みずほ銀行 改悪。 【比較】みずほ銀のATM手数料が大幅改悪!内容は?代わりはどこがいい?

みずほマイレージクラブの取引条件とうれしい特典が改悪

みずほ銀行 改悪

みずほ銀行のみずほマイレージクラブの特典が2020年3月1日より変更になります。 この結果、私の取引内容の利用ステージではみずほ銀行から他行への振り込み手数料無料特典がなくなります。 今まで給与・賞与振り込み口座として毎月利用していましたが、これを機にもうやめました。 みずほマイレージクラブ特典について Bステージ(一番下ランク) Aステージ(真ん中ランク) Sステージ(一番上のランク) 私の現状のみずほマイレージクラブ特典 私は現在は会社からの給与・賞与受け取りをみずほ銀行で利用しています。 なぜみずほ銀行かというと、会社に入社したときからそうだったので、その後も特に変更する必要もなく「給与振込先としては使える銀行」のためとして使っていました。 給与振込後、住宅ローン引き落としのため専用銀行に資金移動、生活費や投信購入のためなど楽天カード引き落としがあるので楽天銀行に資金移動をしていました。 そのため、月に最低2回は振込を実施しています。 そうすると現在はAステージにいる様子。 Aステージは外貨預金があれば大丈夫なすで外貨預金残高としては数十円しかなくても 現在月4回まで振込手数料が無料になっています。 しかしそれが、今回の改悪により私はAステージのままですが 他行振り込み手数料無料の特典はありません! これはイカン!振込するたびに手数料が取られてしまいます。 しかも他行へ3万円以上の振り込みは440円もかかってしまうのです。 これではもう給与振り込み口座を変更して回避するしか方法がありません。 給与振込口座の変更について 新入社員として入社すると、最初会社指定の銀行に口座を作ってそこに給与や経費精算を振り込むように言われます。 その方が会社としては振込手数料がかからないのでそうするわけです。 しかし給与振り込み口座については、従業員が変更を申し出ることができます。 これが意外と知らない方が多く、会社も聞かれない限り説明しません。 給与振り込みは会社の便宜によるものなので、原則従業員の変更申し出にはには応じなければならず、振込手数料等も会社が負担するのです。 そのため、口座変更したい場合は自分の好きな銀行口座を申し出て、振り込み手数料ももちろん会社持ちで変更できるわけです。 ネットで「給与振り込み口座の変更」で検索すればいくらでも出てきますので、ぜひ参照してください。 まとめ 今回のみずほマイレージクラブ特典の変更を受けて、私も給与口座の変更をしました。 12月末の給料振り込みより変わるはずです。 振込先口座変更したい場合、当社はシステムの手続きだけでできるし、人事部の人たちもしっかり知識があるので、変更についてガミガミ言われることは決してありません。 こういったことについてはうちの会社ホワイトです 笑 とりあえず振込手数料無料回数特典が多い、住信SBIネット銀行かソニー銀行が候補です。 ソニー銀行 : 振込手数料が5回まで 住信SBIネット銀行 :振込手数料が3回まで 現在の私のステージだとこんな状態ですのでソニー銀行にしました。 しかしみずほ銀行も顧客囲いのために、ライトユーザを切り捨て、ヘビーユーザーのみ取り込みに走った印象があります。 ただでさえネット銀行とは便利さが解離している状況なのにこの改悪です。 ライトな若者のみずほユーザーはこれを機に離れること間違いありません。 最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

次の

「改悪!うれしい特典じゃなくなってきたぞみずほマイレージクラブ」qoAopさんのブログ(2019/11/13)

