無料ブログ。 FC2 BLOG

無料ブログ比較一覧表(機能・特徴)

無料ブログ

Twitter、FacebookといったSNSが登場し、以前に比べて ブログを更新しなくなった、あるいは ブログをやめてしまったという方も多いのではないでしょうか。 しかし、 ブログはSNSと違い長文で投稿ができる、 検索エンジンでヒットしやすいという利点があります。 また、最近では新しい ブログサービスも増えてきており、中にはSNSと合わせて使いやすいものも多数存在しますので、改めて ブログ活用を検討する時が来ていると言えるでしょう。 今回は数ある ブログサービスの中でも、おすすめなもの22サービスに絞ってそれぞれの特徴を紹介します。 ブログサービスといっても様々なものがありますので、比較し用途に合わせて選んでみてください。 ブログ作成のおすすめサービス一覧 1. Amebaブログ Ameba ブログは、アバターサービス「アメーバピグ」や足あと機能、読者申請といった会員同士のコミュニケーションを盛んにするツールの豊富さが魅力。 初心者でも使いやすくカスタマイズしやすい ブログです。 登録をすると、操作方法を画面上でアイコンが動きながら教えてくれるため、操作方法に困ることはまずないでしょう。 また、Ameba ブログはアメーバピグなどのコミュニティからの流入も見込めるため、 ブログを始めたばかりで人があまり見てくれないようなケースでも ユーザーを呼び込めます。 ただ、アフィリエイトなどには厳しい運営方針なので向いていません。 ライブドアブログ ライブドア ブログは、NAVERの日本法人であるLINEが運営する ブログサービス。 ライブドアはLINEの子会社です。 直感的に操作できるシンプルなデザインながら、充実した機能面・自由度の高さが特徴です。 オリジナル画像をアップロードするだけのちょっとしたカスタマイズから、 HTML・ CSSまで編集することもできます。 また、スマートフォンからの投稿、閲覧にも完全対応しています。 広告が最上部 ヘッダーに入るため、目立つ配置になっています。 有料版になると 広告を消すことができます。 アフィリエイターにも優しい ブログになっているため、2chまとめなどのアフィ ブログが多いのも特徴です。 FC2ブログ FC2 ブログは、FC2 INC. が運営する ブログサービス。 柔軟にカスタマイズできる自由度の高さと、大容量が魅力です。 無料でも10GBの画像保存ができるので、沢山画像をアップロードしたい方におすすめです。 プラグインも豊富に揃っています。 ただ1ヶ月以上更新しないと、強制的に 広告が目立つ位置で表示されてしまうため、頻繁に更新をしない ブログだと使うのは厳しいでしょう。 Seesaaブログ Seesaa ブログは、シーサー株式会社が運営する ブログサービス。 広告が少ないことで知られ、アフィリエイターにも高い人気を誇ります。 既に使っているSNS アカウントと簡単に連携ができるのも便利です。 テンプレートが豊富なのでカスタマイズせずとも使うことができ、全体的に ブログ初心者に優しい印象があります。 JUGEM JUGEMは、GMOペパボが運営する ブログサービス。 組み合わせ次第で60億種類にもなる豊富なテンプレートは、人気アニメ・アパレルブランドとのコラボもあり充実したラインナップです。 自分好みにカスタマイズできる自由度の高さが魅力的です。 So-netブログ So-net ブログは、 インターネット・プロバイダーのSo-netが運営する ブログサービス。 現在メールアドレスでの無料登録は受付が停止されており、So-netの会員になっているもしくは、So-netメンバーズコース(年会費300円)に入会していれば ブログ作成できます。 So-net ブログは、 ブログの 広告表示でソネットポイントが貯まる独自サービスを提供しています。 1つの アカウントで複数 ブログが管理できるのでメンテナンスが楽なのも特徴的です。 gooブログ goo ブログは、NTTレゾナントが運営する ブログサービス。 非常にシンプルな作りで、ヘルプも充実しているので初心者でも簡単に ブログを始められます。 カスタマイズ性は他サービスと比べると劣る印象ですが、楽に立ち上げることができ基本的な機能も揃っているので、サクッと ブログを作ってみたいという方におすすめです。 はてなブログ はてな ブログは、株式会社はてなが運営する、はてなダイアリーをより進化させた ブログサービス。 はてなブックマークからの新規アクセスが見込める上に、更新すると新着記事に掲載されるので、知名度の低い ブログでもアクセスアップが期待できます。 Yahoo! ブログは現在サービスを終了しています。 日本最大級の ポータルサイトYahoo! JAPAN が運営する ブログサービス。 Yahoo! JAPANが提供するサービスと連携できるのが特徴的で、Yahoo! のアバターを載せることができたり、コメント時にもアバターを表示することができます。 アフィリエイター向けではないので趣味の ブログなどをやっていくにはおすすめできる ブログサービスでしょう。 HTML編集も CSS編集も出来ないため自由度は低いのですが、その分直感的に進められるというメリットがあります。 初めての ブログ運営にはおすすめです。 