お悔やみ 英語 メール。 「お悔やみ申し上げます」の正しい意味とは? シーンによって使い分けよう【例文つき】

お悔やみの言葉 メール】友人・友達・例文・文例・返信・親戚・ペット・ママ友

お悔やみ 英語 メール

永遠のお別れは、人生では避けて通れないものですが、何度経験しても慣れないものでもあります。 訃報を受け取ると、日本語であっても、何と言ったらよいのか、言葉に詰まる、という方も多いのではないでしょうか。 英語ではなおさらです。 それでも、仕事の取引先や同僚の外国人、海外の友人からご不幸があったことを伺ったら、なるべく間をあけずにお悔やみの言葉を伝えることが望ましいです。 今回は、そんな状況に備え、礼儀正しい表現から親身に寄り添う表現まで、典型的なメッセージの文例をご紹介します。 また、献花やカードの図案などに使える花もご紹介します。 文例のご紹介の前に、基本的な流れも押さえておきましょう。 1.Condolence call 電話 ご逝去された方が親しい間柄の方で、電話で連絡を受けた際は、すぐその場で、口頭にてお悔みの言葉を伝えます。 メール等で連絡を受けたときには、番号が分かれば折り返し電話を掛け、同様に直接お悔やみの言葉を伝えます。 そのとき、お葬式に伺ってよいか、よい場合は場所や日時なども確認します。 2.Condolence visit 弔問 お葬式に伺えない場合や、近隣であれば、お葬式前に弔問し、献花(flower tribute)をできるとよいでしょう。 3.Funeral service お葬式 お葬式が公開されている場合や口頭・書面で招待された場合には参列し、故人を悼みます。 SNSのメッセージやブログのコメントでお悔やみの言葉を送る際には、他の方にも見られることを考慮して、定型句を上手に使えると良いですね。 この記事がエチケットと心情に配慮したコミュニケーションの一助になりましたら幸いです。 目次 1.口頭でお悔やみを伝える言葉 何と言ったらいいか、というのが正直なところだと思いますが、訃報を受け取った後で直接対面した際、あるいは電話を掛けた際は、このような言葉が定番です。 何と言ったらいいのか分かりません。 ご愁傷さまです。 それはご愁傷さまです。 (ご家族を/ご同僚を)亡くされて、お気の毒さまです。 I will really miss her. 彼女を失って、本当に寂しくなります。 I will really miss him. 彼を失って、本当に寂しくなります。 You are in my thoughts. あなたのことを心配しています。 My condolences to you and your family. あなたとあなたのご家族の皆様に、お悔やみ申し上げます。 Mary was such a wonderful person. Please accept my heartfelt condolences. メアリーは素晴らしい方でした。 お悔やみ申し上げます。 2.カード(またはメール)のお悔やみ文例 1)取引先社長の訃報を受け、取引先担当者に <形式的・丁寧なメッセージ> We would like to express our deepest sympathy on the passing of your president Mr Gould. He was a truly great global leader and we are proud to have been his business partners. Please convey our sincerest condolences to his family and all at ABC Corporation. 貴社社長グールド様のご逝去に深く哀悼の意を表します。 彼は真に偉大なグローバル・リーダーで、私たちは彼のビジネス・パートナーであることを誇らしく思っておりました。 ご遺族ならびにABCコーポレーションの皆様に、心よりお悔やみ申し上げます。 We extend our deepest sympathies to you and her family. May she rest in peace. ボンド様の予期せぬご訃報に驚いております。 ご遺族ならびに貴社の皆様に心からお悔やみを申し上げます。 ご冥福をお祈り申し上げます。 Please accept my heartfelt condolences. お父上がお亡くなりになったと伺い、本当にご愁傷さまです。 心からお悔やみを申し上げます。 Please accept my sincerest condolences. May he rest in peace. ジョーンズ様のご訃報に、深く驚き悲しんでおります。 心よりお悔やみ申し上げます。 ご冥福をお祈りいたします。 <親身なメッセージ> We are deeply saddened by the loss of Ms Baxter. We can imagine the sadness you must be feeling. She was our valued colleague and made a huge contribution to the success of the team. We feel honoured to have had the opportunity to work with her. She will be sadly missed. バクスター様のご訃報に、深く悲しんでおります。 ご家族の皆さまの悲しみを拝察申し上げます。 彼女は素晴らしい同僚で、チームの成功に多大な貢献をされてきました。 彼女と共に働く機会を持てたことを誇らしく思います。 彼女を失い寂しく思う気持ちが消えることはないでしょう。 Please do not hesitate to reach out to us if we can help in any way. We are here for you. 奥様を亡くされましたことに衷心よりお悔やみ申し上げます。 何かできることがありましたら、どうぞ遠慮なく私たちを頼ってください。 あなたのお力になれればと思います。 6)友人・知人の訃報を受け、友人・知人のご家族に <形式的・丁寧なメッセージ> Please let me express my deepest sympathy for the loss of your father. I am honoured to have known him. He was truly a great man and we will all miss him. お父様のご逝去に深い哀悼の意を表します。 あなたのお父さんと知り合えたことを光栄に思っています。 彼は本当に偉大な男でした。 彼にもう会えないことを寂しく思います。 <親身なメッセージ> I am deeply saddened to hear of the loss of your mother. Words cannot even begin to express my sorrow. I will say though, she will always be in my heart. I will always cherish the memories that I am privileged to have of her. Please remember that you are not alone, my thoughts and prayers are with you. あなたのお母様がお亡くなりになったことがとても悲しいです。 言葉では私の悲しみをまったく伝えることが出来ません。 それでも言いますが、彼女はいつでも私の心の中にいます。 彼女の思い出をこれからもずっと大事にします。 どうか、あなたは一人ではないのだと覚えていてくださいね。 あなたのことを心配し、お祈りします。 マックス(ペットの名前)の悲しいお知らせを伺い、本当にご愁傷様です。 心から愛していたペットを失うのがどれほど辛いことか分かります。 3.献花やカードの装飾に使える花 弔問やお葬式に持参するのに適した花をご紹介します。 ただし、国や地域の文化や慣習、ご家庭の方針などもありますので、実際に持参する前にご遺族に確認すると良いかもしれません。 市販のカードの柄、図案にもよく使われています。 白百合(White lily) 百合の香りでお葬式をイメージする方がいるくらい、西洋のお葬式で定番の花です。 菊(Chrysanthemums) イタリア、スペイン、フランスなどの国で、お墓に供える花の定番です。 バラ(Roses) 白いバラは崇高な精神性の象徴、黄色のバラは、永遠の友情の証として捧げられます。 クラシカルな暗赤色のバラは愛と悲しみを伝えます。 グラジオラス(Gladiolus) 栄誉と追悼を象徴する花です。 ピンクのカーネーション(Pink carnations) ピンクのカーネーションは聖母マリアの涙で作られたとされています。 キリスト教の葬儀でよくもちいられます。 * * * いかがでしたか? ご活用の機会がないに越したことはありませんが、いざというときにはこの記事をご活用ください。 ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。 ぜひお気軽にご登録ください。 今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない• ・英語が話せるようにならない• ・上手く聞き取れない• ・カタコト英語になってしまう こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。 この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。 繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。