みずほ銀行 改悪

コンビニATMは無料なら最高の「財布」だった 仕事がらマネー関連の「2020年はどうなる?」というお題で取材されたり、あるいは自分で記事を書くことが多いのですが、ひとつ時代の変化がやってきそうな事象として「コンビニATM無料の時代の終わり」があるかもしれない、と考えています。 コンビニATMは無料で使えるなら「便利な財布」です。 現金をできるだけ手元には持たないけれど、コンビニに行けば手数料無料でお金を下ろせるのであれば、まったく生活に困らないからです。 特に月4回あるいは無制限で無料の条件が整っている場合、週一以上使えることになるため、「現金が足りないとき一週間分くらいおろす」で使えばよく、かなり便利になります。 一方で手数料がかかる場合は「どうしても必要なときに使える財布」にランクダウンしてしまいます。 「110円ないし220円かかるけど仕方がないからおろすか」という感じです。 それでもクレカのキャッシングを使って利息を払うよりは安いとはいえ、できればいらない費用は払いたくないものです。 今まで、多くの銀行が割と軽い条件で、コンビニATMの無料サービスを提供してきました。 ところが潮目は変わりつつあるようなのです。 みずほ銀行の「改悪」でメガバンクはかなり厳しい条件に 日本の三大メガバンクについてみてみましょう。 三井住友銀行についてはSMBCポイントバックで所定の条件を満たすと「月3回まで無料」です。 「給与振込口座」「30万円以上の残高」「Web通帳の契約」「自社系クレカ引き落とし」が比較的簡単に得られる条件です。 しかし、月3回だと週一ペースでは使えないことになります。 三菱UFJ銀行の場合、シルバーステージで月2回、プラチナステージで月3回までコンビニATM無料となります。 「給与振込口座」か「自社系クレカ引き落とし」でシルバーステージ獲得はすぐできますが、プラチナにするのは簡単ではありません。 月2回まではなんとか確保という感じでした。 ちなみに、2018年3月1日からサービス変更になっているものです。 みずほ銀行はこれらに比較すると「月4回まで無料」が取りやすいメガバンクでした。 現行制度であれば、給与振込口座として指定しているか、いくらでもいいので投資信託や個人向け国債などのリスク商品を持っていればよく、月4回までコンビニATMが無料でした。 また他行振込手数料が月4回まで無料というのも大きなメリットでした。 ところがみずほ銀行はみずほマイレージクラブの条件見直しを発表しており、3月1日からの新プランでは優遇条件が大幅に変わります。 サービスのほうとしては 1.「 コンビニATMについてはイーネットのみに限る」という変化があります。 イーネットはファミリーマートなどで置かれているATMです。 これはつまりローソン、セブンイレブンは無料利用がNGになるということです。 さらに、 2.「 コンビニATM利用無料の回数、他行振込手数料無料の回数が大きく減少」という点でも見直しがあります。 イーネットだけしか利用できないのにかかわらず回数も下がります。 他行振込手数料の回数も減少します。 Aステージ:イーネットATM月2回無料、他行振込手数料はなし Sステージ:イーネットATM月3回無料、他行振込手数料月3回無料 となるのですが、給与振込口座指定だけで獲得できるのはAステージです。 3.つまり「 サービス獲得のハードルが上がる」ということでもあります。 Sステージになるためには提携クレジットカードで年100万円利用、投資信託等のリスク商品残高100万円以上、住宅ローンやカードローンの利用残高あり、という条件になります。 ちょっと厳しい条件ということが分かります(カードローンで借金するのは簡単だが、手数料優遇を金利が上回るのがオチなので除外)。 三井住友銀行 / 三菱UFJ銀行 / みずほ銀行 現 / みずほ銀行 新 地方銀行なども一部撤退の動き この動きはメガバンクに限るものではありません。 