エキサイトブログ エキサイト ブログは、 検索エンジン・ ポータルサイトでおなじみのエキサイト株式会社が運営する ブログサービス。 シンプルな作りで、初心者にも管理しやすい ブログの一つです。 ブロガー同士の交流を目的としたコミュニティサービス「 ブログメイト」という機能があります。 楽天ブログ 楽天 ブログは、大手ショッピングサイト楽天が提供する ブログサービス。 楽天アフィリエイトを管理しやすいというメリットから、アフィリエイターが多く利用しています。 また、楽天商品お買い物レビューとの連携もできるため、商品紹介 ブログに最適です。 楽天 ユーザーにおすすめのサービスと言えます。 WordPress WordPressは、オープンソースの ブログソフトです。 豊富なテーマから好きなものを選び、自由にカスタムできるのがメリットです。 また、 プラグインを追加することで様々な拡張機能を持たせることができます。 カスタマイズの自由度が高いためある程度の知識が必要ですが、 ユーザーが多い分情報を集めやすいので書籍・ インターネットで調べれば初めての方でも大体の問題は解決できます。 デメリットとしては、拡張性は高い反面専門的な知識(サーバーを自分で取得・サーバーに WordPressインストールなど)が必要ということ、拡張性が第三者の作成した外部 プラグインによるためセキュリティ面で不安が残るということがあります。 忍者ブログ 忍者 ブログは、株式会社サムライファクトリーが運営する ブログサービス。 関連サービスである忍者ツールも同じ アカウントでログインできます。 100種類ものサブ ドメインから好きなものが選択可能で、独自 ドメインも無料で利用可能です。 無料版では500MBのサーバー容量ですが、有料版になると3GBまで使えるようになります。 アフィリエイトに制限もないため、アフィリエイターにも優しい ブログサービスと言えます。 ココログ ココログは、ニフティ株式会社が運営する ブログサービス。 カスタマイズ・ レイアウト設定が比較的分かりやすく、初心者でも取っ付きやすいのが特徴です。 自分なりの ブログを簡単に作りたい、という方におすすめです。 関心のあるものを紹介する「マイリスト機能」がついており、趣味の合うブロガーさんを探しやすいのも嬉しいポイントです。 ヤプログは、GMOメディアが運営する ブログサービス。 かんたん&かわいいを コンセプトに、600種類以上の可愛いデザインスキンが揃います。 HTML、 CSSを編集することでカスタマイズすることも可能です。 独自のコミュニティ機能「ヤプミー!」を備えており、メッセージ交換・足跡を残すこともできます。 ウェブリブログ ウェブリ ブログは、ブロードバンド接続サービスBIGLOBEが提供する ブログサービス。 全体的に分かりやすい作りが特徴で初心者に使いやすい反面、カスタマイズ面においては他サービスに劣る印象です。 「なるほど」「驚いた」といった気持ちを気軽に伝えられる「気持玉」という投票機能があり、多くの気持玉を獲得するとアクセスアップが期待できます。 croozブログ crooz ブログは、クルーズ株式会社が運営する ブログサービス。 人気タレント、読者モデルの ブログが多いため女性 ユーザーに人気で、日記カテゴリ・ビューティー・ファッションのカテゴリが特に賑わっています。 スマホからの使用に向いているため、ちょっとした記事を多頻度で更新したいという方におすすめです。 Blogger Bloggerは、 Google社が運営する ブログサービス。 また、無料 ブログによくありがちな 広告表示がほとんどありません。 ヘルプが少なめで初心者には少々わかりづらい可能性がありますが、無料でも 広告が無いというのは非常に大きなメリットです。 Tumblr Tumblrは、Davidville. incが運営するマイクロ ブログサービス。 画像、文章、動画を簡単に引用できる機能が備わっており、スクラップブックのような使い方が人気です。 デザインの良いテーマが多数揃っており、無料ながら 広告も入らないのが嬉しいポイントです。 Instagramとの相性が良く Twitter・Facebookとの連携が出来ますので、SNSを使っている方に特におすすめです。 Ameba Ownd Ameba Owndは、サイバーエージェントが運営する簡単にホーム ページや ブログが作れるサービス。 手順はわずかに3ステップで、お洒落なデザインのホーム ページや ブログをどなたでも簡単に作成できます。 他サービスに比べ色々装飾したいという方向きの機能は現段階では備わっていませんが、シンプルかつお洒落なサイトを手軽に持ちたいという方におすすめです。 各SNSとの連携も簡単にできます。 LINE BLOG LINE BLOGは、LINEが展開する ブログサービスで、国内の芸能人や著名人のみが作成できていましたが、2016年11月に一般開放されています。 現時点では、 アプリからのみ開設、投稿ができるため、解説するためには アプリのダウンロードが必要です。 開設にはLINE アカウントが必要で1 アカウント1個の ブログしか作成できません。 note noteは、クリエイターと ユーザーをつなぐサービス。 