アプリ を インストール できない。 アプリケーションのインストールができない

”アベノアプリ” をインストールしたが全く役に立ちそうな気がしない話

アプリ を インストール できない

いくつかの原因が考えられますので、下記の1~8についてご確認ください。 1.スマートフォン本体メモリの空き容量不足が原因で、問題が発生している可能性があります。 不要なデータやアプリを削除してください。 2.Wi-Fiをオフにして、LTE 3G 回線で試す Wi-Fi環境の場合、アプリをダウンロード出来ない事があります。 3.電波状況が悪かったために発生している可能性があります。 電波状況が良好な場所でインストールしてください。 4.スマートフォンを再起動する スマートフォンの処理に不具合が発生することがあります。 5.常駐しているアプリ 電池残量表示アプリ 等 がある場合はアプリを終了させる 6.パケット通信量の確認 ご契約されているスマートフォンのプランにもよりますが、毎月利用できるパケット通信量を超えてしまった場合、各携帯電話会社から通信速度の規制 パケット通信制限 がかかります。 パケット通信量やご契約されているプラン 毎月利用できるパケット通信量 等は、各携帯電話会社のお客様センター等でご確認ください。 7.Googleに関連するアプリをアップデート Android Google PlayでインストールされたGoogleに関連するアプリをアップデートしていない場合、アプリのインストールが行なえない場合がございます。 詳しくはgoogleの窓口や各携帯電話の窓口へお問い合わせください。 8.アプリに機種依存による不具合が発生している。 海外の一部端末、最新の機種で正常に動作しないことがあります。 よりお問い合せください。

