イラン革命 わかりやすく。 アメリカとイランの対立関係なぜ?超わかりやすく説明します!

イラン革命を起こしたアメリカ

イラン革命 わかりやすく

1ページ目 2ページ目 【イラン独特の政治体制「法学者の統治」】 3ページ目 【イラン独特の政治体制「法学者の統治」】 イランの国家元首「最高指導者」 イラン革命の指導者として活躍し、現在も多くの国民に尊敬されているホメイニの肖像(ウィキコモンズより) イランには、大統領や国会よりも上位に立つ「最高指導者」が存在します。 イランの国家元首は大統領でなくこの最高指導者です。 このような独特な制度は、前ページでお話したイランの国教・シーア派12イマーム派の教えにのっとったものだとされています。 12イマーム派の教えによると、現在の世界は、最後の「イマーム」(ムハンマドの直系アリーの子孫としてイスラム教徒を統率すべき人物)であるマフディーが「神隠れ(ガイバ)」したままでいるとされています。 そして、そのようなイマーム不在の現在においては、ウラマーといわれるイスラムの教えに詳しい人が、イスラムの世界を導いていくべきだと考えられています。 このような教えをさらに発展させたのが、イラン革命を指導していった法学者ホメイニの「法学者の統治」論でした。 最高指導者の制度と「法学者の統治」論 ホメイニは、12イマ-ム派の思想を発展させ、「法学者の統治(ヴィラーヤテ・ファギーフ)」という論理を主張します。 イスラム国家はイスラム法学者によって統治されるべきだという考え方です。 この考え方は、イランの国是となり、憲法にもこのように規定されました。 「12代イマームの隠ぺい中は、イマームの権能ならびにウンマの(国民、国家)のイマーマ(指導者の地位)は、公正かつ畏敬の念深く、時世に通じ勇敢であり、さらに管理能力に長けた法学者に委ねられる」(訳引用元『イスラ-ム国家の理念と現実』中の櫻井秀子著「シーア派イマーム論」栄光教育文化研究所) つまり、最も優れた法学者が国家のリーダーとなる、と規定しているわけです。 こうして、大統領や議会のさらに上に、法学者である「最高指導者」がおかれることになっているのです。 最高指導者は、国民から選出されたイスラム法学者の代表である「専門家会議」によって選出されます。 任期はありません。 宣戦布告の権限は最高指導者が持っています。 また、司法の最終判断も最高指導者が行います。 また、最高指導者を補佐する機関として「護憲評議会(監督者評議会)」が存在します。 12人のイスラム法学者によって構成されるこの組織は、憲法解釈や議会の議決に対する審査をする大きな機関です。 この評議会のメンバーの半数は最高指導者によって選出されます。 初代の最高指導者は、当然のように革命の指導者ホメイニが就任しました。 ホメイニが亡くなったあとは、当時の大統領であったハメネイが最高指導者に選出され、現在に至っています。 イランの大統領 イランの政治機構。 「最高指導者」を頂点にしたイランの政治制度は独特なものとなっている。 イランは大統領制をとっていますが、もちろん最高指導者の事項に立ち入ることはできないので、軍の統率などは行うことができません。 大統領の任期は4年で、連続3選が禁止されています。 アメリカと違い「連続3選の禁止」なので、2回当選した人も、1期4年待てば、再び大統領選に立候補することが可能になります。 大統領選挙はフランスと同じく2回投票制で、第1回投票で過半数を獲得した候補がいなかった場合、上位2名による決選投票が行われ、当選者が決定します。 もっとも、大統領候補になる条件として、護憲評議会による資格審査が必要になります。 護憲評議会が資格を認めなければ、大統領候補になることすらできません。 当初は、大統領のもとに首相がいて、そのもとに内閣が存在していましたが、1988年の憲法改正で首相は廃止され、現在は閣僚を大統領が直接統率するしくみになっています。 国会と司法 イランの国会は一院制です。 議員の任期は4年で、国民の直接選挙によって選出されます。 しかし、国会の議決はさきほどもお話したように護憲評議会の審査を受けます。 そのなかで、法案が拒否されることもあります。 また、国会議員に立候補する際にも護憲評議会による資格審査を受けます。 護憲評議会はほぼ保守派で占められているため、改革派の候補が資格を拒否されるケースがめだっています。 2004年の総選挙ではそれが目立ちました。 司法は最高指導者の管轄のもとにあります。 最高指導者によって任命された司法長官が最高裁判所長官と検事総長を兼ねます。 従ってイランには司法権の独立というものは存在せず、また裁判官と検察も分離していません。 イスラム法に基づいてくだされるとされる裁判はしばしば「人権侵害」と国際社会から批判されています。 イランの地方自治の整備はなかなか遅れていて、首長は原則として中央が任命します。 しかし2004年、はじめて全国統一地方評議会選挙が行われ、制度上は市民が地方政治に関れるようになっています。 最後のページでは、.