長文を投稿できる「 テキスト」に加え、 Twitterのようなつぶやきが投稿できる「トーク」や音楽を投稿する「サウンド」、動画を投稿できる「ムービー」など、様々な コンテンツの投稿ができます。 また、特定のクリエイターを支援する「サポート」制度、ノート( コンテンツ)を有料で販売する機能も搭載されています。 ブログサービスを比較する際のポイント よくある ブログサービス比較で、 Googleの ページランクや Alexaランク、 インデックス数、 被 リンク数などを比較しているものがありますが、あれには意味がないことに注意しましょう。 例えば、PageRankは Googleがランキングにはもう使っていないと明言しているので、 SEO的に効果はありません。 そしてAlexaランクもトラフィックが多いか少ないかをざっくりと出したランクに過ぎず、Alexaランクが高い ブログサービスで作成することと、作成した ブログがアクセスを集められるかに関係はありません。 これは インデックス数も被 リンク数も同じです。 ブログサービスを比較する際は、ブランディング、デザイン、容量で決めていくと良いでしょう。 例えば、ブランディングであれば独自 ドメインを使えるか、デザインであればテンプレートは豊富か、デザインをいじれるのであれば HTMLや CSSが編集できるのか、写真などをアップするのであれば容量は多いほうが良いでしょう。 サービスが継続しそうかどうかというのも気になるポイントですが、一般的に ブログサービスが終了するとしても完全に閉鎖されるまでにはバッファが持たれるのが通常です。 その際、移行ツールなども無料で公開されることが多いので、あまり気にしないで良いでしょう。 ただし、その場合独自 ドメインでないと ブログの URLが変わってしまうので注意が必要です。 無料ブログ vs WordPress 企業が提供している無料 ブログとよく比較されるのが WordPressです。 これらはどちらが良いのでしょうか? セキュリティ知識、デザイン知識、 マーケティング知識がある程度あれば WordPressでも良いですが、そうでない場合は無料 ブログを使うほうが良いでしょう。 WordPressは自由にデザインや プラグインを追加して SEOを強化することができるため、拡張性が高いと評されています。 しかし、 プラグインは外部の第三者が作成した プラグインをインストールする必要があります。 しかも、 プラグインが製作者側で更新されていなければ、セキュリティ的にも危なく乗っ取りの危険も高いでしょう。 また、 SEOに強いと言われていますが、 内部対策がしっかりとされているという点で評価はされているものの、無料 ブログでもそこはしっかりと対応しているものもあるためあまり差はないでしょう。 その点、無料 ブログは企業が運営しているため、セキュリティは最新のものに対応しています。 企業としても乗っ取られたという評判を立てたくありません。 また、最近ではデザインテンプレートが豊富に揃っている無料 ブログも多いです。 用途にあったブログサービスを探そう 今回は、主要な ブログサービスを22個まとめて紹介しました。 SNSと ブログ、両者は役割が異なりますので、どちらかに絞る必要は全くありません。 それぞれの特徴を生かして使い分けることが重要です。 また、いざ ブログサービスを選ぶ際には 広告表示、 ブログ容量の他、カスタマイズしたい人は HTML・ CSS編集ができるかどうかも基準に含めて考える必要があります。 アフィリエイトで使いたいという方の場合には、アフィリエイトに有利かどうかもチェックしておくことが重要です。 ぜひこの記事を参考に、使い勝手の良い ブログサービスはどれか、比較し選んでみてください。 このニュースを読んだ方にオススメ Twitter Twitterとは140文字以内の短文でコミュニケーションを取り合うコミュニティサービスです。 そもそもTwitterとは、「小鳥のさえずり」を意味する単語ですが、同時に「ぺちゃくちゃと喋る」、「口数多く早口で話す」などの意味もあります。 この意味のように、Twitterは利用者が思いついたことをたくさん話すことのできるサービスです。

次の

無料Blog(ブログ)比較/Kooss

無料ブログ

ログ集客屋まつ ブログ集客コンサルタント 1985年生まれ 福島県出身 月間57000PVのブログを運営中のブログ集客の専門家。 自身が運営してきたブログ・メルマガノウハウを基に集客のアドバイスをしている。 【略歴】 28歳の頃、会社の突然の倒産をきっかけにインターネットビジネスの世界に入る。 その後、幾度となく挫折を経験後、ブログ運営やアフィリエイトに関する情報商材を買いあさり、全くのド素人から独学でWordPressの構築、記事の書き方、ライティング、SEO対策、マーケティング、メルマガ集客を学び取る。 また「ブログだけで稼ぐこと」にこだわらないマーケティング重視のスタイルであらゆる業界で使えるマーケティングノウハウを確立。 現在は「自分にしかできない仕事を確立したい」人を対象に、ビジネス経験ゼロ、顧客ゼロ、売上ゼロからのブログの集客やビジネスの売上作りのサポートを行っている。 メモれ。 まつじろう 有料ブログの特徴 有料ブログとは 自分でサーバー(土地)を契約し、 独自ドメイン(住所)を取得した 自分所有のサイトのことです。 