トヨタ アヴァロン。 トヨタ「アヴァロン/カムリ」のTRDモデルが遂にアンヴェール。超攻撃的、LAオートショーに向け準備万端

トヨタ「アヴァロン/カムリ」のTRDモデルが遂にアンヴェール。超攻撃的、LAオートショーに向け準備万端

トヨタ アヴァロン

来年の1月より開催予定となっているアメリカ・デトロイトモーターショー2018にて、トヨタ・新型「アヴァロン」の最初のティーザー画像が公開に。 トヨタは、あまり「アヴァロン」に関する情報は公開していないものの、FFモデルの最上級セダンとして北米では非常に人気の高い車種。 今回の新型モデル発表は非常に重要な立ち位置になると推測。 なお、今回のティーザー画像からも確認できる通り、何とも特徴的なY型LEDシームレスライトは、近年のランボルギーニの特徴でもあるため、スポーティ且つラグジュアリさを強調。 おまけに大規模と思われるグリルも垣間見え、アグレッシブなスポーティさと立体感溢れる一台として登場することが期待されています。 プラットフォームは、「カムリ」と同様にTNGA トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー を採用し、エンジンオプションも「カムリ」からのキャリーオーバーとなる排気量3. 5L V型6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力301hp、最大トルク361Nmを発揮。 そして、排気量2. 5L 直列4気筒自然吸気エンジン+電気モータのハイブリッドパワートレインは、最高出力208hpを発揮します。 安全装備としては、トヨタセーフティセンスシステムを標準装備し、更には自動ハイビームヘッドライト、車線逸脱警報システム、および歩行者検出機能を備えた衝突前警報システムが設定されることとなりそうです。 Reference: 関連記事:北米市場向けのトヨタ「アヴァロン」のレンダリング画像が公開。 ほぼ新型「カムリ」だった件 北米トヨタが販売する前輪駆動 FF モデルの大型上級セダンであり、北米トヨタのフラッグシップサルーンとして有名な「アヴァロン」の2019年モデルと思わしきレンダリング画像が公開に。 「アヴァロン」は、1992年に販売終了した「クレシーダ」の後継モデルにあたる高級セダンで、密かに日本市場においても初代、2代目と販売していたモデルでもありますね。 ただ、販売するに当たり売り上げはそこまで向上することもなく、最終的には日本国内での販売を取りやめ、後の現行ラインナップにもある「カムリ」がメインにて販売することとなります。 今回公開している新型「アヴァロン」のレンダリング画像を確認していくと、やはりそのフロントエンドデザインは、現行の新型「カムリ」と非常にそっくりであるものの、どこかしらレクサスのシンボルにもなっているスピンドルグリルを継承しており、更にはフロントグリルがメッシュになっているところもレクサスっぽさを強調。 なお、パワートレインは排気量2. 5L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力210ps、最大トルク250Nmを発揮と、意外と大人しめのノンハイブリッドモデルとのことですが、近年のアメリカ車両においてもダウンサイジングハイブリッド フォード「マスタング」「F-150」 を導入することを考えると、日本国内でもラインナップしている直4エンジン+ハイブリッドのラインナップも十分に考えられるとのことで、日本市場に近づけた、まさしく北米版「カムリ」を販売しくていくのではないかと考えられます。

