川崎重工 一般職。 川崎重工へ転職する方法のまとめ!仕事がきついという噂は本当なのか?

【川崎重工の年収が低い!?】学歴(院卒・高卒)や職種等から徹底調査

川崎重工 一般職

年 従業員数 平均年齢 勤続年数 年収 2018年 16423人 38. 4歳 13. 5年 706万7086円 2017年 16162人 38. 1歳 13. 3年 739万7935円 2016年 15911人 38. 3歳 13. 4年 743万4572円 2015年 15508人 38. 5歳 13. 8年 722万1339円 2014年 15196人 38. 7歳 14. 4年 700万5787円 2013年 15067人 41. 3歳 15. 7年 682万6393円 2012年 14825人 41. 7歳 16. 4年 660万3384円 2011年 14617人 42. 0歳 17. 1年 647万2963円 2010年 10537人 42. 1歳 18. 6年 638万1359円 2009年 10901人 42. 3歳 18. 7年 688万1002円 川崎重工業の年収偏差値 3000社以上の上場企業における川崎重工業の年収偏差値を算出いたしました。 このデータによって、川崎重工業の年収が上場企業内、業界内、都道府県内においてどれほどの位置にあるのか相対的な状況を知ることができます。 都道府県別での 年収偏差値 62. 6 108社中 川崎重工業の年収偏差値は55. 6でした。 平均よりも少し良い収入状況です。 上場企業の中では若干良いくらいの水準ですが、世間一般の水準からみるとなかなかの優良企業といえます。 全国を対象とする上場企業全体の年収偏差値よりも、業種内や都道府県別の年収偏差値に注目した方が良いケースもあります。 全企業を含めてしまうとコンサル系や銀行業など高収入体質の業界も含めて対比することになり、その企業の実態を把握しにくくなるためです。 サービス業や小売り系は総じて低収入だったり、東京や大阪には年収2000万円に近い企業があったりと企業を取り巻く状況は様々であることを加味して判断すると適切な企業状況を知ることができます。 川崎重工業の全上場企業中の年収ランキング 3000社以上ある上場企業の中での川崎重工業のデータを上場企業別・業種別・都道府県別にランク付けしました。 川崎重工業の平均年収 706万7086円、生涯年収 2億7315万8590円のランキングは以下の結果となりました。 年齢 月額給与 給与 年間 ボーナス 年間 年収 30歳 38万737円 456万8848円 111万1668円 568万516円 31歳 39万963円 469万1562円 116万3498円 585万5061円 32歳 40万1189円 481万4277円 121万5328円 602万9606円 33歳 41万1100円 493万3211円 127万836円 620万4048円 34歳 42万697円 504万8365円 133万21円 637万8387円 35歳 43万293円 516万3520円 138万9205円 655万2726円 36歳 43万9889円 527万8675円 144万8390円 672万7065円 37歳 44万9485円 539万3829円 150万7574円 690万1404円 38歳 45万6635円 547万9630円 155万2438円 703万2069円 39歳 46万1339円 553万6079円 158万2979円 711万9059円 40歳 46万6044円 559万2528円 161万3520円 720万6049円 41歳 47万747円 564万8975円 164万4062円 729万3037円 42歳 47万5452円 570万5424円 167万4603円 738万27円 43歳 48万2336円 578万8032円 172万5555円 751万3587円 44歳 49万2489円 590万9878円 180万7124円 771万7001円 45歳 50万2643円 603万1724円 188万8692円 792万416円 46歳 51万2797円 615万3569円 197万260円 812万3830円 47歳 52万2951円 627万5415円 205万1829円 832万7245円 48歳 53万2297円 638万7566円 213万3554円 852万1120円 49歳 54万835円 649万21円 221万5436円 870万5456円 50歳 54万9373円 659万2476円 229万7317円 888万9793円 51歳 55万7910円 669万4931円 237万9199円 907万4131円 52歳 56万6448円 679万7385円 246万1081円 925万8467円 53歳 56万9487円 683万3853円 249万2604円 932万6457円 54歳 56万8860円 682万6327円 249万553円 931万6882円 55歳 56万8233円 681万8802円 248万8504円 930万7307円 56歳 56万7606円 681万1278円 248万6454円 929万7732円 57歳 56万6979円 680万3752円 248万4403円 928万8157円 58歳 53万7688円 645万2259円 231万7063円 876万9322円 59歳 49万6112円 595万3350円 207万8883円 803万2233円 生涯賃金・生涯年収:2億7315万8590円 30歳から55歳の年収推移を今一度確認してみましょう。 30歳の年収は568万516円 35歳の年収は655万2726円 40歳の年収は720万6049円 45歳の年収は792万416円 50歳の年収は888万9793円 55歳の年収は930万7307円 30歳から順調に伸びて50代前半で最高年収に達した後は定年に向けてゆるやかに減少していきます。

