新型 シボレー コルベット。 新型シボレーコルベットC8最新情報!発売日は2018年でミッドシップ&ハイブリッドか

新型コルベットは2021年春に納車開始!ミッドシップエンジン搭載で右ハンドル車を国内初導入

新型 シボレー コルベット

駆動方式の変更• エンジンがV型8気筒6. パワートレインが8速デュアルクラッチ式、トランスミッション• コンバーチブル、ハイブリッドモデルの設定を予定 フルモデルチェンジが行われるコルベットC8は、従来のフロントエンジンとは異なります設計で、駆動方式をFRからMRに変更され、60年以上の歴史と伝統のV8エンジンは維持しながらも、最新モデル「LT2:V8エンジンモデル」が搭載され、排気量が6. 2Lになりハイブリッドモデルも設定予定。 そして、運動性能を向上させつつ、8速デュアルクラッチ式トランスミッションが組み合わされます。 また、外装デザインは、現行型C7に見られるいくつかのフォルム要素を保持していますが大部分は完全にオーバーホールされています。 大きく変更されているのが2ドア・タルガトップルーフスタイルが採用されるところですね。 あらゆる点に改良を加えられ、持ち味である優れたパフォーマンスがさらに進化しているのがわかります。 2018デトロイトショーで初めてC8が登場!発売は2020年 シボレーコルベットC7からフルモデルチェンジで新しく切り替わるC8。 発売日が気になるところですが、アメリカでは2019年4月に公式発表され、7月18日に発売が開始されています。 そもそも、アメリカのケンタッキー州に本拠地がある自動車グループシボレー(ゼネラルモーターズ:GM)が、現行モデルである7代目に当たるC7型を発売したのは2013年1月13日でしたよね。 そして、日本市場においては、同年7月6日より受注を開始しました。 その4年後の2018年にアメリカで開催されたデトロイトモーターショーで初めてC8が公開されました。 そして、翌年の2019年7月18日に、アポロ11ミッションの50周年に合わせてC8がメディアイベントで公式にデビューされました。 「確かに」 そもそも、C7からモデルチェンジにより新しく切り替わる最新モデルC8は、駆動方式は60年以上にわたり守り続けたFRレイアウトからの脱却を図りMRに変更、新パワートレインにV型8気筒6. 2L「LT2」エンジン、8速デュアルクラッチ式トランスミッションを搭載、コンバーチブル、ハイブリッドモデルの設定を予定されています。 しかし、日本発売になると、アメリカとは異なり、日本道路に合わせなくてはならないこともあり、ハンドルを左側から右側に移動っせたり、ランプのサイズや位置の変更など、細かく設定するため、結果的に日本市場での価格が約100~200万円ほど高くなると予想しています。 最終的にC8の日本市場での予想価格は、約800~900万円になるのではと考えています。 こちらではC8の価格の最新情報が入りしだい、送信したいと思います。 C8の外装デザイン「駆動方式MRによりラゲッジスペースの収納若干狭くなる」 シボレー新型コルベットC8の外装デザインは、スポーツカースタイルが存分に採用されています。 ただし、現行型モデルのC7の外装デザインに共通したいくつかのフォルム要素に仕上げられているのがわかります。 初代が1957年に登場してから現行7代目モデルに至るまで、駆動方式をFRが採用されていましたが、新型8代目からはMRに変更されることで、エンジンをフロントからキャビン後方に移動することになります。 このキャビン後方に移動することで、スタイルが変化され、現行型C7のリア部分はトランクでしたが、C8はエンジンを搭載するために高くボリュームアップとなります。 ミッドシップ(駆動方式:MR により、C7と比べてリアの奥行きの長さが短くなりラゲッジスペースの収納若干ですが狭くなります。 現行型C7のラゲッジスペースの容量は570Lでしたが、新型C7は約200Lも狭くなり、約370 Lの貨物スペースになります。 さらに、タイヤの中心よりも外側にかぶさるようにはみ出したオーバーハングより、外観のデザインもさることながら空力への影響も改善されていると見られます。 フロントのヘッドランプのデザインは、伝統の技で完成させた縁起の良い末広がり型 扇 が確認できます。 