次の

トヨタ「アヴァロン/カムリ」のTRDモデルが遂にアンヴェール。超攻撃的、LAオートショーに向け準備万端

トヨタ アヴァロン

セコイアが2022年にフルモデルチェンジ フルサイズSUVらしくラグジュアリーに進化 海外専売車のフルサイズSUVセコイアが2022年にフルモデルチェンジする可能性があります。 セコイアは日本で販売されていませんが、並行輸入のカーショップを通して購入できるため、フルモデルチェンジした場合は日本でも話題になるかもしれません。 フルサイズSUVというとあまり馴染みがないかもしれませんが、海外では人気のカテゴリで、特に北米ではキャデラックのエスカレードやリンカーンのナビゲーターなど全幅2,000mm超えのSUVが売れています。 トヨタのセコイアも自動運転技術や安全装備など最新モデルになり注目されるでしょう。 トヨタのフルサイズSUVセコイヤがシカゴモーターショー2019でTRDプロを世界初公開 シカゴモーターショー2019で世界初公開されたセコイヤのTRDプロ トヨタSUVセコイヤのTRDプロのサイドのエクステリア トヨタのフルサイズSUVに位置づけられているセコイヤの「TRDプロシリーズ」が、シカゴモーターショー2019において世界初公開されました。 TRDはオフロードパッケージで、これまで「タコマ」「タンドラ」「4ランナー」の3車種に設定されていましたが、シカゴモーターショー2019で初めてTRDプロが設定されたセコイヤが登場しました。 セコイヤにTRDプロを設定し、FOX製のダンパーとインターナルバイパスショックを搭載することで、オフロードでの走りの性能が高められています。 トヨタ セコイアの歴史は4ランナーとランクルを埋める中間SUVの開発から始まる 2000年にアメリカとカナダで発売された初代セコイア トヨタ セコイアの初代モデルは、ピックアップトラックとして知られるタンドラとプラットフォームを共有しており、2000年に登場しました。 当時はSUVのハイラックスサーフ(海外では4ランナー)とランクル100の間を埋めるのがトヨタ セコイアという位置付けになっていました。 フルサイズSUVセコイアの基本スペック 最大8人乗り3列シートや2mを超える全幅が特徴 トヨタ セコイアの現行モデルのグレードはSR5、TRD スポーツ、リミテッド、プラチナムの4展開です。 タンドラをベースとしているために、ボディサイズは 全長5,210mm、全幅2,030mm、高さ1,960mmと非常に大きく、最大で8人が乗車可能となっています。 トヨタ セコイアのエンジンは V8 5. 牽引力は最大 7400lbs(約3,356kg)ととてもパワフルです。 その他、タイヤ空気圧モニターシステムやブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、スターセーフシステムの搭載など、安全性にも配慮されています。 トヨタ セコイアのボディーカラーバリエーション全8色 現行モデルである2018年トヨタ セコイアのカラーバリエーションは以下の8つとなっています。 SUPER WHITE(スーパーホワイト) SILVER SKY METALLIC(シルバースカイメタリック) MAGNETIC GRAY METALLIC(マグネティックグレーメタリック) MIDNIGHT BLACK METALLIC(ミッドナイトブラックメタリック) SIZZLING CRIMSON MICA(シズリングクリムゾンマイカ) SHORELINE BLUE PEARL(ショアラインブルーパール) TOASTED WALNUT PEARL(トーステッドウォルナットパール) BLIZZARD PEARL(ブリザードパール) これらの2018年モデルに対し、2017年モデルのセコイアのカラーも同じ8色展開という点に変更はありませんが、8色のうち、BLACK(ブラック)、SANDY BEACH METALLIC(サンディービーチメタリック)、PYRITE MICA(パイライトマイカ)の3色の代わりにMIDNIGHT BLACK METALLIC、SHORELINE BLUE PEARL、TOASTED WALNUT PEARLの3色が新色として加わっています。 トヨタ セコイアのエクステリア・インテリア 使いやすく広い内装が魅力 現行セコイアはランドクルーザー200よりもボディが大きい トヨタ セコイアはボディサイズが全長5,210mm、全幅2,030mm、高さ1,960mmと存在感の強いワイルドな外観で、大きく押し出したフロントマスクが印象的です。 2018年モデルはバンパーとグリルが一新されています。 大型ヘッドライトもフルモデルチェンジでフルLED化 LEDヘッドライトとLEDデイライトランニングライト、フォグライトもLED標準にアップグレードされています。 使いやすいシンプルな内装もセコイアの魅力 トヨタ セコイアのインテリアを見てみると、ダッシュボードはシンプルにまとめられています。 フルサイズSUVならではの開放的な室内空間 運転席・助手席・後部座席ともに快適に過ごせる広々としたデザインです。 シートの作りも豪華で高級感があります。 グレード 価格 SR5 $48,400~(約519万円) TRD スポーツ $51,115~(約548万円) リミテッド $56,895~(約610万円) プラチナム $64,110~(約687万円) トヨタ セコイアの新車価格はおよそ500万円~700万円が相場となっており、グレードによって最大約170万円の幅があることがわかります。 トヨタ セコイアの維持費は1ナンバー登録することで負担を軽減できる トヨタ セコイアはエコカー減税対象車ではありません。 自動車税は1ナンバーで普通貨物車として登録した場合は16,000円(3ナンバー登録の場合は88,000円)となり、その他ガソリン代や保険、車検に関わる費用などが維持費としてかかります。 1ナンバーで登録した場合は3ナンバーよりも高速道路の代金が高くなり、車検が毎年必要になります。 大型車のため燃費は悪く、維持費はそこまで安いとは言えませんが、1ナンバーにすることで負担を減らすことができます。 アメリカ生まれのトヨタ セコイアは最高級のフルサイズSUV 米国のアイシーカーズドットコムが行った「長寿モデル」ランキング調査の上位にも挙がっているトヨタ セコイアは、それだけの耐久性を持ち、長く愛されるモデルであることが伺えます。 トヨタ セコイアは米国市場だけでなく日本国内の市場でも人気の車種で、専門店での購入も可能です。 カスタムする楽しみも大きい車種ですので、興味のある方は問い合わせてみると良いでしょう。

