ポルシェ ボクスター 718。 ポルシェ718ボクスターとBMW Z4を乗り較べ! 魅力的なスポーツカー2台どちらを選ぶ?|オープンカー|MotorFan[モーターファン]

ポルシェ 718ボクスターの維持費は?

ポルシェ ボクスター 718

実は国産プレミアムスポーツと変わらない新型718ボクスターの絶妙な価格設定 クルマ好きにとって、ポルシェは憧れのスポーツカー。 走行性能が優れているだけでなく、外観のデザインにも伝統的な特徴があり、それを頑固に守る姿勢も人気を呼んでいる。 またドイツ車とあって、メカニズムから内装まで、すべてを緻密に造り込んだ。 ドイツ車はフォルクスワーゲンを筆頭に、輸入車ブランドの中では馴染みやすく、購入後のサービスにも安心感が伴う。 それでも50年以上の歴史を持つ主力車種のポルシェ 911は価格が高い。 その意味で比較的手に入れやすいポルシェは「718ボクスター」とその兄弟車「718ケイマン」だろう。 標準タイプ 718ボクスターの6速MTは694万円で、日本車に当てはめるとレクサス RC350Fスポーツ 681万2000円/8速AT 、日産 フェアレディZ NISMO 629万3160円/7速AT などに近い設定となる。 5年落ちの中古車なら、400~450万円くらいで販売されており、ベテランのクルマ好きが「いよいよポルシェを買おう」となった時に718ボクスターはちょうど良い選択肢だと思う。 オープンボディも魅力で、ソフトトップを降ろして走れば短距離の移動でも運転の楽しさを満喫できる。 そこで今回は、多くのクルマ好きが気になるであろうポルシェ 新型 718ボクスターの上位グレード「718ボクスターS」に試乗した。 試乗車は7速PDK 2組のクラッチを使ったAT を搭載していた。 価格は9,044,000円。 標準タイプの718ボクスターが搭載するエンジンは水平対向4気筒2リッターのターボだが、718ボクスターSは2. 5リッターを積む。 最高出力は350馬力 6500回転 、最大トルクは42. 8kg-m 1900~4500回転 だから、ターボを装着しない自然吸気エンジンに換算すると4リッタークラスだ。 2リッターターボに比べると50馬力・4kg-mの上乗せで、718ボクスターSの車両重量は1410kgだから、十分な余裕を持たせた。 718ボクスターSに試乗してみると、2. 5リッターターボの効果は大きい。 頻繁に使う2000~3500回転付近の駆動力が特に高く、また動力性能に対してボディが軽いこともあり、1500回転前後のトルクの落ち込みもあまり気にならない。 フォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツなどが採用する小排気量ターボと印象が異なるのは、ターボの性格をあまり隠さないことだ。 アクセル操作に対して加速の立ち上がりが遅れる扱いにくさはないが、エンジン回転の上昇に伴って速度の伸びも鋭くなり、パワーのボリュームが増してくる。 ターボを装着しない自然吸気エンジンに比べると、直線的に吹き上がる気持ちの良い滑らかさは希薄になるが、実用回転域で使いやすく加速感にも迫力が伴う。 新型718ボクスターSのJC08モード燃費は、7速PDK仕様が13. V型6気筒の3. ちなみに同じく2リッターターボの718ボクスター 7速PDK なら14. いずれにせよJC08モードが日本の計測方法であることを考えれば、718ボクスターSの燃費性能は良好といえるだろう。 使用燃料はプレミアムガソリンだが、燃料代が著しく高まる心配はない。 718ボクスターのボディは2シーターで、座席の後部にエンジンを搭載 ミッドシップレイアウト して後輪を駆動するMR方式だ。 そのために加速時には後輪へ素直に荷重が加わり、駆動力の伝達効率も優れている。 オープンボディをしっかりと造り込んだことも特徴だ。 路面の荒れた場所を通過しても、フロントピラー フロントウィンドウの窓枠 が震えたりする違和感はない。 操舵した時の手応えも正確で、路面の状態がハンドルを握る掌にハッキリと伝わる。 これは安全な運転にも結び付き、走る楽しさを盛り上げる。 ドライバーの操作にクルマが正確に反応して、路面の状態も分かりやすいため、市街地を低い速度で走る時でも退屈な気分にならない。 718ボクスターには、さまざまなシーンでドライバーとクルマが一体になれる楽しさがある。 試乗車には「ポルシェ・トルク・ベクタリング」が装着されていた。 カーブを曲がる時に、内側の後輪にブレーキをかけることで、車両を積極的に回り込ませる作用をする。 この作動も自然な印象で、スムーズな運転を妨げない。 操舵角に応じて車両が正確に向きを変えるから、ドライバーの安心感も高い。 気になるのはボディサイズで、全長は4385mmに収まるが、全幅は1825mmとワイドだ。 911カレラが1835mmだから、全長は短いものの、全幅はほぼ同じ数値になる。 運転席に座ると左右のフェンダーの盛り上がりが視界に入り、車幅の把握はしやすいが、ボクスターはもともとエンジンをシートの後部に搭載するミッドシップの軽快な運転感覚が特徴だ。 狭く曲がりくねった峠道の走りを考えると、ボディはもう少しコンパクトにしたい。 ボディサイズを小さく抑えれば、軽量化も可能になり、718ボクスターの持ち味がさらに際立つだろう。 718ボクスターはインパネなど内装の造りが上質で、運転感覚や乗り心地を含めて満足感は以前の911に近づいた。 さらにターボを装着して動力性能を向上させながら、価格は自然吸気エンジンを搭載した以前のボクスターに比べてあまり高めていない。 従って買い得感が強まったともいえるが、ボクスターの位置付けはサイズアップで曖昧になってきたように思う。 ボディの拡大は、フォルクスワーゲン ゴルフなども含めて、さまざまな欧州車が抱える課題だ。 日本車も海外向けに開発された車種では全幅が1800mmを上まわることが多く、売れ行きを下げている。 それでも718ボクスターは、ミッドシップレイアウトの本格スポーツカーとしては馴染みやすいクルマだ。 新車価格を700万円以下に設定したミッドシップスポーツは、718ボクスターとホンダS660以外はほとんど用意されていない。 アルファロメオ4Cでも849万円だ。 今では純粋なスポーツカーの需要は日本だけでなく海外市場でも減少傾向にある。 ポルシェはそんな中でも、911や718ケイマンを含めて貴重な選択肢を提供している。