新型ではボディスタイルの空力性能が追求されています。 ボンネットや車体側面、後部のテールライトの下に設置されている走行中に空気を取り入れやすくするサイドエアスクープの外観デザインは、大きく立体的なフォルムの吸気口で、横から見た印象も全然違ってきます。 C8の内装は最新モデル「システムの大幅な変更!」 シボレー新型コルベットC8の内装は、現行型C7をモチーフにドライビングに集中できるデザインでドライバー中心に設計されているのがわかります。 そして、センターコンソールにも最新装備のシステム類がが採用されています。 新型コルベットC8のフロントガラスの中央下部には、走行時の速度や距離などの情報をガラスに表示してくれるヘッドアップ・ディスプレイが設置されます。 フロントガラスはカラーで見やすく、3Dのように立体的に見えるのがポイント。 C8のコックピットの電子機器機器類は、多数の最新モデルが採用されています。 コックピットの上部には、大きなナビ画面が設置されており、特徴的なのが、真正面を向いているのではなく、操作や確認をしやすいように運転手側に傾けられています。 そして、画面は解像度高く綺麗で、動画を綺麗に見られるブルーレイ対応なので、車内で映画を見る方にも嬉しい機能。 それから、ナビの1つに高性能なパフォーマンス・データ・レコーダーが装備されています。 こちらの機能の内容は、走行時の速度や、トラック1周の所要時間、それから、カーブを曲がる時のアドバイスなど、スポーツカーらしい機能が設置されています。 またオプションになりますが、ナビのシステムにGM仮想カメラミラーがあり、リアに設置されている小型カメラが広報を設営し、ルームミラーにより後ろの状況をリアルに映し出し、仮想で駐車しやすい状況をアシストしてくれます。 車内のオーディオシステムは、BOSE(ボーズ)が手がけるパフォーマンスオーディオ。 BOSEとは、アメリカ日本社を持つ、スピーカーをメインとした音響機器開メーカーで、車内だけでなく、パソコン、テレビなどの音響も手掛けていますよね。 そんなBOSEの作品の中で、C8に設置される車載向けサウンドシステムが新ラインの「Performance Series(パフォーマンスシリーズ)」です。 室内いっぱいに広がるステレオパフォーマンスで、壁面などの平面で音を反射させる革新的スピーカーが14個も設置されています。 現行型C7のハンドルのデザインは、丸くコンパクトに設計され、レザー仕様となっていました。 新型C8は、全く新しいデザインで、全体の形状が六角形ハンドルを備えています。 一見ドライバーの手が握りにくそうに見えますが、角の部分をまろやかにして、握りやすく滑りにくい設計にして、余分な力を入れる事なく、しっかり握れるように考えられています。 それから、グレード(Z06、ZR1、Z51)によっては、ハンドルのスポーク部分を、Zボタンに変更することもできます。 Zボタンの内容は、ボタンの数が増えカスタマイズされたパフォーマンス設定となり、エンジンとトランスミッションの調整を細かく調整可能。 ハンドルの奥に設定されているメーターは、多くの情報をわかりやすくドライバーに提供するデジタルメーターを採用。 シボレー新型コルベットC8の車体サイズは現行型C7よりも大きい! シボレー新型コルベットC8のボディサイズは、スポーツカーの中ではビックな大きさで、現行型7代目(C7)よりも全体的に大きいのがポイント。 現行モデルは、2014年に発売され7代目に当たるC7型となっていますが、このC7コルベットのボディサイズは、「全長4495mm x 全幅1877mm x 全高1230mm ホイールベース2710mm」です。 そして、フルモデルチェンジでで新しくなる8代目(C8)コルベットは「全長4,630mm x 全幅1,933 mm x 全高1,234mm 2,723 ホイールベースmm」で 新世代のC8コルベットのボディサイズがひと回り大きいサイズになっているのがわかりますね。 コルベットC8のホイールサイズは前後が違う それから、新型C8のホイールベースのサイズは、前輪は19インチ、後輪が20インチと、それぞれサイズが異なっています。 この後輪が1インチ大きくなる理由としては、C8の走行性能を高めるたためですね。 