シャボン 玉 ドラマ。 しゃぼん玉 : 作品情報

シャボン玉 (モーニング娘。の曲)

シャボン 玉 ドラマ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2014年7月)• にに基づいており、精度に欠けるかもしれません。 ( 2017年3月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2017年10月) シャボン玉ホリデー ジャンル 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 第1期 プロデューサー 出演者 オープニング 「シャボン玉ホリデー」 (ザ・ピーナッツ) エンディング 「スターダスト」 (ザ・ピーナッツ) 放送期間 1961年6月4日 - 1972年10月1日 放送時間 日曜 18:30 - 19:00 放送分 30分 回数 591回 第2期 プロデューサー 出演者 オープニング 「シャボン玉ホリデーのテーマ」 (ピンク・レディー) 放送期間 1976年10月9日 - 1977年3月26日 放送時間 土曜 23:45 - 日曜 0:15 放送分 30分 回数 24回 番組年表 関連番組 () 『 シャボン玉ホリデー』(シャボンだまホリデー)は、1961年6月4日から1972年10月1日、および1976年10月9日から1977年3月26日までで放送されていたである。 第1期・第2期ともにの一社提供で放送(社名は、第1期放送当時の1967年に共進社油脂工業から牛乳石鹸共進社に変更)。 放送回数は第1期が全591回、第2期が全24回。 第1期は毎週日曜 18:30 - 19:00 に、第2期は毎週土曜 23:45 - 日曜 0:15 ()に放送されていた。 番組綱要 [ ] シャボン玉ホリデー(1961 - 1972) [ ] 制作は日本テレビと(後年タレント部門をに継承)。 渡辺プロが目下売り出し中の双子の女性デュオ・を主役に据えた音楽バラエティショーとして制作された。 現場の指揮は、渡辺プロダクションの制作部長・(後の株式会社代表)が執った。 スポンサー探しは難航を極め、当初提供契約に難色を示していた牛乳石鹸が最終的にしぶしぶ行った 経緯から同社より見返りを求められ、日本テレビが見返りとして番組名を『シャボン玉ホリデー』に変えた経緯がある。 番組名がホリデーとなっているのは、牛乳石鹸社長の宮崎寅四郎による命名で、のから牛乳石鹸への売り込みだったため、その労をねぎらい堀の名をとり堀貞(ホリテイ)からホリデーとした。 なお、牛乳石鹸の一社提供だったため、番組冒頭にはの鳴声「モー!」と番組テーマ曲をバックに「提供・乳牛マーク・牛乳石鹸」が書かれていた提供クレジットが入れられていた。 その代償として、テーマ題の最後に「ピーナッツ!」とサブタイトルを入れることにした。 ただ、視聴率が高かったため、結果的には成功ということになった。 番組はまず「牛乳石鹸提供、シャボン玉ホリデー!」のタイトルコールに次いで、乳牛の鳴き声でオチとなるコントをやり、その後ザ・ピーナッツがテーマソングをシャボン玉の舞う中で歌い、毎回一つのあるテーマに沿ってザ・ピーナッツ、、そして毎回登場するゲストを交え、コント・歌・トークなどを展開。 番組からは数多くのギャグが生まれ、特にの「お呼びでない?こりゃまた失礼致しました!」は番組を代表する伝説的なフレーズとして親しまれた。 第1回からで、生放送ではなく、カラーVTRに収録して放送を行った。 収録は出演者のスケジュール上、深夜に撮影されることが多く、時には、明け方までかかることもあったという。 オープニングテーマとエンディングテーマからも伺えるとおり、番組の主役はザ・ピーナッツであるが 、実質的にはハナ肇とクレージーキャッツとのW主演となった。 また、例年の8月にはクレージーがので特別公演を行うため、系列局である のスタジオ(当時はに存在)を使って収録したこともある。 1972年に入ると、クレージーのメンバー全員揃っての出演は無くなる(かが出演)。 そして同年5月からの約半年間は公開番組となり、谷啓、ピーナッツ、そして井上順之(現・)がメインを務め、スタジオに動物を入れるなど往時とは別内容のものとなっていた。 この頃にはもレギュラーとなっていた。 この時期番組は視聴率も低迷しており、ザ・ピーナッツが当時関西で人気を誇っていた『』(製作)にゲスト出演した際、「こっち(ヤングおー! )のほうが面白い」と本音を漏らしたというエピソードも残っている。 番組は1972年10月1日、11年4か月の歴史に幕を下ろした。 通常『シャボン玉ホリデー』と言えば、こちらの第1期を指すことの方が多い。 レギュラー陣はデビュー間もないに、、を加えたメンバー構成で、第1期と同様に日本テレビで放送されていた。 しかし、放送時間は毎週土曜 23:45 - 日曜 0:15 と遅く、 視聴率は低かった [ ]。 