ホワイトニング 歯磨き粉 比較。 歯磨き粉ホワイトニングおすすめランキングTOP10!【比較表付き】 | ホワイトニングラブ

安全で最強!日本製ホワイトニング歯磨き粉の人気おすすすめランキング5選|Besme [ベスミー]

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

歯をきれいにしたい!白くしたい!と誰もが思いますよね。 仕事でもプライベートでも自分の評価を上げて、人間関係をスムーズに進めるためには歯を白くキレイにすることが重要です。 事実、第一印象は口元で判断する調査結果 全国の20代~60代の男女1000名によるアンケート調査)もあるぐらいです。 一方、黄ばんでいる歯や黒ずんだ歯など汚い歯は周りからの評価を落とします。 『あの人、歯が汚いね。 だらしない人なのかな。 』 『口が臭そう。 近寄りたくない。 』 『あの人、身なりは綺麗なのに歯が黒いよね。 ちょっと引くよね。。 』 第一印象でこんな悪いイメージを与えたら、就職、仕事、恋愛、プライベートと重要な場面でうまくいかなくなる可能性があります。 『でも、歯を白くするにはどうしたらよいの?歯医者でホワイトニングをすると高いと聞くけど。。 』 こんな不安を感じる人がいるかもしれません。 でも、安心してください。 自宅で歯を磨くだけで、歯を驚くほどきれいにできるホワイトニング用歯磨き粉があるのです。 今回は、ホワイトニング歯磨き粉の中でも特に効果があるものを使用効果の画像付きで詳しく紹介していきます。 は 世界5か国で売上No. 1に輝いた無添加・天然素材のホワイトニング歯磨き粉です。 研磨剤、発泡剤、着色料が一切入っておらず、お口を保護する16種類の植物由来のエキスが入っているので、 妊婦・授乳中の方や子どもでも安心して使えるようになっています。 世界5か国で売上No. 1になった実力通り、 ホワイトニングに効果が高い成分がたっぷり入っています。 プレミアムブラントゥースを歯ブラシに付けてブラッシングするだけで、歯の黄ばみを落とし、ツルツルとしたキレイな歯にすることが出来る商品です。 値段が1本3,980円とやや高いのがマイナスポイントですが、ホワイトニング効果が高くて、歯にもお口の健康にも良いものを選ぶならばプレミアムブラントゥースは間違えなしです。 歯を白くする有効成分ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムのW効果で歯の黄ばみやステインをしっかり落とし、歯を白くしてくれます。 どちらも歯医者でホワイトニングに使われることも多く、ホワイトニング効果が認められている成分です。 さらにパパインやソープナッツがホワイトニング効果を活性化させ、白くする効果を出しやすくするのです。 『はははのは』は着色料や研磨剤、発泡剤などの添加物が一切入っていないため、低刺激であり、さらに 完全無農薬で栽培された10種のオーガニック成分が口や歯にうるおいを与えて保護してくれるのです。 値段が1,980円とホワイトニング歯磨き粉にしては親切な価格で、効果が実感できない場合に返金保証が付いているのもポイントです。 上の2つと比べると、 値段がリーズナブルですし、封筒でポストに直接投函されるので受け取りが簡単です。 手頃な価格でホワイトニング歯磨き粉を試してみたいという方に、はははのはがおすすめです。 今回紹介したホワイトニング歯磨きを選んだポイントを説明します。 もちろん、上で紹介したホワイトニング歯磨き粉はこれらのポイントをすべて満たしています。 商品選びの参考としてください。 歯を効果的に白くする有効成分が含まれているか? まず第一は歯を白くする有効成分が多く含まれているか?という点です。 『安いけど効果がイマイチ。。 』では嫌ですよね? 歯を白くする成分としては、ポリアスパラギン酸 PAA 、ポリリン酸、メタリン酸、リンゴ酸、ココナッツオイルなどがあります。 今回紹介するホワイトニング歯磨き粉はこれらの有効成分が多く含まれており、歯を白くする効果が十分期待できます。 歯を痛める研磨剤が含まれていないか? ホワイトニング歯磨き粉としては研磨剤が含まれていないことがポイントとなります。 ドラッグストアで市販されている歯磨き粉には 「炭酸ナトリウム」「ケイ素」などといった研磨剤(清掃剤)の成分が含まれています。 