つまり、ホイールのインチを上げて、タイヤを太くすることで、グリップ力や、トラクションの向上といったメリットがあるんですよね。 このような、前後のタイヤサイズが違うのは、スポーツカーに多いいスタイルで、C7のホイールインチも前輪は19インチ、後輪が20インチとなっています。 あと、C8のホイールの素材は、合金ホイールが装備されています。 それから、標準タイヤのメーカーは、フランスに本社を持つミシュランで、その中で、優れたコントロール性能と応答性能を実現してくれる「パイロットスポーツALS」が設置されます。 コルベット新型C8のエンジン「LT2」 シボレー新型コルベットの現行型である7代目(C7型:2014年製造)はLT1エンジンが搭載されており、自然吸気のV型の8気筒に、排気量が6. 2Lが搭載される予定。 新型C8のエンジンは、LT2がチューニングされ、旧型と同じV型8気筒の排気量が6. 2Lになります。 簡単に言えば、C7に採用されていたLT1から派生したエンジンの最新バージョン「LT2エンジン」がC8に搭載されます。 C7に搭載されているLT1エンジンの性能は、高出力と強制誘導によって生成され、ストローク量より高いシリンダー圧をサポートするように設計されています。 このLT1エンジン後継機モデルの新モデルLT2エンジンは、過給された以前の設計上の強みに基づいて構築されています。 旧型C7のエンジンが発生する最高出力は460PSとなり最大トルク、63. 6kgmkgf・mでしたが、新型C8の最高出力は450hp~470hpで最大トルクは65. 0kgf・mとなっています。 C8のワンランク上のグレード「Z51パフォーマンスパッケージ」を選ぶと、スポーツ排気システムを追加される予定で、こちらを設定することで、最高出力を500hpに、最大トルクを66. 0Nkgf・mになります。 そして、2020年にはハイブリッドシステムを搭載した「E-Ray」と呼ばれるモデルが登場するとされています。 アクセルペダルを軽くかる~く載せるだけで、発進し、爆発的なスピードを生み出してくれます。 0秒まで短縮させるほどのトラクションが期待できます。 それから、ベースモデルには、専用の鍛造アルミニウム製が採用されます。 こちらはフロントとリアの車軸に異なる長さのダブルウィッシュボーンサスペンションが設置されますね。 つまり、赤信号で停まってからの発信が頻度に行われる街乗りだと、さらに燃費数字が下がりますよね。 最終的に、V型8気筒に排気量6. 0L以上が設置される自然吸気エンジンでは、かなり超燃費効率がいいんのではないでしょうか。 日本車の一部の車で、排気量2. 今の時代になる、コンパクトカーや軽自動車にも衝突被害軽減ブレーキは設置されていますが、C8には設置されていないんですよね。 この理由の1つとしては、走行中に必要な空力、そして外装デザインを追求しているからだそうです。 これは、シボレー社だけでなく、ホンダが手掛ける高級スポーツカーNSXも同じことが言えます。 ただし、C8には自動ブレーキなどの先進安全装備は搭載されませんが、その他にはしっかりと安全装備にはこだわっています。 たとえば、運転中にドライバーが最小限の視線移動ができるように考えられたシートポジション。 それから、室内に設置されているエアバッグシステム(フロント、サイドエアバッグ)。 さらに、自動車の衝突時に前方に動き出す瞬時に巻き取り固定するシートベルトプリテンショナーも設置。 あとは、駐車時の操作をサポートする「フロントカーブビューパーキングカメラ」で、こちらは新機能として車両前方の映像を3分割で表示することが可能!意外に駐車が苦手な人にかなり役立ててくれるはず。 数値ではなく、どんな乗り心地なのかが体で感じたいものです。 それから、半世紀以上の歴史のある歴代コルベットのモデルで初めてとなる初の電気自動車のコルベットも新しく登場するために、これまた楽しみですよね。 っということで、今回はシボレー新型C8のお話でしたが、また最新情報がわかりしだい、アップしたいと思います。

次の

【海外試乗】「シボレー ・コルベット」史上もっとも革新的なフルモデルチェンジを果たした、新型コルベットはここがスゴイ!