1977年1月1日には、『全日本プロレス中継』(主催の正月興行)編成 のために放送を休止した。 第1期は一回も休止されなかったので、これがシリーズ唯一の休止となった。 主な出演者 [ ] 第1期 [ ]• ( - 1972年)• - 番組内でハナ肇とドラム合戦をしたこともある。 - 最末期にレギュラーとなる。 (1972年) 第2期 [ ]• ゲスト [ ] 第1期 [ ]• - 第1回ゲストの一人。 トリオ• ジミー時田• - 最終回ではと共にゲスト出演した。 第2期 [ ]• - 当時牛乳石鹸の「スキンライフ」のCMに出演。 - 当時のヘアケア製品のCMに出演していたが、なぜかゲストに呼ばれた。 伊東ゆかり - 最終回に出演。 ほか コーナーなど [ ]• この回に関する場面に突然ピーナッツが現れ、(ユミ)「牛乳石鹸提供」(エミ)「シャボン玉ホリデー!」とタイトルコールした後、とともに出演者の一人 が風船を膨らませる場面が映された。 プロローグ• 牛乳石鹸に因み、乳牛の鳴き声「モー!」でオチになるコント。 鳴き声は初期はクレージーの一人が口で行うか、管楽器を鳴らそうとして「モー!」となるかだったが、中期からは着ぐるみの乳牛がやるようになった。 なおの著書によれば [ ]、演出のは当初、本物の牛を使いたいという構想を画いていたため、周りのスタッフが困り果てたというエピソードがある。 ファンファーレ風のジングルと共に、「提供 牛乳石鹸」 という提供クレジットが出され、その後、上段に「シャボン玉ホリデー」、下段に今回のサブタイトルが書かれたタイトルカードが映し出される。 オープニング• 末期には画面下にスタッフのが映される様になった。 大別して2種類あり、オープニング直後にクレージーの誰かとピーナッツがやり取りした後に牛乳石鹸製品の紹介ナレーションをするものと、番組中のコントに突然ピーナッツが現れて生CMへ行くものがあった。 またエンディング前の生CMは、との掛け合い後にナレーションで行った。 製品は、オープニング後にはシャンプーやシェービング製品、エンディング前には主力商品の「赤箱」が多かった。 お呼びでないコント• 番組の名物コント。 植木が場違いな場面に現れて皆が呆気に取られたところで、植木が「お呼びでない?こりゃまた失礼しました!」と言いながら去り、皆がずっこけた。 このコントのコンセプトは後に『』()で扮する「」のコントに流用された。 おかゆコント• ハナが病気で寝たきりの父親、ピーナッツがその娘に扮し、(ピーナッツ)「おとっつぁん、おかゆが出来たわよ」(ハナ)「いつもすまないね」で始まるコント。 「お呼びでないコント」や「キントトコント」などと絡ませることが多かった。 キントトコント• なべが映画監督、安田が助監督に扮し、映画の撮影風景を見せるコント。 必ずなべが安田を「安田ー!」と叫びながらどつくのが定番であり、この時期のなべの当たり役となった。 ギャングコント• 谷がギャング団のボスに扮するコント。 フィナーレ• ラスト、全出演者が歌って踊る。 エンディング• 街灯とベンチが置かれている暗いスタジオで、ピーナッツがエンディングテーマ「」を歌っていると、ハナ(それ以外の時もあり)が現れ、この回のまとめを述べる。 その後ピーナッツに暴言を吐き、ピーナッツから肘鉄を食らって去り、ピーナッツもフレームアウトする。 その後後ろにいた犬塚がギターを弾き(のレコード音源に)、それに合わせて今回放送分のスタッフと出演者のテロップがスクロールされ、そして次回放送分の作・サブタイトル・出演者の手書きテロップが映された。 なお末期には、次回放送分はそのままだが、今回放送分は出演者だけが映された(スクロールも廃止)。 このエンディングもパロディ化されており、『』にピーナッツがゲスト出演した際に、藤田まこと相手にこのギャグが再現されていた。 また放送開始から50年近く経ってから、関西ローカルの番組である『』のエンディングでと司会のがこのギャグのパロディを演じたことがある。 冒頭と同じ提供クレジットが出された後、「シャボン玉ホリデー おわり」と書かれたエンドカードが出される。 この間、オープニングテーマの後半部と、乳牛の鳴き声「モー!モー!モー…」(何回も繰り返してフェードアウト)が被さる。 スタッフ [ ] 第1期 [ ]• プロデューサー:• アシスタントプロデューサー:原薫太郎(多忙だった秋元の業務を補佐するため、番組後期に担当)• ディレクター:、、小郷英武、小俣達雄、向笠正夫、 ほか• 作・構成:、、津瀬宏、、伊藤裕弘、谷啓、河野洋、滝沢ふじお、、、、、 ほか• 音楽:、• 振付:• 演奏:宮間利之とニューハード• ナレーター:、、 ほか 第2期 [ ]• プロデューサー: 日本テレビ社史『大衆とともに25年』で判明 [ ]。 テーマソング [ ] 番組と同名のテーマソングをザ・ピーナッツが歌っていた。 そのテーマソングの作詞者は前田武彦である。 第2期(ピンク・レディー時代)のテーマ曲は第1期とは大きく異なっており、調になっていた(作詞作曲は不明)。 