コロナ 補償。 コロナ対策と休業補償「6カ国徹底比較」した

休業補償と休業手当の違いとは?コロナによる休業の分類4つも解説

コロナ 補償

「」より 緊急事態宣言は解除されたものの、 新型コロナウイルスの終息はいまだ目処がつかない状態です。 行政による支援制度もあるとはいえ、「まったく足りない」「先が読めず、踏ん切りをつけたい」と倒産に追い込まれたり、廃業を決断する事業主も少なくありません。 こうした事態に対応できる保険が、 あいおいニッセイ同和損保のPL保険です。 PL(Products Liability)保険の正式名称は、生産物賠償責任保険です。 「生産物」とあることからもわかるように、企業が販売した商品や提供したサービスなどによって、他人にけがをさせたり、物を壊したりしたことにより発生した法律上の損害賠償責任を補償する事業者(法人)向けの保険商品です。 残念なことに商品を購入した人に悪意がある場合があるからです。 実際の事件でもありましたが、商品自体にまったく問題がなかったにもかかわらず、購入者がわざと商品に針を混入させて企業を訴えたケースもあります。 そうしたケースと一線を画し、たとえば企業側が販売した飲食物がもとでお客が食中毒になった場合や、販売の際に誤った使用方法を教えたり、製造した商品の欠陥が原因でお客がケガをした場合、防水工事の欠陥が原因でお客宅の内装や家財に損害を与えた場合などと、企業側の問題で被害が起こったケースも対象となります。 しかし、企業が「誠実に対応したい」と思っても、被害額や被害を受けた人数によっては支払えないケースもあります。 そうした場合に備えて発売されたのがPL保険です。 同保険は、各損害保険会社から発売され、詳細や補償内容は若干違います。 しかしベースとなる補償は以下内容を標準とするものが一般的です。 「指定感染症」も補償対象 さて、今回の新型コロナによる被害で、保険業界でも話題となったのが、あいおいニッセイ同和損保のPL保険にオプションとしてセットできる「食中毒・特定感染症利益補償特約」です。 この特約は他社にもあります。 食中毒を起こしたり、施設における特定感染症の発生により休業した場合や営業時間や業務などに制限がかかった場合、営業利益および収益の減少を防止するためにかかった費用(人件費も含む)を補償することを目的として開発されているのは各社共通です。 では、なぜあいおいニッセイ同和損保の商品だけが、新型コロナによる利益減少などを補償しているのでしょうか。 それは同社商品だけが「指定感染症」も補償対象としており、新型コロナが保険対象施設で発生した場合を対象としているからです。

次の

雇用調整助成金(新型コロナ特例) |厚生労働省

コロナ 補償

会話を避ける代わりに、地面にメッセージを書く活動が広まっているアメリカ・アラバマ州(写真:大井さん提供) 4月30日に今年度補正予算が成立し、全国で一律10万円の「特別定額給付金」の支給手続きが始まった。 政府は5月中の給付を自治体に要請しているが、実際はいつになるか見えないのが現状だ。 また、4月16日に緊急事態宣言が全国に拡大されてから2週間が経ったにも関わらず、新型コロナウイルスの感染者は増え続けている。 厚生労働省によると、5月1日の時点で全国の感染者数は1万4088人、死者430人、4月30日までに実施されたPCR検査数は27万3854件となっている。 長期に渡り経済活動が制限されている中、海外と比べ政府による対策が遅すぎるとの声も上がっているが、実際はどうなのか。 イタリア・イギリス・アメリカ・カナダ・ニュージーランド・韓国に住む日本人に、各国のコロナ対策や補償が支給されるスピード、そして、今後の見通しについて話を聞いた(以下、各国の感染者のデータは2020年5月1日時点のもの)。 外出規制違反者には高い罰金が 【イタリア】厳しい外出制限 人口6036万人(2019年時点)のイタリアは、感染者が世界で3番目に多い20万5463人、死者はヨーロッパ最大の2万7967人となっている。 これまでに実施されたPCR検査は190万件に及ぶ。 その中でも半数以上の死者が出ているのが、ミラノを州都に持つ北部のロンバルディア州だ。 2009年から同州で暮らすあずささん(40歳・アパレル関連会社勤務)は、3月16日より自宅勤務を開始した。 取材時の4月23日は、外出制限が最も厳しい時期だった。

