行しておらず、シャトルセブンのみで小岩から青戸・亀有方面を行き来する際は大杉第二小学校以南での乗り換えが必要になる。 2020年3月30日より系統番号が変更され、環07系統はSS07系統に、環08系統はSS08系統に改称された。 2018年1月14日から新小岩駅 - 東京ディズニーリゾートを結ぶシャトルセブンの派生系統となる特急バスが運行を開始した。 車両は主にエルガハイブリッドとブルーリボンシティハイブリッドを標準色に戻して転用する。 2020年に発生したによる東京ディズニーリゾートの長期休園では、2月29日から6月30日までSS07・08系統は葛西臨海公園駅 - 東京ディズニーリゾート間を休止、特急バスは葛西駅 - 東京ディズニーリゾート間を休止している。 2018年に開業した特急バス E164 篠崎線 [ ]• 小72 : - 東小岩六丁目 - 江戸川病院 - 上篠崎 - - ポニーランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 - 今井 -• 小72 : 小岩駅 - 東小岩六丁目 - 江戸川病院 - 上篠崎 - - ポニーランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 -• 小72 : 小岩駅 - 東小岩六丁目 - 江戸川病院 - 上篠崎 - 新道口 - ポニーランド - 江戸川スポーツランド• 小72 : 江戸川スポーツランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 - 今井 - 一之江駅• 小72 : 江戸川スポーツランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 - 瑞江駅 小岩駅から江戸川沿いに篠崎街道を南下し、瑞江駅・一之江駅方面に向かう。 一里塚 - 内沼付近まで江戸川の土手上を走り、それが特徴の一つと言える。 江戸川区では最古路線の一つであり、現在でも主幹路線の役目を果たしている。 都営地下鉄新宿線の開業前は全便が小岩駅 - 今井を通しで走行し、京成電鉄の最主力路線の一つだった。 その頃は現在の一之江駅付近に今井操車場が存在しており、折返しはここで行っていた。 都営地下鉄新宿線の開通後は主として南部での乗客減少により、江戸川スポーツランド・瑞江駅発着便を新設して効率化を図った。 2012年11月16日に、ルートの変更を含む大規模なダイヤ改正が実施され、小岩駅 - 瑞江駅・一之江駅で運行の便は篠崎駅経由になり、小岩駅 - 江戸川スポーツランドで運行の便は篠崎駅非経由(篠崎街道・新道口バス停経由)に変更された。 また、従来は一之江駅発着便の一部が江戸川清掃工場(別名「くつろぎの家」)を経由していたが、これは廃止された。 2020年4月6日のダイヤ改正で、小岩駅 - 江戸川スポーツランドで運行の便の本数が1日2本程度までに減った。 この直通便、土日は小岩駅方向のみ運行されている。 南小岩線 [ ]• 小73 : - 小岩駅通り - 東小岩一丁目 - 鹿骨三丁目 - 共育プラザ南篠崎 - - 東部区民館入口 - 王子マテリア - 江戸川スポーツランド• 小73 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 東小岩一丁目 - 鹿骨三丁目 - 共育プラザ南篠崎 - 瑞江駅 - 江戸川清掃工場• 小73 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 東小岩一丁目 - 鹿骨三丁目 - 共育プラザ南篠崎 - 瑞江駅 小岩駅からフラワーロードを抜け、東小岩四丁目交差点から柴又街道を一気に南下して瑞江駅へ向かう路線で、小岩駅から瑞江駅まで相互に乗降する場合、この路線が最も早く行けて、且つ本数も多い。 約半数の便はスポーツランド・江戸川清掃工場まで向かうが、小76と同じく小岩駅 - 江戸川スポーツランド間の利用では大幅な遠回りとなるため、乗客の大半は瑞江駅で入れ替わる。 