放送局 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 に移行せず終了した。 (1969年3月まで)• (第2期)• (ネットチェンジ後も同時ネットで放送。 1969年9月まで)• (1969年10月から)• (途中打ち切り) 番組終了後 [ ] 木曜スペシャル [ ] 『シャボン玉ホリデー』第2期レギュラー放送終了から9年後の1986年3月6日、『』枠でクレージーキャッツ結成30周年を記念し、当時の貴重な映像やコントの再現などで一夜限りの復活版を放送した。 やなどがクレージーキャッツ と共演し、当時の台本を元にオリジナルのスタッフの斎藤太朗が演出した。 番組は、自殺した同番組プロデューサー兼ディレクターの秋元近史に捧げられていた。 詳細は「」を参照 スペシャルドラマ『シャボン玉の消えた日』 [ ] 1989年12月31日の16:00 - 17:55に、青島幸男の著書「わかっちゃいるけど シャボン玉の頃」を原作に、第1期最終回の裏側を描いたスペシャルドラマ『 シャボン玉の消えた日〜シャボン玉ホリデー・笑いにかけた青春物語〜』を放送。 脚本:、演出:須沼望・大友孝行。 ザ・ピーナッツ役は、青島幸男役に、ハナ肇役に、谷啓役に、犬塚弘役に、植木等役は が起用された。 このほか、宮川秦役を息子の(クレジット上は本名の「晶」名義、音楽制作も担当。 )が、大橋巨泉役に、秋元近史役にを起用した。 スポンサーは牛乳石鹸を含めた複数社提供だったが、ドラマ内では当時使われた牛乳石鹸の提供スーパーが再現された。 舞台『天国のシャボン玉ホリデー』 [ ] 2015年3月27日から29日まで・にて、「第4回日本喜劇人まつり」(主催)として『 天国のシャボン玉ホリデー』と題した舞台公演が行われた。 放送当時の構成作家の一人である河野洋が脚本、(主宰)が演出をそれぞれ担当し、牛乳石鹸が協賛。 小松政夫、、、小倉久寛、、、、、らといったメンバーに加え、犬塚弘も特別出演した。 現存映像 [ ] 第1期放送当時の放送用は高価であったため、第1期の現存映像は以下の10本のみである。 放送年月日 回 サブタイトル 形態 1964年4月19日 151回 コーラス万歳!ピーナッツ モノクロキネコ 1964年8月23日 169回 楽器で遊ぼうピーナッツ モノクロキネコ (一部カラー) 1965年7月11日 215回 どうなってんだピーナッツ モノクロキネコ 1966年1月9日 241回 タニーケイだよピーナッツ 1966年3月6日 249回 コントは楽しピーナッツ 1967年7月16日 320回 お化けが出るよピーナッツ 1969年11月2日 440回 ダンドリ大切ピーナッツ カラーVTR 1970年4月19日 464回 安田ァー!ピーナッツ 1970年8月2日 479回 海へ山へピーナッツ 1972年4月30日 570回 10周年だよ! これらのうち、後年の回顧特番などで放送されるのは大半がモノクロキネコ版で、カラーVTRは放送する事が少なく、特に「10周年だよ!」は、放送形態が非公開から公開番組に変わった初の回であるにもかかわらず、ほとんど放送されることがない。 第2期のピンク・レディー版は、後年の回顧番組(特にピンク・レディー関連)でも取り上げられることはほとんどないが、映像自体は現存しており、 2004年に放送された [ ]『』で三ツ矢歌子の訃報が伝えられた際に番組のVTRが流された。 また、1978年に牛乳石鹸共進社自身が発刊した『牛乳石鹸共進社70年の歩み』には、「主な提供番組」のページにらがゲスト出演した回の写真が、ピンク・レディーや三ツ矢・藤村・だん吉らレギュラー出演者と共に掲載されている。 にて「コーラス万歳!ピーナッツ」が公開されている。 NHK教育『テレビジョン その時代』での再放送 [ ] 1983年にで放送されたテレビ放送30周年特番『テレビジョン その時代』で、「楽器で遊ぼうピーナッツ」の回が放送された。 放送形態は以下のように変更された。 冒頭のザ・ピーナッツの台詞「牛乳石鹸提供!シャボン玉ホリデー」の「牛乳石鹸提供!」の部分は無音となった。 オープニングでの提供クレジットと、オープニングテーマ終了後のザ・ピーナッツとハナ肇によるCM の部分は「コマーシャル」のカードに差し替えられた。 番組内の「牛乳石鹸」のは、「番組スポンサー」というテロップで伏せられた。 エンディング前の犬塚と入江による生CMは途中で切られ、すぐにエンディングへ行った。 エンドカードは「スターダスト」が流れている最中に出され、「次回予告」「提供クレジット」「乳牛の鳴き声がフェードアウト」は全て削られた。 ただし、プロローグでの乳牛の鳴き声(がピアノを弾こうとして「モー!」)はそのまま放送された。 