次の

アメリカのイラン司令官攻撃の理由はなぜ?影響をわかりやすく

イラン革命 わかりやすく

アメリカとイランの敵対関係!原因は? アメリカとイランは昔から対立関係に ありました。 その原因はアメリカがイランの 石油の 利益を吸い上げていた過去があった為 であると言えます。 しかし、 オバマ大統領の時代に アメリカとイランの関係は一時的に 改善していたのです。 その関係を再び悪化させたのは、 現大統領の トランプ氏、 ポンペイオ国務長官と ボルトン大統領補佐官でした。 更に詳しい内容をわかりやすく 本記事で説明します! なぜ、アメリカとイランは対立?そのキッカケ! アメリカとイランは、 なぜ対立しているのか。 その理由を知る為には、 まず 1951年までのアメリカと イランの関係に触れる必要が あります。 1951年以前、 イランから出ていた 石油は、 イランの物ではなく、 欧米企業が専有していました。 この状態に異を唱えた、 モハンマッド・モサデク氏が 1951年に 民主主義的な選挙で 国家の首相となります。 モサデク氏は 石油産業を 国有化して、欧米から石油を 奪還しました。 この事を受けて、 アメリカとイギリスはモサデク氏を 失脚させるべくイランの パーレビ国王に クーデターを起こさせます。 モサデク氏は失脚し、 アメリカは以後、イランを親米的な 国家として 裏で操る様になりました。 しかし、政府は親米的でしたが、 国民はアメリカの独善的な 行動に対して不満を抱いていました。 アメリカとイランの対立関係発生! 1979年、イラン国民はアメリカの 操り人形であるパーレビ国王打倒を 決めました。 イラン革命を起こした国民は、 アメリカ大使館占拠を行い、 職員を 444日間人質として 拘束しました。 また、 反米路線を取る様になり、 アメリカに対する革命の輪を 周辺アラブ諸国に広げようとしたり、 アメリカや同盟諸国へのテロ資金を 近隣諸国に援助していました。 このイランの反米路線を見た アメリカ国民も イラン=テロ国家 として 敵対視する様になります。 そして、両国民が互いの国を 憎み合う対立関係が出来上がった のです。 アメリカとイギリスがモサデク政権に クーデーターを起こしたのは、当時、 2国と対立していたソ連が関与していた 為とされていますが、結果だけを見ると、 現在の対立関係はアメリカが招いた 結果だとも取れます。 スポンサード・リンク イランとの関係改善したオバマとそれを覆したトランプ! 関係が最悪だったアメリカとイラン。 この関係を一時的に改善したのが、 オバマ前大統領でした。 オバマ大統領は苦労の末に、 イランとの関係を改善させ、 その功績は世界的に評価されました。 しかし、 この関係改善を 再び悪化させたのが、 現 トランプ大統領です。 オバマ大統領が改善したイランとの 関係を何故、トランプ大統領は 悪化させたのでしょう? オバマ大統領のイランとの関係改善! オバマ前大統領は、 2015年にイランに課されていた 核開発に関する 経済制裁に関して、 イランと合意を取り付け、 撤廃する事に成功しています。 この経済制裁は 2002年に ジョージ・W・ ブッシュ氏が 課した経済制裁で、以下の様な厳しい 内容でした。 ・ アメリカ、イラン各金融機関の 取引を制限 ・イラン中央銀行と取引した他国の 金融機関は アメリカの銀行との取引を 禁止 つまり、 イランに少しでも手を貸したら、 アメリカはその国を 見限るという 制裁です。 オバマ大統領は、 この制裁を以下の条件で撤廃して います。 イラン側への条件 ・核兵器原料の濃縮ウランを 国外に出す ・ 濃度が高いウランの製造はしない ・ 国際原子力機関の チェックを受ける アメリカ側への条件 ・これまで課していた 経済制裁の解除 この合意は、イランの核開発を 踏みとどまらせ、中東の戦争を 回避したとして、高く評価されました。 イラン核合意から離脱したトランプ大統領! オバマ大統領がなんとか取りつけた 合意ですが、次の大統領である トランプ大統領は、その合意から 離脱します。 合意から離脱したトランプ大統領は、 その後、再びイランに経済制裁を 課しました。 何故、オバマ大統領が漕ぎつけ、 イランも守っていた合意から 離脱したのか、その理由は 以下の様な事が挙げられます。 ・支持層が反オバマ政権である為、 オバマ大統領のやってきた事を ひっくり返す必要がある。 ・トランプ大統領側近である ボルトン大統領補佐官、 ポンペイオ国務長官等が イランに対して 超強硬派である。 イランの現首相は穏健派ですが、 国民の中にはアメリカに対して、 再び不信感が募っています。 ここまでくると、少し、 イランが不遇に見えてきますね。