1978年から一部便が鹿骨区民館を経由していたが、同停留所を経由する小76が新設されたことで1997年11月16日に廃止され、さらに小76との重複区間を減らすことを目的に谷河内テニスコート経由へ経路変更している。 2004年4月16日に新設された江戸川清掃工場停留所には操車場が併設されている。 江戸川清掃工場と瑞江駅間の出入便の運行有り。 後述の小76系統と共通 系統番号なし系統 第二南小岩線 [ ]• 小76 : - 小岩駅通り - 二枚橋 - 鹿骨区民館 - 名主屋敷 - 春江町三丁目 - - 古川親水公園 -• 小76 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 二枚橋 - 鹿骨区民館 - 名主屋敷 -• 小76 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 二枚橋 - 鹿骨区民館 - 名主屋敷 - 瑞江駅 - 江戸川清掃工場• 小76 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 二枚橋 - 鹿骨区民館 - 名主屋敷 - 瑞江駅 - 東部区民館入口 - 王子マテリア - 江戸川スポーツランド• 小76:瑞江駅 - 江戸川清掃工場 小岩駅から二枚橋・鹿骨区民館・名主屋敷を経由して一之江・葛西駅方面と瑞江駅方面へ向かう路線。 1980年7月10日に開業した。 鹿骨線 [ ]• 新小71 : - 菅原橋 - 松本弁天 - 鹿骨 - - ポニーランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 -• 新小71 : 江戸川スポーツランド - ポニーランド - 篠崎駅 - 鹿骨 - 松本弁天 - 菅原橋 - 新小岩駅• 新小71 : 江戸川スポーツランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 - 瑞江駅 新小岩駅から鹿骨・篠崎駅を経由して瑞江駅へ向かう。 基本的に瑞江駅発着便とスポーツランド発着便が交互に運行される。 都営地下鉄新宿線開通後も利用者が大変多く、現在でも京成バスの主力路線の一つである。 従来は鹿本橋を経由していたが、現在は鹿骨新橋経由に経路変更されている。 2001年4月1日より、鹿骨五丁目に停車するようになった。 南行徳線 [ ] 南行徳駅を出発する瑞75 E261• 瑞75 : 江戸川スポーツランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 - 今井 - - ハイタウン塩浜• 瑞75 : 江戸川スポーツランド - 王子マテリア - 東部区民館入口 - 今井 - 南行徳駅 - ハイタウン塩浜 -• 瑞75 : 南行徳駅 - ハイタウン塩浜 - 新浦安駅• 瑞75 : 南行徳駅 - ハイタウン塩浜 江戸川スポーツランドから篠崎街道を南下して今井橋を渡って千葉県に入り、南行徳駅を経由して新浦安駅に向かう路線である。 一部千葉県内を走行するため、距離により運賃が異なる。 なお、運賃は先払いなので、乗車時に乗務員へ降車停留所を申告して支払うこととなる。 東京都シルバーパスと都区内一日乗車券は江戸川スポーツランド - 今井間で利用可能(乗車時に東京都シルバーパスまたは都区内一日乗車券を利用し、かつ千葉県内へ乗り越した場合は、降車時に乗務員へ申告した上で、別途運賃を支払ってから降車する)。 なお、ハイタウン塩浜始発便と新浦安駅始発便ではハイタウン塩浜の停留所の位置が異なる。 南行徳線では都内均一運賃区間との乗り継ぎ定期券が設定されていたが、2020年3月31日をもって発売を終了した。 区役所線 [ ]• 篠01: - 篠崎七丁目 - 鹿骨区民館入口 - 大杉一丁目 - 江戸川区役所 - 新小岩駅東北広場• 篠01:江戸川スポーツランド - ポニーランド - 篠崎駅 - 篠崎七丁目 - 鹿骨区民館入口 - 大杉一丁目 - 江戸川区役所 - 新小岩駅東北広場 2006年7月19日に江戸川区東部の篠崎駅から鹿骨・大杉を経由して江戸川区役所を結ぶ路線として開業。 