これらの成分は文字通り、歯についた汚れを削ることで歯をキレイにする成分です。 しかし、研磨剤は歯を傷つけてしまうため、歯の傷の間から汚れが中に浸透してしまい、逆に汚れやすくなってしまうのです。 市販の歯磨き粉は価格が安い分、研磨剤で手っ取り早く歯をキレイにしようとしているのです。 歯を白くきれいにしたいのならば、研磨剤入りの歯磨き粉は使うべきではありません。 もちろん、 ここで紹介するホワイトニング歯磨き粉に研磨剤は含まれていないのでご安心ください。 コスパが良いか? ホワイトニング歯磨き粉としては、 コスパが良いものを使うべきです。 中には一本1万円近くするものもありますが、値段の割りにそこまで効果がないものもあります。 『せっかく高いものを買ったのに、効果がイマイチだった。。 』とならないように、値段相応の効果があるものを選びましょう。 ここで紹介するホワイトニング歯磨き粉は1本あたり2,000円~4,000円程度で、1本で1カ月以上使えるものであり、効果がはっきりしているため、 コスパは抜群といえるでしょう。 安全・安心か?副作用がないか? ホワイトニング歯磨き粉に問題がある成分が含まれておらず、副作用やトラブルが報告されていないことは重要なポイントです。 例えば、市販の歯磨き粉の中には、ごく少量ですが、毒素と認定されているラリウル酸ナトリウムが含まれているものがあります。 これは、歯磨き粉の泡立ちを良くする発泡剤として使用されているのですが、アメリカでは使用が禁止されているものです。 メーカーからは少量ですし、うがいで吐き出すから問題ないと判断されていますが、利用者としてはちょっと嫌ですよね。。 今回紹介するホワイトニング歯磨き粉は、問題がある成分が入っていませんし、トラブルは一切報告されていませんのでご安心ください。 ホワイトニング歯磨き粉の効果的な使い方 歯ブラシで汚れを落としてから使う まずはじめに、 歯ブラシで歯磨き(&うがい)を行い、歯の汚れを落とすようにしましょう。 歯の汚れがあると、ホワイトニング歯磨き粉の有効成分が歯に浸透することが出来ません。 『せっかく高いお金を出したのに、効果が少なかった』とならないようにまずは歯の汚れを十分に落としてから使用してください。 なお、歯磨きは 歯磨き粉を付けずに歯ブラシのみで行うようにしましょう。 歯磨き粉の研磨剤成分が歯に傷をつけてしまい、汚れが傷の間から染み込んでしまうからです。 前歯を中心にじっくり磨く ホワイトニング歯磨き粉を使用する場合は、 必ず白くしたい箇所を磨いてください。 歯の噛み合わせの部分や裏側ではなく、 外から見える歯の表側の部分を中心に磨いて下さい。 いつも通りなんとなくブラッシングをすると、つい奥歯や噛み合わせの部分を中心に磨いてしまいがちですが、それではあまり意味がないです。 磨いた後にすぐカレーやコーヒー、ワインなど着色しやすい飲食物を取らない せっかくホワイトニング歯磨き粉で歯をキレイにしたのに、 歯磨き後すぐに色の濃い食べ物や飲み物を取らないようにしましょう。 ホワイトニング歯磨き粉で歯を磨いた直後は、ステインや着色汚れが落ちた状態で歯に汚れが付きやすい状態となっています。 しばらくすると、唾液の成分で歯に膜ができて保護されますので、我慢が必要です。 最低でも30分、出来れば1時間程度は控えるようにしてください。 なお、歯が汚れやすい食べ物・飲み物については下記の記事に詳細を記載しています。 参考にしてください。 即効性がそこまで高くない ホワイトニング歯磨き粉では、『1日ですっかり白くなる!!』なんてことはありません。 毎日歯磨きすることで、少しずつ白くなっていきます。 効果がはっきり目に見えるのは早くて2週間~2カ月くらい続けてからです。 3日坊主とならないように注意しましょう。 ちょうど一本使い終わったぐらいで、歯の白さを実感できるでしょう。 芸能人のような真っ白な歯にはなれない 上で紹介したホワイトニング歯磨き粉は歯を白くする効果が高いので、是非手に取って試してみて欲しい商品です。 しかし、『芸能人並みに歯を真っ白にしたい方』にはこれだけでは物足りないかもしれません。 テレビに出てくる芸能人は、 お金を何十万円~何百万円とかけて歯医者のオフィスホワイトニングやラミネートベニアを行うことで、真っ白い歯を得ているのです。 オフィスホワイトニングやラミネートベニアはのっぺらとした歯の白さになってしまい、テレビ映えはしますが、実際に会うと人工的な白さで目立ってしまう可能性があります。 