主にサーバーレンタルと独自ドメイン費用がかかります。 有料ブログは『自分のお店』 無料ブログがテナントなのに対して 有料ブログは自分の土地と住所を所有している状態なので、自分だけのオリジナルブログ(お店)になります。 使用方法などにも制限がなく、自分の目的や用途に合わせて好きなように運営することができます。 サーバーもドメインも自分のものなので誰にも何も言われる心配がない! 有料ブログには お金はかかりますので 主な利用の用途としては企業のサイトや個人が収益目的などで使用することが多いです。 僕も収益目的として有料ブログ(WordPress)を使っています。 『一体どっちが良いんですか?』 とか聞くのは 情弱だからな? いい? 絶対に聞くなよ? うさ四郎 無料ブログの3つのメリットとは? 主に無料ブログを使用する メリットを挙げると• 検索エンジンにインデックスされるのが早い• コミュニティからの集客が見込める(一番のメリット)• お金がかからない(無料だから) の3つになります。 特にコミュニティ集客は 大きな武器です。 アメブロだったらペタやコメント、 はてなブログだったらはてブ周りなどをしておくとユーザー同士で繋がることが可能ですし、集客にも繋がる可能性があります(やり過ぎるとウザくなりますが)。 またその他特徴として、 ブログ開設時でも検索エンジンに インデックスされやすくなっています。 理由は、既にサービス側に 既にドメイン力(サイトパワー)があり 検索エンジンにインデックスしやすいためです。 無料なのは言わずもがなです。 無料ですのでお金を払わなくてもできます。 (『稼げる』という意味ではありません) 情弱な。 まつじろう 無料ブログの6つのデメリットとは? 次にデメリットを挙げると• 勝手に広告が貼られる (広告収入が得られない)• 突然 ブログが削除されることがある• デザインの カスタマイズ制限が多い• 急な メンテナンスでブログが見れなくなることがある• サービスが停止の可能性がある• 長期的な資産になりにくい などがあります。 無料ブログの決定的なデメリットは? 無料ブログサービスで 特に大きなデメリットを挙げると• アカウント削除( 恐怖でしかない)• カスタマイズ制限( イライラしかしない)• 勝手に広告が貼られる( 広告収入は自分のものにしたくない?)• ブログが有名になっても ドメインが強くなるのはサービス側 の4つかと思います。 正直、急に 自分のブログが削除されたら発狂しますし、自由にカスタマイズ出来ないなんて我慢なりません。 勝手に広告が貼られるのも嫌ですし、それなら自分で広告貼って自分の収入にしたいです。 また長期的な資産という意味で考えても、 記事を更新してブログが有名になったところでサービス側のドメインが強くなるだけです。 そんなの僕は我慢なりません。 自分の労力が 会社に取られていた あの頃を思い返して腹たたしくなってきます。 笑 有料ブログ(WordPress)のメリット・デメリットまとめ ただ、だからといって 手放しで有料ブログを進める訳にはいきません。 有料ブログにもちゃんとデメリットはあるからです。 それらも含めて メリット・デメリットを まとめてみていきましょう。 はてなProやライブドア、FC2などの有料ブログは除いて考えてください。 有料ブログ(WordPress)の7つのメリットとは? 有料ブログのメリットを挙げると• サイトの 所有権が自分になる• サイトの カスタマイズが自由• SEOに強い設計ができる• ブログの 削除リスクがない• サーバーが安定している• 自由に 商品やアフィリエイト広告が設置できる• 情報源が豊富(Google検索ですぐ解決できる!) などがあります。 最も重要なのは 所有権が自分であるということです。 その為使用制限が一切なく、デザインやアフィリエイト広告の設置、SEO対策なども自由に行えます。 当然、削除リスクもないので怯える必要もありません。 他にも急なメンテナンスでサーバーがダウンし、アクセスが全く来ない…という心配もありません。 有料ブログならサーバーがダウンせず、 24時間アクセスを集め続けてくれます。 あとは WordPressはGoogle検索で 豊富に情報が出てくるため、迷いにくいというのもあります。 他のブログサービスでは かゆいところに手が届く情報は少ないですが、WordPressならこまかい情報も検索で出てくるため、意外に迷う部分は少ないです。 ちゃんと稼ぎたいなら自分のサイト持った方が良いよ。 期待してないけど。 うさ四郎 有料ブログ(WordPress)の3つのデメリットとは? 逆に有料のデメリットを挙げると• 使い方が難しい(機能が多いため)• 月額費用がかかる(毎月1500円~)• ブログの初期段階はアクセスが来ない の3つがあります。 月額費用がかかるので 趣味ブログを運営する場合は あまり目的に合っているとは思えません(質の高い趣味ブログなら別ですが)。 また WordPressはすぐにアクセスは集まりません。 早くても1~2カ月はノーアクセスを覚悟しなければいけません。 そう考えると 短期アクセスが欲しいのに有料ブログを選ぶ、というのも手段としては不適切だと思います(その場合ブログ自体不適切ですが。 別にSNSでいいじゃん)。 