七夕 折り紙。 七夕飾りの種類と意味を教えて!折り紙に込められた願いとは?

七夕飾りを折り紙で手作り 簡単な作り方8選~吹き出し・笹・短冊・天の川・星など~

七夕 折り紙

七夕にまつわる豆知識 ・ 参考リンク集 七夕飾りの作り方・折り方 リンク集 一般的なあみ飾りや吹き流しなどのほか、織り姫と彦星、星飾り、ハートつづりなどの 折り紙で作るかわいい七夕飾りの折り方が、30種類ぐらい紹介されています。 伝統の七つ飾りである、短冊(たんざく)、吹き流し、折り鶴、投網(とあみ)、屑籠(くずかご)、紙衣(かみごろも)、巾着(きんちゃく)と、くす玉(くすだま)の作り方を図解で紹介されているほか、七夕飾りの意味や歴史も紹介されています。 折り紙やペーパークラフトで作る、たくさんのかわいい七夕飾りや短冊の作り方がまとめられています。 とてもきれいな「くす玉」を、折り紙で簡単に作る方法が紹介されています。 たくさんの種類の千代紙をダウンロード・印刷できます。 千代紙を使って七夕飾りを作るのも素敵です。 たなばた飾りの豆知識 七夕飾りの色(5色)の意味は? 七夕に願い事を書く短冊や吹き流しなどの色は、もともとは、 青、赤、黄、白、紫の五色(ごしき)だそうです。 これは、中国の「五行説(ごぎょうせつ)」という思想からきたもので、五行説とは、 「自然界、人間界の現象をつかさどっているのは、「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素だ」という説です。 ベガ(織り姫)、アルタイル(彦星)、夏の大三角が分かりやすく示された、七夕のころの星空の画像と説明、おりひめ、彦星の探し方などが解説されています。 七夕のレシピ リンク集•

次の

【七夕飾り】折り紙の折り方!織姫と彦星や天の川の簡単な作り方まとめ

七夕 折り紙

最初に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「吹き流し」です。 吹き流しは五色の糸をかたどったもので、織姫のように「機織りが上達できるように」と願いが込められています。 今回は仙台七夕祭りで有名な、くす玉のついた魔よけの吹き流しの作り方を紹介します。 吹き流しはグラデーションの折り紙や透明な折り紙を使うと、風に揺れた時にとても優雅に見えますよ。 作るときは折り紙の他に、ポンポンを作るためのフラワーペーパー、そして吊るすための糸も用意して下さいね。 今回はポンポンですが、折り紙で作った風船等でも大丈夫ですよ。 吹き流しの折り方• 折り紙の色のついた面を上にして、辺を1. 5cm折り下げます• 裏返して、折り下げているふちは避けて、縦に半分に折り筋を付けます• 1回開いて、中心の折り筋に沿って切れ目を入れます• ひらひらする部分ができました• フラワーペーパーを5枚重ねて、半分に切ります• 5枚ずつ細く蛇腹折りをしたものを二つ作り、端を斜めに切ります• 糸で中心をくくり、1枚ずつ丁寧に開いていきます• 丸くきれいに形を整えます• 吹き流しを吊り下げて完成です 3つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「くずかご」です。 画像の一番右に飾られているものがくずかごです。 整理整頓などの「清潔」、「物を粗末にしないように」という心を表しています。 一番最初に作っておくと、飾りを作っているときにゴミが出ても、散らかさずにいられますよ。 くずかごの折り方• 折り紙を三角に折り、さらに半分に2回ずつ折ります• もう一度半分に折り、頂角から垂直にはみ出ている部分を切り落とします• 両側の「わ」の部分を、互い違いになるように左右からはさみで切り込みを入れます。 細く尖った角の方は、切らずに2㎝ほど残します• 切り込みを離しながら、破れないようにゆっくり広げます。 八角形ができていると思います• 中心の部分をつまみ、切り込みを広げるように引っ張ります• 折り紙の中心を下にして、くずかごの完成です。 辺にひもなどを通して縛り、飾り付けます 7つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「織姫と彦星」で、「永遠の愛」を意味しています。 今回紹介する折り方はとても簡単なので、小さなお子さんでも作ることができますよ。 織姫と彦星の折り方:顔編• 黒い紙を半分に切ります• 正方形になるように半分に折り筋を付けます• 上辺の左右の角を、底辺の中心に向けて三角に折り筋を付けます• 裏返して、頂角を内側へ三角に折り、左右の底角を中心の線に向けて斜め上に折り上げます• 裏返して、顔を描いて完成です 織姫と彦星の折り方:着物編• 白い面を上にして折り紙を置きます• 底辺を上辺から少し隙間を空けて、平行に折ります• 裏返して、着物の襟になるように左右の辺を斜めに折って完成です• 着物と顔をのりなどで貼り付けて完成です 最初に紹介する折り紙「七夕飾り」難しい折り方レシピは、「紙衣」です。 「裁縫の上達」、「着るものに困らなくなる」という意味があります。 また、紙の着物は「病気や災難などの厄除け」の意味もあります。 和柄の折り紙で折ると、着物らしく見えて素敵ですよ。 紙衣の折り方• 折り紙を半分に切って、短い辺をのりなどで少し貼り付け、細長い紙を用意します。 白い面を上にして、短い辺が上下になるように折り紙を置いてください。 底辺を細く、平行に2回巻き折りします• 裏返して、巻き折りした辺の中心から左右の角を三角に折り上げます• 三角の頂角から、少し離れた位置から上辺を後ろ側へ折ります• 左右の辺を、巻き折りした部分が出るように観音折りします• 上辺の角の「わ」を、左右それぞれ三角に開いてたたみます• 画像の右側が巾着です。 昔のお財布をかたどっていて、「金運向上」や「商売繁盛」など、「倹約と貯金の心を願うもの」です。 夏らしい涼しげな柄の折り紙で作ると、七夕にピッタリですね。 巾着の折り方• 白い面を上にして、三角に折り筋を付けます• 底辺の左右の角を、内側に少し三角に折り筋を付けます• 頂角の上1枚を左の辺に半分に折り、「わ」の方に折り返して折ります。 裏側も同じように折ります•