次の

ポルシェ 2020 718スパイダー

ポルシェ ボクスター 718

webcg. 2016年7月1日に行われた718ケイマンの報道陣向けの発表会でポルシェジャパンの七五三木社長は718ケイマンと718ボクスターの受注状況に言及し、「718ケイマンの受注ペースは昨年(2015年)の月30台ペースから3倍になっている」「718ボクスターは昨年の約1. 5倍ペース」「718ボクスターと718ケイマンの販売比率はほぼ半々だったのが、改良後は718ケイマンの受注ペースが718ボクスターを上回っている」などと述べました。 同時に718ケイマンの方が売れている理由については「改良を機にケイマンの方がボクスターよりも安い設定にしたから」とも述べています。 確かに718ケイマン(6速MT)は6,550,000円、718ボクスター(6速MT)は6,940,000円と390,000円も安い設定になっていますので、お買い得感は強い、ということになります。 受注開始直後に比べると現在の人気は落ち着いてきているようですが、依然として注目度は高いようでディーラーの営業マン曰く「毎月コンスタントに売れ続けている」とのことでした。 ディーラーはお客さんと契約を交わすとメーカーに発注を行い、メーカーは全国のディーラーからの注文を取りまとめた上で適宜生産に入ります。 しかし売れ筋の車種やグレードは生産効率を高めたり納期を短くする目的で受注以上の数をあらかじめ生産することがあります。 その上でメーカーやディーラーのヤードにストックしておき、受注があり次第出荷して各地方の納車センター(納整センター)やディーラーで様々なディーラーオプションを取りつけた上で納車をするわけです。 輸入車の場合は実質的にほぼ完全受注生産に近いメーカーがほとんどのようですが、インポーター(正規輸入代理店)によっては人気車種をある程度自社のストックヤードに保管しておき、納車出来るものはディーラーで整備を施した上で納車する、というケースもあるようです。 ポルシェに関しては前述のように本当の意味での完全受注生産のようで、契約を済ませるとディーラーからインポーターを経てメーカー(ポルシェ)へ発注がいきます。 メーカーでは各国インポーターからの受注を受けて工場で生産し、船便で輸出します。 船で約40日ほどかけて日本に届くと、まずは日本の法令に適合した作りになっているかの確認や、輸送中についた汚れを落とすための洗車などが行われます。 その後各ディーラーへ車載車によって運ばれ、ディーラーでディーラーオプションの装着やナンバーの取得などを行いユーザーの元へ届く、という流れになります(下の画像はポルシェ911)。 carview. 待たされれば待たされるほど納車された時の喜びもひとしおになるでしょうから、ここは「納車前のわくわく感を長く味わえる」と前向きに捉えてじっくり待つ方が幸せになれると思います。 輸入車であることや高額なプレミアムスポーツカーであることなどを考えるとこれは非常に難しいです。 輸入車でも他のメーカーであればインポーターやディーラーの在庫車があって短納期で納車される、ということもあるようですが、ポルシェの場合は本当の意味での完全受注生産のためそのような話も聞きません。 まっさらの新車に乗りたい、ということであれば素直にディーラーが設定した納期を待つ以外方法はないと思います。 しかし「ほぼ新車」でも我慢する、ということであれば可能性はなくもありません。 1つは「ディーラーのデモカー落ちを狙う」という手です。 ディーラーには展示車や試乗車といったデモカーがあります。 これらは年次改良やマイナーチェンジがあった場合、あるいはデモカーとして使うには著しく劣化したものなどは新しいものとの入れ替えが行われます。 では古くなったデモカーはどうなるか、というと、大体は系列の中古車センターで販売されますが、このような車は走行距離も少なく、ディーラーできちんとした整備が行われています。 つまり「ほんの少しの妥協」さえ出来れば非常にお買い得に購入することが出来ます。 carsensor. html? しかも販売しているのはポルシェディーラー系列の中古車センターです。 718ボクスターの6速MTは6,940,000円ですが、この車にはシートヒーターや盗難防止装置、LEDヘッドライトなどが装備されているようですので、7,180,000円という価格は200kmという走行距離を考えてもお得だと思います。 この車がデモカー上がりなのか、あるいはお客さんが納車直後に何らかの理由で手放したものかは不明ですが、この時のカーセンサーには走行距離300km未満のものが5台出ていました。 carsensor. html? ただしこの方法にはもう1つ、上記に挙げた以外の大きなデメリットがあります。 それは「ディーラーとの関係が築きにくい」ということです。 これは筆者自身が経験していることですが、輸入車の正規ディーラーは「そのディーラーで車を買ったお客さん以外は冷たくあしらわれる」ということがたまにあります。 ポルシェのディーラーがどうかはわかりませんが、輸入車の世界では往々にしてそのようなことがあるのは頭に入れておいた方がいいです。 ポルシェのメンテナンスは非常に高度な専門知識と専門設備が求められるので、ガソリンスタンドやチェーン店のカー用品店などはもちろんのこと、街中の普通の自動車整備工場でも「ウチではポルシェは出来ません」と断られることがあります。 そうなるといざという時の頼みの綱は正規ディーラーかポルシェのメンテナンスを得意にしている専門ショップしかありません。 goo-net. html たまたま自宅のそばの正規ディーラーが親切なところであればラッキーですが、そうでなかった場合、しかも専門ショップも近所にない場合は非常に困ることになってしまいます。 このようなことを考えると、半年の納期を我慢してでも正規ディーラーで購入した方が目に見えない様々なメリットが多いように思います。 最後にポルシェを購入する際の資金計画についてお話ししておきます。 正規ディーラーでポルシェを買う際は最低でも2,000,000円の頭金を用意する必要があります。 これ以下の頭金しかない場合は原則として購入することが出来ませんし、ましてやフルローンで購入することも出来ません。 しかしこの「2,000,000円ルール」を聞いて泣く泣く諦める方も少なからずいる、とのことでした。 こうなっては納期どころの話ではありません。