新型 シボレー コルベット

駆動方式の変更• エンジンがV型8気筒6. パワートレインが8速デュアルクラッチ式、トランスミッション• コンバーチブル、ハイブリッドモデルの設定を予定 フルモデルチェンジが行われるコルベットC8は、従来のフロントエンジンとは異なります設計で、駆動方式をFRからMRに変更され、60年以上の歴史と伝統のV8エンジンは維持しながらも、最新モデル「LT2:V8エンジンモデル」が搭載され、排気量が6. 2Lになりハイブリッドモデルも設定予定。 そして、運動性能を向上させつつ、8速デュアルクラッチ式トランスミッションが組み合わされます。 また、外装デザインは、現行型C7に見られるいくつかのフォルム要素を保持していますが大部分は完全にオーバーホールされています。 大きく変更されているのが2ドア・タルガトップルーフスタイルが採用されるところですね。 あらゆる点に改良を加えられ、持ち味である優れたパフォーマンスがさらに進化しているのがわかります。 2018デトロイトショーで初めてC8が登場!発売は2020年 シボレーコルベットC7からフルモデルチェンジで新しく切り替わるC8。 発売日が気になるところですが、アメリカでは2019年4月に公式発表され、7月18日に発売が開始されています。 そもそも、アメリカのケンタッキー州に本拠地がある自動車グループシボレー(ゼネラルモーターズ:GM)が、現行モデルである7代目に当たるC7型を発売したのは2013年1月13日でしたよね。 そして、日本市場においては、同年7月6日より受注を開始しました。 その4年後の2018年にアメリカで開催されたデトロイトモーターショーで初めてC8が公開されました。 そして、翌年の2019年7月18日に、アポロ11ミッションの50周年に合わせてC8がメディアイベントで公式にデビューされました。 「確かに」 そもそも、C7からモデルチェンジにより新しく切り替わる最新モデルC8は、駆動方式は60年以上にわたり守り続けたFRレイアウトからの脱却を図りMRに変更、新パワートレインにV型8気筒6. 2L「LT2」エンジン、8速デュアルクラッチ式トランスミッションを搭載、コンバーチブル、ハイブリッドモデルの設定を予定されています。 しかし、日本発売になると、アメリカとは異なり、日本道路に合わせなくてはならないこともあり、ハンドルを左側から右側に移動っせたり、ランプのサイズや位置の変更など、細かく設定するため、結果的に日本市場での価格が約100~200万円ほど高くなると予想しています。 最終的にC8の日本市場での予想価格は、約800~900万円になるのではと考えています。 こちらではC8の価格の最新情報が入りしだい、送信したいと思います。 C8の外装デザイン「駆動方式MRによりラゲッジスペースの収納若干狭くなる」 シボレー新型コルベットC8の外装デザインは、スポーツカースタイルが存分に採用されています。 ただし、現行型モデルのC7の外装デザインに共通したいくつかのフォルム要素に仕上げられているのがわかります。 初代が1957年に登場してから現行7代目モデルに至るまで、駆動方式をFRが採用されていましたが、新型8代目からはMRに変更されることで、エンジンをフロントからキャビン後方に移動することになります。 このキャビン後方に移動することで、スタイルが変化され、現行型C7のリア部分はトランクでしたが、C8はエンジンを搭載するために高くボリュームアップとなります。 ミッドシップ(駆動方式:MR により、C7と比べてリアの奥行きの長さが短くなりラゲッジスペースの収納若干ですが狭くなります。 現行型C7のラゲッジスペースの容量は570Lでしたが、新型C7は約200Lも狭くなり、約370 Lの貨物スペースになります。 さらに、タイヤの中心よりも外側にかぶさるようにはみ出したオーバーハングより、外観のデザインもさることながら空力への影響も改善されていると見られます。 フロントのヘッドランプのデザインは、伝統の技で完成させた縁起の良い末広がり型 扇 が確認できます。 新型ではボディスタイルの空力性能が追求されています。 ボンネットや車体側面、後部のテールライトの下に設置されている走行中に空気を取り入れやすくするサイドエアスクープの外観デザインは、大きく立体的なフォルムの吸気口で、横から見た印象も全然違ってきます。 C8の内装は最新モデル「システムの大幅な変更!」 シボレー新型コルベットC8の内装は、現行型C7をモチーフにドライビングに集中できるデザインでドライバー中心に設計されているのがわかります。 そして、センターコンソールにも最新装備のシステム類がが採用されています。 新型コルベットC8のフロントガラスの中央下部には、走行時の速度や距離などの情報をガラスに表示してくれるヘッドアップ・ディスプレイが設置されます。 フロントガラスはカラーで見やすく、3Dのように立体的に見えるのがポイント。 C8のコックピットの電子機器機器類は、多数の最新モデルが採用されています。 