次の

【七夕飾り】折り紙の折り方!織姫と彦星や天の川の簡単な作り方まとめ

七夕 折り紙

最初に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「吹き流し」です。 吹き流しは五色の糸をかたどったもので、織姫のように「機織りが上達できるように」と願いが込められています。 今回は仙台七夕祭りで有名な、くす玉のついた魔よけの吹き流しの作り方を紹介します。 吹き流しはグラデーションの折り紙や透明な折り紙を使うと、風に揺れた時にとても優雅に見えますよ。 作るときは折り紙の他に、ポンポンを作るためのフラワーペーパー、そして吊るすための糸も用意して下さいね。 今回はポンポンですが、折り紙で作った風船等でも大丈夫ですよ。 吹き流しの折り方• 折り紙の色のついた面を上にして、辺を1. 5cm折り下げます• 裏返して、折り下げているふちは避けて、縦に半分に折り筋を付けます• 1回開いて、中心の折り筋に沿って切れ目を入れます• ひらひらする部分ができました• フラワーペーパーを5枚重ねて、半分に切ります• 5枚ずつ細く蛇腹折りをしたものを二つ作り、端を斜めに切ります• 糸で中心をくくり、1枚ずつ丁寧に開いていきます• 丸くきれいに形を整えます• 吹き流しを吊り下げて完成です 3つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「くずかご」です。 画像の一番右に飾られているものがくずかごです。 整理整頓などの「清潔」、「物を粗末にしないように」という心を表しています。 一番最初に作っておくと、飾りを作っているときにゴミが出ても、散らかさずにいられますよ。 くずかごの折り方• 折り紙を三角に折り、さらに半分に2回ずつ折ります• もう一度半分に折り、頂角から垂直にはみ出ている部分を切り落とします• 両側の「わ」の部分を、互い違いになるように左右からはさみで切り込みを入れます。 細く尖った角の方は、切らずに2㎝ほど残します• 切り込みを離しながら、破れないようにゆっくり広げます。 八角形ができていると思います• 中心の部分をつまみ、切り込みを広げるように引っ張ります• 折り紙の中心を下にして、くずかごの完成です。 辺にひもなどを通して縛り、飾り付けます 7つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「織姫と彦星」で、「永遠の愛」を意味しています。 今回紹介する折り方はとても簡単なので、小さなお子さんでも作ることができますよ。 織姫と彦星の折り方:顔編• 黒い紙を半分に切ります• 正方形になるように半分に折り筋を付けます• 上辺の左右の角を、底辺の中心に向けて三角に折り筋を付けます• 裏返して、頂角を内側へ三角に折り、左右の底角を中心の線に向けて斜め上に折り上げます• 裏返して、顔を描いて完成です 織姫と彦星の折り方:着物編• 白い面を上にして折り紙を置きます• 底辺を上辺から少し隙間を空けて、平行に折ります• 裏返して、着物の襟になるように左右の辺を斜めに折って完成です• 着物と顔をのりなどで貼り付けて完成です 最初に紹介する折り紙「七夕飾り」難しい折り方レシピは、「紙衣」です。 「裁縫の上達」、「着るものに困らなくなる」という意味があります。 また、紙の着物は「病気や災難などの厄除け」の意味もあります。 和柄の折り紙で折ると、着物らしく見えて素敵ですよ。 紙衣の折り方• 折り紙を半分に切って、短い辺をのりなどで少し貼り付け、細長い紙を用意します。 白い面を上にして、短い辺が上下になるように折り紙を置いてください。 底辺を細く、平行に2回巻き折りします• 裏返して、巻き折りした辺の中心から左右の角を三角に折り上げます• 三角の頂角から、少し離れた位置から上辺を後ろ側へ折ります• 左右の辺を、巻き折りした部分が出るように観音折りします• 上辺の角の「わ」を、左右それぞれ三角に開いてたたみます• 画像の右側が巾着です。 昔のお財布をかたどっていて、「金運向上」や「商売繁盛」など、「倹約と貯金の心を願うもの」です。 夏らしい涼しげな柄の折り紙で作ると、七夕にピッタリですね。 巾着の折り方• 白い面を上にして、三角に折り筋を付けます• 底辺の左右の角を、内側に少し三角に折り筋を付けます• 頂角の上1枚を左の辺に半分に折り、「わ」の方に折り返して折ります。 裏側も同じように折ります•

次の