周りから良い印象を持たれるような 自然な白さを求めている人にとってはホワイトニング歯磨き粉の方が良いでしょう。 市販の歯磨き粉では歯を白くできないの? 『わざわざホワイトニング専用歯磨き粉を買わなくても、市販の歯磨き粉にもホワイトニングの効果があるのでは?』と疑問に思っている人もいるかもしれません。 確かに、ドラッグストアで販売されている歯磨き粉の大多数が『ホワイトニング』の効果を強調しています。 ドラッグストアで簡単に手頃な値段で買えるので使ってみたくなる人が多いでしょう。 しかし、 市販の歯磨き粉では明らかに歯を白くするのが難しいのです。 その理由を説明します。 ホワイトニングの有効成分が少ない 市販の歯磨き粉は基本的に『虫歯予防』『歯周病予防』を目的としていて、ホワイトニングはおまけなのです。 ホワイトニングの成分がほんの少し入っているだけで、ホワイトニング専用歯磨き粉の成分と比べるとその差は歴然でしょう。 有効成分の少なさから、市販の歯磨き粉にホワイトニング効果を期待しない方がよいでしょう。 研磨剤が含まれており、歯を傷つけてしまう 上でも紹介しましたが、 市販の歯磨き粉には研磨剤が含まれています。 研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨くと、研磨剤が強すぎて歯に傷がついてしまいます。 研磨剤の効果で一旦は汚れが落ちるのですが、その後に 研磨剤で付いた歯の傷口から汚れが歯の中に浸透し、歯が汚れやすくなるのです。 安く手っ取り早く歯についた汚れを落とすために、メーカーは研磨剤入りの歯磨き粉を販売しています。 一方で、 研磨剤は歯をキレイにしたい人にとっては害をなすものなので、研磨剤入りの市販の歯磨き粉は使わない方がよいのです。 発泡剤により歯を磨けた気になってしまう 市販の歯磨き粉には発泡剤と呼ばれる、口の中を泡立てる薬が入っています。 発泡剤は口を泡で白く見せ、口の中を爽快にする効果があるので、歯を磨いた気になってしまうのです。 汚れが泡で見えなくなるので、汚れを目で見て落とすことが出来なくなります。 発泡剤が含まれている市販の歯磨き粉では、しっかり丁寧に磨くのが難しいのです。 ホワイトニング歯磨き粉の一番のおすすめはちゅらトゥースホワイトニング.

次の

【徹底比較】歯磨き粉の最強おすすめ人気ランキング196選【2020年最新版】

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

「歯の黄ばみが気になって、自信を持って話せない」こんな思いをした事がありませんか?コーヒーやワインを飲むと、どうしても歯の汚れや着色が気になりますよね。 そんなアナタも、この記事を読めば歯の黄ばみや汚れとおさらばする為の自分に合った歯磨き粉を選ぶことが出来ます! 今回は、コーヒーやワインなどが大好きで、歯の黄ばみをどうにかしたいと思っている口臭百貨店の編集部員達が、合わせて50種類以上のホワイトニング歯磨き粉を実際に試し、上位10商品をランキングにしてみました。 各商品の成分や特徴、おすすめのポイントなどをご紹介してそれぞれの比較をしています。 ビジネスマンは清潔感が大切です。 キレイな歯を手に入れて自信を持ってお仕事をしましょう! ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング10選!! 今回のランキングでは、以下の基準で順位付けをしてみました。 使用感:使い方や磨き心地、味やニオイなど ツルツル感:どの位歯の表面がツルツルになったか 後味:使用後の味わい、飲食の邪魔にならないか 是非、以下のランキングを参考にアナタに合った歯磨き粉を見つけてみて下さい。 香りもほんのりとする程度なので、万人に受ける商品でしょう。 ポリリン酸ナトリウムが汚れを落としながら歯の表面をコーティングしてくれる為、再度汚れが付着するのを防いでくれます。 またイソプロピルメチルフェノールが、強固な歯周病菌の巣のバリアに入り込んで殺菌してくれるので、歯ぐきも健康的なピンク色にすることも出来るのです。 おすすめのポイント 爽やかな使用感で、使った後に口の中が非常にすっきりします。 ピリピリとした感じもなく優しい磨き心地です。 ハイドロキシアパタイトという歯や骨の主成分となる物質を配合しており、再石灰化を促して歯の細かい傷を修復してくれます。 