妊娠 6 ヶ月 お腹 張る。 【医師監修】妊娠初期症状「お腹が張る」原因と対処法|妊娠・出産・マタニティ情報サイト

妊娠6ヶ月でお腹が苦しいと感じる原因は?お腹の状態などを解説

妊娠 6 ヶ月 お腹 張る

下記クリックで好きな項目に移動• その前に、妊娠7ヶ月という時期をちょっぴりおさらいしてみよう! 妊娠7ヶ月ってどんな時期なのでしょうか? はい。 ちょっぴりおさらいっ!• 妊娠週数:24・25・26・27• 定期健診:2週間に1回(正常な場合) スポンサーリンク 妊娠7ヶ月:お母さんのからだの中は? 子宮がおへそよりも6~7cm高くなり、おなかに張りを感じることもある。 腹部が前にせり出し、姿勢がそりぎみになる。 便秘や痔、 静脈瘤 じょうみゃくりゅうになりやすい時期。 (貧血に注意しましょう!) 妊娠7ヶ月:赤ちゃんのようすは?• 身長:約35cm• 体重:約1000g 大横経 だいおうけいは、約6~7cm、まぶたが上下にわかれ、目鼻立ちがはっきりしてくる。 この時期は約3分の1が逆子。 子宮底長:21~24cm わたしは現在、貧血があって産婦人科から処方された鉄分を毎日のんでいますよ~! どうやら貧血にもなりやすい時期のようですねっ! 妊娠7ヶ月のお腹の張り・痛みってどんな感じ?わたしの場合…。 「あぁ、左側だけなんか痛い…。 」 「あばら骨の下の方…。 」 スリスリスリスリ… わたしの場合ですが、最近お腹が張ると必ず左側が痛むようになりました。 手でずーっとスリスリさすってます…。 お腹が張ると結構硬くなったりしませんか? 「あぁ、張ってるなぁ~。 ちょっと疲れてるのかな~」 そんな感じで自分では気づかない疲れを、お腹の張ることが原因でドドーっと感じることもしばしばあります。 横になって休んでいるとおさまるような張り、左右片側の張りならまず大丈夫です。 張りや痛みが手記的に来る、出血をともなる、強い痛みがつづくときには、早産や他の異常が考えられますので診察を受けましょう。 参照:menuet 不安になりすぎるのも良くないのかも? でも正直…わたしのように上の子の対応をしなければならない場合は、なかなか横になることは難しいです…。 会社勤めの妊婦さんもなかなか自分のペースで休憩をとることが難しいのではないでしょうか…。 ココは自分のできる範囲で休憩をとり、様子をみていくしかないですね! チーン…。 ところで、妊娠7ヶ月の時期にお腹が張る原因って何なの? 「どうしてこの時期はお腹が張ってくるのかな~?」 それはなぜか? ママの体も、胎児の体も落ち着いて、いわゆる安定期に入ったことで、活動的になってくる為に起こりやすいのだとか! そういえばわたしも、ひどいつわりから解放されて活動的になったことで頻繁にお腹がはるようになりました…! いかんいかん。 こんな時によくお腹が張ってる!• お茶碗を洗っている時• 洗濯物を干している時• パソコン作業をしている時• ちょっと長く歩いた時• 家族でお出かけして疲れた時 やはり、家事は休憩を挟みながらじゃないと疲れますよね…。 洗い物などは、途中でイスに座ってお茶を飲むなど休みながらやってます! 張りがあるときの一般的な対処法とは? お腹の張りといっても3パターンあります。 生理的な子宮の伸縮• 妊娠とは関係ない張り• 危険な張り 一般的には、お腹が張ったらすぐに「横になる」「休憩する」ように指示されます。 でもこれがなかなか難しい…。 最近は2歳の息子の夜泣き・4歳の娘のおねちょの対処でお腹が張っても休憩する暇がないこともしばしば…。 本当はゆっくり夜も眠りたいけれど、上の子の育児で寝不足になることの方が多いです。 それが普通になってしまっているので、少々の張りは無視してしまうことが増えてきました。 妊娠7ヶ月で安定期とはいえ、切迫早産やその他の病気になる場合もあるので注意が必要ですね! 2人育児をしているわたしなりの対処法 なかなか休憩が難しい環境にいるわたしですが、わたしなりの対処法をご紹介します! 1:4歳の娘にゲーム感覚でお手伝いをしてもらう! 4歳の女の子ってすんごく頭の回転が早いです。 大人が口で説明すれば、ほとんどのことが理解できるようになりました。 おもちゃのお片付け• 洗濯物をたたむ• 台を拭く• 食器を片づける• 弟のお世話 など、よく手伝ってもらっています。 