次の

お悔やみの言葉を英語で伝える、スグに使える7つの文例

お悔やみ 英語 メール

日本語でも難しいお悔やみの言葉、それを英語でスマートに伝えるとなると、ずいぶんハードルが上がる気がしますよね。 それでも海外の友人・知人はもちろん、仕事上の取引業者、協力会社、顧客に対して悲しい出来事が起きた時には、お悔やみの言葉を伝えなければなりません。 自分が悲しみの最中にいる相手に対して心配し、気にかけていることを伝えることは、お互いの絆が深まることにつながります。 しかし、日本とは習慣の違う英語圏の人にマナーにそったスマートなお悔やみの言葉となると、気をつけなければならないことは、日本語以上かも知れません。 ここでは基本的な例文から、様々なシチュエーションにそった例文まで、実際に使える7つを紹介していきます。 人生で最も悲しい場面に立たされた人に、心に届くお悔やみの言葉を英語で伝えなければいけなくなったら、きっと役に立つはずですので是非ご覧ください。 DeathではなくLoss あなたの突然の不幸に私は深い同情を表明するこの手紙を書いています。 家族の誰かが亡くなった人に対して、deathという言葉は使わずlossを使う表現があります。 他の単語にもみられることですが、英語でのお悔やみ表現は直接的な表現を避けて遠回しな言い方を選ぶ傾向があるからです。 あなたが亡くなったと聞いて残念です I would like to send my condolences to you on the loss of your ~ あなたの~の死に哀悼の意を捧げます passを使おう Please accept my sincere condolences over the passing of your mother. お母様のご逝去に対し、心よりの哀悼の意を表します。 このpassを使うのも、先に書いたように直接的な表現のdieを使わない代わりの遠回しな言い方のひとつです。 この2つの例文のpassingは「亡くなったこと」という意味です。 pass awayは「亡くなる」という意味で、dieより少し遠回しな感じになるのでよく使われます。 condolencesとsympathiesを使おう I extend to you my heartfelt condolences. 心から哀悼の意を表します。 Please accept my sincere sympathy. 心からお悔やみ申し上げます。 英語のお悔やみは、日本語のお悔やみほど形式にのっとっていません。 それでもこの2つの単語は使います。 I would like to offer my condolences for the loss of your~ あなたの~の死に心から哀悼の意を捧げます You have my sympathies. お気持ちお察しいたします。 この2つはよく使われている、スマートな例文ですので参考にしてください。 ご愁傷さまです・お悔やみ申し上げます。 英語を習う時、このフレーズは「すみません」や「ごめんなさい」「失礼します」の意味で覚えた人も多いと思います。 誰かが亡くなったと聞いたときに、このフレーズを言うと、「あなたの苦痛を同じように感じます=ご愁傷様です・お悔やみ申し上げます」という意味合いになるのです。 難しい例文ではないので、頭のすみに置いておいてとっさの時に使えるとスマートですね。 Dearを使おう お悔やみの英語の手紙の書き出しは、親しい間柄であってもHiなどは使いません。 Dearを使いましょう。 結び・締めの文句は色々ありますが、みなさんの同情の思いを込めてSincerely・Yourstrulyなどの表現を選ぶことをおすすめします。 なお、故人との思い出などを書き綴りたい場合は、その手紙を読む人とも親しい間柄であるかを考慮しましょう。 会社を代表して英語でお悔やみの手紙を出す場合などは、故人について語るのは数文に留めるのが無難ですね。 メッセージカードの例文 May his her soul rest in peace. 安らかな眠りにつつまれますように My thoughts and prayers are with you. 私の思いと祈りはあなたとともにあります=あなたのことを思って、お祈りしています My sincere condolences for the death of your husband. ご主人の死に、心からお悔やみ申し上げます In deepest sympathy. (結辞)ご冥福をお祈りします 日本より、欧米の方がメッセージカードを送る文化が浸透しています。 お悔やみの手紙を書く時の参考にして下さい。 ご愁傷様です My condolences go to the whole family. ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます フォーマルなお悔やみの例文です。 My thoughts and my prayers are with you at this awful time. あなたが元気になられるよう祈っています May God bless you. どうかお元気で これは遺族を励ます例文です。 I was sorry to hear about ~. Let us hope ~walk close with God. ~のことはお気の毒です。 ~が神の近くに歩んでいきますように。 もし私で何か力になることがありましたら、ためらわず電話をください 映画のワンシーンで使われたお悔やみの例文です。 やはり日本語でも家族や親しい間柄の人を亡くした人になんと言葉をかければ良いのか、お悔やみの言葉は難しいものです。 」このひと言には「お気の毒に/ご愁傷様です/残念です/お悔やみ申し上げます」などの意味が込められていて、悲しみのシーンではこのひと言でまずは思いが伝わるかも知れません。 しかし、相手が親しければ親しいほど自分なりのお悔やみの言葉で励ましたり慰めたりできると良いですよね。 もしもの時には、ここに紹介した例文を参考にして下さい。 を使おう ・Dearを使おう.