2013年2月16日から一部の便が新小岩駅東北広場への乗り入れを開始。 2015年7月15日をもって江戸川区役所までの区間便の設定が無くなる。 この路線だけ、区役所停留所が庁舎の裏手に位置している。 本数は平日1時間平均で1本程度、土休日は大幅に本数が減り日中4時間程度間隔が空いてしまう時間帯がある。 臨海病院線・西瑞江線 [ ] 臨海病院線専用車 E401• 瑞江駅 - 瑞江コミュニティ会館 - 一之江駅西口 - - 東京臨海病院• 江戸川スポーツランド - 瑞江駅 - 瑞江コミュニティ会館 - 一之江駅西口 - 葛西駅 - 東京臨海病院• 瑞江駅 - 瑞江コミュニティ会館 - 一之江駅西口 葛西駅 - 東京臨海病院を結ぶ直通バスとして2006年6月1日に新設された。 葛西駅 - 東京臨海病院に途中停留所の設置は無く、専用の系統番号も付けられていない。 葛西駅では駅の構造の関係で中央口側のバスターミナルを使い、病院行きは葛西駅 - 葛西区民館 - 葛西中央通り方面を経由する遠回り経路となっている(病院発は清砂大橋通り - 環七経由で葛西駅へ向かう)。 2015年3月28日に西瑞江線が新設され、臨海病院線のバスが出入庫の1日1往復のみ(休診日を除く)西瑞江線を経由する形で直通運行をするようになった。 その1年後、2016年3月28日から診療日は全便が瑞江駅と東京臨海病院を通しで運行するようになり、そのうち平日2往復、土曜日 診療日 1往復は出入庫便として江戸川スポーツランドと東京臨海病院を結んでいる。 休診日と土曜日の診療時間帯以降は午後におよそ1時間間隔で瑞江駅 - 一之江駅西口の西瑞江線単独で4往復運行している。 瑞江駅方面東京臨海病院方面共に一之江駅西口ではA1出口付近ロータリーにある専用のバス停1ヶ所より発車する。 臨海病院線の車両はから寄贈されたステップリフト付きの(E401号車)が専属で充当され、点検時は一般中型車で代走する。 2017年夏頃からE401号車の空調設備などの不具合が増え、一般中型車による代走の機会が多くなっている。 西瑞江線単独運行の場合は一般中型車で運行するが大型車による代走の実績もある。 新タワー線 [ ] 吾妻橋を渡ってきた新小59 E501• 新小59:新小岩駅東北広場 - - 浅草雷門 - 浅草寿町(と共同運行)• 2012年5月28日 : 運行開始。 2013年3月31日より「新小岩公園」「入口」「香取神社前」停留所を新設。 新小岩駅東北広場から東京スカイツリータウン、浅草まで向かう路線。 観光路線の意味合いが強い。 なお、2019年4月以降、京成バス運行便は正月3が日のみとなり、通常は京成タウンバスのみの運行である。 小岩菖蒲園直通バス [ ]• 臨時:小岩駅 - - 東小岩六丁目 - 小岩菖蒲園 付近の河川敷にある小岩菖蒲園と小岩駅を結ぶ臨時系統。 毎年6月に開催される小岩菖蒲園まつり会期中の土曜・日曜に運行される。 会期中は小岩菖蒲園前に臨時停留所が設置され、小岩菖蒲園のラッピング装飾を施された車両が専用車として就役する。 2020年はで小岩菖蒲園まつりの開催が中止になったため、直通バスの運行は行われなかった。 詳細は「」を参照 ZOZOマリンスタジアムにてプロ野球開催日に運行される臨時バス。 東京メトロ総合研修訓練センター行きシャトルバス [ ]• 貸切: - ( 無停車)- 東京メトロ新木場車両基地内にある総合研修訓練センターへの送迎バス。 毎年長期休暇には親子向けに施設見学会が開催されており、その際は一般見学者も乗車可能である。 