何はともあれ WordPressは 長期的な収益モデルである ということを覚えておくと良いです。 これらのデメリットも踏まえて• 無料ブログにするか?• 有料ブログにするか? というのを考えていく必要があります。 趣味ブログなら無料、収益目的なら有料ブログ(WordPress) ざっくりとまとめましたが ブログは目的に合わせて選択するのが 大切です。 「コレにしてください!」 という決まりはないからです。 例えば無料ブログであれば メリットは無料であることと 手軽さです。 しかし無料ゆえ カスタマイズは自由が利きませんし、 商用利用もできません(できるサービスもありますが、WordPressほど自由ではありません)。 有料ブログの WordPressなら 使い方は若干難しいものの、Google検索を上手く使えば一カ月ほどで慣れます。 またそれでも難しい場合は オンラインサロンなどのサービスを利用して質問しまくれば解決できます。 また長期的な集客を考えた場合、 独自ドメインのブログに勝るものはありません。 ブログ記事が増えるにつれてどんどん自分のサイトパワーが上がっていくからです。 これは絶対に無料ブログにはないメリットです。 上の点を踏まえて• 自分の目的は何か? というのを 考えてみると 無料?有料か?は自然と見えてくると思います。 無料ブログのメリット• 検索エンジンにインデックスされるのが早い• コミュニティからの集客が見込める(一番のメリット)• お金がかからない(無料だから) =無料で気軽に立ち上げられるため、趣味ブログにはおすすめ!! 無料ブログのデメリット• 勝手に広告が貼られる(広告収入が得られない)• 突然ブログが削除されることがある• デザインのカスタマイズ制限が多い• 急なメンテナンスでブログが見れなくなることがある• サービスが停止の可能性がある• 長期的な資産になりにくい =長期的なアクセスや収益源にはなりにくいため、商用利用はしにくい… 有料ブログのメリット• サイトの所有権が自分になる• サイトのカスタマイズに制限がない• SEOに強い設計ができる• ブログの削除リスクがない• サーバーが安定している• 自由に商品やアフィリエイト広告が設置できる• 情報源が豊富(Google検索ですぐ解決できる!) =自由度の高いデザインと商用利用も可能なのでビジネス目的ならおススメ!! 有料ブログのデメリット• 使い方が難しい(機能が多いため)• 月額費用がかかる(毎月1500円~)• ブログの初期段階はアクセスが来ない =月額費用がかかるまめ、趣味ブログや備忘録(メモ替わり)には不向き? となります。 何度も言うように 大切なのは『どちらが良いか?』ではなく 何を目的にブログを運営するか?です。 趣味レベルなら 無料ブログでも良いですが、• 趣味を仕事にしていきたい• 収益目的でブログを運営したい• 自分だけのオリジナルなサイトを作りたい など、ビジネスを通しての 長期収益が目的なら WordPressを使ったほうがいいと思います。 もちろん僕の推しも 断然WordPressです。 ビジネスなら WordPress一択で サイト構築していくのが最も早く、効率的に成果が出せると思いますよ。 「WordPressを早速始めてみたい!」という方は下記の記事を参考にしてみてくださいね。 アーカイブ•

次の

無料ブログを始めるならどこがいい?おすすめのブログ12個を3行で説明してみた。

無料ブログ

無料ブログ WordPress(ワードプレス) 無料ブログは 費用0円で簡単にブログをはじめられるので、お手軽で初心者向けというイメージがあります。 はてなブログ・ライブドア・アメブロ・FC2・Blogger…などなど、たくさんの選択肢があるのも魅力ですよね。 一方でWordPressは開設するまでに多少の手間やお金がかかるものの アクセスUPや収益UPがしやすくお金が稼ぎやすいと言われています。 しかし、これらのイメージははたして本当なのでしょうか? ブログサービスを選ぶポイントとしては コスト面・手間や操作性・SEOや広告の自由度…などさまざまな比較ポイントがありますが、 今回は 無料ブログとWordPressのメリット・デメリットを徹底比較し どちらを選ぶべきなかの明確な答えを出したいと思います。 また、 ほぼおなじ時期に開設した2種類のブログ(一方はWordPressで、一方は無料ブログ)がありますので、 この 2つのブログが時間経過とともにアクセスがどう変化したか?などの実例も記事の後半に収録しています。 無料ブログ お金も手間ひまもかからずに開設できるが、SEOなどの集客力が弱く、広告・機能・デザインなどの制限が多く 収益性が悪い(お金を稼ぎにくい)。 関連記事:「」 なので筆者はWordPressをおすすめしますが、どうしても無料ブログじゃなきゃ嫌だ!という人は「 」をおすすめしています。 有料プランではありますが、SEOでの集客に強く、収益性にも優れる一押しの無料ブログです。 WordPress 多少のお金と解説の手間がかかるものの、 SEOに強く中長期的に大きく稼げる。 カスタムもデザインも広告による収益化も自由。 WordPressを始めたい方は、下記の記事にすべての手順を画像付きでくわしく解説しています。 関連記事:「」 関連記事:「」 くわしくは以下にひとつひとつ簡単に説明していきますね。 