もうお姉ちゃんがいなければママは倒れているかもしれないと思えるほど強力なサポーターです! もちろん本人が甘えたい時もあるので、しっかり2人の時間をつくって遊んだり工夫をしています。 2:2歳児には赤ちゃんの存在をしっかり伝えていく! まだまだ甘えたい盛りの2歳児の息子は、お腹をバンバン叩いたり、タックルしてきたり激しい遊びが多いです。 そんな時には毎回同じことを繰り返し伝えるようにしています。 ママのお腹の中には赤ちゃんがいる• 赤ちゃんは叩くと痛いって泣いちゃうよ• ママはお腹が痛い時がある 最初はわからなかったようですが、繰り返し伝えていくことで少し変化も起こりました。 「ママお腹大丈夫?」 「いたいいたい?注射する?」 「よしよし(お腹をなでる)」 こんな言葉が増えたのです。 短期間でのこの成長はとても嬉しかったです。 4歳のお姉ちゃんに「赤ちゃんは大切にしなくちゃ」と言われていることも効果的だったのかもしれませんね! 胎動でお腹が張ることもある? 胎動によって子宮収縮が起こり、お腹が張る場合があります。 でも、元気にポコポコ動いてくれるのはとっても嬉しいですよねっ! 初めての妊娠の時は、胎動でお腹が張ることが不安で仕方ありませんでした。 赤ちゃん大丈夫かな?• 体が危険サインを出しているのかな? と思っていたからです。 でも大丈夫!! 胎動でお腹が張ることはごくごく当たり前のことなので、心配せずに毎日を過ごしましょう~! 妊娠中期・出血を伴ったら要注意だよ! 妊娠7ヶ月で安定期に入っている! そんな時でも少量の出血があればすぐに受診するようにしましょう! こんな可能性があるから心配!• 切迫早産• ポリープ• 子宮膣部びらん• 前置胎盤 少量の出血でも、「このくらい大丈夫だよね~」と自分で判断しないことがポイント! しっかり受診し、先生から「大丈夫ですよ」と言われるまでは安心できません。 もしも出血が確認できたらきちんと記録を残しておくことも忘れないでくださいね!• 出血した時間• 出血の量• 出血の色 など。 すんごく大切です!!! 妊娠7ヶ月に入ったわたしは、毎日おりものシートをつけています。 少しの出血でも見逃さない為です。 トイレに行くたびにシートを変えることで、いつでも清潔に保つことができます。 万が一出血した場合も「いつ」が推測しやすいのでおすすめです! これまで妊娠7ヶ月で出血の経験はないですが、念には念を入れていますよんっ! その他、心配なときは必ず医師に相談をしよう! 第3子妊娠中、わたしはなんと「マイコプラズマ肺炎」にかかってしまいました…。 2ヶ月も咳が続き、たくさんお薬も飲んだので、お腹の赤ちゃんが心配でたまりませんでした…。 でも、妊婦健診の際に先生に相談すると「大丈夫だよ」と言っていただけて本当に安心ができました。 赤ちゃんが奇形児になるのでは?• 赤ちゃんに酸素がいっていないのでは?• 赤ちゃんが苦しいのでは? こんなことを1人でモンモンと考える時間は本当に辛いです…。 心配な時には直接相談に行くか、できない場合は産院へ電話をして相談するようにしましょう~! まとめ お腹の張りと上手く付き合って素敵な出産をしよう! 出産まであと少しっ! 毎日期待と不安でいっぱいだと思いますが、互い妊婦生活を楽しんでいきましょう~! 人生で妊娠できる期間って限られているので、この時間を大切に! PS,妊婦さんへ:赤ちゃんとママの為の葉酸ちゃんと摂れていますか? 食生活が乱れ、貧血のわたしが毎度の妊娠で必ずアドバイスを受ける『 葉酸 ようさん』 あなたはきちんと摂れていますか? 厚生労働省も摂取を奨励し、母子手帳にもその重要性について記載され注目が高 まっているのが『 葉酸 ようさん』です! 妊娠(超)初期:葉酸が不足すると、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)が起こる可能性が高くなり、危険! 葉酸は、生まれてくる赤ちゃんの先天的リスクを大きく減らすことができるのですが、普段の食生活からは非常に摂取しにくい栄養素となるのでサプリメントでの摂取が推奨されています! 妊娠中期・後期も継続して飲み続けることで、貧血予防、鉄分摂取がバランスよくできて効果的! ぜひ赤ちゃんの為にも葉酸サプリはしっかりとっていきましょう! たくさんの葉酸サプリがある中で、『たまごクラブ』にも掲載されている高品質なサプリは断トツで『ベルタ葉酸サプリ』!• 葉酸サプリ・売上 第1位• 葉酸サプリ・満足度 第1位•