次の

英語で書くビジネスメール例文集 17「お悔やみ」

お悔やみ 英語 メール

記事の目次• ご愁傷様です。 「え!謝ったら、まるでこの死が私に責任があるみたいに聞こえない?」と心配になった人もいるのでは? 学校で英語の授業を受けている時、このフレーズは「ごめんなさい」という意味で習ったかと思います。 実は sorryにはそれ以外に「気の毒で」「残念に思う」といった意味があるのです。 そのため誰かが亡くなった時にも、この表現をよく使います。 最初は違和感があるかもしれませんが、一番簡単なので突然の不幸に対応できるフレーズです。 ご愁傷様です。 こちらは先ほどのフレーズに、「亡くなった方」を指したワードを付け加えたもの。 lossは「失うこと」「喪失」の意味がある英語で、 death(死)という直接表現を避けて死者について話す時に使われます。 ちなみにここで使われる yourは、残された家族や友人を表しています。 シンプルですが、この表現だけで遺族に対して十分気持ちを伝えることができるので、是非覚えておきましょう。 他にもこんな言い方をすることができます。 (ご愁傷様です。 passingも比喩的に死を表すワードで、遠回しに亡くなったことに触れることができる表現です。 このフレーズでは亡くなった方の名前を入れることができ、より応用がきく形ですね。 ちなみに pass awayで「亡くなる」「他界する」という意味を表します。 die(死ぬ)という直接的な動詞を和らげたものなので、こちらの表現を使っておくと無難です。 (先週お母様が亡くなられたということで、お悔やみ申し上げます。 お悔やみ申し上げます。 condolenceは「お悔やみ」「哀悼」という意味の英語です。 「深い哀悼の意を受け取ってください。 」と表現することで、お悔やみの言葉を述べることができます。 メッセージなどの最後に My deepest condolences. と書くことも多くあります。 欧米では不幸があった時は、メッセージカードを送るのがマナー。 カードショップにも専用のコーナーがあるほど一般的です。 もし直接会えない場合は、英語で手紙を送ってあげましょう。 このフレーズでは、亡くなった対象を明確に表すことができます。 send(送る)の代わりに、 offer(捧げる)という英語を使ってもいいですね。 ) My condolences go to the whole family. ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。 「遺族」を強調し、お悔やみを伝えたい時に使えるのがこの英語フレーズ。 そもそもお悔やみの言葉は残された人間に対して伝えるものです。 精神面でも今後遺族をサポートしていきたい場合は、是非この一言を添えてあげましょう。 心からお悔やみ申し上げます。 condolenceと同じくらい使われるのが、「お悔やみ」「同情」という意味のある sympathy。 先ほど同じように「私の心からのお悔やみを受け取ってください。 」と伝えることで、哀悼の意を表します。 sympathyを使ったその他の英語フレーズがこちら。 You have my sympathies. (お気持ちお察し致します。 ) We extend our deepest sympathies to you for your terrible loss. (今回のご不幸に、私たちから哀悼の意を表します。 ) In my deepest sympathy. ご冥福をお祈りします。 こちらもメッセージカードの最後に付け加えたいお悔やみの言葉。 Inを外して、 My deepest sympathy. や、With に変えて With my deepest sympathy. でも同じような英語表現になります。 あなたのことを思ってお祈りしています。 直訳をすれば「私の思いと祈りはあなたと共にあります。 」ということになるこの英語フレーズ。 物理的に相手と離れていても「私は一緒にいるよ」「あなたを考えているよ」と伝えることで、お悔やみの言葉を捧げているということになりますね。 thoughtsとprayersをそれぞれ単体で使うこともあります。 My thoughts are with you. (あなたを想っています。 ) My prayers are with you. (あなたを祈っています。 ) My thoughts go out to you. (私の想いはあなたのもとにあります。 ) My prayers go out to you. (私の祈りをあなたに捧げます。 ) thoughts(考えること)という英語が便利な点は、 prayers(祈り)と違って宗教的な要素がないことです。 