ビデオグラム [ ] 1995年に東芝EMI(現・)からビデオとで発売(2007年にで再発売)された『クレージーキャッツ メモリアル』に「楽器で遊ぼうピーナッツ」、「どうなってんだピーナッツ」、「タニーケイだよピーナッツ」、「コントは楽しピーナッツ」の4本が収録されている(すべてモノクロだが、一部パートにカラー映像がある)。 ボーナストラックとして「ダンドリ大切ピーナッツ」でのコント「キントト映画」が収録されている(カラー。 この映像のみ不要になった・フィルムをハナ肇が持ち帰り私的に保存していたもの)。 なおこのメディアは、ハナ肇が晩年にクレージーキャッツ全盛期のテレビ番組をビデオ化・発売しようとして頓挫した企画をハナの没後に関係者たちが尽力し、テレビ局各社のライブラリから映像提供を受けて実現させたものである。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 理由はあくまでも牛乳石鹸の会社都合であり、番組に関するものではない。 なお、後年には「ピーナッツ!」のサブタイトルは省略された。 また、ザ・ピーナッツの冠番組は1本も実現しなかった(単発特番を除く)。 現存する映像はで収録されたモノクロ映像がほとんどだが、僅かにカラービデオテープで残っているものもある。 事実、放送開始の1961年6月4日付けの各新聞に載せられた広告(牛乳石鹸製品と、翌6月5日にで放送を開始した製作の牛乳石鹸提供番組『』の広告付き)では、ザ・ピーナッツがメイン扱いで、クレージーはゲスト的な扱いだった。 牛乳石鹸の本社は大阪市にある。 第2期の放送開始前、日本テレビはこの時間帯(土曜 23:45 - 日曜 0:40)を使ってを放送し、19:30 - 20:54にを行った日には代わりに『全日本プロレス中継』を録画放送するという体制を取っていた。 この体制は第2期の終了後にも再び取られ、1979年3月まで続けられた。 当日の19:00 - 20:54に『』の正月特番が編成されたため、ナイターシーズン中と同様に放送枠を繰り下げた。 写真が存在する。 出演の経緯が詳述された資料がある。 が担当することが多かったが、別の人物が行うこともあった。 初期には、上段に「長方形に囲まれた乳牛マーク」、下段に「提供 牛乳石鹸」という構成だったが、中期からは、上段に「提供」、中段に「丸に囲まれた乳牛マーク」、下段に「牛乳石鹸」という構成に変わった。 『木曜スペシャル』での放送だったため、同枠のスポンサーであるその他による複数社提供となり、牛乳石鹸による提供は無かった。 この番組では、1971年に脱退したも15年ぶりに共演した。 ただし、この番組内ではクレージーキャッツが最終回まで出演しているという設定になっており、その意味ではフィクションであるといえる。 当初はが出る予定だった。 オープニングの終了後、髪を抑えたザ・ピーナッツの前に楽器を持ったハナが現れ、ピーナッツが気分が優れないのでハナが楽器を鳴らすが、ピーナッツは髪を綺麗にしたいと発言。 そこでハナが懐から当時販売されていた「液体 牛乳シャンプー」の容器を取り出したところで同製品のCMとなる。 出典 [ ]• 『「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た!』、2007年、p. 「小説」 文春文庫 p. 225• 『ロング・グッバイのあとで』(2011年 集英社)P174• 五歩一勇『シャボン玉ホリデー スターダストをもう一度』(1995年 日本テレビ放送網)P269• 五歩一勇『シャボン玉ホリデー スターダストをもう一度』(1995年 日本テレビ放送網)P236• 『河北新報』1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊テレビ欄。 『』1963年6月30日 - 1970年8月16日、『河北新報』1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1966年4月10日 - 1970年9月27日付朝刊テレビ欄。 『河北新報』1970年10月4日 - 10月25日、1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊テレビ欄。 『福島民報』1963年4月7日 - 1971年9月26日付朝刊テレビ欄。 『NST』(新潟総合テレビ発行)p11、12• 『』山梨・静岡版 1972年4月16日付朝刊テレビ欄。 『北日本新聞』1968年10月7日付朝刊テレビ欄より。 - 牛乳石鹸共進社株式会社 2015年3月12日閲覧。 関連項目 [ ]• - 放送枠は当初、本番組に近いバラエティが企画されていたが、によって頓挫。 再度企画を練り直されて生まれた。 - にザ・ピーナッツ引退関連番組として、『最後の最後のピーナッツ』を放送、本番組の再現が行われた。 - 同じ日本テレビで放送された、司会によるバラエティ番組。 本番組に近いコンセプトで製作された。 外部リンク [ ]• - 個人サイト。 日曜18:30枠 【一社提供枠】 前番組 番組名 次番組.