コックピットの上部には、大きなナビ画面が設置されており、特徴的なのが、真正面を向いているのではなく、操作や確認をしやすいように運転手側に傾けられています。 そして、画面は解像度高く綺麗で、動画を綺麗に見られるブルーレイ対応なので、車内で映画を見る方にも嬉しい機能。 それから、ナビの1つに高性能なパフォーマンス・データ・レコーダーが装備されています。 こちらの機能の内容は、走行時の速度や、トラック1周の所要時間、それから、カーブを曲がる時のアドバイスなど、スポーツカーらしい機能が設置されています。 またオプションになりますが、ナビのシステムにGM仮想カメラミラーがあり、リアに設置されている小型カメラが広報を設営し、ルームミラーにより後ろの状況をリアルに映し出し、仮想で駐車しやすい状況をアシストしてくれます。 車内のオーディオシステムは、BOSE(ボーズ)が手がけるパフォーマンスオーディオ。 BOSEとは、アメリカ日本社を持つ、スピーカーをメインとした音響機器開メーカーで、車内だけでなく、パソコン、テレビなどの音響も手掛けていますよね。 そんなBOSEの作品の中で、C8に設置される車載向けサウンドシステムが新ラインの「Performance Series(パフォーマンスシリーズ)」です。 室内いっぱいに広がるステレオパフォーマンスで、壁面などの平面で音を反射させる革新的スピーカーが14個も設置されています。 現行型C7のハンドルのデザインは、丸くコンパクトに設計され、レザー仕様となっていました。 新型C8は、全く新しいデザインで、全体の形状が六角形ハンドルを備えています。 一見ドライバーの手が握りにくそうに見えますが、角の部分をまろやかにして、握りやすく滑りにくい設計にして、余分な力を入れる事なく、しっかり握れるように考えられています。 それから、グレード(Z06、ZR1、Z51)によっては、ハンドルのスポーク部分を、Zボタンに変更することもできます。 Zボタンの内容は、ボタンの数が増えカスタマイズされたパフォーマンス設定となり、エンジンとトランスミッションの調整を細かく調整可能。 ハンドルの奥に設定されているメーターは、多くの情報をわかりやすくドライバーに提供するデジタルメーターを採用。 シボレー新型コルベットC8の車体サイズは現行型C7よりも大きい! シボレー新型コルベットC8のボディサイズは、スポーツカーの中ではビックな大きさで、現行型7代目(C7)よりも全体的に大きいのがポイント。 現行モデルは、2014年に発売され7代目に当たるC7型となっていますが、このC7コルベットのボディサイズは、「全長4495mm x 全幅1877mm x 全高1230mm ホイールベース2710mm」です。 そして、フルモデルチェンジでで新しくなる8代目(C8)コルベットは「全長4,630mm x 全幅1,933 mm x 全高1,234mm 2,723 ホイールベースmm」で 新世代のC8コルベットのボディサイズがひと回り大きいサイズになっているのがわかりますね。 コルベットC8のホイールサイズは前後が違う それから、新型C8のホイールベースのサイズは、前輪は19インチ、後輪が20インチと、それぞれサイズが異なっています。 この後輪が1インチ大きくなる理由としては、C8の走行性能を高めるたためですね。 つまり、ホイールのインチを上げて、タイヤを太くすることで、グリップ力や、トラクションの向上といったメリットがあるんですよね。 このような、前後のタイヤサイズが違うのは、スポーツカーに多いいスタイルで、C7のホイールインチも前輪は19インチ、後輪が20インチとなっています。 あと、C8のホイールの素材は、合金ホイールが装備されています。 それから、標準タイヤのメーカーは、フランスに本社を持つミシュランで、その中で、優れたコントロール性能と応答性能を実現してくれる「パイロットスポーツALS」が設置されます。 コルベット新型C8のエンジン「LT2」 シボレー新型コルベットの現行型である7代目(C7型:2014年製造)はLT1エンジンが搭載されており、自然吸気のV型の8気筒に、排気量が6. 2Lが搭載される予定。 新型C8のエンジンは、LT2がチューニングされ、旧型と同じV型8気筒の排気量が6. 2Lになります。 簡単に言えば、C7に採用されていたLT1から派生したエンジンの最新バージョン「LT2エンジン」がC8に搭載されます。 C7に搭載されているLT1エンジンの性能は、高出力と強制誘導によって生成され、ストローク量より高いシリンダー圧をサポートするように設計されています。 このLT1エンジン後継機モデルの新モデルLT2エンジンは、過給された以前の設計上の強みに基づいて構築されています。 旧型C7のエンジンが発生する最高出力は460PSとなり最大トルク、63. 6kgmkgf・mでしたが、新型C8の最高出力は450hp~470hpで最大トルクは65. 0kgf・mとなっています。 