次の

【0x80070005】 Microsoft storeでアプリのインストールが全くできない

アプリ を インストール できない

iPhoneでアプリがインストールできなくなる主な理由 iPhoneでアプリがインストールできなくなる原因は、主に4つ考えられます。 以下を確認してみてください。 回線が不安定 1つ目は、回線が不安定な場合です。 アプリをインストールするには、Wi-Fiやモバイルデータ通信につながっておく必要があり、 とくに電波の悪い場所ではアプリがインストールできないこともあり得ます。 iPhoneの容量不足 2つ目は、iPhoneの容量不足です。 アプリ自体にも必要な容量があるので、 iPhoneの容量がいっぱいになるとインストールできません。 とくに、最近のアプリはグラフィックも良く、容量が大きいです。 そのため、一度iPhoneの容量をチェックしてからインストールしてみてください。 Apple storeの問題 3つ目は、Apple Storeに問題がある場合です。 一度Apple storeにログインできていないか確認してみましょう。 Apple store自体に問題が起きている場合は、Appleから公式の発表もあるはずなので、あわせてチェックしてください。 本体の故障 4つ目は、iPhone本体の故障です。 iPhone自体に問題が起きており、アプリがインストールできない状態になっているかもしれません。 最近iPhoneを水没したり、落下させたりしていませんか?思い当たることがあれば、故障の可能性があります。 インストールできないときの対処法 iPhoneでアプリがインストールできない原因を4つご紹介しました。 ここからは、具体的な対処方法をご紹介していきます。 すぐに実行できる対処法ですので、アプリがインストールできない場合は、まずは落ち着いてこれから解説する方法を試してみてくださいね。 1:別のWi-Fiに接続してみる 回線に問題があり、iPhoneにアプリがインストールできない場合の対処法は、 別のWi-Fiに接続してみるという方法があります。 別のWi-Fiに接続する手順は以下を参考にしてください。 また、Wi-Fiの接続状況が安定しているかを確認するには、インターネットから動画をストリーミング再生し、スムーズに動画の視聴ができるようであれば回線が安定していると判断できます。 2:インストールを一時停止して再開してみる ホーム画面上でインストールしようとしているアプリを長押しすると、「ダウンロードの再開」と「ダウンロードの一時停止」と「ダウンロードのキャンセル」という表示が出ます。 この表示が出たら、一旦「ダウンロードの一時停止」をタップして、しばらく経ってからもう一度「ダウンロードを再開」をタップすると、インストールできなかったアプリがインストールできるようになることがあります。 3:iPhoneを再起動してみる インストールしようとしているアプリがiPhoneのホーム画面上でグレー表示になっていたり、白地格子にグレーのラインが入っていたりするときは、 アプリを削除せず、iPhoneを再起動してみましょう。 再起動の方法は機種によって異なります。 以下を参考にしてください。 どうしてもインストールができない場合 上記で紹介した対処法を試してもiPhoneにアプリがインストールできない場合は、 iPhoneの故障やその他の原因も考えられます。 iPhoneのメーカーであるAppleやiPhone修理専門店に問い合わせて、調べてもらいましょう。 Appleサポートに問い合わせてみる Appleに相談したい場合は Appleサポートセンターに問い合わせてみましょう。 Appleサポートセンターでは、電話やチャット、メールでのサポートが受けられます。 iPhoneのシリアル番号の確認が必要になることもあるため、事前に控えておきましょう。 日本のAppleサポートセンターの電話番号は、0120-277-535です。 電話での相談は、平日9:00〜19:00の間、土日祝は9:00〜17:00の間で受付しています。 回線が混み合ってつながりにくい場合もあるため、時間に余裕があるときに電話しましょう。 本体に問題がないか調べてもらう iPhone自体の故障が疑われる場合は、Apple直営店やApple正規サービスプロバイダの専門店、iPhone修理専門店のいずれかに持ち込みをし、iPhone本体に問題がないかを調べてもらう必要があります。 Apple直営店に持ち込む場合は、 事前にサイトから予約が必要です。 Apple直営店は日本国内に9店舗しかありません。 立地上、直営店に行くのが難しい場合は、Appleが認定した、Apple正規サービスプロバイダの専門店を利用しましょう。 Apple正規サービスプロバイダの専門店は全国に数百店舗あるため安心です。 また、正規店で修理する場合は、「 修理に時間がかかる」ことを覚えておきましょう。 持ち込んで数日間の預かりとなることが多く、iPhoneに異常があった場合もすぐに修理をするわけではないので、代替え機を用意する必要があります。 素早くiPhoneを修理してもらい、正規店よりも安く使えるiPhoneに戻してもらうには、iPhone修理専門店に依頼しましょう。 iPhone修理専門店のは日本全国に80店舗の大型展開をしているため、 ご自宅やお勤め先の近くにスマホスピタルがあれば予約なしで持ち込みも可能です。 また、総務省登録修理業者のため、高品質な部品を使用した優良な修理を安心して受けていただくことができます。 また、破損部品のみを的確に診断しその部品のみを交換するため、事前のバックアップ作業をしていなくても修理することが可能です。 iPhone修理の実績も80万台以上あり、知識と経験が豊富なスタッフが対応するのでスムーズな修理をお約束します。 修理箇所によりますが、おおむね数十分以内で修理が完了しますので、数日間iPhoneが使えなくて困るといった心配もありません。 お仕事で頻繁にiPhoneを使用するという方もぜひご相談ください。 法人修理も受け付けていますので、ぜひご相談ください。 他にもiPhoneの不具合に関する相談は、些細なことでもご相談ください。 まとめ iPhoneのアプリは年々機能的なものが増えており、近年では容量の大きいものがたくさんリリースされています。 そのためiPhone本体の容量はもちろん、回線の安定もかなり重要な項目となっています。 ここで紹介した対処法を実践しても、アプリが正常にインストールされない場合は、iPhoneの故障も考えられますので、速やかに専門店に相談しましょう。 iPhoneの故障は、放置するとほかにも症状が拡大してしまう恐れがあります。 素早い対応を心掛けることが、快適なiPhoneライフを送る秘訣です。