廃止・移管路線 [ ]• 小73 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 東小岩一丁目 - 鹿骨三丁目 - 鹿骨区民館 - 共育プラザ南篠崎 - 瑞江駅 - 東部区民館入口 - 王子製紙 現・王子マテリア - 江戸川スポーツランド• 小73 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 東小岩一丁目 - 鹿骨三丁目 - 鹿骨区民館 - 共育プラザ南篠崎 - 瑞江駅 - 江戸川清掃工場• 小73 : 小岩駅 - 小岩駅通り - 東小岩一丁目 - 鹿骨三丁目 - 鹿骨区民館 - 共育プラザ南篠崎 - 瑞江駅• 1997年11月16日に小76が新設されたため、全便が鹿骨区民館非経由となった。 船31 : 船堀駅 - 葛西工業高校 - 一之江駅 - 大杉三丁目 - 松本弁天 - 鹿本中学校 - 小岩駅通り - 小岩駅(と共同運行)• 船堀駅に開設された総合区民ホールへのアクセスとして、1999年12月15日に1年間の試験運行として新設された。 2000年に奥戸から移管されたが利用者が定着せず、試験期間が終了する2000年12月15日に廃止された。 二階02 : 葛西臨海公園駅 - 葛西駅 - 一之江駅 - 小岩駅(都営バス臨海営業所と共同運行)• 江戸川区の委託を受けて1989年10月から運行を開始した。 を3台使用し、そのうち1台が京成の担当だった。 2000年9月に廃止された。 新高01:新小岩駅東北広場 - 奥戸消防署 - 高砂一丁目(京成タウンバスと共同運行)• 葛飾区の社会実験路線として2015年10月18日運行開始。 2016年3月27日までの土休日のみの運行であり8時台から19時台に20分間隔で、京成バスと京成タウンバスが交互に運行していた。 車両は中型車を使用。 2016年3月27日の運行期間終了に伴い廃止された。 (平成25年)に実施されたのダイヤ改正までの暫定措置として、同年 - の木・金曜日深夜に運行された深夜バスである。 東京メトロ東西線の東陽町駅行き最終列車に接続して運行され、東京メトロ東西線のダイヤ改正後はこの最終列車がまで延長されるため、運行は終了した。 2012年12月13・14・20・21日には、東陽町駅から葛西駅を経由してと篠崎駅へ行く深夜バスが運賃無料で試験運行された。 この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 過去にはの配置もあり、主に新タワー線の京成バス担当便で使用されていたが、中型車の新車導入で他の中型車同様、区役所線や西瑞江線などの運用へ移った後に転出となった。 2018年現在、一般路線用の車両は臨海病院線の専用車を除き全ていすゞ自動車製に統一されている。 2019年にはドライバー異常時対応システム EDSS を搭載したいすゞ・エルガ 2DG-LV290N3 が導入された。 それまでの車両との外見上の差は行先表示が白色LEDになったことだけであり、テールランプのLED化はされていない。 環七シャトル専用車はノンステップ車が使用されている。 2007年度は「試験運行中」と書かれたマスクを前面に提出していたが、2008年度から専用車はピンク地に「Shuttle 7」と書かれたラッピング装飾が施されている。 はLED式から液晶ディスプレイに交換され、によるニュースや地元企業・団体の映像広告も表示されるようになった。 2010年には日野・ブルーリボンシティハイブリッドが4台加わり、2012年にはエルガハイブリッドが加わっている。 2017年には新しいデザインの車両が導入されており、その後環七シャトル用の車両は特急用に日野・ブルーリボンシティハイブリッドといすゞ・エルガハイブリッドを残した他は全て新しいデザインの車両に置き換えられた。 2019年に、残っていた日野・ブルーリボンシティハイブリッド3台もいすゞ・エルガ 2PG-LV290Q2 と環七シャトルから転用された、いすゞ・エルガハイブリッド QQG-LV234N3 に置き換えられた。 3台導入された車両のうちの1台、E713号車は特急仕様となっている。 このほかに貸切車としていすゞ・エルガの標準尺車が、イオン葛西店の送迎用としてが3台配置されている。