C8のワンランク上のグレード「Z51パフォーマンスパッケージ」を選ぶと、スポーツ排気システムを追加される予定で、こちらを設定することで、最高出力を500hpに、最大トルクを66. 0Nkgf・mになります。 そして、2020年にはハイブリッドシステムを搭載した「E-Ray」と呼ばれるモデルが登場するとされています。 アクセルペダルを軽くかる~く載せるだけで、発進し、爆発的なスピードを生み出してくれます。 0秒まで短縮させるほどのトラクションが期待できます。 それから、ベースモデルには、専用の鍛造アルミニウム製が採用されます。 こちらはフロントとリアの車軸に異なる長さのダブルウィッシュボーンサスペンションが設置されますね。 つまり、赤信号で停まってからの発信が頻度に行われる街乗りだと、さらに燃費数字が下がりますよね。 最終的に、V型8気筒に排気量6. 0L以上が設置される自然吸気エンジンでは、かなり超燃費効率がいいんのではないでしょうか。 日本車の一部の車で、排気量2. 今の時代になる、コンパクトカーや軽自動車にも衝突被害軽減ブレーキは設置されていますが、C8には設置されていないんですよね。 この理由の1つとしては、走行中に必要な空力、そして外装デザインを追求しているからだそうです。 これは、シボレー社だけでなく、ホンダが手掛ける高級スポーツカーNSXも同じことが言えます。 ただし、C8には自動ブレーキなどの先進安全装備は搭載されませんが、その他にはしっかりと安全装備にはこだわっています。 たとえば、運転中にドライバーが最小限の視線移動ができるように考えられたシートポジション。 それから、室内に設置されているエアバッグシステム(フロント、サイドエアバッグ)。 さらに、自動車の衝突時に前方に動き出す瞬時に巻き取り固定するシートベルトプリテンショナーも設置。 あとは、駐車時の操作をサポートする「フロントカーブビューパーキングカメラ」で、こちらは新機能として車両前方の映像を3分割で表示することが可能!意外に駐車が苦手な人にかなり役立ててくれるはず。 数値ではなく、どんな乗り心地なのかが体で感じたいものです。 それから、半世紀以上の歴史のある歴代コルベットのモデルで初めてとなる初の電気自動車のコルベットも新しく登場するために、これまた楽しみですよね。 っということで、今回はシボレー新型C8のお話でしたが、また最新情報がわかりしだい、アップしたいと思います。

次の

新型コルベットが日本デビュー! 価格は1180万円スタートで1月10日14時より予約受付開始

新型 シボレー コルベット

駆動方式の変更• エンジンがV型8気筒6. パワートレインが8速デュアルクラッチ式、トランスミッション• コンバーチブル、ハイブリッドモデルの設定を予定 フルモデルチェンジが行われるコルベットC8は、従来のフロントエンジンとは異なります設計で、駆動方式をFRからMRに変更され、60年以上の歴史と伝統のV8エンジンは維持しながらも、最新モデル「LT2:V8エンジンモデル」が搭載され、排気量が6. 2Lになりハイブリッドモデルも設定予定。 そして、運動性能を向上させつつ、8速デュアルクラッチ式トランスミッションが組み合わされます。 また、外装デザインは、現行型C7に見られるいくつかのフォルム要素を保持していますが大部分は完全にオーバーホールされています。 大きく変更されているのが2ドア・タルガトップルーフスタイルが採用されるところですね。 あらゆる点に改良を加えられ、持ち味である優れたパフォーマンスがさらに進化しているのがわかります。 2018デトロイトショーで初めてC8が登場!発売は2020年 シボレーコルベットC7からフルモデルチェンジで新しく切り替わるC8。 発売日が気になるところですが、アメリカでは2019年4月に公式発表され、7月18日に発売が開始されています。 そもそも、アメリカのケンタッキー州に本拠地がある自動車グループシボレー(ゼネラルモーターズ:GM)が、現行モデルである7代目に当たるC7型を発売したのは2013年1月13日でしたよね。 そして、日本市場においては、同年7月6日より受注を開始しました。 その4年後の2018年にアメリカで開催されたデトロイトモーターショーで初めてC8が公開されました。 そして、翌年の2019年7月18日に、アポロ11ミッションの50周年に合わせてC8がメディアイベントで公式にデビューされました。 「確かに」 そもそも、C7からモデルチェンジにより新しく切り替わる最新モデルC8は、駆動方式は60年以上にわたり守り続けたFRレイアウトからの脱却を図りMRに変更、新パワートレインにV型8気筒6. 2L「LT2」エンジン、8速デュアルクラッチ式トランスミッションを搭載、コンバーチブル、ハイブリッドモデルの設定を予定されています。 しかし、日本発売になると、アメリカとは異なり、日本道路に合わせなくてはならないこともあり、ハンドルを左側から右側に移動っせたり、ランプのサイズや位置の変更など、細かく設定するため、結果的に日本市場での価格が約100~200万円ほど高くなると予想しています。 