次の

トヨタ・新型「アヴァロン」のティーザー画像が公開。まるでランボルギーニのようなY型LEDを採用?

トヨタ アヴァロン

トヨタ新型アバロン フルモデルチェンジ最新情報 北米トヨタのフラッグシップ・アバロンが、フルモデルチェンジを行います。 新型アバロンは、2018年1月に開催されるデトロイトモーターショーでのワールドプレミアが行われており、それに向けて一点のティーザーイメージが公開されていました。 日本国内におけるアバロンは、初代モデルが逆輸入車として導入され、2代目モデルはプロナードという車名で販売されていました。 しかし、国内にはライバル車種が多く、思ったような人気が得られなかったため、2代目以降のモデルは販売されていません。 5代目となる新型アバロンの日本発売は、行われるのでしょうか? 新型アバロンの性能や燃費、価格、発売日についての予想を紹介しています。 ・新しい Kとマルチリンクリア、ファーストアダプティブヴァリアブルの採用。 ・「アレクサ」の搭載。 ・Pの搭載 トヨタ新型アバロンのエクステリアデザイン(外装) Touringのエクステリア トヨタ 新型アバロン Touring トヨタ 新型アバロン Touring トヨタ 新型アバロン Touring トヨタ 新型アバロン Touring 新型アバロンのエクステリアは高級車らしさを保ちつつ、旧型よりサイズアップしています。 新型アバロンにはTouring、XSE、Limited Hybrid、XLEの4つのグレードがあり、TouringとXSEのエクステリアはアグレッシブさを感じさせるデザインとなっています。 ピアノブラックのメッシュグリル、光沢のあるブラックホイールやブラックのサイドミラーがこれまでのアバロンには無かったようなイメージを演出します。 Limited Hybridのエクステリア トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid 上位グレードとなるLimited HybridとXLEのエクステリアデザインはTouringやXSEと明確に差別化されています。 クロムボーダーのダークグレーのフロントグリル、シルバーのLEDヘッドライトベゼル、直径17~19インチの個性的なホイールなどが特徴です。 新型・旧型アバロンのボディサイズ比較 新型アバロンのボディサイズ 全長 全幅 全高 4,978 1,849 1,435 車両重量 乗車定員 2,870 — — [単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 旧型アバロンのボディサイズ 全長 全幅 全高 4,961 1,834(ミラー含まず) 2,093(ミラー含む) 1,460 ホイールベース 車両重量 乗車定員 2,820 1,570~1,605(ガソリン) 1,630~1,650() 5 [単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 トヨタ新型アバロンのインテリアデザイン(内装) Touringのインテリア トヨタ 新型アバロン Touring トヨタ 新型アバロン Touring トヨタ 新型アバロン Touring 新型アバロンのインテリアはシンプルで実用性の高いデザインとなっています。 ピアノブラックを基調としたインテリアは、ヤマハ製の木製パーツとアルミニウムパーツで構成されており、ドアやコンソールには職人技が感じられます。 リアシートのカップホルダーは折りたたみが可能で、USB充電ポートも付属しています。 Limited Hybridのインテリア トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid Limited Hybridのインテリアはコニャック色のレザーシート、XLEのインテリアはグレー、ベージュ、ブラックのレザーが高級感を醸し出しています。 また、Limited Hybridはリアルウッドトリム、XLEにはエンジニアリングウッドトリムが採用されています。 それ以外の装備については差は無いようです。 トヨタ新型アバロンのパワートレイン トヨタ 新型アバロン Touring 新型アバロンのは、新型カムリから採用されている「ダイナミックフォースエンジン」の搭載が予想されていましたが、予想されていたとおりダイナミックフォースエンジンが搭載されることが発表されました。 