次の

セブンシャトルのホームページへようこそ♪

シャトルセブン

初めての方はこちらへ。 ・・・練習予定表。 体育館への道案内もあります。 ・・・・・・イベント予定。 大会結果もあれば載せます。 ・・・・・・メンバーのアルバム集。 大会のが多いです。 ・・・・・・レベルアップできる?オススメ動画の紹介。 ・・・・・・・ リンクの紹介。 会長のブログなんかもあります。 ・・・・・・・メール。 会長への連絡等に使って下さい。

次の

シャトル☆セブン 路線図・のりば案内 江戸川区ホームページ

シャトルセブン

概要 [ ] 主に=都市計画道路環状7号(都道318号)の地下を利用する。 当計画の名称はここからとられた。 当初の・・の各地域を結ぶ構想から、現在では足立区西側に隣接する北区の赤羽駅まで延伸の上、同駅より西部地域を環状に結ぶと連絡し、の外周部を相互に連絡する鉄道計画に発展した。 現在、JRとJRの間にはがないため、新たな環状鉄道を作ることで以下の効果が見込まれている。 山手線と武蔵野線の間の環状鉄道空白地帯の解消• 環状方向の移動利便性の向上• 既存鉄道の混雑緩和• 設置駅(想定) [ ] 促進協議会が挙げている設置駅は以下の通り。 当然これは暫定的な方針であり、今後の計画の進展によっては変更されることも大いにありうる。 ( 強調表記は結節駅。 それ以外は中間駅)• (()、、、、)• 江北陸橋付近 (環七を迂回してと結節する案もある)• (、)• 梅島陸橋付近• (:環七から1km程度離れており、迂回が必要である)• 大谷田陸橋付近• (JR)• (、)• 地区 (JR - 間:現在ここに総武本線の駅は存在しない。 メトロセブン開業に向けて新駅を設置した場合)• 環七-交差点付近• 環七-交差点付近• (東京メトロ)• (JR) 課題 [ ] 環状七号線沿いは非常に大きな需要(後述)があるものの、ビルなどが建ち並んでおり、用地買収などの問題から地下路線にせざるを得ない。 地下路線となれば、総工費は1. 5兆円を超え、もし銀行などから返済期間30年の借入金で建設したとしても、年間の利益は返済額を約430億円下回り債務超過に陥る。 莫大な総工費を減らすため、車両をとしトンネルを小さくするのが無難だが、1kmあたりの利用者数はの2倍の利用が予測されており、のように車両を小型化することが難しい。 また、他社路線への乗り入れを考える面でも、リニア地下鉄は避けなければならない。 新路線導入空間となる環状七号線は交差する道路や鉄道と立体交差が多く、それら既存の構造物との空間上の調整を図ると同時に、地下構造物の埋設状況や軟弱地盤の調査などを行う必要がある。 シャトルセブン [ ] 運行されているシャトルセブンのバス。 路線が計画されている江戸川区は、JRや・など、東西方向の鉄道網が発達しているものの、南北方向の鉄道は運行していない。 そのため、南北交通の充実という点で当路線計画に対する期待が高い。 江戸川区では、南北交通の充実という課題を解決するため、2007年からバス路線「シャトルセブン」の試験運行を開始した。 が車両の運行を行い、経由地は当路線計画とほぼ同じで、・ - - - - となっている。 2009年から正式路線として運行を行っている。 その需要の高さから幾度も増便されており、現在もこれ以上の増便が望まれているものの、小岩駅、及び亀有駅のバス停留所でのバスの発着が飽和状態になっており、これ以上の増便は難しい状況となっている。

次の