次の

シャボン玉ボンボン

シャボン 玉 ドラマ

シャボン玉とは、液で作られた球体、もしくはそれを使った遊びである。 別の意味でのシャボン玉• が演を務めたの• 上述のでもある長淵剛の曲• 情、の• :石屋の曲• 概要 とはで石の事で、液も石をに溶かしたり、洗剤をに混ぜたりと庭にあるものでお手軽に作れる。 シャボン玉はなどで液に息を吹きかけたり、振り回したりして液にを与えるなどすることで作ることが出来る、お手軽な遊び具でもある。 膨らませ方や液のによっては長く浮かせたり、丈夫なものを作ったりすることも出来るし、具があれば自らを包み込むほどの大きなシャボン玉を作ることもできる。 また、的ななどを演出する手段としてシャボン玉を自動生成する装置を設置している会場やなどもある。 ちなみにではの季として使用できる。 また、共進社番組に漏れなくついてくる単でもある。 関連動画 関連商品 関連項目• お遊び•

次の

【楽天市場】全カテゴリ > 景品玩具・文具・ファンシー > シャボン玉:フェスティバルプラザ

シャボン 玉 ドラマ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2014年7月)• にに基づいており、精度に欠けるかもしれません。 ( 2017年3月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2017年10月) シャボン玉ホリデー ジャンル 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 第1期 プロデューサー 出演者 オープニング 「シャボン玉ホリデー」 (ザ・ピーナッツ) エンディング 「スターダスト」 (ザ・ピーナッツ) 放送期間 1961年6月4日 - 1972年10月1日 放送時間 日曜 18:30 - 19:00 放送分 30分 回数 591回 第2期 プロデューサー 出演者 オープニング 「シャボン玉ホリデーのテーマ」 (ピンク・レディー) 放送期間 1976年10月9日 - 1977年3月26日 放送時間 土曜 23:45 - 日曜 0:15 放送分 30分 回数 24回 番組年表 関連番組 () 『 シャボン玉ホリデー』(シャボンだまホリデー)は、1961年6月4日から1972年10月1日、および1976年10月9日から1977年3月26日までで放送されていたである。 第1期・第2期ともにの一社提供で放送(社名は、第1期放送当時の1967年に共進社油脂工業から牛乳石鹸共進社に変更)。 放送回数は第1期が全591回、第2期が全24回。 第1期は毎週日曜 18:30 - 19:00 に、第2期は毎週土曜 23:45 - 日曜 0:15 ()に放送されていた。 番組綱要 [ ] シャボン玉ホリデー(1961 - 1972) [ ] 制作は日本テレビと(後年タレント部門をに継承)。 渡辺プロが目下売り出し中の双子の女性デュオ・を主役に据えた音楽バラエティショーとして制作された。 現場の指揮は、渡辺プロダクションの制作部長・(後の株式会社代表)が執った。 スポンサー探しは難航を極め、当初提供契約に難色を示していた牛乳石鹸が最終的にしぶしぶ行った 経緯から同社より見返りを求められ、日本テレビが見返りとして番組名を『シャボン玉ホリデー』に変えた経緯がある。 番組名がホリデーとなっているのは、牛乳石鹸社長の宮崎寅四郎による命名で、のから牛乳石鹸への売り込みだったため、その労をねぎらい堀の名をとり堀貞(ホリテイ)からホリデーとした。 なお、牛乳石鹸の一社提供だったため、番組冒頭にはの鳴声「モー!」と番組テーマ曲をバックに「提供・乳牛マーク・牛乳石鹸」が書かれていた提供クレジットが入れられていた。 その代償として、テーマ題の最後に「ピーナッツ!」とサブタイトルを入れることにした。 ただ、視聴率が高かったため、結果的には成功ということになった。 番組はまず「牛乳石鹸提供、シャボン玉ホリデー!」のタイトルコールに次いで、乳牛の鳴き声でオチとなるコントをやり、その後ザ・ピーナッツがテーマソングをシャボン玉の舞う中で歌い、毎回一つのあるテーマに沿ってザ・ピーナッツ、、そして毎回登場するゲストを交え、コント・歌・トークなどを展開。 番組からは数多くのギャグが生まれ、特にの「お呼びでない?こりゃまた失礼致しました!」は番組を代表する伝説的なフレーズとして親しまれた。 第1回からで、生放送ではなく、カラーVTRに収録して放送を行った。 収録は出演者のスケジュール上、深夜に撮影されることが多く、時には、明け方までかかることもあったという。 オープニングテーマとエンディングテーマからも伺えるとおり、番組の主役はザ・ピーナッツであるが 、実質的にはハナ肇とクレージーキャッツとのW主演となった。 また、例年の8月にはクレージーがので特別公演を行うため、系列局である のスタジオ(当時はに存在)を使って収録したこともある。 1972年に入ると、クレージーのメンバー全員揃っての出演は無くなる(かが出演)。 そして同年5月からの約半年間は公開番組となり、谷啓、ピーナッツ、そして井上順之(現・)がメインを務め、スタジオに動物を入れるなど往時とは別内容のものとなっていた。 