通常の歯磨き粉は研磨剤で歯に傷をつけてしまう物が多いなか、この商品は汚れを落とした後に傷の修復をするので汚れが付着しにくくなるという優れ物。 アットコスメで歯磨き粉部門第1位というお墨付きがあり安心です。 歯の黄ばみや汚れは、歯の表面にある細かい傷に汚れが沈着してしまうことが原因の1つとされますが、その傷の修復を歯の汚れの除去などと合わせて行ってくれるので、これ一つで様々な効果が期待できるという訳です。 おすすめのポイント とてもすっきりとさせてくれる歯磨き粉。 口に含んだ瞬間に塩気とマリンミントの柔らかな香味が口の中に広がりとても気持ちが良いです。 他の歯磨き粉にはあまり配合されることが少ない成分を豊富に配合し、他の歯磨き粉よりも高いレベルでホワイトニングをさせてくれ、その割には価格も比較的安価で入手しやすいという点も、おすすめのポイントです。 従来品と比べ、薬用成分であるナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトを2倍配合しています。 ハイドロキシアパタイトは歯や骨の主成分。 従来品より多く含むことで歯により浸透させられるようになっています。 おすすめのポイント 汚れを落とす場合には研磨剤があると効果的ですが、ゴシゴシと磨くことで歯の表面に傷をつけてしまう場合があります。 従来品の2倍という高い濃度で含まれたハイドロキシアパタイトは、歯や骨の主成分で再石灰化を促す効果が。 汚れを落とすだけでなく歯の修復を高いレベルで行ってくれるという、1つ2役が嬉しい歯磨き粉です。 アメリカで流通している物を日本でも販売できるように日本人向けに改良したのがこの商品。 歯を白く美しく・歯を黄ばみから守る・歯を黄ばみに強くする、という白さへのこだわりを特徴としています。 「カルプロックス」という独自成分がエナメル質を傷つけることなく汚れを除去、フッ素が歯を修復し、カルシウム・マグネシウム・リンが再石灰化を促すという、高いホワイトニング効果を誇る商品です。 おすすめのポイント 数あるフッ素配合の歯磨き粉の中でも、歯科が推奨する分量のフッ素 900~999PPM を配合し、歯の修復に高い効果を持っています。 汚れの除去に研磨剤を使用する歯磨き粉は多いのですが、時にその研磨剤が歯の表面に傷をつけてしまい、汚れが付着する原因となることがあります。 スーパースマイルは独自成分「カルプロックス」が歯を傷つけることなく汚れを分解・除去するので安心できるホワイトニング歯磨き粉です。 系列商品と比較して2倍の美白成分を配合しており、歯のホワイトニングに高い効果を発揮するホワイトニング歯磨き粉です。 ペースト状の歯磨き粉には珍しく、研磨剤を使用していません。 おすすめのポイント 研磨剤不使用なので、じっくりと時間をかけて磨ける所は他の歯磨き粉にはあまりない特徴です。 研磨剤が入っている歯磨き粉は磨き過ぎると歯を傷つける恐れがある中で、その心配がないのは安心して使える大きなポイント。 またゼオライトという成分を従来品の成分にプラスアルファで加えています。 鉱物の1つで歯石の原因となるカルシウムイオンを取り除く効果が期待できます。 歯石は一度できるとブラッシングでは落とせない為、予防が大切。 その点を補ってくれるのがアパガードロイヤル、という訳です。 アパガードシリーズの最上位品で、通販のみの販売商品です。 薬用ハイドロキシアパタイトのほかに、真珠・アコヤ貝から抽出した天然物質パール成分(加水分解コンキオリン液)も配合し光沢感がアップしています。 歯を白くしすることや虫歯の発生と進行の予防、歯槽膿漏の予防や歯肉炎の予防、口臭の防止、タバコのヤニ除去などんの効果があります。 おすすめのポイント 汚れを従来よりも落としやすくした上に、歯に光沢を与えてくれるので輝く白い歯を目指したいという方には是非おすすめです。 菌の分解に効果を発揮し、汚れを落としやすくします。 エリスリトールの持つ冷涼感により、口に含んだ瞬間にひんやりとするのもこの歯磨き粉の特徴。 爽やかな使い心地を感じながら歯をきれいに出来るという珍しい効果を持っています。 おすすめのポイント モノフルオロリン酸というフッ素の一種を配合。 歯の表面の汚れを落とすだけでなく歯の修復にも効果を発揮します。 汚れが付きにくい歯にするには歯質の強化も大切で、その観点からするとこの歯磨き粉はフッ素によって歯質を強化できるのです。 