次の

人的資源・人財戦略

川崎重工 一般職

この記事の目次• 社会課題を一つ挙げ、川崎重工の製品を用いてどう解決するか述べてください。 【回答字数】 400文字以下 2. 大学時代に最も力を入れて取り組んできたことについて教えてください。 また、あなた自身はそのことについてどのように捉えていますか。 また、アイデアベースでなく論理性と説得力を大事に記載し、何度か先輩に添削をお願いした。 締切日 42827 結果連絡 約1か月後 筆記試験・WEBテスト 筆記試験の有無 なし 試験のについて SPIのボーダーは低いと感じた。 学生時代に力を入れたことを教えてください。 配属希望カンパニーはどこですか 3. 希望職種は何ですか 4. 川崎重工についてどんなイメージを持っていますか 5. 志望動機を教えてください 逆質問で聞いたこと ・カンパニー制のメリットデメリット ・社風について ・個人の裁量について どんなことを評価していたか リクルーター面談では人柄の評価を重視しているように感じた。 また、自分の意見を分かり易く論理立てて伝えられていたことを評価していただいたようだった。 選考の雰囲気 カフェで実施したこともあり、終始和やかであった。 談笑という感じであった。 なぜ重工に興味を持ったのか 2. 川崎重工の志望動機 3. 学生時代に力を入れたことを教えてください。 逆質問で聞いたこと ・社員目線での競合他社との違い ・川崎重工の課題 ・人事面接の雰囲気 どんなことを評価していたか 1回目と同じく人柄を評価していたよう。 1回目よりも志望動機についてはより突っ込まれた。 選考の雰囲気 和やかであった。 最初に本社見学から初めていただき、学生の疑問を無くそうとしてくださった。 結果連絡 その場で 企業研究 OB訪問を実施したか いいえ 参考図書 『学習する組織入門』小田理一郎 川崎重工は求める人物像として「切磋琢磨できるチームプレイヤー」と公表していました。 重工業界で事務系職は他社との比較が難しかったのでこのような社風の部分でのマッチ感を訴えようと思っていました。 そこで、ネット上で評判の良い組織での成長にまつわる本を読んでみました。 チームでの経験について面接で話す際、この本で気に入ったフレーズを使ったりしてました。 総合商社• 専門商社 コンサル• 外資系戦略コンサル• 日系戦略コンサル• 総合・ITコンサル• シンクタンク系コンサル• 金融コンサル 財務・会計• その他コンサル 金融・証券・保険• 外資系投資銀行• 保険 生保・損保• 資産運用 PE・アセマネ・ファンド• 政府系金融• カード・リース・信販• 信金・労金・信組• その他金融 IT・通信業界• インターネット・Webサービス• SIer・システムソリューション• 情報通信 メーカー• 消費財• 自動車• 精密機械• 電子部品• 食品・飲料• 医療機器・医薬品• アパレル• スポーツ• ゲーム• その他メーカー 広告・マスコミ• 広告代理店• テレビ• 新聞・通信社• 出版・印刷• エンターテイメント インフラ• エネルギー• 運輸・物流 陸運・海運・倉庫• 交通 鉄道・航空 不動産• 総合不動産・デベロッパー• 建設 公務員・団体職員• 国家公務員 人材・教育業界• 人材 派遣・紹介• 教育 その他• 小売業界•

次の

川崎重工の年収給料【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職別年収推移|平均年収.jp

川崎重工 一般職

入社できた、というか、今でも高卒で普通に入社できます。 それも、かなりの割合です。 (新卒の3割程度) (HPなどの採用ページの募集条件に高卒が載ってないからと言って高卒から採用しないなどと勘違いする人が散見されますが。 たいてい工業高校から推薦で採ってるのでこういうページには載りません) 職種は、大卒院卒の総合職(事技職)、すなわち技術職や事務職に対して、高卒は技能職(一般職)です。 主に工場作業などです。 大手の事技職は知的能力が要求されるため、主に超高学歴大学院卒で、技能職は真面目な高卒です。 技能職の作業などは替えが効くので給与は低めです。 逆を言えば、給与を抑えるために高卒を採るわけです。 当然出世もある程度で頭打ちです。 (高卒の出世頭の人でも到達できる職位は、院卒だとクズでも必ず到達するようなレベルです) ただ、三菱重工は今後、技能職も大卒から採るなどという計画があります。 さて、本題ですが、こういう製造系の大手で40歳後半だと会社などにより呼び名が異なりますが、工長(=大卒院卒でいう係長クラス)が平均ぐらいなので、だいたい700万程度が平均レベルかと思います。 40台後半の大卒(院卒)の事務職や技術職だと平均すると1000万ぐらいなので、差はあります。

次の