この頃にはもレギュラーとなっていた。 この時期番組は視聴率も低迷しており、ザ・ピーナッツが当時関西で人気を誇っていた『』(製作)にゲスト出演した際、「こっち(ヤングおー! )のほうが面白い」と本音を漏らしたというエピソードも残っている。 番組は1972年10月1日、11年4か月の歴史に幕を下ろした。 通常『シャボン玉ホリデー』と言えば、こちらの第1期を指すことの方が多い。 レギュラー陣はデビュー間もないに、、を加えたメンバー構成で、第1期と同様に日本テレビで放送されていた。 しかし、放送時間は毎週土曜 23:45 - 日曜 0:15 と遅く、 視聴率は低かった [ ]。 1977年1月1日には、『全日本プロレス中継』(主催の正月興行)編成 のために放送を休止した。 第1期は一回も休止されなかったので、これがシリーズ唯一の休止となった。 主な出演者 [ ] 第1期 [ ]• ( - 1972年)• - 番組内でハナ肇とドラム合戦をしたこともある。 - 最末期にレギュラーとなる。 (1972年) 第2期 [ ]• ゲスト [ ] 第1期 [ ]• - 第1回ゲストの一人。 トリオ• ジミー時田• - 最終回ではと共にゲスト出演した。 第2期 [ ]• - 当時牛乳石鹸の「スキンライフ」のCMに出演。 - 当時のヘアケア製品のCMに出演していたが、なぜかゲストに呼ばれた。 伊東ゆかり - 最終回に出演。 ほか コーナーなど [ ]• この回に関する場面に突然ピーナッツが現れ、(ユミ)「牛乳石鹸提供」(エミ)「シャボン玉ホリデー!」とタイトルコールした後、とともに出演者の一人 が風船を膨らませる場面が映された。 プロローグ• 牛乳石鹸に因み、乳牛の鳴き声「モー!」でオチになるコント。 鳴き声は初期はクレージーの一人が口で行うか、管楽器を鳴らそうとして「モー!」となるかだったが、中期からは着ぐるみの乳牛がやるようになった。 なおの著書によれば [ ]、演出のは当初、本物の牛を使いたいという構想を画いていたため、周りのスタッフが困り果てたというエピソードがある。 ファンファーレ風のジングルと共に、「提供 牛乳石鹸」 という提供クレジットが出され、その後、上段に「シャボン玉ホリデー」、下段に今回のサブタイトルが書かれたタイトルカードが映し出される。 オープニング• 末期には画面下にスタッフのが映される様になった。 大別して2種類あり、オープニング直後にクレージーの誰かとピーナッツがやり取りした後に牛乳石鹸製品の紹介ナレーションをするものと、番組中のコントに突然ピーナッツが現れて生CMへ行くものがあった。 またエンディング前の生CMは、との掛け合い後にナレーションで行った。 製品は、オープニング後にはシャンプーやシェービング製品、エンディング前には主力商品の「赤箱」が多かった。 お呼びでないコント• 番組の名物コント。 植木が場違いな場面に現れて皆が呆気に取られたところで、植木が「お呼びでない?こりゃまた失礼しました!」と言いながら去り、皆がずっこけた。 このコントのコンセプトは後に『』()で扮する「」のコントに流用された。 おかゆコント• ハナが病気で寝たきりの父親、ピーナッツがその娘に扮し、(ピーナッツ)「おとっつぁん、おかゆが出来たわよ」(ハナ)「いつもすまないね」で始まるコント。 「お呼びでないコント」や「キントトコント」などと絡ませることが多かった。 キントトコント• なべが映画監督、安田が助監督に扮し、映画の撮影風景を見せるコント。 必ずなべが安田を「安田ー!」と叫びながらどつくのが定番であり、この時期のなべの当たり役となった。 ギャングコント• 谷がギャング団のボスに扮するコント。 フィナーレ• ラスト、全出演者が歌って踊る。 エンディング• 街灯とベンチが置かれている暗いスタジオで、ピーナッツがエンディングテーマ「」を歌っていると、ハナ(それ以外の時もあり)が現れ、この回のまとめを述べる。 その後ピーナッツに暴言を吐き、ピーナッツから肘鉄を食らって去り、ピーナッツもフレームアウトする。 その後後ろにいた犬塚がギターを弾き(のレコード音源に)、それに合わせて今回放送分のスタッフと出演者のテロップがスクロールされ、そして次回放送分の作・サブタイトル・出演者の手書きテロップが映された。 なお末期には、次回放送分はそのままだが、今回放送分は出演者だけが映された(スクロールも廃止)。 このエンディングもパロディ化されており、『』にピーナッツがゲスト出演した際に、藤田まこと相手にこのギャグが再現されていた。 また放送開始から50年近く経ってから、関西ローカルの番組である『』のエンディングでと司会のがこのギャグのパロディを演じたことがある。 冒頭と同じ提供クレジットが出された後、「シャボン玉ホリデー おわり」と書かれたエンドカードが出される。 この間、オープニングテーマの後半部と、乳牛の鳴き声「モー!モー!モー…」(何回も繰り返してフェードアウト)が被さる。 