またインターネットからドラッグストア、日用品の量販店などどんな所でも入手しやすく価格も控え目というのも、おすすめのポイントです。 そのラインナップの1つということもあって、知覚過敏の原因となりやすい研磨剤を配合していません。 研磨剤の力ではなくポリリン酸ナトリウムの科学的作用によって、プラークやステインと言った汚れを柔らかくして浮かせ、ブラッシングによって取り除くという効果を持っています。 おすすめのポイント 研磨剤無配合なので、歯の表面を傷つける心配がなく安心してじっくりと磨くことが出来ます。 汚れを除去した後にフッ化ナトリウムで歯を修復、汚れをつきにくくして歯のキレイな状態を保ちやすくしてくれる歯磨き粉です。 研磨剤でゴシゴシ磨くと、歯の汚れは落ちますが傷をつけてしまう原因にも。 細かい傷は汚れの温床。 汚れを分解して落としやすくすれば、ゴシゴシ磨くことも少なくなり歯の表面を傷つけることもなくなるでしょう。 おすすめのポイント ピロリン酸ナトリウムと無水ケイ酸のダブルの働きで、効果的に汚れを除去してくれます。 ミントとアプリコットの2つのフレーバーがあるので、気分によって使い分けて長く愛用できる商品です。 細かい粒子のような物が感じられ、磨いていくとなくなります。 おすすめのポイント 価格は他の一般的な歯磨き粉と何ら変わることがないのに、ホワイトニングにしっかりと効果をはっきしてくれます。 他のホワイトニング歯磨き粉が香りが少ない、または無いのに対し、この歯磨き粉は香りもとても心地良いです。 汚れの除去、フッ素による歯質の強化、リンゴ酸の汚れがつきにくくなるコーティング効果と、多くの効能をギュッと配合しています。 日常生活に潜んでいる黄ばみ・汚れの原因をご紹介します。 アナタはいくつ当てはまりますか? 1.コーヒーを1日に何杯も飲む コーヒー コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールやカフェインが、歯の黄ばみの原因となります。 コーヒーを飲む度に歯みがきをしっかりとしていれば別ですが、頻繁に飲むとなると完璧に除去するのは 難しいでしょう。 またコーヒーは酸性の為、歯の表面を溶かしてしまう作用があり、その結果溶けた箇所に 色素が沈着しやすくなり黄ばみや汚れの原因になります。 2.赤ワインが好きで毎晩飲んでいる 赤ワインで歯に色素が沈着するのはご存知かと思います。 飲んでいるそばから唇にも色が着くことを 考えれば、歯に色素が着くのは当然。 これは赤ワインに含まれる「タンニン」が原因とされています。 タンニンはポリフェノールの一種でワイン渋とも言われる物質で、唾液が分泌されると口内の汚れを ある程度落としてくれるのでタンニンも流されるのですが、アルコールには利尿作用がある為に 水分不足になって唾液の分泌が低下し、汚れが沈着しやすくなってしまうのです。 3.煙草が大好き!ヘビースモーカー 煙草がお好きな方は、理由を言うまでもないでしょう。 煙草による歯の黄ばみや汚れはヤニが 原因です。 歯の表面にはペリクルというたんぱく質の膜があるのですが、これが煙草に含まれる タールと結合するとヤニとなって歯に沈着します。 これがヤニ汚れです。 早ければ半日で歯にこびりついてしまうと言われています。 また煙草を吸うと血流が悪くなり、口の中の唾液の分泌が低下します。 そうすると口内の乾燥が 進み、汚れがよりこびりつきやすくることに。 その結果、ヤニ汚れが一層しっかり付着してしまうのです。 4.紅茶や緑茶が好きでティータイムを欠かさない お茶には茶渋と呼ばれるタンニンが含まれています。 ワインと同様に、これが歯の黄ばみや汚れの 原因に。 特に紅茶は緑茶よりもタンニンが多く含まれているとされ、またコーヒーよりも紅茶の方が 色素沈着しやすいと言われています。 5.ランチにカレーばかり食べる カレー 今や日本人の国民食とも言えるカレー。 家では勿論、最近ではカレーショップも多くなり、カレーを食べるシチュエーションは増えていると言えるかも。 そんなカレーにはウコン(ターメリック)が含まれています。 これが着色の原因物質。 カレーの染みってなかなか落ちませんよね?ウコンは天然の着色料とも言われる成分で、これが歯の黄ばみの原因にもなるとされています。 6.