次の

【新型コロナウイルス】会社員が休む間の「所得補償」と会社側の対応「雇用調整助成金」「テレワーク」 | マネーの達人

コロナ 補償

新型肺炎が世界中で爆発的に増大し、各国が金融政策とともに大幅な財政政策を出しています。 安倍首相は108兆円規模の緊急対策を実施すると表明しましたが、その詳細が分かりにくいという声が出ています。 また、海外ではすでに給付金を受け取っている国も多い中で対応が遅いのではないかという意見もあります。 この日本のコロナ補償ですが、実際どんな人が受け取ることができるのでしょうか。 アメリカでは大人1人あたり最大13万円の現金給付が、シンガポールでは21歳以上の国民に約4万5000円が支給されることになっています。 日本では1世帯あたり30万円の現金給付については、 感染症が発生する前に比べて月収が5割程度下がった世帯(所得制限あり)や住民税非課税世帯まで収入が下がった世帯に対象を限定しています。 子育て世帯を支援するため、児童手当の受給世帯に対し、臨時特別給付金として児童1人あたり1万円を上乗せする予定です。 つまり、全ての国民が現金給付を受け取れるわけではありません。 30万円給付の対象世帯とは 30万円の対象になる住民税非課税世帯の水準とは実際にどのような世帯なのでしょうか。 例えば、東京23区在住の給与所得者の場合、単身会社員では年収100万円以下、2人家族(会社員と子供1人)では156万円以下、3人家族(会社員、専業主婦、子供1人)では205万円以下、4人家族(会社員、専業主婦、子供2人)では255万円以下になります。 また、感染症が発生する前に比べて月収が5割程度下がった世帯の所得制限は住民税非課税世帯水準の2倍以下となっています。 つまり、先ほどの単身会社員では年収200万円以下、2人家族(会社員と子供1人)では312万円以下、3人家族(会社員、専業主婦、子供1人)では410万円以下、4人家族(会社員、専業主婦、子供2人)では510万円以下という所得制限が付きます。 2~6月のいずれかの月収をそれ以前と比べて、年収換算で住民税の非課税水準まで減少するか、収入が50%以上減って年収換算で住民税非課税水準の2倍以下となる世帯が対象となるのです。 また、世帯主の収入しか対象としていないために、共働き夫婦で世帯主ではないもう一方の収入が激減した場合は考慮されていません。 例えば、夫が世帯主でパートの主婦の収入がなくなったとしても対象外ということです。 例えば、4人家族(扶養家族3人)で世帯主の夫の月収が35万円から20万円に減る場合、年収ベースで240万円となるので住民税非課税世帯の条件を満たすことになります。 収入が急減したパターンとして、4人家族(扶養家族3人)で世帯主の夫の月収が55万円から25万円になった場合も月収が5割程度下がりかつ所得制限の範囲内なので対象ということです。 しかし、夫が会社員(扶養の子供が2人)で月収が30万円(世帯主)、妻も会社員で月収が30万円のケースの場合。 妻の月収がなくなっても世帯主ではないのでもらえないということになります。 個人ではなく、世帯単位だからです。 給付を希望する世帯は支給条件に合うことを証明するために給与明細や源泉徴収票などを準備し、市区町村の窓口に行って書類を提出し、審査に通って給付をもらえるという流れです。 また、海外では簡単な申請をしたら1週間以内に振り込まれたという声を聞きますが、複雑な上にスピードも遅れています。 日本は解雇規制が厳しいので雇用主による従業員の救済が前提になっていることもあります。 大企業に雇用をされている人の多くは30万円の現金給付の対象にはならないでしょう。 事業向けの支援は 事業者向けには感染拡大の収束後、観光業やイベント事業などを支援するため、消費者にクーポン券などを付与するキャンペーンの実施も検討されています。 また従業員の一時的な帰休などを進める雇用調整を進める企業を支援する「 雇用調整助成金」に特例を設け、拡充します。 助成率を上げ、非正規社員も対象です。 客室乗務員の8割を一時帰休することを決定した航空会社・ANAホールディングスもこの制度を利用するようです。 