スタッフ [ ] 第1期 [ ]• プロデューサー:• アシスタントプロデューサー:原薫太郎(多忙だった秋元の業務を補佐するため、番組後期に担当)• ディレクター:、、小郷英武、小俣達雄、向笠正夫、 ほか• 作・構成:、、津瀬宏、、伊藤裕弘、谷啓、河野洋、滝沢ふじお、、、、、 ほか• 音楽:、• 振付:• 演奏:宮間利之とニューハード• ナレーター:、、 ほか 第2期 [ ]• プロデューサー: 日本テレビ社史『大衆とともに25年』で判明 [ ]。 テーマソング [ ] 番組と同名のテーマソングをザ・ピーナッツが歌っていた。 そのテーマソングの作詞者は前田武彦である。 第2期(ピンク・レディー時代)のテーマ曲は第1期とは大きく異なっており、調になっていた(作詞作曲は不明)。 放送局 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 に移行せず終了した。 (1969年3月まで)• (第2期)• (ネットチェンジ後も同時ネットで放送。 1969年9月まで)• (1969年10月から)• (途中打ち切り) 番組終了後 [ ] 木曜スペシャル [ ] 『シャボン玉ホリデー』第2期レギュラー放送終了から9年後の1986年3月6日、『』枠でクレージーキャッツ結成30周年を記念し、当時の貴重な映像やコントの再現などで一夜限りの復活版を放送した。 やなどがクレージーキャッツ と共演し、当時の台本を元にオリジナルのスタッフの斎藤太朗が演出した。 番組は、自殺した同番組プロデューサー兼ディレクターの秋元近史に捧げられていた。 詳細は「」を参照 スペシャルドラマ『シャボン玉の消えた日』 [ ] 1989年12月31日の16:00 - 17:55に、青島幸男の著書「わかっちゃいるけど シャボン玉の頃」を原作に、第1期最終回の裏側を描いたスペシャルドラマ『 シャボン玉の消えた日〜シャボン玉ホリデー・笑いにかけた青春物語〜』を放送。 脚本:、演出:須沼望・大友孝行。 ザ・ピーナッツ役は、青島幸男役に、ハナ肇役に、谷啓役に、犬塚弘役に、植木等役は が起用された。 このほか、宮川秦役を息子の(クレジット上は本名の「晶」名義、音楽制作も担当。 )が、大橋巨泉役に、秋元近史役にを起用した。 スポンサーは牛乳石鹸を含めた複数社提供だったが、ドラマ内では当時使われた牛乳石鹸の提供スーパーが再現された。 舞台『天国のシャボン玉ホリデー』 [ ] 2015年3月27日から29日まで・にて、「第4回日本喜劇人まつり」(主催)として『 天国のシャボン玉ホリデー』と題した舞台公演が行われた。 放送当時の構成作家の一人である河野洋が脚本、(主宰)が演出をそれぞれ担当し、牛乳石鹸が協賛。 小松政夫、、、小倉久寛、、、、、らといったメンバーに加え、犬塚弘も特別出演した。 現存映像 [ ] 第1期放送当時の放送用は高価であったため、第1期の現存映像は以下の10本のみである。 放送年月日 回 サブタイトル 形態 1964年4月19日 151回 コーラス万歳!ピーナッツ モノクロキネコ 1964年8月23日 169回 楽器で遊ぼうピーナッツ モノクロキネコ (一部カラー) 1965年7月11日 215回 どうなってんだピーナッツ モノクロキネコ 1966年1月9日 241回 タニーケイだよピーナッツ 1966年3月6日 249回 コントは楽しピーナッツ 1967年7月16日 320回 お化けが出るよピーナッツ 1969年11月2日 440回 ダンドリ大切ピーナッツ カラーVTR 1970年4月19日 464回 安田ァー!ピーナッツ 1970年8月2日 479回 海へ山へピーナッツ 1972年4月30日 570回 10周年だよ! これらのうち、後年の回顧特番などで放送されるのは大半がモノクロキネコ版で、カラーVTRは放送する事が少なく、特に「10周年だよ!」は、放送形態が非公開から公開番組に変わった初の回であるにもかかわらず、ほとんど放送されることがない。 第2期のピンク・レディー版は、後年の回顧番組(特にピンク・レディー関連)でも取り上げられることはほとんどないが、映像自体は現存しており、 2004年に放送された [ ]『』で三ツ矢歌子の訃報が伝えられた際に番組のVTRが流された。 また、1978年に牛乳石鹸共進社自身が発刊した『牛乳石鹸共進社70年の歩み』には、「主な提供番組」のページにらがゲスト出演した回の写真が、ピンク・レディーや三ツ矢・藤村・だん吉らレギュラー出演者と共に掲載されている。 にて「コーラス万歳!ピーナッツ」が公開されている。 NHK教育『テレビジョン その時代』での再放送 [ ] 1983年にで放送されたテレビ放送30周年特番『テレビジョン その時代』で、「楽器で遊ぼうピーナッツ」の回が放送された。 放送形態は以下のように変更された。 冒頭のザ・ピーナッツの台詞「牛乳石鹸提供!シャボン玉ホリデー」の「牛乳石鹸提供!」の部分は無音となった。 オープニングでの提供クレジットと、オープニングテーマ終了後のザ・ピーナッツとハナ肇によるCM の部分は「コマーシャル」のカードに差し替えられた。 番組内の「牛乳石鹸」のは、「番組スポンサー」というテロップで伏せられた。 エンディング前の犬塚と入江による生CMは途中で切られ、すぐにエンディングへ行った。 エンドカードは「スターダスト」が流れている最中に出され、「次回予告」「提供クレジット」「乳牛の鳴き声がフェードアウト」は全て削られた。 