地方銀行などにも変化があるようです。 「自衛策として広がるのが手数料の見直しだ。 福島県が地盤の東邦銀行は18年7月、従来108円だった平日昼間のコンビニATMの手数料を2倍に引き上げた。 三重銀行も同年1月から、時間外の引き出し以外は無料だったコンビニATM手数料を有料とした。 いずれも引き上げ対象をコンビニATMに絞った。 」 「新潟県の第四北越フィナンシャルグループも19年4月から傘下の北越銀行、第四銀行がコンビニATMの手数料を一部引き上げた。 」 出典: もちろん、みずほ銀行の見直しの件も記事では紹介されています。 コンビニATM無料利用は「2020年バージョン」に見直しが必須 2020年は「自分の利用する銀行の条件改定」についてはアンテナを張っておいた方がいいでしょう。 通常、数カ月以上の周知期間がおかれますが、気がつかずに周知期間が終わっていて有料引き出しになっていた、というのは怖い話です。 また、状況によっては「ATM利用スタイルを変更する」か「取引銀行を変更する」といった対策も考えるべきでしょう。 前出のメガバンクであれば、獲得できる利用条件はゲットしつつ、無料の範囲内で使いこなすことになります。 銀行のATMでの利用を心がけつつ、どうしても必要なときに月2回くらいコンビニATM利用、というようなスタイルならなんとか無料を維持できます。 また、メガバンクはATMだけを駅構内や地下通路などに設置する例が増えているので、こうした「マイATMマップ」を頭に入れておく方法もあります。 一方で、ネットバンクやコンビニ銀行(セブン銀行、ローソン銀行)に取引を変更する、という方法も考えられます。 ネットバンクの場合、一定の条件を満たせばコンビニATMはもちろんメガバンクやゆうちょATMも利用できることがあり、「給与振込口座から月一度、ネットバンクにお金を振り込み、その後はネットバンクを日常使いとする」という方法で手数料無料を維持できます。 例えば ソニー銀行ならATM引き出しが月4回まで無料、 新生銀行はゴールドステージ以上にすればコンビニATMが無料になります。 新生銀行のゴールドステージは他行振込手数料も月5回無料になります。 条件獲得が一番簡単なのは月5000円以上の積立投資信託でしょうか。 shinseibank. あるいはキャッシュレス生活への切り替えも選択肢 もうひとつの選択肢があります。 それは「 現金をコンビニATMでそもそもおろさなければいい」というものです。 つまりキャッシュレス決済への切り替えです。 電子マネーの利用、クレジットカードの利用を増やせば、現金をコンビニで時間外におろす必要性は下がります。 深夜にお金が必要ならクレカか電子マネーで払えばいいわけです。 現金を用意してコンビニのレジでチャージするイメージがまだ強いかもしれませんが、スマホに設定した電子マネーであればクレカからチャージするよう設定ができ、慣れればスマホ画面でクリックするだけですみます。 クレジットカードがその場では現金が不要で翌月以降の支払いとなることはいうまでもありません。 銀行のキャッシュカードも「 VISAデビッド」などの対応カードを発行している場合、切り替えておくと、困ったときにはクレジットカードとして使えます。 この場合は即座に銀行口座から利用額が引き落とされ、残高の範囲でしか利用できませんが、手数料は無料です。 つまり深夜の現金不足でコンビニATMに手数料を払うくらいなら、こちらのほうが有利です。 キャッシュレス決済の利用は、むしろポイントがつくため「手数料を払うどころか、ポイントがもらえる分、割安」ということでもあります。 ……ここまでいくつかの対策を紹介してきました。 2020年は銀行のATM利用、特にコンビニATM利用に関する優遇条件の見直しトレンドは避けられないと思います。 銀行の条件見直しに負けず、消費者個人としてお得な選択肢を模索してみたいところです。