中小企業などを対象にした給付金については、売り上げが半減するなどして事業の継続が難しい場合、中小・小規模事業者などに200万円を、フリーランスを含む個人事業主には100万円を、それぞれ上限に給付する予定です。 事業を営んでいる場合は、事業主向けの支援も合わせて確認をしたいものです。 今回の補償は資金繰りに困っている中小・小規模事業者、個人事業主、相対的貧困世帯などへの救済となります。 日本は公的医療保険などが世界的にも恵まれており、各国と比べるとロックダウンは緩やかということもあり、個人向けへの補償は十分と言えないかもしれません。 そのため、当面の現金を各家庭がしっかりと準備をして、固定費などをカットし、耐え忍ぶ必要がありそうです。 おカネが貯まらない人に何らかの理由があるように、大金持ちになる人にも、やはり理由があります。 あなたは、富裕層はめちゃくちゃ豪快にお金を使っているように思いますか?その答えはNOです。 富裕層ほどお金の使い方にシビアな人はいないでしょう。 試しに、富裕層を相手にして彼らからサービスフィーとして1円でも取ろうとしてみるとよいでしょう。 そんな簡単に財布を開こうとしないことに気づくことができるはずです。 私は今シンガポールで暮らしているのですが、同国は金融資産が1億ドル(約110億円!)を上回る「超富裕層世帯」の割合が、香港(10万世帯あたり15. 3世帯)に次いで世界2位(同14. 3世帯、2015年のボストンコンサルティンググループの世界の家計金融資産に関する調査)です。 パーティーに行くと、「この人たちは普段どこで生活をしているのだろう?」というような浮世離れした、いかにも富裕層に出会うことができます。 富裕層ほど裏では質素倹約? そんな富裕層ですが、見えるところはゴージャズに着飾りますが、裏では質素倹約生活をしている人も少なくありません。 ダイエットに例えるなら、「低糖質ダイエット」でしょうか。 短期間で効果が出ることも多く、世界中で人気がありますね。 脂肪となる糖質を極限まで減らし、タンパク質など筋肉になるものを積極的に食べる方法です。 実は「無駄遣いを減らし、おカネを増やしていくこと」もこのダイエット方法に似ています。 富裕層は「糖質」のような「無駄な支出」はほとんどなく、「タンパク質」的な「資産価値の増えるもの」だけにおカネをかけるようにしているのです。 こうした生活を習慣化しており、子どもにも必ず引き継ぐのでなるべくしてお金持ちになっていたのです。 この連載の中では富裕層から学ぶ「 金融デトックス」の仕方も具体的に技に落とし込んでお伝えしていきましょう。 初期費用は一切かからないものがほとんどなので年金生活をしている人や専業主婦でお金を守らなければならない立場の人も役に立つことは間違いありません。 そう、何代も続いている富裕層の家系は お金を守るスペシャリスト集団と呼び変えることもできるでしょう。 特にアジア富裕層はインド、中国など様々な地域から集まるために、日本人からすると想像の域を超える節約法や考え方があって、FPの私も度肝を抜かされることがよくあります。 そのような新しいお金に対する考え方を日本にも紹介したいと思ったのです。 さて、今回は富裕層が実践しているお金が貯まる3つの法則をお伝えしましょう。 お金が貯まる仕組みを作る 2. 情報収集をする 3. レバレッジをかける 来年こそはお金を貯めたい、富裕層のマネー管理術に興味があるという人はぜひ読み進めてみてください。 それぞれ具体的に解説をしていきます。 お金が貯まる仕組みを作る まず、富裕層はお金が貯まる仕組みを作っています。 一般人の場合、ボーナスなど収入を得たら真っ先にするのは何でしょうか。 そう、使うではないでしょうか。 私も真っ先に欲しい物を買ってしまうタイプでした。 しかし、富裕層は違うのです。 収入を得たら真っ先に増やそうとします。 そして、増えた分から必要な物を買います。 多くの人はボーナスなどをもらったら大部分を使ってしまうのではないでしょうか。 