梅雨 明け 関東 2019 予想。 梅雨の時期2019年入りと明け予想。地方ごとの一覧

梅雨入りと明けの予想2019年【関東甲信】

梅雨 明け 関東 2019 予想

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の

2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

梅雨 明け 関東 2019 予想

2019年の関東甲信越の梅雨明け予想! 梅雨の時期になるとジメジメした空気と 暑さで気が滅入ってしまいますよね。 そんな時に思うのが、 「 早く梅雨明けないかな」 という事だと思います。 そこで2019年の梅雨明け時期を 一足早く、予想してみます。 まずは、過去の梅雨明け時期と平年の 梅雨明け時期から予想をしてみます。 特に気になる事は、 都心を含めた関東甲信越の梅雨が 早く明けるかという事だと思います。 しかし、 残念ながら、現時点で関東甲信越の 梅雨明けが早いかどうかの判断は つきません。 ただ、 こういう天候になれば梅雨は 早く帰るという事は説明できます。 その状況を知って、 2019年の梅雨明けを一早く 察知しましょう! 2019年関東甲信越の梅雨明けを過去と平年の明けから予想! 過去の関東甲信越の梅雨明けは、 以下の様になっています。 1980年:7月21日 1981年:7月 8日 1982年:8月 4日 1983年:7月26日 1984年:7月22日 1985年:7月15日 1986年:7月27日 1987年:7月23日 1988年:7月31日 1989年:7月19日 1990年:7月18日 1991年:7月23日 1992年:7月19日 1994年:7月12日 1995年:7月23日 1996年:7月11日 1997年:7月19日 1998年:8月 2日 1999年:7月23日 2000年:7月16日 2001年:7月 1日 2002年:7月20日 2003年:8月 2日 2004年:7月13日 2005年:7月18日 2006年:7月30日 2007年:8月 1日 2008年:7月19日 2009年:7月14日 2010年:7月17日 2011年:7月 9日 2012年:7月25日 2013年:7月 6日 2014年:7月21日 2015年:7月10日 2016年:7月29日 2017年:7月 6日 2018年:6月29日 昨年の異例の6月末明け以外は、 基本的に 7月から遅くても8月に 明ける事が多いです。 また、平年では、 7月21日に梅雨が明ける事が 気象庁から発表されています。 つまり、平年通りになら、 この時期付近に明ける事が 予想されます。 なるべくなら早く明けて欲しいと 思いますが、水不足等の様々な 問題が考えられるので、 難しい所ですね。 スポンサード・リンク 関東甲信越の梅雨明けは早い?梅雨明けが早くなる時期の特徴! 関東甲信越の人は得に梅雨明け時期が 気になるのではなないでしょうか? 東京では電車通勤もあり、 傘をさして、歩いて会社に向かう方も 多いかと思われます。 そんな関東甲信越の梅雨明けは 早いかと言われると、現時点では、 断言できません。 しかし、 2018年の異様に早い梅雨明けの 天候情報を参照して、 梅雨明けが早くなる特徴を ご紹介は出来ます! 2019年の関東甲信越が早い梅雨明けになる特徴は? 2018年は、 異様に梅雨明けが早い 年でした。 6月29日に明けるという 平年よりも 一ヶ月近く早く、 梅雨が明けた事に驚かれた方も 多かったと思います。 どうして、あの様な早い梅雨明けが 起こったかと言うと、 平年よりも 太平洋高気圧の 強まるタイミングが早かった為です。 そして、 同時にチベット付近に広がる チベット高気圧が 日本付近に張り出してきた為です。 太平洋高気圧とチベット高気圧、 このダブル高気圧によって、 2018年は異例の速さの 梅雨明けを迎えました。 2018年の様に、 ダブル高気圧がまた起こる可能性は 低いと考えられますが、 太平洋高気圧が強まるタイミングが 早まれば、関東甲信越、それどころか 日本全体の梅雨明けが早くなると 考えられます。 天気予報でこの事を注意しながら 見てみると、他の人よりも 梅雨明け情報をいち早く キャッチできると言えます。

次の

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

梅雨 明け 関東 2019 予想

これから梅雨の季節となりますが 、 2020年の東海地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はいつくらいになるでしょうか? ジメジメした梅雨は誰もがいや~な時期ですから、 できれば短いにこしたことはありませんよね! 今回は過去の気象庁の68年分のデータから 今年、2020年の東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想を紹介します! ちなみに、東海地方は、 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県を指し 太平洋側気候、内陸性気候、日本海側気候と気候の境目となる地域です。 三重県などは、秋になると 「台風銀座」と呼ばれるくらい、 台風の通過場所となっています。 梅雨入り・梅雨明けってどうやって決めるの? 気象庁の過去データから、梅雨入り、梅雨明けを予測しますが、 実はそのデータでさえも 何月何日と特定できるものではありません。 気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているように、 公表されている日付も実は明確な確定日ではないのです。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その 真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を梅雨入り。 また、雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、 確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨入り時期を予想! それでは2020年の東海地方の梅雨入り時期を、 気象庁の過去データから予想してみます。 1951年から2019年までの過去69年間のデータで 最も早い梅雨入りは1963年の5月4日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1951 年の6月28日頃でした。 梅雨入りのタイミングに一ヶ月半以上の開きがありますが 、 193年の5月4日は、群を抜いて早いです。 またグラフを見るとわかる通り 東海地方の梅雨入りの時期は年々早まっている傾向が確認できます。 1951年から2019年の69年間の梅雨入りの平年時期は6月8日頃。 また、昨年 2019年 の梅雨入りは6月7日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは6月5日頃でした。 これらのデータから予想すると 2020年の東海地方の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月15日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 東海地方の梅雨明け時期を予想! 一方、東海地方の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータを参考に考えてみると、 最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。 また平均値を表す黒線が右上がりになっていることから 東海地方の梅雨明けの時期は年々遅くなっているいる傾向が確認できます。 梅雨入りの時期が早まり 梅雨明けの時期が遅くなっていることから 東海地方の梅雨は年々長期化しているようですね。 また、69年間の東海地方の梅雨明けの平年時期は7月21日頃。 昨年 2019年 の梅雨明けは7月24日頃 一昨年 2018年 の梅雨入りは7月9日頃でした。 以上のデータを元にして予想してみると 2020年の東海地方の梅雨明け時期は 7月13日頃から7月28日頃の間くらいになりそうです。 東海の梅雨の特徴は? 東海の梅雨は、 1961年と1974年に記録的な大雨となり被害をもたらしたようです。 もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、 山岳地帯では冬になると豪雪になることからも 気候の変動は激しいようです。 ここ3年間の梅雨時期は、 平年並みか少し少ないくらいの雨量ですが、 多い時は、全国平均の1. 5倍以上雨が降りますので注意が必要です。

次の