次の

みずほ銀行 会員向けサービスを大改悪

みずほ銀行 改悪

2020年3月1日よりみずほマイレージクラブが改定 みずほ銀行の優遇プログラム、みずほマイレージクラブが改定します。 2020年1月31日の判定により、2020年3月1日より新しい内容がスタートします。 取引条件、うれしい特典共に、改悪の印象が強いです。 ゆきたんたんはみずほ銀行をメインバンクとして利用しているため、影響が大きいです。 これからの利用方法を検討する必要がありそうです。 他方、隠し引き落とし口座を変更する手続きは手間です。 今回は、みずほマイレージクラブの改定内容と、それに伴う影響を改めて整理します。 その上で、今後の利用方法を検討します。 銀行口座こそ、お得に利用したいと考えています。 新しい取引条件とうれしい特典について みずほマイレージクラブの新しいサービスは、 3つのステージに分類されます。 それぞれのステージで取引条件が異なり、難易度も変わります。 Bステージ、Aステージ、Sステージの順に難易度が高くなり、特典のレベルが上がります。 Bステージの取引条件 Bステージの取引条件は、以下の通りです。 前提条件として、 みずほマイレージクラブへの入会とみずほダイレクトの登録が必要です。 その上で、以下の条件のいずれかを満たす必要があります。 取引条件 内容 みずほマイレージクラブカード - 他キャッシュレス商品 - 資産運用商品 - お借入 - 各種お取引 J. Scoreのご利用 スコアを取得し、みずほ銀行の情報共有に同意頂いた方 預かり資産 残高30万円 Bステージのうれしい特典 取引条件を満たすことで、以下のうれしい特典を利用することができます。 Bステージ同様、前提条件として、みずほマイレージクラブへの入会とみずほダイレクトの登録が必要です。 その上で、以下の条件のいずれかを満たす必要があります。 取引条件 内容 みずほマイレージクラブカード 毎月の利用 他キャッシュレス商品 みずほWalletの毎月の利用 または J-Coin Payの毎月の利用 または オリコカードの毎月の利用(3千円以上) 資産運用商品 積立投資信託 毎月合計1万円以上の引き落とし お借入 - 各種お取引 給与の受け取り または みずほ学割の加入 預かり資産 - Aステージのうれしい特典 取引条件を満たすことで、以下のうれしい特典を利用することができます。 A、Bステージ同様、前提条件として、みずほマイレージクラブへの入会とみずほダイレクトの登録が必要です。 その上で、以下の条件のいずれかを満たす必要があります。 取引条件 内容 みずほマイレージクラブカード 年間合計100万円以上の利用 他キャッシュレス商品 - 資産運用商品 資産運用商品残高合計100万円以上 お借入 お借入残高あり 各種お取引 - 預かり資産 - Sステージのうれしい特典 取引条件を満たすことで、以下のうれしい特典を利用することができます。 資産運用商品の大口利用や、住宅ローンの借入がない場合、Sステージの獲得は難しいです。 Sステージの獲得目的にカードローンを利用することは、本末転倒です。 これにより、他行宛振込手数料無料の特典が利用できなくなりました。 現状では、残高が50万円以上の場合、他行宛振込手数料が1回無料です。 毎月必ず利用する特典ではありませんが、1回が0回になることの 心理的な影響は大きいです。 全体的に、うれしい特典の無料部分が少なくなった印象があります。 これまで同様のサービスは提供できない、という改定に思えます。 各ステージの取得難易度が高くなったことも、そのように考える一因です。 みずほ銀行をメインで利用するだけではなく、間接的な利用も視野に入れるべきです。 既にゆきたんたんは、一度みずほ銀行にて給与を受け取った後、他銀行から引き落としています。 ソニー銀行、住信SBIネット銀行は、 自動的に残高を移行するサービスを提供しています。 最後に 今回の改定は、キャッシュレス商品を取引条件に採用し、最近の流行を取り入れています。 多くの方にとって、まだ馴染みのない商品になっています。 これを契機として、利用してもらいたいみずほ銀行側の意図が見えます。 ゆきたんたんとしては、みずほ銀行の使い勝手が悪くなる改定でした。 残高による判定によって、振込手数料が無料にはなりません。 この点を踏まえて、今後の利用方法を考えなければなりません。 給与振込口座についても、適宜変更を行い、お得を享受できればと思います。 以下、関連記事です。 2019年10月は、消費税増税とキャッシュレス推進が同時に実施されました。 少しでもお得になれるよう、銀行口座は整理すべきです。 ゆきたんたんは、子どもも銀行口座を開設すべきだと考えています。 ジュニアNISAを利用するためには、口座開設が必須です。 住信SBIネット銀行は、給与振込口座への指定でスマプロポイントが貯まります。 わずかなポイントではありますが、あるとないとではお得度が違います。

次の