次の

イラン革命

イラン革命 わかりやすく

アメリカとイランの敵対関係!原因は? アメリカとイランは昔から対立関係に ありました。 その原因はアメリカがイランの 石油の 利益を吸い上げていた過去があった為 であると言えます。 しかし、 オバマ大統領の時代に アメリカとイランの関係は一時的に 改善していたのです。 その関係を再び悪化させたのは、 現大統領の トランプ氏、 ポンペイオ国務長官と ボルトン大統領補佐官でした。 更に詳しい内容をわかりやすく 本記事で説明します! なぜ、アメリカとイランは対立?そのキッカケ! アメリカとイランは、 なぜ対立しているのか。 その理由を知る為には、 まず 1951年までのアメリカと イランの関係に触れる必要が あります。 1951年以前、 イランから出ていた 石油は、 イランの物ではなく、 欧米企業が専有していました。 この状態に異を唱えた、 モハンマッド・モサデク氏が 1951年に 民主主義的な選挙で 国家の首相となります。 モサデク氏は 石油産業を 国有化して、欧米から石油を 奪還しました。 この事を受けて、 アメリカとイギリスはモサデク氏を 失脚させるべくイランの パーレビ国王に クーデターを起こさせます。 モサデク氏は失脚し、 アメリカは以後、イランを親米的な 国家として 裏で操る様になりました。 しかし、政府は親米的でしたが、 国民はアメリカの独善的な 行動に対して不満を抱いていました。 アメリカとイランの対立関係発生! 1979年、イラン国民はアメリカの 操り人形であるパーレビ国王打倒を 決めました。 イラン革命を起こした国民は、 アメリカ大使館占拠を行い、 職員を 444日間人質として 拘束しました。 また、 反米路線を取る様になり、 アメリカに対する革命の輪を 周辺アラブ諸国に広げようとしたり、 アメリカや同盟諸国へのテロ資金を 近隣諸国に援助していました。 このイランの反米路線を見た アメリカ国民も イラン=テロ国家 として 敵対視する様になります。 そして、両国民が互いの国を 憎み合う対立関係が出来上がった のです。 アメリカとイギリスがモサデク政権に クーデーターを起こしたのは、当時、 2国と対立していたソ連が関与していた 為とされていますが、結果だけを見ると、 現在の対立関係はアメリカが招いた 結果だとも取れます。 スポンサード・リンク イランとの関係改善したオバマとそれを覆したトランプ! 関係が最悪だったアメリカとイラン。 この関係を一時的に改善したのが、 オバマ前大統領でした。 オバマ大統領は苦労の末に、 イランとの関係を改善させ、 その功績は世界的に評価されました。 しかし、 この関係改善を 再び悪化させたのが、 現 トランプ大統領です。 オバマ大統領が改善したイランとの 関係を何故、トランプ大統領は 悪化させたのでしょう? オバマ大統領のイランとの関係改善! オバマ前大統領は、 2015年にイランに課されていた 核開発に関する 経済制裁に関して、 イランと合意を取り付け、 撤廃する事に成功しています。 この経済制裁は 2002年に ジョージ・W・ ブッシュ氏が 課した経済制裁で、以下の様な厳しい 内容でした。 ・ アメリカ、イラン各金融機関の 取引を制限 ・イラン中央銀行と取引した他国の 金融機関は アメリカの銀行との取引を 禁止 つまり、 イランに少しでも手を貸したら、 アメリカはその国を 見限るという 制裁です。 オバマ大統領は、 この制裁を以下の条件で撤廃して います。 イラン側への条件 ・核兵器原料の濃縮ウランを 国外に出す ・ 濃度が高いウランの製造はしない ・ 国際原子力機関の チェックを受ける アメリカ側への条件 ・これまで課していた 経済制裁の解除 この合意は、イランの核開発を 踏みとどまらせ、中東の戦争を 回避したとして、高く評価されました。 イラン核合意から離脱したトランプ大統領! オバマ大統領がなんとか取りつけた 合意ですが、次の大統領である トランプ大統領は、その合意から 離脱します。 合意から離脱したトランプ大統領は、 その後、再びイランに経済制裁を 課しました。 何故、オバマ大統領が漕ぎつけ、 イランも守っていた合意から 離脱したのか、その理由は 以下の様な事が挙げられます。 ・支持層が反オバマ政権である為、 オバマ大統領のやってきた事を ひっくり返す必要がある。 ・トランプ大統領側近である ボルトン大統領補佐官、 ポンペイオ国務長官等が イランに対して 超強硬派である。 イランの現首相は穏健派ですが、 国民の中にはアメリカに対して、 再び不信感が募っています。 ここまでくると、少し、 イランが不遇に見えてきますね。

次の