ウィアー ザ ワールド 意味。 「ウィアーザワールドの呪い」とは何か?

世界を救え!ウィアーザワールドに込められた願い

ウィアー ザ ワールド 意味

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞が賛否両論を巻き起こしています。 ノーベル賞にも文学にも自身の知識が乏しすぎるため、賛否を論じるつもりは全くありません。 ただ、この受賞が賛否両論を巻き起こし、議論が白熱している様子に、何故だかふと、「ウィ・アー・ザ・ワールド」が頭の中に流れてきました。 この曲がリリースされたのは1985年なので、そのころ私は小学校5年生。 この曲がチャリティソングだとか和訳の歌詞の意味だとか知りもしなかったのですが、言葉では伝えられない感情がウヮッと湧き出てきた記憶があります。 何度も何度も聴いてきましたが、改めて聴いてみても、飽きることなく心が動かされます。 作詞・作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共作で行い、プロデュースはクインシー・ジョーンズ、参加アーティストは、ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン、ケニー・ロジャース他、アメリカを代表する45名のスーパースターたちが共演しているのは周知の通り。 それぞれに割り振られたワンフレーズを、それぞれのプライドをかけた自己ベストで歌い上げているのでしょうから、当然クオリティは高いはずです。 が、洋楽にほぼなじみがなく、アーティストの予備知識もない10歳の子供が感動したのですから、全世界で955万枚の売上げといった数字の裏付けなどは関係なく、自分にとって史上最高の名曲だと思っています。 東日本大震災の後、さまざまなアーティストが復興支援としてチャリティソングを発表しました。 もちろんこうした曲に元気づけられた方もたくさんいると思いますが、被災地からは、坂本九 「上を向いて歩こう」、ドリームズ・カム・トゥルー「何度でも」、今井美樹「PRIDE」など、過去に歌われた曲へのリクエストが増え、励まされた、生きる希望が湧いたという声も多く聞かれています。 何が言いたいか、というと「ウィ・アー・ザ・ワールド」は、チャリティソングという前に、好みや年代や国を超えて、人の感情を揺さぶり続ける名曲だったということ。 チャリティソングではないけれど「上を向いて歩こう」も同様。 ボブ・ディランもその詩が文学なのか、文学として優れているかの前に、人々の心を動かし続けてたことは間違いない。 そういえば、最近(特にネットで情報を得られるようになってから)、純粋に心にガツン!とくる音楽に出会えてないなぁ。 2016.

次の

OSHO禅タロットのWE ARE THE WORLD(ウィーアーザワールド)

ウィアー ザ ワールド 意味

こんにちは! 西寺郷太さんについては存じ上げず、なんとなく『タモリ倶楽部』で見たことあるな、程度の認識しかありませんでしたが、実はロックバンド「ノーナ・リーヴス」を率いるミュージシャンで、かつ著名な音楽プロデューサーであるとのこと。 そんな西寺郷太さん著の話題作『プリンス論』と『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』を読んでみましたら、これが西寺さんの音楽愛に溢れた良書でした。 プリンス論 80年代から90年代のアメリカン・ポップスのアイコンだったプリンスの、生い立ちから現在までのディスコグラフィや、明暗あるエピソード紹介など、自信がプリンスの熱狂的なファンである西寺郷太さんの、全くもってプリンス愛に満ち溢れたプリンス解説本です。 ミュージシャンの解説本や自伝なんかは数々出版されており、プリンスについても様々出版されてますが、熱狂的なファンでなければ高額な解説本を買ってまで読みたい人は少ないでしょう。 本書は、熱狂的なプリンス・マニアが、いかにも楽しげにプリンスとその楽曲について熱く、詳しく紹介してくれており、また新書なので、安価でサクッと読めるのも魅力です。 私も80年代はプリンスには結構ハマッていて、ピーク時のアルバムはレコード、CDと買い替えても聴き続けてましたが、ミステリアスな印象操作のためか、プリンスの生い立ちや人となりについては当時あまり情報がありませんでした。 ましてやインターネットもない時代ですし。 なのでプリンスのファンだった頃から25年ほど経ったこのタイミングで、懐かしのプリンス解説本を読みやすい新書でポンっと投入されると、ついつい読んでみたくなります。 なお本書を読んでいると、無性にプリンスの楽曲が聴きたくなって困るのですが、所有してたプリンスのCDは、やれ断捨離だー!とかで全て手放してしまいました。 しょうがないのでTUTAYAでレンタルしようと思ったのですが、一番聴き直したかった『パープル・レイン』のレンタルCDが置いてない!・・・ 『パープル・レイン』無いのってありえなくね?? もはやそういう時代なのか。 1985年。 アメリカの代表的なミュージシャンをメンバーとして終結した「USAフォー・アフリカ」が、一夜限りのレコーディングで完成したのが「ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」。 作詞・作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー共作で、プロデュースはクインシー・ジョーンズ。 この曲に特別の思い入れを持っている西寺郷太さんが、アメリカン・ポップスの歴史から、「USAフォー・アフリカ」結成までの経緯や録音時の裏話、そして最終章では、タイトルである「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」について書かれています。 ・・・「呪い」といっても決してオカルティックな話ではありません。 詳細は本書をご覧ください。 なお当初はプリンスも参加メンバーだったのですが、録音日当日にアクシデントで参加できなかったそう。 ・・・西寺郷太さんは、プリンスの不参加は意図的なもので、最初から参加する意志がなかったマドンナと同じく、自身のブランドイメージを守るための戦略ではなかったか?と推理されています。 私は「トーキング・ヘッズ」のデヴィッド・バーンが大好きなのですが、彼も参加依頼を断ったそうで、 ・・・自分的には、なかなかしみじみしたエピソードです。 私としては、前年の1984年に、イギリスの有名ミュージシャンがチャリティ目的で集結した「バンド・エイド」の「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス(Do They Know It's Christmas? )」のほうが断然好きで、それをパクったような「ウィ・アー・ザ・ワールド」は、どちらかというと嫌いでした。 あ、マイケル・ジャクソンは唯一「スリラー」は好きなのです。 あの有名なPV(プロモーション・ビデオ)の監督と特殊メイク担当が、私のオールタイム・フェイバリット映画である『狼男アメリカン』のジョン・ランディスとリック・ベイカーである、というだけの理由だけですが・・・ ・・・とはいえ、バリバリのアンチ「ウィ・アー・ザ・ワールド」の私でもとても興味深く読めた「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」。 昨今は、アルバム単位ではなく好きな曲のみ手軽にダウンロードできたり、月額の定額でどんな曲でも聴き放題なサービスがあったり、果てはYouTubeなどでタダで見放題と、音楽の聴き方、接し方があまりにも軽くなりすぎている。 最初は嫌いでも、じっくり聴きこんだり、その楽曲やアーティストの情報を詳細に知ることで、印象が変わってくることだってある。 最初は興味もなかったバンドや楽曲に次第に熱狂するほどになって、自分(西寺郷太さん)みたいに人生が変わることもある。 若い人たちに対して、「もうちょっとだけ音楽を愛そうぜ!」という、西寺郷太さんの熱いメッセージも込められた『プリンス論』と『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』、みなさんも是非、ご一読を。