研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシ磨く 実は歯磨きの仕方にも、歯の黄ばみや着色の原因が潜んでいます。 そうするとその細かい傷に汚れが沈着し易くなってしまい、黄ばみや着色の原因になって しまうのです。 歯の磨き方や研磨剤が入っていない歯磨き剤を選ぶことも大切です。 7.生まれつき、加齢 歯の黄ばみは、日常生活の中で汚れが沈着するケース以外に、生まれ持った歯そのものが原因であることも。 歯を構成している象牙質とエナメル質のうち、象牙質の色やエナメル質の厚みなどによっても、歯の見え方が 変わってくるのです。 また加齢に伴ってエナメル質が削られて薄くなり、象牙質が透けやすくなることも、 歯がより黄ばんで見える原因とされています。 黄ばみや茶渋、着色に効果有り!ホワイトニング歯磨き粉とは? ホワイトニング歯磨き粉、と言っても、具体的に普通の歯磨き粉とどんな点が違うのか?成分や特徴をご紹介します! ホワイトニング歯磨き粉と普通の歯磨き粉の違い 比較的安価でドコででも手に入る一般的な歯磨き粉は、研磨剤と発泡剤を使用しているものがほとんどです。 一方ホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤を使用していないことが多く、研磨剤によって歯を削ったり エナメル質をすり減らすことがなく、また発泡剤も含まれていないことが多いので、口の中が泡で 一杯になって磨きにくい、ということもありません。 この2点が大きな違いと言えそうです。 ホワイトニング歯磨き粉の特徴 ホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤で歯垢などを削り落とすのではなく、着色や黄ばみを分解して 落としやすくする効果に特化しているといえます。 分解することで歯に沈着した成分を歯を傷つける ことなく除去できるのです。 歯を削ってしまうと汚れが沈着しやすくなるばかりか、エナメル質が擦り 減って象牙質がより透けやすくなると、それによって歯がより黄色く見えることもある為、歯を削らず に着色などを除去できることで、より元の白さに近付ける、それがホワイトニング歯磨き粉です。 歯の黄ばみをキレイにしてくれる成分たち ホワイトニング歯磨き粉の特徴とも言える、黄ばみや着色を分解してくれる成分とはどんなものかご紹介します。 ハイドロキシアパタイト(清掃剤)、シリカ(研磨剤) ポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコール、ポリビニルピロリドン、などがあります。 アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉の特徴 アメリカはホワイトングの先進国ということもあり、ホワイトニング歯磨き粉についても日本よりも強力な商品が流通しています。 日本では薬事法で一般の人が購入できる商品に含むことが出来ない「過酸化水素」や「過酸化尿素」がアメリカの歯磨き粉には含まれていることがあります。 この2つの成分は歯を漂白する効果がある為、ホワイトニングの効果ははっきりと見込めそうですが、使用方法に注意が必要な場合もあり、日本では歯科医師を介してのホワイトングでしか使えないようになっています。 インターネットを通じて日本でも購入できる場合がありますが、思わぬアクシデントに見舞われる可能性も否定できません。 もしどうしても使いたいという場合には、かかりつけの歯医者さんなどで一度相談してみましょう。 パターン別、おすすめのホワイトニング歯磨き粉 研磨剤の入っていないおすすめのホワイトニング歯磨き スーパースマイルは、ホワイトニングに抜群の効果があるとされていますが、驚くべきは研磨剤が無配合であるという点。 歯の汚れを落とす場合には研磨剤で表面の汚れをこそぎ落とすことが多い中、研磨剤を配合せずに一定レベルまでホワイトニングに力を発揮してくれるのは、とても有難いですね。 急に歯磨き剤が必要になった時も、amazonからも注文できるうえに300円程度とお財布にも優しい 価格設定となっているので安心です。 芸能人みたいな白い歯にしたい!という方は歯科医院でホワイトニングを これまで歯磨き粉によるホワイトニングをご紹介してきましたが、歯磨き粉では満足できない方もいると思います。 元々の歯の白さなども関係してくるので、もしご自分の歯をより一層白くさせたいという方は、歯医者さんでのホワイトニングがオススメ。 