最終的にC8の日本市場での予想価格は、約800~900万円になるのではと考えています。 こちらではC8の価格の最新情報が入りしだい、送信したいと思います。 C8の外装デザイン「駆動方式MRによりラゲッジスペースの収納若干狭くなる」 シボレー新型コルベットC8の外装デザインは、スポーツカースタイルが存分に採用されています。 ただし、現行型モデルのC7の外装デザインに共通したいくつかのフォルム要素に仕上げられているのがわかります。 初代が1957年に登場してから現行7代目モデルに至るまで、駆動方式をFRが採用されていましたが、新型8代目からはMRに変更されることで、エンジンをフロントからキャビン後方に移動することになります。 このキャビン後方に移動することで、スタイルが変化され、現行型C7のリア部分はトランクでしたが、C8はエンジンを搭載するために高くボリュームアップとなります。 ミッドシップ(駆動方式:MR により、C7と比べてリアの奥行きの長さが短くなりラゲッジスペースの収納若干ですが狭くなります。 現行型C7のラゲッジスペースの容量は570Lでしたが、新型C7は約200Lも狭くなり、約370 Lの貨物スペースになります。 さらに、タイヤの中心よりも外側にかぶさるようにはみ出したオーバーハングより、外観のデザインもさることながら空力への影響も改善されていると見られます。 フロントのヘッドランプのデザインは、伝統の技で完成させた縁起の良い末広がり型 扇 が確認できます。 新型ではボディスタイルの空力性能が追求されています。 ボンネットや車体側面、後部のテールライトの下に設置されている走行中に空気を取り入れやすくするサイドエアスクープの外観デザインは、大きく立体的なフォルムの吸気口で、横から見た印象も全然違ってきます。 C8の内装は最新モデル「システムの大幅な変更!」 シボレー新型コルベットC8の内装は、現行型C7をモチーフにドライビングに集中できるデザインでドライバー中心に設計されているのがわかります。 そして、センターコンソールにも最新装備のシステム類がが採用されています。 新型コルベットC8のフロントガラスの中央下部には、走行時の速度や距離などの情報をガラスに表示してくれるヘッドアップ・ディスプレイが設置されます。 フロントガラスはカラーで見やすく、3Dのように立体的に見えるのがポイント。 C8のコックピットの電子機器機器類は、多数の最新モデルが採用されています。 コックピットの上部には、大きなナビ画面が設置されており、特徴的なのが、真正面を向いているのではなく、操作や確認をしやすいように運転手側に傾けられています。 そして、画面は解像度高く綺麗で、動画を綺麗に見られるブルーレイ対応なので、車内で映画を見る方にも嬉しい機能。 それから、ナビの1つに高性能なパフォーマンス・データ・レコーダーが装備されています。 こちらの機能の内容は、走行時の速度や、トラック1周の所要時間、それから、カーブを曲がる時のアドバイスなど、スポーツカーらしい機能が設置されています。 またオプションになりますが、ナビのシステムにGM仮想カメラミラーがあり、リアに設置されている小型カメラが広報を設営し、ルームミラーにより後ろの状況をリアルに映し出し、仮想で駐車しやすい状況をアシストしてくれます。 車内のオーディオシステムは、BOSE(ボーズ)が手がけるパフォーマンスオーディオ。 BOSEとは、アメリカ日本社を持つ、スピーカーをメインとした音響機器開メーカーで、車内だけでなく、パソコン、テレビなどの音響も手掛けていますよね。 そんなBOSEの作品の中で、C8に設置される車載向けサウンドシステムが新ラインの「Performance Series(パフォーマンスシリーズ)」です。 室内いっぱいに広がるステレオパフォーマンスで、壁面などの平面で音を反射させる革新的スピーカーが14個も設置されています。 現行型C7のハンドルのデザインは、丸くコンパクトに設計され、レザー仕様となっていました。 新型C8は、全く新しいデザインで、全体の形状が六角形ハンドルを備えています。 一見ドライバーの手が握りにくそうに見えますが、角の部分をまろやかにして、握りやすく滑りにくい設計にして、余分な力を入れる事なく、しっかり握れるように考えられています。 それから、グレード(Z06、ZR1、Z51)によっては、ハンドルのスポーク部分を、Zボタンに変更することもできます。 Zボタンの内容は、ボタンの数が増えカスタマイズされたパフォーマンス設定となり、エンジンとトランスミッションの調整を細かく調整可能。 ハンドルの奥に設定されているメーターは、多くの情報をわかりやすくドライバーに提供するデジタルメーターを採用。 シボレー新型コルベットC8の車体サイズは現行型C7よりも大きい! シボレー新型コルベットC8のボディサイズは、スポーツカーの中ではビックな大きさで、現行型7代目(C7)よりも全体的に大きいのがポイント。 