次の

【歌詞和訳カタカナ】We are the World

ウィアー ザ ワールド 意味

()です。 今回はカードの意味と解説です。 虹の10(カード下部のひし形の部分)はWE ARE THE WORLD。 虹っていうのは禅タロットでは「本当の自分との懸け橋」。 それは自己実現だったり、自分さえ気づいていない自分が行くべき道に向かっていることをさします。 (ハイヤーセルフというやつでしょうか) その10番なので、 とにかくめっちゃいいカード。 「関係ないようでいてみんな繋がっている」という意味があります。 自分が思っていたより、世界は優しかったです。 その方は恋愛のことなど諸々で体調を崩してしまったんですね。 対面鑑定では4枚引きを繰り返して、核心に迫っていきます。 「会社や自主的にやっている活動もあるし、こんな状態で大丈夫なのかな・・・」 今は何よりもその不安でいっぱいであることがわかってきました。 そこからは「休む時」を意味するカードが出まくるので、もうこれは 「とにかく休む時」「休んでOK」だと。 そしてそれは 「休むことで好転していく」というカードからのメッセージ。 先ほど社長に話して鬱の診断書も見せました。 (休養は)早い方が良いと言ってくれ、お金も全額は無理だけどなんとかするわと言ってくれました。 いつもであれば「こんだけあっさり言われるともうちょっと頑張らなければいけないのかな」と思うところですが それこそ「FOOL」と「WE ARE THE WORLD」かなと思って、素直に休ませてもらおうと思います。 あとあと調べたら精神科を初診で受け、うつ病の診断書をもらえる確率は少ないそうなのです。 しかも予約制なのを見てなく、次の予約が15分後にあるから難しいかなと思ってたんですが、問診してくれて、診断書までもらえたので 相当やばい目をしてたのかなと。。。 笑 素直に感謝しないとですね。。 セッションの序盤は灰色のカードばかり出ていました。 (頭でぐるぐる考えまくりの状態ですね。 ) でもセッションが終盤に向かうにつれて少なくなり、象徴的にこの「WE ARE THE WORLD」が出てきたんですね。 (ここでのは「休みてー!」という本心) 「でも『休みたい』なんて言っていいのかなあ。。。 」 「『ダウンするなんてあいつはダメだ』と思われそう。。。 」 そう考えていましたが杞憂におわりました。 無事に強制送還されてきました…(笑) 地元の同級生や会社の人や音楽の方の仕事のスタッフに事情を説明したところ 同級生らはご飯行こう、と駆けつけてくれ 会社や音楽の仕事の人もいつでも戻っておいで、会社のことは気にせんでええよと言ってくれ、 妹も妹の彼氏もわざわざ車で4時間半飛ばして送ってくれました。 やはり彼のことしか見ていなかったんだなと思いました。 まだ彼に対してはマイナスのことしか浮かばず、浮かんだら浮かんだで 息苦しくなりますが… 思い切って帰ってきてよかったなと思います。 「一緒にいてあげよう」とわざわざ4時間半かけて妹とその彼氏が来てくださったそうです。 実家に強制送還。 からの妹による保護観察。 笑 ほんとに危ない精神状態だったそうなので、妹さん、ナイス! そうそう。 本当は、とてもいい人たちに囲まれていました。 関係ないようでいてみんな繋がっていましたね! うん、自信をもって休もう!! セッション前は具体的に占ってほしいことがあったんですが、状況が変わり、占ってほしいことも何かよくわからない状態でセッションを受けました。 不思議なことにその「何がなんだか自分でもわからない状態」というのが見事にカードに出ていました(笑) 仕事のこと、恋愛のこと、何回引いても灰色のスート、「休養」を示すものばかり。 ああ、これはもう休んでもいいよと言われているんだと思いました。 現在、思い切って休んでいます。 自分が思っていたより、世界は優しかったです。 また助けられました。 ありがとうございました。 セッションの機会と感想をくださってありがとうございます。 よかったよかった。 対面鑑定はテーマとなるカードが何度も出てくるから面白い。 「漠然と不安な時」でもそのモヤモヤが言葉になって引き出されるので、依頼の段階で何を聞けばいいのかわからなくてもOK。 「弱いと思われる」「病気であることを認めたくない」とかでカウンセリングやセラピーを受けない人は多い。

次の