そのため、もしあなたがクリスチャンなどでなくても「相手を想う」ことはできるわけですから、適切な表現になるということ。 覚えておくと便利ですね。 You and your loved one will be in my thoughts and prayers. いつも私たちの心と思い出にいます。 これも先ほど紹介した thought and prayersを使ったフレーズ。 今度は主語を You and your loved oneに変えることで、相手をより強調して使える英語表現です。 この loved oneは普段使うと「最愛の人」というように、配偶者、恋人、家族などを指しますが、お葬式のシーンなどでは「故人」という意味で捉えることができます。 遺族と故人の両方を想う時に使いたいフレーズですね。 私たちは皆、寂しい思いをするでしょう。 よく I miss you. という英語表現で使われる missという動詞。 実はこれを完璧に日本語訳するのは難しいのです。 「恋しい」「寂しい」「会いたい」というニュアンスが含まれており、使うタイミングによって意味合いも変わってきます。 遠くにいる恋人や友達に使うこともあれば、故郷を思い出す時にも言われるこの表現。 もちろん故人に対しても使うことができます。 亡くなってしまい、もう会えないあの人に、「みんなに惜しまれている」ということを伝えることができるフレーズです。 行った場所では、もう痛みはありません。 宗教観の違いによって死後の世界の捉え方は異なりますが、多くの場合死んだ後は「安らかになれる」と信じている人が多いですよね。 例えば長い闘病生活の上亡くなった方、悲惨な事故で亡くなった方がいた場合に、この英語フレーズがしっくりときます。 「死んでしまったことは悲しいけど、もう故人は苦しまなくていいんだね。 」という気持ちを伝えることができる英語表現です。 彼(彼女)は素晴らしい方でした。 彼(彼女)と知り合いになれて嬉しかった。 人は死後、残された者たちの記憶の中に生き続けると言われます。 このように生前の故人を評価し、「出会えてよかった」と伝えることで、遺族も救われた気持ちになることでしょう。 相手が亡くなっても、その人と知り合いになれた事実は消える事はありません。 そういった気持ちを表現したい時に使える英語表現です。 なんという言葉をおかけしたらいいのか分かりません。 私が想像できないほどのお悲しみでしょう。 よく苦しんでいる人を前にして、 I know how you feel. (あなたの気持ち分かるよ。 )と英語で言う人がいますが、これは人によっては反感を買います。 当たり前ですよね、たとえその人が誰かを亡くす経験をしていても、全く同じ境遇を経験することは一生ないからです。 気安く相手の状況を理解したつもりになるのではなく、「私には想像できない気持ちなんだろうね」と声をかけてあげたほうが無難。 他にもこういった言い方ができます。 (あなたを想っています。 どんなにお辛いかも想像できません。 (さぞお辛いでしょう。 こういう時は誰もが助け合うものだよ。 私がここにいますから。 という英語は、非常に心強い言葉。 辛い思いをしている人を元気づけることは難しいです。 でもその人のために側にいることは誰だってできます。 話し相手になってあげるでもいいし、日常生活に戻るために一緒に付き合ってあげるでもいいし、ただ黙って隣にいるだけでも構いません。 に値するのです。 他にもこういった言い方ができます。 (どれだけ辛いか分かりませんが、私にできることがあれば何でもします。 (もし私にできることがあれば、何でも言ってください。 ) How about a hug? ハグなんてどう? 日本人としてはなかなか慣れない文化かもしれませんが、欧米では悲しみに暮れている人を支える際は、必ずと言っていいほどハグをします。 確かに全員がこの方法を好むわけではありませんが、人によっては What can I do to help you? (私に何がしてあげられる?)と聞かれた時に、 Can you come over and give me a hug? (ここにきてハグしてもらえる?)なんて返してくる人もいます。 辛い時は人の温かみを感じたいもの。 自分と相手が近しい間柄であれば、このフレーズを使ってハグをしてあげましょう。 時にハグは言葉よりも強い力を持ちますよ。 おわりに あまり使いたくない英語表現ではありますが、生きていればこうった場面には必ず出くわします。 そんな時にかけてあげる言葉が英語で出てこないのはもどかしいですよね。 紹介した英語フレーズを使って最低限の気持ちを伝え、一緒に悲しみを分かち合いましょう。

次の