しかし、富裕層は臨時収入など特に全てを資産運用に回します。 債券や不動産など手堅いものに投資をして増やそうとするので、例えば、110%などに増えます。 そして、増えた配当の範囲で使うのです。 「元々の元本が少ないからそもそも無理」そのように考えている人も多いでしょう。 しかし、会社員でもこのような方法で40歳前後にして資産1億円前後作っている人もたくさんいます。 また、いきなり富裕層の仕組みが無理なら半分取り入れてみるのはいかがでしょうか。 ボーナスの中から半分は使い、半分は投資に回すのです。 そうすれば55使うことができ、50貯めることができます。 しかも、通常収入ではなく、ボーナスなので始めやすいのではないでしょうか。 まずは運用リターンがゼロでもいいので貯めるようにしてください。 富裕層がやっている資産運用の方法はこの連載の中でも紹介をしていきます。 情報収集をする 次に富裕層は情報収集を怠りません。 こちらが驚くほど勉強をしてくるのです。 また、営業をかけられる機会が多いためにそこから無料で学ぶこともできるようです。 あなたがもし、保険会社や証券会社の営業マンから電話がかかってきたらどうするでしょうか。 「営業をされたら怖い」と思って無視をしますか? 意外にも富裕層は積極的に証券会社などの営業マンに会おうとします。 多くの確率で有益な情報が得られるからです。 ただし、いきなりその場で契約はせずに話を聞いて持ち帰ります。 安易に契約はしませんが、話だけ上手に聞くのです。 これに対して一般人は、話を聞いてしまったらその場で勢いに任せてサインをしてしまうことが多いようです。 特に海外だと、この場で契約をしたら、これもあれもと3つくらいお土産を用意していることも多いです。 金融商品ではなくエステサロンなどでは日本人以外の外国人も多くもその場で契約をすることが多いです。 もちろんあまり害のない、購入予定のあった物であればプロモーションがある時に契約をすればよいのですが、そうではないものに関しては比較検討を重ねた方がよいでしょう。 特に富裕層はよく分からないものには絶対に投資をしません。 様々な専門家に聴きまくるのです。 「そんな専門家につながっていないから」と思われるかもしれませんね。 しかし、日本では地方でも税理士などの専門家が様々なセミナーをしており、無料開催されている場合も多くあります。 以外にも富裕層は無料セミナーを活用します。 私も無料のセミナーで富裕層と知り合う機会が多くて驚かされます。 富裕層は抜け目ないのです。 レバレッジをかける 次に富裕層は様々なところにレバレッジをかけます。 ビジネス、資産運用などです。 例えば、ビジネスでも自分が美容師としてフリーランスで働くのと、ヘアサロンを経営するのと、フランチャイズにするのとではスケールが大きく異なるでしょう。 美容師として働く場合は時間の切り売りになります。 弁護士などどんなに高収入の職業でもそうでしょう。 しかし、この美容師がお金を貯める仕組みを作れば、貯まったお金でヘアサロンを経営するという次のステージにいくことができる可能性もあります。 経営がうまくいけば、複数店舗を増やしたり、フランチャイズにすることも夢ではないかもしれません。 そうなれば、自分は時間を切り売りして働くことなく、仕組みだけでお金が入ってくるということも実現できます。 シンガポールにいる超富裕層の多くは部下などに仕事の多くを任せていて実は暇人という人も多いのです。 あるいは不動産など他にもインカムを生み出すものを持っていてパーティーに行くのが仕事という人もいるのです。 また、海外では資産運用をする際にも融資を受けて投資金額を増やして資産運用をすることもできます。 このようにレバレッジをかけて富裕層はさらなる飛躍を目指しているのです。 いかがでしたでしょうか。 次回以降はより具体的なテーマを実践的にお伝えしていきたいと思います。 読み物としても楽しく読めるよう実際にあったエピソードもたくさんお伝えしていきます。 次回予告 元手ゼロからお金を殖やす方法を教えてください 「金融デトックス」実践 元手がない人が活用できる資源は?.

次の