次の

妊娠6ヶ月 お腹が苦しい…

妊娠 6 ヶ月 お腹 張る

妊娠後期(妊娠28週以降)は妊娠中を通して最もお腹が張りやすい時期ですが、たいていは出産の準備のための生理的な現象だといわれています。 妊娠中のお腹の張りは、子宮の収縮によって起こることが多いです。 赤ちゃんを包む子宮は筋肉でできており、普段は柔らかいのですが、何らかの刺激を受けたときなどにギュッと収縮して硬くなります。 子宮が収縮すると、子宮周辺の部位も影響を受け、お腹が張っている感覚が出るのです。 また、子宮自体が大きくなる感覚や、子宮を支える靭帯(じんたい)が子宮の増大によって引っ張られる感覚をお腹の張りとして感じることもあります。 お腹の張りの感じ方は「お腹がピキッと張り裂けそう」「お腹が石のようにカチカチになる」など個人差があります。 妊娠中の性行為は、妊娠の経過に問題がなければ可能という見解が多いようです。 しかし、性行為の刺激や寒さからくる冷えなどによって、子宮の収縮を促してしまう恐れがあるので注意が必要です。 深く挿入すると、腟の奥にある子宮頸部が刺激されることで、反射的に子宮収縮が起こるため、できるだけ浅く挿入するようにします。 また、乳頭を刺激しすぎると、子宮収縮作用のあるオキシトシンというホルモンが分泌され、お腹の張りにつながることがあるので気をつけましょう。 コンドームを着用しないで性行為をすることがお腹の張りの原因になっているケースも考えられます。 精液にはプロスタグランジンという子宮を収縮させる作用もあるホルモンが含まれているからです。 また、妊娠中は腟の自浄作用が低下し、細菌感染しやすくなっています。 精液から雑菌が入ることで腟炎になると、赤ちゃんを包む「絨毛膜」や「羊膜」に感染が波及し、「絨毛膜羊膜炎」になりかねません。 絨毛膜羊膜炎は子宮収縮を引き起こし、お腹の張りがあらわれることがあり、病状が進行すると切迫早産や早産にいたる可能性もあります。 妊婦さんの7~8割が悩むといわれる便秘がお腹の張りや痛みを引き起こすことがあります。 妊娠中は、プロゲステロンという妊娠を維持させる働きがあるホルモンの分泌量が増えるのですが、このプロゲステロンには腸の動きを鈍らせる作用があります。 また、大きくなった子宮による腸の圧迫、運動不足といった要因で便秘になりやすくなります。 特に妊娠後期は胎児が大きくなり、腸の圧迫が強くなるため、急に便秘になったと思う方も多いかもしれません。 便秘がちになると、悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなり、腸内ガスがたまりやすくなります。 これがお腹の張りや痛みの原因になる場合があります。 水分補給や軽い運動で腸の働きを助けるなどして、症状を改善しましょう。 妊娠後期の28~31週頃は、羊水の量が増え、お腹の赤ちゃんが最も激しく動く時期なので、胎動を感じることも多くなるでしょう。 胎動の感じ方には個人差がありますが、赤ちゃんが手足を伸ばすなど胎動が激しいときには、お腹が張ったように感じたり、痛みを感じたりする場合があります。 お腹の張りと激しい胎動が同時にあるときは、しばらく安静にして、自然に治まるのを待ってみましょう。 胎動が激しいのは、基本的には赤ちゃんが元気に動いている証拠です。 