ダイナミックフォースエンジンは、に基づいて開発された次世代エンジンであり、このTNGAをもとにした2. 5L 直列4気筒エンジンと、3. 5L V型6気筒エンジンが搭載されます。 なお、TNGAはパッケージングが改善されTNGA Kとなり、バッテリーをリアサイドシート下に置くことにより、低重心化を実現します。 また、にマルチリンクリアサスペンションとアダプティブヴァリアブルサスペンションを採用します。 また、はです。 参考:現行型アバロンのパワートレインスペック 3. 5L ガソリン 2. 5L ハイブリッド エンジン 種類 V型6気筒 直列4気筒D 排気量 3. 5L 2. レーダークルーズコントロールやオートマチックハイビーム、リアクロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニターといった機能が装備されるほか、パノラマビューモニターも使用できます。 また、10個のエアバッグとトラクションコントロール、電子ブレーキ制御、ブレーキアシストなどを含むうスターセーフティシステムが装備されるとのことです。 トヨタ新型アバロンが人工知能(AI)アレクサを搭載 新型アバロンには、Amazonの、アレクサが搭載されます。 アレクサの搭載は「Toyota Remote Connect」の一環で、スマートウォッチやAmazonアレクサに対応したデバイスから車の遠隔操作、音声操作が可能になります。 トヨタ新型アバロンの燃費性能を予想 — 出典 : 新型アバロンの燃費性能に関しては、まだはっきりとしたことは分かりません。 仮に新型アバロンにダイナミックフォースエンジンが搭載された場合、その燃費性能は現行型アバロンから飛躍的に向上すると思われます。 5Lガソリン 2. 現行型アバロンは、33,500ドル(約380万円)から42,800ドル(約486万円)という価格設定で販売されています。 新型アバロンでは、フルモデルチェンジに伴う価格の上昇が予想されます。 トヨタ アバロンとは? — 出典 : アバロンとは、北米トヨタが製造・販売している大型高級です。 車名はアーサー王伝説に登場する楽園の島「アヴァロン(avalon)」に由来しています。 1994年に登場した初代アバロンは、北米トヨタのフラッグシップモデルとして開発されており、全長4,845mmという大型のボディを特徴としていました。 日本国内では、1995年に逆輸入という形で販売が開始されています。 — 出典 : 2000年に発売された2代目アバロンは、日本ではプロナードという車名で販売されました。 しかし、日本には同クラスのライバル車種が多く、大型のボディも取り回しが不便だったために、プロナードは人気を得られないまま販売を終了しています。 — 出典 : 3代目アバロンは、2005年に発売されました。 全長は5mを超え、初代と2代目よりもさらに大型のボディとなっています。 日本国内での販売は、3代目アバロンから行われなくなりました。 現行型の4代目アバロンは、2012年に発売されました。 ボディは3代目から若干小さくなり、5m未満のサイズに収まっています。 は、3. 5LのV型6気筒ガソリンエンジンと、2. 5Lの直列4気筒エンジンが用意されています。 2代目アバロンの日本仕様モデル「プロナード」についてはこちら トヨタ新型アバロンは2018年に登場!日本発売はあるのか? デトロイトモーターショーの会場 パブリック・ドメイン 出典 : トヨタ新型アバロンの性能や燃費、価格などの予想と最新情報についてお伝えしました。 新型アバロンは、2018年1月のデトロイトモーターショーで初公開されました。 同時に、北米での発売日は2018年の春になることも明らかになっています。 日本発売に関しては、3代目モデル以降が国内で販売されていないことを考慮すると、5代目となる新型アバロンの発売も見送られる可能性が高いですが、日本のトヨタ公式からの発表に注目していきましょう。 MOBYでは、今後もトヨタ新型アバロンの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください。 トヨタやその他のメーカーの新型車についてはこちら セダンを検討中の方はこちらの記事も必見.

次の