ただし、プロローグでの乳牛の鳴き声(がピアノを弾こうとして「モー!」)はそのまま放送された。 ビデオグラム [ ] 1995年に東芝EMI(現・)からビデオとで発売(2007年にで再発売)された『クレージーキャッツ メモリアル』に「楽器で遊ぼうピーナッツ」、「どうなってんだピーナッツ」、「タニーケイだよピーナッツ」、「コントは楽しピーナッツ」の4本が収録されている(すべてモノクロだが、一部パートにカラー映像がある)。 ボーナストラックとして「ダンドリ大切ピーナッツ」でのコント「キントト映画」が収録されている(カラー。 この映像のみ不要になった・フィルムをハナ肇が持ち帰り私的に保存していたもの)。 なおこのメディアは、ハナ肇が晩年にクレージーキャッツ全盛期のテレビ番組をビデオ化・発売しようとして頓挫した企画をハナの没後に関係者たちが尽力し、テレビ局各社のライブラリから映像提供を受けて実現させたものである。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 理由はあくまでも牛乳石鹸の会社都合であり、番組に関するものではない。 なお、後年には「ピーナッツ!」のサブタイトルは省略された。 また、ザ・ピーナッツの冠番組は1本も実現しなかった(単発特番を除く)。 現存する映像はで収録されたモノクロ映像がほとんどだが、僅かにカラービデオテープで残っているものもある。 事実、放送開始の1961年6月4日付けの各新聞に載せられた広告(牛乳石鹸製品と、翌6月5日にで放送を開始した製作の牛乳石鹸提供番組『』の広告付き)では、ザ・ピーナッツがメイン扱いで、クレージーはゲスト的な扱いだった。 牛乳石鹸の本社は大阪市にある。 第2期の放送開始前、日本テレビはこの時間帯(土曜 23:45 - 日曜 0:40)を使ってを放送し、19:30 - 20:54にを行った日には代わりに『全日本プロレス中継』を録画放送するという体制を取っていた。 この体制は第2期の終了後にも再び取られ、1979年3月まで続けられた。 当日の19:00 - 20:54に『』の正月特番が編成されたため、ナイターシーズン中と同様に放送枠を繰り下げた。 写真が存在する。 出演の経緯が詳述された資料がある。 が担当することが多かったが、別の人物が行うこともあった。 初期には、上段に「長方形に囲まれた乳牛マーク」、下段に「提供 牛乳石鹸」という構成だったが、中期からは、上段に「提供」、中段に「丸に囲まれた乳牛マーク」、下段に「牛乳石鹸」という構成に変わった。 『木曜スペシャル』での放送だったため、同枠のスポンサーであるその他による複数社提供となり、牛乳石鹸による提供は無かった。 この番組では、1971年に脱退したも15年ぶりに共演した。 ただし、この番組内ではクレージーキャッツが最終回まで出演しているという設定になっており、その意味ではフィクションであるといえる。 当初はが出る予定だった。 オープニングの終了後、髪を抑えたザ・ピーナッツの前に楽器を持ったハナが現れ、ピーナッツが気分が優れないのでハナが楽器を鳴らすが、ピーナッツは髪を綺麗にしたいと発言。 そこでハナが懐から当時販売されていた「液体 牛乳シャンプー」の容器を取り出したところで同製品のCMとなる。 出典 [ ]• 『「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た!』、2007年、p. 「小説」 文春文庫 p. 225• 『ロング・グッバイのあとで』(2011年 集英社)P174• 五歩一勇『シャボン玉ホリデー スターダストをもう一度』(1995年 日本テレビ放送網)P269• 五歩一勇『シャボン玉ホリデー スターダストをもう一度』(1995年 日本テレビ放送網)P236• 『河北新報』1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊テレビ欄。 『』1963年6月30日 - 1970年8月16日、『河北新報』1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1966年4月10日 - 1970年9月27日付朝刊テレビ欄。 『河北新報』1970年10月4日 - 10月25日、1971年8月1日 - 8月29日、1972年9月3日 - 10月1日付朝刊テレビ欄。 『福島民報』1963年4月7日 - 1971年9月26日付朝刊テレビ欄。 『NST』(新潟総合テレビ発行)p11、12• 『』山梨・静岡版 1972年4月16日付朝刊テレビ欄。 『北日本新聞』1968年10月7日付朝刊テレビ欄より。 - 牛乳石鹸共進社株式会社 2015年3月12日閲覧。 関連項目 [ ]• - 放送枠は当初、本番組に近いバラエティが企画されていたが、によって頓挫。 再度企画を練り直されて生まれた。 - にザ・ピーナッツ引退関連番組として、『最後の最後のピーナッツ』を放送、本番組の再現が行われた。 - 同じ日本テレビで放送された、司会によるバラエティ番組。 本番組に近いコンセプトで製作された。 外部リンク [ ]• - 個人サイト。 日曜18:30枠 【一社提供枠】 前番組 番組名 次番組.

次の