胎動が原因になって早産になることはありませんので、過度に不安にならないでくださいね。 妊娠9ヶ月頃になると、出産に向けて赤ちゃんが下りてきて、ママの骨盤に頭が固定されるようになります。 そのため、赤ちゃんが自由に動きにくくなり、胎動の回数も減ります。 ただし、胎動が少ない・弱いのに加えて、お腹の張りや痛みが頻繁にあったり、出血がみられたりする場合は、切迫早産といったトラブルの可能性もあります。 気になる症状があれば、早めに医師に相談しましょう。 妊娠後期はお腹の張りが頻繁に起こりますが、多くは生理的な現象で、安静にしていれば治まることがほとんどです。 お腹の張りや違和感を覚えたら、まずは椅子やソファに座り、楽な姿勢をとってゆっくりしてください。 横になって休めるとなお良いでしょう。 冷えやストレスが原因のこともあるので、ブランケットでお腹を温めたり、ホットドリンクを飲んだりして、身体と心をリラックスさせるようにします。 車を運転中であれば、安全な場所に駐車し、できればシートを倒すなどして休んでください。 仕事中の場合には、お腹の張りを周りの人に話して休憩させてもらいましょう。 仕事中のお腹の張りは、精神的なストレスが原因の場合もあるので、目を閉じて深呼吸するなどして、心を落ち着かせてくださいね。 また、妊娠後期のお腹の張りには、動きっぱなしや立ちっぱなしが良くありません。 特に外出中はこまめに休み、歩きすぎないことが大切です。 しばらく休息すれば張りが治まるようであれば、たいていは心配ないとされています。 ただし、トラブルのサインの場合もあるため、お腹の張り以外の症状がないかどうかなどをしっかりとチェックしてくださいね。 妊娠後期のお腹の張りの大半は、出産に向けた準備のための子宮収縮が原因です。 特に出産が間近になると、「前駆陣痛」という不規則な子宮収縮が起こります。 これは本陣痛のリハーサルのようなもので、お腹の張りや生理痛のような痛みを伴います。 子宮収縮の間隔や強さには規則性がなくバラバラですが、陣痛周期が10~15分間隔または1時間に6回以上と、ある程度規則的になったら本格的な陣痛です。 いつ赤ちゃんが生まれても良い時期になると、前駆陣痛でお腹の張りと痛みが同時に起こるのは珍しいことではありません。 しかし、お腹がカチカチに張った状態のままで治まらなかったり、痛みが激しかったり、出血がみられたりすると、なんらかのトラブルの可能性もあります。 切迫早産とは、妊娠22週以降から37週未満に早産の兆候がみられることを言います。 子宮口が開いたり、子宮頸管が短くなったり、子宮収縮が頻繁になったりして、早産しそうになった状態です。 赤ちゃんがお腹の中で十分に成長しないまま生まれてしまうと、障害が残るなどのリスクがあるため、安静にしたり治療を受けたりしながら妊娠の継続を図ります。 切迫早産は、規則的なお腹の張りの他、下腹部痛や背中の痛み、不正出血といった症状がみられる場合があります。 破水することもありますが、尿もれと勘違いしてしまう人も多いようです。 切迫早産の大半は絨毛膜羊膜炎などの感染症が原因だと考えられています。 その他、子宮筋腫などで子宮に問題がある場合や、多胎妊娠のときにも切迫早産のリスクが高まります。