次の

アプリケーションのインストールができない

アプリ を インストール できない

もくじ• まずはきちんとインターネットに接続されているのか確認する 初歩的なことですが、まずはAndroidスマホがきちんとインターネットに接続できているのかどうかを確認してみましょう。 「GoogleChrome(グーグルクローム)」などのブラウザアプリからインターネットにアクセスして、きちんとインターネットに接続できているのかを確認してみてください。 きちんとインターネットに接続できた場合でも通信速度が異様に遅いと感じたときは、契約している携帯電話会社から通信速度制限を課せられている可能性があります。 スマートフォンは契約プランによって、月間に使えるデータ使用量に上限があります。 月間に使えるデータ使用量の上限を超えてしまうと、ペナルティとしてネットの通信速度に制限がかかってしまい、通信速度が送受信ともに大幅に低下してしまいます。 Androidスマホで月間にどのくらいのデータを使用したかを確認するには、 「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をタップします。 「ネットワークとインターネット」画面が表示されるので、「データ使用量」をタップします。 「データ使用量」画面が表示され、ここで月間のデータ使用量を確認することができます。 契約しているプランの月間のデータ使用量の上限を超えていた場合は、通信速度制限が課せられています。 契約している携帯電話会社から、通信速度制限を課せられてしまった場合はこちらの記事を参考にしてください。 Androidスマホを再起動してみる インターネットの接続状態に問題がない場合は、Androidスマホを再起動してみてください。 では、インターネットの接続が有効であることを確認できても、アプリのダウンロードに問題がある場合は、Androidスマホを再起動するよう推奨しています。 Androidスマホを再起動するには、端末の側面にある「電源ボタン」を長押ししてください。 「電源ボタン」を長押しすると「メニュー」が表示されるので、「再起動」をタップします。 「再起動」をタップすると、Androidスマホの電源が自動的にオフになり、自動的に再起動します。 Androidスマホの再起動には、端末をメンテナンスしてくれる効果があります。 ちょっとした不具合程度なら、Androidスマホを再起動することによって改善される可能性があります。 「GooglePlayストア」でアプリを検索しても見つからない場合は? 「GooglePlayストア」でお目当てのアプリを検索しても見つからず、アプリをダウンロードできない場合もあります。 まずは入力したキーワードに、スペルミスや入力ミスがないか確認してみてください。 入力したキーワードに間違いがなければ、お目当てのアプリが日本国内で利用できるものなのか、そのアプリの公式サイトなどで確認してみてください。 アプリによっては、特定の国や地域でしか使えないよう限定されているものもあります。 また、Googleの規約に反していることが判明し、削除されるアプリもあります。 例えば、あなたがダウンロードしようとしていた無料の音楽アプリが実は著作権上の問題があり、Googleに規約に反していると判断された場合は「GooglePlayストア」から削除され、ダウンロードすることができなくなります。 「GooglePlayストア」では、莫大な数のアプリが公開されており、Googleもいちいちどのアプリを削除したなどの情報は公開していません。 このあたりについては、自分で調べるしか方法はないようです。 アプリの新規リリース時には、「GooglePlayストア」の検索に反映されるまで時間がかかる アプリの新規リリース時には、「GooglePlayストア」の検索に反映されるまである程度時間がかかります。 人気のゲームアプリなどが新規リリースしたときなど、「GooglePlayストア」で検索してみたけど見つからないというパターンがよくありますが、単に検索に反映されるまで時間がかかっているだけです。 ゲームアプリなどは、リリースが開始されると公式サイトや公式Twitterなどで、アプリのダウンロード先のURLを告知してくれる場合がほとんどです。 早くアプリをダウンロードしたい場合は、公式サイトや公式Twitterが告知してくれたURLから、直接ダウンロードするようにしてください。 アプリの提供元に問題が起こっていないのかを確認する 利用者数の多いアプリなどは、アップデートが行われるとアクセスが集中してしまい、サーバー側に障害が発生してしまう場合もあります。 サーバー側で障害が起こってしまった場合には、ユーザー側はダウンロードができなくなります。 利用者数が多いアプリがダウンロードできない場合は、サーバー側に障害などが起こっていないか、公式サイトや公式Twitterなどで調べてみてください。 障害などでダウンロードができない場合は、障害が復旧するまで待ってみてください。 自動アップデートと重なっていないか確認する Androidスマホには、自動でアプリをアップデートしてくれる機能が備わっています。 