WordPressは基本的に「 独自ドメイン」を自分で取得して「 レンタルサーバー」も有料で借りる必要があります。 つまり WordPressはお金の負担がやや重いということですね。 一方で無料ブログ(ライブドアブログ・アメーバブログ・FC2ブログ・はてなブログ・Bloggerなど)では、 無料プランを選べば文字通り無料(コスト0円)でブログを開設できます。 お金が一切かからずにブログがはじめられるわけですから、金銭面でこれ以上のメリットはないですよね。 …しかし、将来的な収益性を考えた場合、かならずしも無料ブログがお得とは言い切れません。 というのも、 無料ブログは無料だが収益性が悪く集客も難しいため、そもそも収益化が難しいというデメリットがあります。 逆に、 WordPressは有料だが収益性が高いので、費用がかかっても余裕でペイできるからです。 また、もし無料ブログでお金を稼ぐことを追求する場合、 途中で「有料プラン」に切り替えざるを得なくなるという理由もあります。 それは アドセンス広告の審査を通すために独自ドメインが必要だったり、 収益を邪魔する運営側広告を消す必要があるためなのですが、 結局は有料プランに切り替えるのであれば、毎月一定のコストが発生してしまうのですね。 もちろん発生するコストはWordPressの方が多いのですが、実はそれほど大差はないですし、 WordPressの高い収益性を考えれば、その差は簡単にひっくり返ってしまいます。 わかりやすく計算式で表してみましょう。 なので、もし少しでもブログで稼ごうと思うのであれば、多少のコスト差を気にする必要はないと思います。 それに 独自ドメインの取得(年100円前後~)や レンタルサーバー費用(月100~1,000円前後)なんてそれほど高くはないですからね。 まったく知識のない超初心者であっても、とりあえず今日からでもブログをはじめることができます。 逆に、 WordPressは独自ドメインの取得・レンタルサーバーの手配・WordPressのインストール…などの手間がかかってしまいます。 とくに知識のない初心者にとって、ハードルが高く難しく感じることでしょうね。 しかし筆者もまったく知識がないなかでWordPressを開設したのでわかりますが、 手間がかかるとは言うものの、ネット記事や書籍などを参考に作業を進めれば、 WordPressの開設もそれほど難しいわけではないと思います。 たった数時間もあれば知識がなくてもWordPressブログをはじめることができます。 (ただし待ち時間で2~3日かかる場合もある。 ) また、いったんブログを開設してしまえば 日々の運用や操作性にはほぼ差はありません。 WordPressはとても優れたツールですので、記事制作や更新に関しては無料ブログと大差ないほど簡単におこなうことができます。 関連記事:「」 関連記事:「」 「自由度・カスタム性」の比較 自由度・カスタム性では圧倒的にWordPressが優っています。 長期的にブログを運営したい、ブログでお金を稼ぎたいと思っているのであれば、 さまざまな面で制限が多く不自由な無料ブログではなく、WordPressがその本領を発揮します。 無料ブログも数多くのデザインテンプレートが用意されていたり、設定をある程度カスタムすることもできます。 しかしそれ以上に、 自由になる部分が少なく不便な思いをすることが多いと言えます。 たとえば、文字のデフォルトサイズを変えられない、リンク箇所の文字色を変えられない、運営側の広告や邪魔なリンクを外せない、ページ中のデザイン配置を変えられない…などなど。 逆にWordPressは世界中の有志から数えきれないほどのテーマ(デザインテンプレート)が配布されていますし、 おなじくさまざまな種類の プラグイン(機能やツールなどを自由に追加できるしくみ)が配布されており、 知識がない初心者でも、目的にあわせて簡単にブログをカスタムすることができるのです。 「独自ドメイン」「アカウント」の比較 「 独自ドメイン」はブログの将来的な収益性を考えるうえで、とても重要な要素となります。 独自ドメインについては下記の記事にくわしく解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。 基本的にはどのサービスでも無料でドメインを使えますが、なんらかの事情でブログを引っ越ししたくなった場合、 当然ドメインを引き続き使うことはできませんから、 それまでに得た検索エンジンからの評価やブックマークやリンクなどを 引き継ぐことができません。 また、利用している無料ブログがなんらかの事情で サービスを閉鎖するリスクや、あなたが利用規約に違反して アカウントを凍結されるリスクもあります。 逆に WordPressはかならず独自ドメインを取得する形になりますので、ドメインはあなたの所有物になります。 またブログ自体も当然あなたの所有物なので、 ブログ運営を他者の事情で 阻害されることはありませんし、 引っ越しする際も301リダイレクトという方法を使って、 検索エンジンからの評価を引き継いだまま転送設定をすることができます。 ドメインは基本的に運用すればするほど検索エンジンからの評価が高まります。 