歯医者さんで出来るホワイトングのご紹介です。 プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング(PMTC) 歯医者さんで清掃機材を使って汚れを落とす方法です。 通常の自宅でのブラッシングでは落とすことのできない 汚れまで落とすことが出来ます。 1回でしっかりと汚れを除去できるので、黄ばみや汚れがひどいと思う方は まずこの方法で歯面をきれいにしてみても良いでしょう。 またフッ素の歯面塗布も行うことが出来るので、歯の 表面の細かい傷を修復して色素が沈着しにくくすることも可能です。 オフィスホワイトニング 事前に汚れを除去したうえで、濃度の高いホワイトニング剤(過酸化水素)を塗布し、ライトを当てて色素沈着 を漂白、歯そのものの色を薬剤で化学的に白く改善する方法です。 歯磨き粉に比べると費用が高くなりますが、 1回で効果が見込めます。 実際にどんなプロセスなのか、いくら必要か、といったことは歯医者さんで確認する ことをおススメします。 ホームホワイトニング 歯医者さんで自分に合った専用のマウスピースを作ってもらい、薬剤を使って自宅でホワイトニングを行う方法です。 薬剤を買えば何度でも自宅で行なうことが出来るので、歯医者さんを予約したりして通う必要がないという手軽さも ポイントです。 デュアルホワイトニング オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つの方法を併用して行う方法です。 ホワイトニング歯磨き粉ランキングのまとめ いかがでしたか?ホワイトニング、と一括りに言っても程度によって様々な違いがあるということをお分かり頂けたと思います。 ご自身に合った方法・商品で、自分の笑顔に自信を持てるようになって頂ければ幸いです。

次の

ホワイトニング効果を比較!歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング|現役美容師がみんなの美容に関する悩みを解決!

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

あなたもハリウッドセレブのような輝く白い歯に憧れを抱いていませんか? ホワイトニングされた歯は好印象を持たれるので、 『歯を白くする歯磨き粉』が世間ではおすすめされており、 かなり多くの方が使用されているようです。 歯を白くする歯磨き粉などネットなどでおすすめされている自宅用ホワイトニング製品がたくさんありますが、こうした一見魅力的な製品に実は 『恐ろしい罠』が潜んでいることをご存じでしょうか。 そんな歯を白くするためにおすすめされている歯磨き粉にも、選び方や使用する歯磨き粉、使用方法による罠があります。 今回は私がやってしまった間違いを実体験を交えてご紹介します。 先に言っておきますが、絶対に真似しないでくださいね。 本当に泣きの目を見ることになります。 歯を白くする歯磨き粉の罠がヤバい件 歯を白くする歯磨き粉の説明書には、• ゴシゴシ磨かないでください• 強く磨かないでください• 力を入れずに優しくブラッシングしてください などど注意書きが書かれていることがあります。 そんなことを言われても、歯を白くするためにはゴシゴシやりたくなりますし、強く磨いた方が綺麗になる気がしますよね。 私もそう思っていて、何度もゴシゴシ強く磨いていました。 歯を白くしたかったのにならなかった3つの理由 私は歯を白くするために、研磨剤入りの歯磨き粉を選んで、ゴシゴシ強く磨いていた時期がありました。 研磨剤には、歯の表面を削って、汚れを落とす成分が入っています。 歯の表面には 『エナメル質』があります。 研磨剤によりエナメル質を傷つけ、歯のコーティング部分にダメージを与えてしまうと、• 歯が白くなるどころか、傷ついた部分は汚れがつきやすい。 汚れが落ちにくいために、磨いても磨いても綺麗にならない。 歯がますます汚くなる。 という不の連鎖を引き起こします。 簡単にエナメル質についてまとめます。 絶対にやってはいけないホワイトニングした3つの結果 研磨剤をやっても歯はますます汚くなるばかりで効果がないと思っていた時に台所の掃除に使っていた 『メラニンスポンジの激落ちくん』に目がいきました。 「そうだ!激落ちくんで歯を磨いたら綺麗になるかもしれない!!」 