次の

ポルシェ 2020 718スパイダー

ポルシェ ボクスター 718

今や2. 「」や「」に設定されたハイブリッド・バージョン(ガソリンエンジン+モーター)はもちろんのこと、ブランドの礎である「」は、GT3を除くすべてのモデルがターボ化されたのも、インテリジェントパフォーマンスのためだ。 718ボクスターGTS 4. 718ケイマンGTS 4. では、ベースグレードとSグレードにおなじ排気量を採用する一方、/はSグレードの2. 5リッターに対し、ベースグレードは2. 0リッターである。 0リッターモデルの投入によって購入のハードルを下げ、中国ではまだ一般化していないスポーツカー市場で覇権を勝ち取りたい、というポルシェの思いが見え隠れする。 現行911カレラ系エンジンがベース とはいえ、ポルシェは従来のファンも忘れていないようだ。 強大なスペックの心臓を搭載する「GTS」を投入したのだ。 正式には「GTS 4. 0」という。 シート背後に搭載されたエンジンは、ボクスター/ケイマン史上最大の排気量、4. 0リッターだ。 そんなキャパシティにして最大トルク値が420Nmという点からも察しが付くように、このエンジンは過給システム未装着。 史上最大の4. 0リッターという大排気量エンジンを搭載したモデルであるものの、車両トータルとしてのバランス感覚を微塵も崩していない点にも感心した。 際立つ動力性能に対し、ブレーキ性能も十分以上。 前述のオプションのセラミックコンポジット・ブレーキの減速力は強靭そのもの。 もちろんミドシップ・レイアウトのアドバンテージもあって、ブレーキペダルに力を込めるほどに路面へと沈み込むよう急速に速度を落とす様が快感だ。 あいにくセミウェットの路面状況ながら、躊躇なくアクセルペダルを踏みます気にさせてくれた高い安定感も、走りのバランスの良さを証明した。 0だった。 ALL RIGHTS RESERVED. gqjapan. gqjapan. jp","requestIp":"83. 142. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. gqjapan. analytics. analytics. analytics. relatedSites. relatedSites. relatedSites. relatedSites. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqmagazine. socialNetworks. socialNetworks. facebook. socialNetworks. socialNetworks. instagram. socialNetworks. youtube. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. gqjapan. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners. locale. locale. newsletter. newsletter. relatedSites. vogue. relatedSites. wired. relatedSites. voguegirl. relatedSites. gqjapan. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. secondary. secondary. secondary. secondary. commercial. commercial. social. social. social. social.

次の