現行モデルは、2014年に発売され7代目に当たるC7型となっていますが、このC7コルベットのボディサイズは、「全長4495mm x 全幅1877mm x 全高1230mm ホイールベース2710mm」です。 そして、フルモデルチェンジでで新しくなる8代目(C8)コルベットは「全長4,630mm x 全幅1,933 mm x 全高1,234mm 2,723 ホイールベースmm」で 新世代のC8コルベットのボディサイズがひと回り大きいサイズになっているのがわかりますね。 コルベットC8のホイールサイズは前後が違う それから、新型C8のホイールベースのサイズは、前輪は19インチ、後輪が20インチと、それぞれサイズが異なっています。 この後輪が1インチ大きくなる理由としては、C8の走行性能を高めるたためですね。 つまり、ホイールのインチを上げて、タイヤを太くすることで、グリップ力や、トラクションの向上といったメリットがあるんですよね。 このような、前後のタイヤサイズが違うのは、スポーツカーに多いいスタイルで、C7のホイールインチも前輪は19インチ、後輪が20インチとなっています。 あと、C8のホイールの素材は、合金ホイールが装備されています。 それから、標準タイヤのメーカーは、フランスに本社を持つミシュランで、その中で、優れたコントロール性能と応答性能を実現してくれる「パイロットスポーツALS」が設置されます。 コルベット新型C8のエンジン「LT2」 シボレー新型コルベットの現行型である7代目(C7型:2014年製造)はLT1エンジンが搭載されており、自然吸気のV型の8気筒に、排気量が6. 2Lが搭載される予定。 新型C8のエンジンは、LT2がチューニングされ、旧型と同じV型8気筒の排気量が6. 2Lになります。 簡単に言えば、C7に採用されていたLT1から派生したエンジンの最新バージョン「LT2エンジン」がC8に搭載されます。 C7に搭載されているLT1エンジンの性能は、高出力と強制誘導によって生成され、ストローク量より高いシリンダー圧をサポートするように設計されています。 このLT1エンジン後継機モデルの新モデルLT2エンジンは、過給された以前の設計上の強みに基づいて構築されています。 旧型C7のエンジンが発生する最高出力は460PSとなり最大トルク、63. 6kgmkgf・mでしたが、新型C8の最高出力は450hp~470hpで最大トルクは65. 0kgf・mとなっています。 C8のワンランク上のグレード「Z51パフォーマンスパッケージ」を選ぶと、スポーツ排気システムを追加される予定で、こちらを設定することで、最高出力を500hpに、最大トルクを66. 0Nkgf・mになります。 そして、2020年にはハイブリッドシステムを搭載した「E-Ray」と呼ばれるモデルが登場するとされています。 アクセルペダルを軽くかる~く載せるだけで、発進し、爆発的なスピードを生み出してくれます。 0秒まで短縮させるほどのトラクションが期待できます。 それから、ベースモデルには、専用の鍛造アルミニウム製が採用されます。 こちらはフロントとリアの車軸に異なる長さのダブルウィッシュボーンサスペンションが設置されますね。 つまり、赤信号で停まってからの発信が頻度に行われる街乗りだと、さらに燃費数字が下がりますよね。 最終的に、V型8気筒に排気量6. 0L以上が設置される自然吸気エンジンでは、かなり超燃費効率がいいんのではないでしょうか。 日本車の一部の車で、排気量2. 今の時代になる、コンパクトカーや軽自動車にも衝突被害軽減ブレーキは設置されていますが、C8には設置されていないんですよね。 この理由の1つとしては、走行中に必要な空力、そして外装デザインを追求しているからだそうです。 これは、シボレー社だけでなく、ホンダが手掛ける高級スポーツカーNSXも同じことが言えます。 ただし、C8には自動ブレーキなどの先進安全装備は搭載されませんが、その他にはしっかりと安全装備にはこだわっています。 たとえば、運転中にドライバーが最小限の視線移動ができるように考えられたシートポジション。 それから、室内に設置されているエアバッグシステム(フロント、サイドエアバッグ)。 さらに、自動車の衝突時に前方に動き出す瞬時に巻き取り固定するシートベルトプリテンショナーも設置。 あとは、駐車時の操作をサポートする「フロントカーブビューパーキングカメラ」で、こちらは新機能として車両前方の映像を3分割で表示することが可能!意外に駐車が苦手な人にかなり役立ててくれるはず。 数値ではなく、どんな乗り心地なのかが体で感じたいものです。 それから、半世紀以上の歴史のある歴代コルベットのモデルで初めてとなる初の電気自動車のコルベットも新しく登場するために、これまた楽しみですよね。 っということで、今回はシボレー新型C8のお話でしたが、また最新情報がわかりしだい、アップしたいと思います。

次の