次の

妊娠6ヶ月でお腹が苦しいと感じる原因は?お腹の状態などを解説

妊娠 6 ヶ月 お腹 張る

このページの目次• 妊娠6ヶ月でお腹が苦しいのは赤ちゃんが大きくなったから? 妊娠6か月となるとお腹が目立つようになってきます。 さぞお腹の子供は大きくなっていると思いますよね。 大体妊娠23週目で身長は250〜300mm、体重は450〜700gになるそうです。 え、まだそれくらいなの?とびっくりされる方が多いと思います。 赤ちゃんの大きさはそのくらいですが、赤ちゃんが入っている子宮も順調に大きくなっています。 なんと子宮の大きさは妊娠前と比べて3倍になり、羊水は500mlぐらいになります。 つまり、身体の期間の一部が徐々にではありますが、3倍近く大きなり、かつ重さも増えるのですから、他の内臓が圧迫されてもおかしくないですよね。 大きくなった子宮が胃を圧迫しだすので、何となくお腹が苦しいという気持ちになります。 食欲はあるけど、胃が重い、胃が苦しいと感じるのは、大きくなった子宮に胃が圧迫されてしまったのかもしれません。 妊娠6ヶ月でお腹が苦しいと感じるのは「つわり」かも 安定期に入ると辛かったつわりから解放される人が多いのですが、中にはつわりが続く人もいます。 妊娠の症状の中でも「つわり」は非常に個人差のある症状です。 妊娠初期で脱水症状を起こすレベルで苦しむ人もいれば、全くつわりが出ない人もいます。 この個人差をお腹の中の子供と血液型が違う場合つわりが起きやすいなんて説明される事もありますが、定説ではありません。 つわりの原因としてよく言われるのがホルモンの影響です。 妊娠すると分泌量が増えるホルモンには、胃腸の働きを抑制する効果があるためだと言われています。 安定期のつわりの対処方法としては、回数を分けて食事を取る事がいいそうです。 胃が圧迫された時にも使える対処方法なのですが、とにかく胃に負担をかけないために、少しずつ分けて食べるようにします。 また、栄養のバランスを取る事も大切ですが、中々食が進まな時は消化のいいものや食べたいものを優先して、とにかく栄養をつける事が大切です。 妊娠6ヶ月でお腹が苦しいのは「胎動」が原因かも お腹の赤ちゃんも大分人間らしくなってきて、性別が判るのもこれぐらいの月齢です。 そしてお腹の赤ちゃんもどんどん動いてきます。 羊水の中で、寝ている時も多いのですが、起きている時は泳いでいます。 そしてお母さんのお腹をキックやパンチなどしてくるのです。 初めての胎動は中々「これが噂の胎動?」と実感がわきにくい事もあります。 何となくポコポコされたという感じですが、あまりはっきり判らない事もあります。 ただ徐々に必ず判るようになりますので安心してください。 胎動も初めは嬉しいものですが、お腹の赤ちゃんはママが寝ている時に、起きている生活のリズムがあるので、寝ているママのお腹で好き勝手に暴れる訳です。 中にはヒップでアタックをかましてくるアクティブな赤ちゃんもいます。 胎動は元気な赤ちゃんのしるしではありますが、妊娠も後半に進んでくると、段々ママの悩みの種になるという場合もあります。 お腹の張りには注意と言われるけど、よく判らない! 先生やマタニティ系の情報誌には「お腹の張りが続く場合は注意が必要」と言われますが、実際の所お腹の張りというのがよく判らないという妊婦さん、意外にいると思います。 体の状態を言葉で説明されて、実感されるのはとてもむずかしいですよね。 もう少し詳しく言うと、お腹の下の部分が締め付けられるような感覚だそうです。 触ってみると、お腹がカチコチになった感触があります。 これは子宮が収縮したのが原因です。 何故子宮が収縮すると問題なのかというと、場合によっては「切迫流産」の可能性があるからです。 もちろん、おなかが張った=切迫流産ではありません。 あくまでも子宮が収縮しているだけなのですが、多くの場合は少し体を休めれば、症状は落ち着きます。 ただあまり長く続くようならば、ある意味異常事態であるので、すぐに病院に連絡をして指示を仰ぎましょう。 安定期でも、無理や無茶はしない事 妊娠6か月になると、安定期になりますから、色々今のうちにやろうと思っている事を積極的に頑張っちゃおうと計画している妊婦さんもいると思います。 でもやはり、無理は禁物なんですね。 妊娠後期になれば動くのが大変になるし、出産すれば自分の時間は取れなくなります。 だからこそ、今のうちに旅行の計画なんて立てる人もいると思います。 安定期とはいえ、やはり体はいつもとは違うのです。 それは子宮が大きくなったのも原因ですし、ホルモンの影響もあります。 お腹で赤ちゃんが動く事もあります。 お腹の張りを感じたら、まずは少し体を動かすのを止めて休憩しましょう。 旅行の計画も出来れば近い場所で、出来るだけ旅行の行程はゆるやかで負担の少ない、休憩の多いモノにしましょう。 部屋の模様替えや、引っ越しなどを考えている事もあると思います。 これらは妊娠していなくても結構な大事業ですから、できるだけ体に負担をかけないようにゆっくり行ってください。

次の