ホワイトニングに関して無知だった私は、安易な考えでメラニンスポンジを使って歯を磨くという、今考えれば恐ろしいことをしてしまったのです。 『メラニンスポンジ』とは非常に細かい無数の網の目になっていて、しつこい汚れも水だけでかき取ることができるという、魔法のようなスポンジです。 このスポンジがあればしつこい汚れも除去できるため、販売されるようになってから、このスポンジは飛ぶように売れて一気にご家庭のも広がりましたね。 どこのご家庭にも1つはある商品になっていると思います。 確かに台所汚れや鍋の汚れなど、普通のスポンジではなかなか落ちないような汚れも、メラニンスポンジであればとても綺麗に落とすことができ便利ですね。 しかし、それを歯に使うのは 『大問題』です。 先ほど書いたように、歯の表面にはエナメル質があります。 エナメル質を傷つけてしまうと、• 汚れが入り込んで落ちにくくなる。 むし歯になりやすくなる。 知覚過敏を起こす。 などの影響が出ます。 本来は傷つけてはいけないところなので、このように色々な問題が起こってしまいます。 すでに研磨剤の歯磨き粉でボロボロだった私の歯。 更にメラニンスポンジを使用することで、エナメル質が傷つきまくり、大変なことになってしまいました。 本当はこわい?!ホワイトニング製品を使い続けることのよる影響とは ホワイトニング製品の多くは、一時的な効果を得ることはできます。 しかし、その効果がずっと続くことはありません。 むしろ何年にもわたって使用し続けると、歯の浸蝕が進むという副作用のほうが大きいと考えられます。 また、長期的にこうしたホワイトニング製品を使って、人体に本当にどのような影響がでてくるのか、実際には 『だれも把握していないのが現状』です。 今は歯に異常がなくても、長年こうした刺激の強い物質が与える影響は、無視できないものがありますね。 【歯を白くするために】知っておきたい研磨剤の危険性 歯を白くしたいという思いで良いと思って始めたことがきっかけで歯がボロボロの状態になってしまった私は『なんでだろう。 こんなに頑張って磨いているのに・・・』と、悲壮感に包まれながら、あるホワイトニング歯磨き粉に出会いました。 そのホワイトニング歯磨き粉は、 歯を白くするのはもちろん、日々の汚れをとったり、むし歯予防や歯が健康な状態に保たれるような成分が配合されていると書かれていました。 説明を読み進めていくと、 その中に 『研磨剤入り歯磨き粉の危険性』が書いてありました。 研磨剤の含まれた歯磨き粉で強く磨きすぎると、• 歯の表面を傷つける。 傷ついた部分から汚れがどんどん染み込んでいく。 汚れだけでなく菌も入り込んでしまう。 黄ばみや口臭の原因になってしまうことがある。 と書かれていました。。 その中で歯を傷つけずに白くするためには、 『着色汚れを浮かせて分解し、 汚れを包み込んで除去することが大切である』ことが分かりました。 歯を白くするために削るから浮かせるに 歯のエナメル質が傷だらけになってしまっていた私。 その歯磨き粉には、歯や歯茎を健康にする成分も配合されていたので 『エナメル質も修復できるのではないか』と藁にもすがる思いで使用し始めました。 しかし、最初の2ヶ月くらいは目立った変化はなく、やっぱり傷つけてしまったものは戻らないんだ・・・と思っていました。 しかし、諦めずに続けていくと、 『あれ?なんか白くなってるかも?』 と気付くことができるようになりました。 エナメル質が傷つきまくって、ざらざらだった歯の表面も、その頃にはつるつるになっていて、明らかに修復してきたのを実感していた頃でした。 今は使い始めて4ヶ月ほどになりますが、もうゴシゴシすることはなく 優しく磨いています。 もう強くゴシゴシ磨かなくても、きちんと汚れが落ち、白い歯を保てています。 汚れを削って落とすから、汚れを浮かして落とす方法に変えてから、不安もなく、自信を持って笑える日々が続いています。 まとめ 完璧な白い歯を目指すより、 『丈夫な歯で健康であること』がまず一番大切なことではないでしょうか。 歯を白くするためにおすすめの研磨剤入り歯磨き粉を使って一生懸命強くゴシゴシと歯磨きをしていたつもりが、かえって歯のエナメル質を傷つけていたのですね。 エナメル質に傷をつけることは、知覚過敏、虫歯、口臭・黄ばみの原因となります。 私の実体験のような恐ろしい罠にはまらないように、歯は優しく磨き、汚れを浮かして落としましょう。

次の