なので、できれば無料ブログからレンタルで借りるのではなく、自分の所有物として「独自ドメイン」を取得されることをおすすめします。 「集客(アクセス)」の比較 ブログ開設初期の集客では、無料ブログのほうに(多少)メリットが多いです。 なぜなら、 無料ブログはサービス運営側から リンクによる集客導線(新着記事、人気ランキング、新ブログ紹介など) を最初から与えられているからですね。 これがブログ初期の集客には意外と役に立ってくれます。 ちなみにWordPressでも「 ブログランキング」には参加できますので、初期集客はこれが頼りになります。 ブログランキングとはどんなサービスのブログでも参加できるランキングサイトのことで、 読者の集客には正直あまり役に立ちませんが、SEO的には 自分の手で被リンクを手に入れることができる貴重な手法の1つなので、 無料ブログ、WordPress問わずに、ぜひ活用することをおすすめします。 次に説明するSEOによる集客を含めて総合的に考えると、 WordPressの方が圧倒的に集客に有利であることは明白です。 「SEO」効果の比較 SEOとは検索エンジン最適化のことで、 Yahoo! やGoogleなどの 検索結果ページの上位に自分のサイトを表示させるためのノウハウを指します。 くわしくは下記の記事にくわしく説明していますので、ぜひ合わせてお読みください。 なぜなら ブログのアクセスの80~90%は、検索からのユーザー流入だからですね。 上記はこのブログ部のアクセスの内訳を表したものですが、88. 3%が検索からのアクセスで占められていることがわかると思います。 ちなみに、よく「 WordPressはSEOに強い」なんて言われますが…これは果たして本当でしょうか? 短期的SEOと長期的SEOの2つの視点で考えてみましょう。 短期SEOは無料ブログがやや有利 ブログ開設当初のタイミングでは、無料ブログの方がSEOに(ほんの少しだけ)有利と言えます。 なぜなら「 ドメインの運用期間」が長いからと、はじめから「 被リンク」が得られるからです。 「ドメイン」は取得からの運用期間が長い方が検索エンジンから高評価を得ることができます。 また良質な「被リンク」を受けることも同様に高評価となります。 基本的に無料ブログのURLはサービス運営側が提供するものなので、彼らが過去にドメインを取得した時点から運用期間がカウントされています。 そのため、無料ブログを新しく開設した場合であっても、 すでに一定の時間が経過したドメインを手に入れる(借りる)ことができるというわけです。 サービス運営側のドメイン(たとえばameba. jpやblog. livedoor. comなど)は検索エンジンから一定の評価を得ているので、 そこからの被リンクは(最近は影響力がだいぶ落ちてしまったものの)SEO的にもメリットが少なくないのです。 以上2点の理由により、 無料ブログは開設当初からSEO的に有利な条件でスタートできるというわけです。 長期SEOではWordPressが強い ところが一定の期間が経過すると 無料ブログのアドバンテージはなくなります。 6ヶ月~1年くらいの時間が経過するころには、 WordPressの独自ドメインにも 検索エンジンの評価がつき順位が大きく上昇してきます。 外部からの 被リンクも増えていることでしょう。 また、前述のとおりWordPressには 多種多様なプラグインがあり、それらを使うことでブログを強化することができます。 たとえばGoogleにサイトマップ(XML Sitemap)を送信できたり、不要なデータ&画像を圧縮して表示速度を改善させたり…などなど。 逆に、 無料ブログは中長期的に考えるとSEOに不利になってしまいます。 無料ブログが検索エンジンに評価されにくい理由としては下記の2つが考えられます。 広告が多く、ユーザーに不親切 いろんなブロガーがいるため、低評価のコンテンツが多い つまり、 無料ブログは開設当初はややSEOに有利だといえるものの、中長期的に運用することを考えるとデメリットのほうが多いんですよね。 実際に下記の記事でおこなった調査では、 検索結果の上位にはほとんど無料ブログが存在しないことが判明しています。 WordPressでブログを運用する場合、ドメインやサーバー費用が負担になってしまいます。 その代わり(法律や公序良俗に反する内容でない限りは)何を書くのも何をするのも自由ですし、 あなたの売上を邪魔するものはありません。 ところが無料ブログの場合、以下のようなデメリットがあるのです。 運営側の広告が収益を阻害する わたしが 無料ブログの最大のデメリットだと感じているのは、実はこの部分。 つまり サービス運営側が強制的に表示する広告が邪魔になり、 わたしたちの手元に入る 収益が減ってしまうという問題です。 たとえばブログに表示されている広告のうち、50%が自分で設置した広告で、残りの50%が運営側の広告だった場合、 単純計算で 売上の半分を運営側にもっていかれてしまうということですよね。 ) なかには 有料プランにすれば運営側の広告(の全部または一部)を非表示にできる無料ブログもありますが、 そもそも無料ブログは無料であることが最大のメリットなのに、有料にしちゃったら意味がないですよね。 商用利用が制限される また、そもそも 商用利用をNG(商用利用=お金を稼ぐ目的でブログを運営すること)としている無料ブログもあります。 