この機能をオンに設定しておくと、アプリの自動アップデートを行い、アプリを常に最新の状態にしてくれるため、アプリのセキュリティや安定性が向上します。 たまたま、この自動アップデート中に新しいアプリをダウンロードしようとすると、既存のアプリのアップデートが優先されてしまいます。 この自動アップデートと重複する事態を避けるには、 Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「GooglePlayストア」をタップします。 「GooglePlayストア」を開いたら、画面左上の「メニューアイコン」をタップします。 「GooglePlayストアのメニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。 「GooglePlayストアの設定」画面が表示されるので、「アプリの自動更新」をタップします。 「メニュー」が表示されるので、「アプリを自動更新しない」をタップすると、Androidスマホの自動アップデートが停止します。 できれば、アプリのダウンロードが終了したら、「ネットワークの指定なし」か、「Wi-Fi経由のみ」に設定を戻しておいてください。 (データ通信量を節約したい場合は、「Wi-Fi経由のみ」に設定しておくことをすすめします) きちんと時刻の自動設定がされているのかを確認する Androidスマホには、正確な日付と時刻を自動的に取得してくれる「日付と時刻の自動設定」という機能があります。 デフォルトの状態では、この機能がオンになっているはずですが、何らかの不具合や誤操作などによってこの機能が使えず、Androidスマホが正確な日付と時刻を取得できない場合があります。 Androidスマホが正確な日付と時刻を取得できない状態だと、アプリのダウンロードだけでなく、アプリのアップデートもできなくなる可能性があります。 きちんと「日付と時刻を自動設定」がオンになっているのか確認するには、 「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。 「システム」画面が表示されるので、「日付と時刻」をタップします。 「日付と時刻」の画面が表示されます。 この画面で、「日付と時刻の自動設定」がオンになっているか確認することができます。 万が一、「日付と時刻を自動設定」がオフになっている場合は、きちんとオンの状態に直してください。 Android OSが最新バージョンなのか確認する アプリによっては、古いバージョンのAndroid OSに対応しておらず、ダウンロードができない、インストールができない可能性があります。 Android OSは、できるだけ最新のバージョンを使うようにすべきです。 Android OSが最新バージョンなのかを確認するには、 「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「システム」をタップします。 「システム」画面が表示されるので、「詳細設定」をタップします。 「詳細設定」をタップすると、新たな項目が表示されるので、「「システム アップデート」をタップします。 Android OSが最新バージョンであれば、上記のように「お使いのシステムは最新の状態です」と表示されます。 Android OSが最新バージョンでなかった場合は、画面右下の「アップデートをチェック」をタップし、そのままAndroid OSのアップデートを行ってください。 (Androidスマホのスペックの問題で、Android OSを最新のバージョンにアップデートできない場合もあります) ストレージの空き容量は足りているのか確認する Androidスマホのストレージの 空き容量が足りない場合、当然ながらアプリがダウンロードできません。 また、ストレージの空き容量がわずかに空いていたとしても、空き容量が1GB以下になるとアプリのダウンロードやアップデートができなくなる可能性があります。 ストレージの空き容量が足りているのかを確認するには、 「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「ストレージ」をタップします。 「ストレージ」の画面が表示され、この画面で空き容量は足りているのかを確認することができます。 ストレージの空き容量が足りない場合は、不要なアプリ、動画、写真など削除して、空き容量を増やしてください。 どうやってもアプリがダウンロードできない場合は? Androidスマホにアプリをダウンロードできない場合の改善点を挙げてみましたが、どうやってもダメな場合は、Androidスマホが故障している可能性もあります。 Androidスマホが故障している場合は、個人の力ではどうしようもありません。 Androidスマホを購入した販売店、契約した携帯電話会社のサポートなどに相談してみましょう。 また、ある程度長い期間Androidスマホを利用していた場合は、これを機会に機種変更を検討してみるのもありかと思います。 スマホの買い替えについては、長時間待たされる心配のない公式オンラインショップを利用すると便利です。 関連記事•

次の