無料プランはNGだけど有料プランならOK。 有料プランであっても商材によってはNG…など、 さまざまな制約がありますので無料ブログを検討されているかたは十分に注意が必要です。 突然アカウントが凍結される あなたのブログが利用規約などに違反した場合、 運営側の判断によって 突然アカウントが凍結(垢BAN)されてしまうことがあります。 わたしの知人には、 月400万円の売上をあげていたブログがある日突然アクセスできなくなり、 運営側に問い合わせてもまったく返答がなく、 結局そのままブログがなくなってしまったという例もありました。 なぜアカウントが凍結になったかは未だに分からないそうです。。 実在する2つのブログを比較 さて、ここまでの話を裏付けるものとしてちょうどよいデータがあります。 以下の表は 同時期に開設した、実在する2つのブログの比較です。 ひとつはWordPress、もうひとつは無料ブログ(ライブドアブログ)です。 30日経過 無料ブログ WordPress PV数 週平均) 286pv 131pv 被リンク数 5本 0本 検索表示数(週平均) 189回 88回 まず1ヶ月目ですが、開始間もないタイミングにもかかわらず 無料ブログのほうには「被リンク数」(外部サイトから貼られたリンクの数)が5本もついています。 ちなみにリンクはすべてライブドア関連ドメインからですので、まさに無料ブログならではの初期メリットと言えますね。 PV数も検索表示数(Googleの検索結果画面にあなたのブログが表示された回数)も、1ヶ月目の時点では無料ブログのほうが勝っています。 90日経過 無料ブログ WordPress PV数 週平均) 1,030pv 1,875pv 被リンク数 5本 2本 検索表示数(週平均) 577回 1,495回 しかし3ヶ月が経過するとやや状況が変わってきます。 WordPressのほうは相変わらず被リンク数が少ない(2本)ですが、 PV数・検索表示数ともに1ヶ月目の15倍前後まで増加しています。 検索エンジンの評価が少しずつつきはじめたという事ですね。 180日経過 無料ブログ WordPress PV数 週平均) 2,108pv 10,289pv 被リンク数 6本 8本 検索表示数(週平均) 1,166回 5,461回 さらに6ヶ月が経過すると、無料ブログとWordPressのあいだには大きな差が開いているが分かると思います。 WordPressのPV数は無料ブログの約5倍。 被リンク数でもWordPressが上回り、検索表示数も大きな差が開いています。 まさしく 無料ブログは運用初期の集客に優位ではあるが、 時間が経過するとWordPressが無料ブログを上回るということを証明する結果になっていますね。 …ちなみにこの2つのブログはジャンルも記事本数も違いますので単純に比較することはできません。 あくまで1つの例として参考にしていただければと思います。 結論|無料ブログとWordPressどっちがいい? では最後に今回のまとめです。 無料ブログとWordPress、それぞれにメリット・デメリットがありますが、選択するうえでの重要な判断ポイントとなるのは「 中長期的な収益性」です。 短期的な集客のしやすさにおいては、無料ブログはとても優れたブログサービスだと言えます。 WordPressはドメインの運用期間や被リンクの部分が不利で、初期の集客に苦労します。 ただし、時間が経過するごとに形勢は逆転します。 WordPressはSEOに優位であり、カスタム性や収益性にも優れています。 現に 成功しているブロガー・アフィリエイターの大部分がWordPressを使っています。 最終的にアクセス&収益に有利なのはWordPressなのです。 しかしもっとも致命的なのは サービス運営側が表示される広告を消せないことに尽きます。 これによる収益への影響は、ブログがうまくいけばいくほど深刻なダメージになっていきます。 よって僕の結論は 『 お金を稼ぐことを目的としてブログをはじめるのであれば絶対にWordPressにすべき』 となります。 WordPressは開設にあたり多少のコスト・知識・手間が必要になりますが、これはあなたが感じているよりもずっとハードルが低いと思ってください。 WordPressの開設方法については、すべての過程を画像付きでくわしく解説した記事があるので、ぜひこちらを参考にしていただければと思います。 はじめまして。 まだ無料ブログとエックスサーバーの違いがわからない初心者です。 これからエックスサーバーを申し込もうとしてますがまだ半信半疑です。 なぜ稼げるのかがよくわかりません。 gooで10年位書いてますがgooの評価が低くて驚いています。 確かに過激なサイトが突然消されたりするのをここ1~2年位で数件見たので怖いとは思いますが自分は過激なサイトではないのでまだそこは大丈夫かと思います。 お名前ドットコムでドメインを取ってエックスサーバーでもお金を取られてそれでもやる価値があるのですか?自分で広告を貼るという意味がわかりません。 gooでも楽天やamazonのアフィリエイトをやっていてamazonはほとんど収入は無いですが楽天は知らぬ間にポイントが勝手に付いています。 実際の収入(現金?)を稼ぐにはどうやるのですか?.

次の